FC2ブログ

22年間 巨大な遊園地で遊ぶ私

Category : 日々の話し
とある理由があって、私のインターネット遍歴を書いておこうと思いました。

私がPCを手に入れたのは22年くらい前です。

たった22年、、、時間が時間ではないような
不思議な感覚になります。

弟の友人が手放した中古の分厚いラップトップを8万円で購入したんです。
今考えたら高いですよね~~~!

でも新品だと30万を超えるような時代だったんです。

最初の6カ月はインターネットには繋がずワープロのような扱いで、
カチャカチャキーボードをたたいているだけで、

なんだか自分がキャリアウーマンにでもなったような気がしてとてもウキウキしました。

なので毎日触っていました。

何か文章を書きたくなって、エッセイやら、短編小説やら

誰に見せるわけでもないのにせっせと(笑)


そのあとに恐る恐るインターネットという「大海」に漕ぎ出るわけですが、

当時は電話回線で、ネットにつなげる間は電話が切れている状態。
笑えますね~!

私はどちらかというとネットの世界についてネガティブな話しか聞いていなかったんでしょうね、

なのでネガティブなイメージを持っていました。

CMの中にHPはこちら、みたいなアナウンスがあるのも
それに何の意味があるの?バッカみたい!くらいに思っていました。

ところが繋いだ瞬間に、そんな思いは吹き飛びました

黒い小さな箱の向こうの広大さに本当に驚き、自分が一回りも二回りも大きく広がった感じがしました。


そこは「好きな時に世界中にアクセスできる、巨大な遊園地」だったんです。

あの時の自分と世界が繋がって広がっていく素晴らしい感覚を
私は今でも忘れていません^^


バリ島が好きだった私はまずバリ島について調べてみました。

大きな情報サイトには、ビックリするくらいの個人の書いた有益な情報があり
知りたかったことを聞いたり見たりすることが出来る。

なんて便利なの?!って思いました。

そのうちにとあるこじんまりしたバリ島系サイトに居つき、
そこに参加している人4人と掲示板やらチャットを通じて仲良くなり、

そのうちにその中の一人から
バシャールをしって、

私は一気に精神世界の著作物やネットの中の情報にまみれていきます(笑)

まみれたら今度はそれを発信したくなるわけです。

まだ、ブログというのがない時代で

ホームページビルダーというソフトを購入して
ネット上で色々と調べながらタグを打ち
ページを作り、掲示板を組み込み

それを発信するための煩雑な仕組みを何とか乗り越え

今思うと本当によくあんなことしたな。って思うんですが、
出来上がっていくのが楽しかったんでしょうね。

それが約20年前ですから、
それからず~~~っと

ホームページビルダーで作ったHP
 ↓
プロバイダーが提供していた作成方法のHP
 ↓
ブログという仕組みが世にでてきてからは
このブログで三代目かな?

長く運営して自分のなかの時代も変わったなぁって思ったときにやめたり
更新ができなくなってやめたりでしたが
今のこれは8年目。

その間に仕事用とかであれこれ作ってはやめたりしました。
せっかく作ってもやめてしまうのは
そのブログを見てもらうためにする外的活動と連携できなかったからです。

見てもらえないならモチベーションも下がり更新もしなくなりますよね?


ということで、現在は

協会HPを一つ
これはWebデザイナーさんに管理もお願いしているのでほとんど触らないですが

そのほかに
協会用公式ブログを一つ

メールマガジン2種類

だいぶすっきりしてきましたが、

世界はあっという間に進化していきます(笑)

でも、
どこまでそれについていくか?は
自分で決められるのです。

なんとなくおぼれそうで恐いと思っても
浅瀬を選んで進めばいいだけ。

それで浅瀬の代表となった
小さなスマフォの時代になりました。

便利です。

PC開かなくてもすぐにどこにでもアクセスができる

本を持ち歩かなくても好きな本が読める

知りたいことは音声で入れて答えが出てくる

し~か~し~

そのスマートフォンで知りたいことをもっと深く知りたいと思ったときに

もたもたしませんか?

本当に知りたいことになかなか行きつかなかったりしませんか?

どうしてかというとその浅瀬は「広告」でできているからです。

スマフォが手軽に教えてくれる情報は広告と組み込みです。

それが邪魔で世間を見渡せずにイラっとします💦

もちろんPCもそうですが、もう少しおとなしいです(笑)
どうしてか?というと

広告業界は
スマフォのほうにお客様が多いのがわかっているからです。

それでも
その世界でしばらくは泳いでいかなくちゃならないわけです。

だったら楽しもう。

でも最終的には検索事項もスマフォとは比べ物にならないPCに援護射撃してもらって進もう。

スマートフォンを使って
そのスマートフォンが世界のすべてではないことを話そう。

今はそんな風に思っています。

時代って勝手に変わるんですけど

人間の一生にも、その人なりのいくつかの時代があると思います。

人生のある時期に
自分を見渡せるときがきます。

そこが新しい自分の時代を作るタイミングなんだと思います。

「間違ったスタートは何もしないより100倍もいい」という言葉があります。

どうしてかというと、
次は一からスタートではないので数倍簡単にできるからです。

どんな人もそうやって歩いてるんです。

「無駄になる労力」なんて実は一つもないんです。

何でもいいです♪

なんでも、楽しんでいきましょう♪

「不満を持つ間は、人は幸せからはじき返されますのや」

Category : 心と宇宙の話し
初めに。

今回紹介するコラムは、
月刊誌「致知」編集長・発行人である藤尾秀昭氏が書かれたものです。

毎月藤尾氏が巻頭部分でその号の特集を解説する形でコラムを執筆していますが
今回それだけをまとめたご本を出版されるので、
その告知のためにいただいたメールから、紹介されていた一遍を転載させていただきました。

★『致知』創刊40周年記念出版★
『人生の法則』
~『致知』総リード特別篇~
https://www.chichi.co.jp/specials/jinsei-housoku/

アナウンスは無かったので転載不可ではないと思いましたが、
感謝とともにURLまで貼っておきます。

自分のために、しっかりと保存しておきたいお話でした。

**************

感謝報恩
…………

宇宙は百億くらいある。
その百億の宇宙の一つがわが地球の属する
銀河系宇宙だということは以前、この欄で書いた。
 
銀河系宇宙の大きさはほぼ分かっている。
楕円形で、光の速度で直径が十万年、
厚さが一番厚いところで一万五千年かかる距離だという。
あまりのスケールに言葉もない。

その宇宙の中で地球だけに生命が宿されている。
宇宙から見た地球はものすごく美しいと
宇宙飛行士たちは口を揃える。

地球に住む生命体が発するオーラが、
地球を美しく輝かせているのに違いない。

その地球に住む生命体に宇宙は等しく天敵を与えた。

天敵がいなければあらゆる生命は増長し、
蔓延、跋扈する。

それは調和を愛する宇宙の心に反するということだろう。

ただ、限りない生命体の中で人間にだけ天敵がいない。

なぜか。


長い間の疑問だったが、ある時思い至った。

人間の天敵は外ではなく、心の中にいるのだ、と。

人間を襲い、蝕む天敵。
それは心の中に巣くう不平不満である。
事あるごとに湧き起こってくる
不平、不満、愚痴こそ、人間を滅ぼす天敵である。

歌人の生方たつゑの母は、少女の頃、
ともすれば不満顔をするたつゑに、


「不満を持つ間は、人は幸せからはじき返されますのや」


とよく言ったという。
人生を知り尽くした人の英知の言葉であろう。

人間を損なう天敵の対極にあるもの、
それが感謝である。

心が感謝の思いに満ちあふれた時、
あらゆる不平不満は一気に消え去る。

感謝こそ人間という生命体を
健やかに成長させる根幹である。



話は飛ぶ。

昨年、東京で開かれた「人体の不思議展」を見た時、
人間の生命に畏怖に近い感動を覚えた。

殊に全身に行き渡った血管網と神経細胞の標本は、
人知をはるかに超えていた。

身体の隅々に至るまで、微妙かつ精巧に、
そして見事な調和の中に、一点のねじれも
もつれもなく配列されたそのさまは、
神の領域そのものだった。

しかもその一本一本がそれぞれの役割を与えられ、
その役割を果たして全体に帰依している。
全知全能の神でなければ創造し得ない世界がそこにあった。

人間はすでに奇蹟のような生命をいただいて生きている。

「生きて」いるのではなく、
限りない恩の中に「生かされて」いる。
理屈なしに、そう直感するしかない世界が、そこにあった。


「恩」という字は
「口」と「大」と「心」から成っている。

「口」は環境、「大」は
人が手足を伸ばしている姿である。

何のおかげでこのように手足を伸ばしておられるのか、
と思う心が“恩を知る”ということである。

安岡正篤師の言がある。


「我々は天地の恩、人間の恩、道の恩、教えの恩など、
あらゆる“恩”の中にあります。
これに絶えず報いていくのが生活であります」

感謝報恩の人生を歩みたいものである。

****************

自分にうなだれる

Category : フォーエバーの話し
私は先々月くらいから

今までできていると思っていたことが

実は(心底からは)できていなかったという

致命的な思い違いに気が付いて

実は少々うなだれています。

うなだれるというか、

ああ、そうか。が深すぎて
自分に少し呆れています(笑)

気が付いたことはいいことだし、
だからそれを修正することができるはずで、

ある夢の中で、その修正が終わったことも
理解しました。

自分をまた少しえらいなぁと褒めることができました(笑)


そんなことを考えていての
酒井さんセミナー

「沁みました。」

ってそんな一言で言えないほど。



酒井さんの口からは

「潜在意識はとんでもないところからやってくる」という言葉が出ていて

それってこの次のメルマガで私が書いたことでもありました。

潜在意識のギフトってほんとに
「(全く)思ってなかった方向」からやってくるんですよね。


酒井さんも私も、
そしてこれを読んでいる潜在意識使いの皆さんも
何度も同じ経験をしたうえで
その体験で理解していると思うのですが。

思ってもいなかった形と私が思っているのは
意識の世界での話

でも実は潜在意識でその種をまいているのは自分。

でもそれは「いつ発芽するかわからない」から。

いつでもご機嫌で、口から出す言葉や、自分の中の深い思いに
気が付いている必要があるんですね。


そういえば先日ラジオで
そらかな曼荼羅は自分にとって何か?という質問を受けたとき

一番ぴったりくるのは「相棒」という言葉でしたが

昨日酒井さんはこうも言いました。

**潜在意識はパートナーなのに
みなひとりで走ろうとしている**

あ!そうか、そうだよね
私にとって曼荼羅は私の潜在意識の世界そのもの。

だから一緒に歩んでいる感覚だったんだ!って思いました。


**皆さんが自分だと思っている皆さんの信念は
生まれてから周囲によって育てられたもの**

あ、それもテキストで書いたよね。

「自分の力で描こうとしないこと」
これは自分を俯瞰する何かを知るためにとても大切なことなんだよなぁ。
って思って書いたわけですが、

酒井さんからも、チョプラからも、エイブラハムからも、
トリスメギストスからも、あらゆるマスターたちがやってきて
私が理解したことなんです。

あらゆるマスターたちのソースは「宇宙」だから、
それを体験した人たちが同じことを言うわけで

だれがどんな風に言おうと同じなんだよね。
なんて思うわけです。

で、何度か同じことを言われて

「雨だれ岩をも穿つ」くらいになって初めて
本当に理解するのだと(笑)

穿つというのは「集中」を伴います。

ず~~~っとあちこちたたいていたのでは
先に人生終わっちゃいますからね。(笑)

あっち行ってこっち行って
いい話聞いた。で終わってしまう人たちは
身に着ける時間を大切にしません。


相変わらず静かな口調で始まり
次第に熾火が大きくなっていくように

酒井さんは心底の情熱で話をしています。

**僕がこんなところでこんな話をして、
みんなは分かったように思うかもしれないけど
それは分かってないということだからね。

何度も何度もその都度わかる場所や深さが違う。**

その通りです。

私が何度も読まなきゃならない本はこれ。

ほんのり浮かぶだろうネットワークビジネスという引っ掛かりを
一旦消してみて、ぜひ読んでみてもらいたい本です。








吉野神社が教えてくれたこと

Category : 心と宇宙の話し
いやいや、そんな場合じゃないだろう!ってもう一人の私が叫ぶんだけど

こういうのは書きたい時が書くときなのよね。
じゃないと全く意味がなの、あらゆる意味で。

でも、本当は書くつもりがなかった。
何で書いてんだろう?(笑)



ということで吉野神社が教えてくれたことです。


ある朝、頭の中に響いた

「みまさかのよしのじんじゃ(へこい)」という声。(声と認識できるか?は謎、何とも言えない)


「みまさか」
きいたことはある、、地名だな、、、
でもどこそれ?

「よしのじんじゃ」ってことは、実家に関係がある?
なんにしてもそれなら覚えやすい

うつろな眠りのはざまの中でそれだけ覚えたのでした。

その時のFBの投稿
https://www.facebook.com/mandalamayo/posts/1676772289024437


で、起きたらすっかり忘れてまして(笑)

でも、ホントに必要だったのね~、

仕事中に「ぽ~ん!」とまた飛び込んできたんです。

「み・ま・さ・か」

あ!そうだそうだ!そうだった!!

ってことで

でもねぇ、ホントにそんなのあるのかね。って思いながら検索掛けて
びっくり(@_@)!しました

ほんとにあったんです。
一発で出てきました💦

ここまでが、2017年10月の話。

美作とは岡山の一地方の呼び名で、その昔は「美作の国」と呼ばれていました。
色々調べたけどそれは長くなるのでやめておきます^^


そして5月に行ってきました。

吉野神社
32253790_1913498328685164_3332589232341385216_n.jpg

吉野神社はそのあたりの一宮なので参道がとても長く
500mくらいかなぁ、
今は参道は田んぼと田んぼの間にあるくねった道です。
写真はそれを逆から見たところ
32190847_1913498472018483_4316751735197532160_n.jpg


で、参道入り口の第一鳥居なんだけど、
正面ではなく横っちょにあります。

本当ならその道路にかかっているはずの鳥居が横に置かれているようになってるんですね。

第一鳥居


本来第一鳥居と本殿前の第二鳥居は参道として繋がっていたはずですが

第一鳥居が小さすぎでそこに道路を通せなかった
第一鳥居の後ろの大木(多分これも御神木)が育ちすぎていて参道をふさいでいたせいもあって
道路を通せないのでこうなっているんだと思います。


昨年の話の時
鳥取のPさんがわざわざ行ってみてくれて写真を送ってくれたんですが、

さびれて寂しそう、誰からも忘れられたような感じだったのが
今回行ってみると、なんとあちこち普請されて綺麗になっていまして
また、びっくり(@_@)。

この半年ほどのわずかな間に?

んじゃ、え~っと
何の御用でしたか?

そこは明るく力強さがあって、
一層私は何をしに来たのかわからない感じになったんですが

まぁ、今わかる必要もなく、

素朴で風格のある社を見せていただいて、
暖かな日差しと涼やかな風と
静かな田舎の風景を見せていただけて

あの日その声を聴かなければ一生来なかったであろう場所に
感激しかありませんでした。

およびいただきありがとうございました。
と感謝だけがわいてきて。

必要なことはそのうちにわかるんだろうと思いました。

また、中をのぞいて
あの鴨居の上には30㎝くらいの額ならかかるだろうと(笑)
確認しました。

そして
横っちょにへそがきたような第一鳥居から
見えない参道を繋いで帰ってきました。

で、それこそが今回必要だったことだと
帰ってきてじわじわと理解するわけです。

わたしはなにか「することがあるのか?」って方面しか考えてなかったんだけど

実は私のために「見なさい」「考えなさい」ってことだったんですね。


そうとしか紐づけできないことにずっと出会っていて、
都度「はは~ん」って思うわけです。


つまり

「へそがずれてきてるぞ!おい!」ってことなのね。

「道は確かにあるけど、こことここを繋がないとね、わかってる?」

ということを教えてくれていたのでした。

そのためにどかんどかん!と
あらゆる指令が飛んできて
それに従うと「ほらね」ってのが
また更に次のドカン!を連れてくる。


それは仕事がどうとかのことではなく

私の思考の中で
今までに起きていた紆余曲折に目を奪われず。

思考をいったんクリアリングして
スタート地点からもう一度先を見るということでした。

考えてみれば、

行く前からそれらは
色々な形でやってきていたんです。

「壮大!」な
潜在意識のからくりでした。

それらはとても体系的なもので
書くことはできないのですが、

一つ決めたことがあって、

それが、22年前にわたしが「そうしたい!」と
非常にワクワクしたことだったことを思い出し、

こうして時空を超えて物事は叶うわけだから

何一つ諦めることはないのだと
皆さんに伝えたいと思いました。

何でもこうして用意されるものなんです。

それらは
自分で何とかする域を100倍超えています。

あ、そうか、これを書くようになっていたのね(笑)

長くなりました。

最後に

あなたの今はあなたが以前に思ったことが叶った姿です。

あなたは常にあなたを叶えているわけです。

これからもね(^_-)-☆





白い石の神様

Category : 心と宇宙の話し
18-05-15-14-35-21-420_deco.jpg 18-05-15-14-34-53-014_deco.jpg


先日、録画したままずっと見てなかったNHKドキュメンタリーを
何度も行きつ戻りつしながら(掃除しながらだったので💦)見ていました。

その村の古い信仰の神様は白い石(石灰)でした。

中国の秘境チベット高原に「美人谷」と称す集落がある。石の塔が林立する不思議な光景、「唐」の歴史書に「女王の国」とある。今も母系社会の伝統が残る谷の女性の暮らしに海外テレビが初密着。一万の石を積み上げ地震で壊れた家を再建する若妻!俳優・満島真之介は谷に伝わる「白い石の信仰」の謎を追い雪の峠を越え霊媒師と対面、4千年の歴史に挑む。北京テレビとNHKの国際共同制作で美人谷の謎と女性の生き様に迫る。

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/91878/1878310/index.html




その二日後
鳥取に出向いた私がお参りした白兎神社。

そこも白い石は神様だったのです。

「白い石が神様」というシンクロが何を伝えようとしているのか、、、

社務所で
ふらふらと手が伸びて
写真のものを購入してから思い当たりました。


「5つの縁」

それは私がいま喉から手が出るくらいほしいものでした。
*メルマガ読んでくださっている方は「ああ、あれ?」って思うかもですね(笑)

こんな時は

大きな宇宙の
「後押し」や「大声援」を感じます。

きっと素敵なことがある。

そう感じています💖


身体と心と二つ目のお財布について月に2回
ダイエットについて月に2回
メルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓


《メルマガ登録フォーム》

↑↑↑ [チェック事項について]
フォーエバーに登録していない方、 登録しているけれどaloewingメンバーではない方は 以下のどちらかにチェックをお願いします。
・一般 心と身体とお財布の健康・潜在意識について
・一般+ダイエット
ダイエットにご興味がない方も身近な誰かのお役に立てるかもしれません。

目標は持たない

Category : 心と宇宙の話し
大阪のフォーエバーの大先輩
西田由佳子さんのメルマガで

朝から「そうそう、それ!!」と思ったので
転載させていただきますね。

私は力を抜いて漂っていて。
目の前に来たことは全力でまじめに取り組む。

そうやって歩いてきました。

そうすると
ああなればいいなぁ、こうなればいいなぁ
と思うことはいつの間にか勝手に叶っていくんですよね。

そのことをこういってくださって
なるほど!
なんて的確なんだ!と(笑)

あなたの身の回りにはいつも
こうしてギフトが漂着してるんですよ💕

*************

書店「読書のすすめ」店主、清水克衛著『まず、人を喜ばせてみよう』

《将来の目標はない方がいい。自分の夢なんて忘れてしまおう》

こんなことを言うと、ちょっとビックリされるかもしれませんが、<成幸>体質っていうのは、より「バカ」になることなんですよ。

よく、

「人生、目標を持つんだよ。自分の目標がない人は、途中で挫折しちゃうから。ただ漠然と生きているとなんとなくそのまま流されて、自分の夢や理想の人生が生きられなくなっちゃうから」

って言われてますよね。

でも私は、うちの若い人たちには、


「目標を持つな。志を持て」

って言ってるんですよ。

私たちのやっているNPO法人「読書普及協会」は、自分の小さな夢を目標にしている人たちの集まりじゃなくて、みんなが、それぞれ、目の前にきた人を元気にしようっていう志を持った人の集まりなんです。

「目標を持って、それに向かってコツコツ実現していく」

確かに、それもひとつの王道なんです。

「バカ」と言われるくらいにそこに突き進んだら、きっとうまくいくことでしょう。


ただね、目標にしばられて、その通りにできなかった時、イライラしちゃったり、がっかりしちゃったり、中途半端な自分に悩んじゃったりとか、そういう考え方だけしか知らないことで苦しんじゃっている人、いませんか。

それだけじゃなく、

「私って、これって言える夢とか目標がないんです。それが悩みなんです」

って悩んでいる方、いらっしゃいませんか?


そんな方のために、他にも王道があるんです。

それが、

「目標を持たなくてもいい。そのかわり、自分の人間力を限りなく高めていく。そうすると、やがて人生は思ったとおりになる」

って方法なんです。

「日本一の何々になる」

とかって、遠くから目標を持ってくるんじゃなくて、目の前の人、目の前の物事に心を込めて集中するんですよ。


私の場合もそうなんです。

ただ、来てくださったお客さんを喜ばすことに集中していただけなんです。

目標は、遠くにあるんじゃなくて、目の前にある。

それを、<顔晴(がんば)>る。

そうすると、自然に道ができてきちゃう。


目標がなくても「あきんど感覚」さえあれば、道って自然に開けてくるものなんです。


デフォルト・モード・ネットワーク

Category : 心と宇宙の話し
先日から録りためておいた

NHK「人体」をゆっくり何度も見ています。

先週見てたのは

「ひらめきと記憶」がテーマで、
つまりは「脳」の仕組みの話。

そこで唸っちゃって
そして呆然としました。

だって、それは
わたしが曼荼羅のテキストで言いたかったこと
そのままだったから。

う~ん、
これはまた創っちゃったか?と、


レポートつくり魂がうずうずしてたまらず
自分をなだめるために1本だけ作成しました💕

そこから少し話してみたいと思います。

どうしてかって

重要なところにテレビではしっかり触れてなかったから



「ひらめく」とき、脳はどんな状態か?

脳の中の神経細胞だけを映すと
まるで金色の大きなタワシのようです。
*つまり中心がある

神経細胞(ひも状)同士はつながっていません。

つながっていないのですが

その間を電気信号(メッセージ物質)は飛び移るかのように移動します。


テレビでは、

ひらめく瞬間に脳がどうなっているか?を
可視化して見せてくれてました。

脳幹から外側へ頭蓋骨の中全体にぱぁぁぁっと
電気信号が走るんです。

綺麗でワクワクして
何度見てもいとおしい気持ちになります。


「究極のネットワークシステムを持つ脳の特技が「ひらめき」」
そう山中伸弥教授が言い添えて

そうか!ひらめきは脳の特技だったんだ!と
新たな認識が生まれました。




次に、集中しているとき脳はどうか?を調べていきます。

集中しているときって
電気信号が広がらないんですね。

ぐっと脳幹を中心にして
そこだけがうごめいて光っている。

そんな風に見えます。

つまり、集中しているときは
電気信号が外に広がらない。

理にかなっていますよね?



では、ひらめくためには何が必要か?

実は人間の脳は

何も考えず
「ぼ~~~~~っと」しているときの脳が
ひらめきの状態の脳とそっくり同じである。

ということが最近発見されました。


ひらめくときと同じく

脳は何もしていないとき
ゆったりと脳幹から大脳皮質まで
くつろぎ、広がっている。

つまり隅々にまで電気信号を広げ
巡回?しているかのようなのです。


その状態をドレクセル大学 ジョン・クーニオス教授が
「デフォルト・モード・ネットワーク」と名づけました。

例えばあなたが何かに行き詰まったとします
でもその解決策が突然頭にひらめくことがあります。
それは全く関係ないことをしているとき
例えば朝、目覚めて、ぼーっとしているときなどに起こるんです。
私はその状態を「デフォルト・モード・ネットワーク(*)」と呼んでいます。

*何もしていないけれど全体に広がった電気信号を持つ脳の状態




脳の電気信号がどうなっているかはわからなかったけれど

私は

「隙間がなくてはひらめき(直感)は生まれない。」
ってそう考えています。

なので「やっぱり~~!」と、興奮したのですが



番組では「ひらめき」について

「ぼ~っと」することがひらめきを生むために必要なこと
という終わり方をしていたんです。

そ、、、それだけではだめです。


大切なことを添え忘れています。

それは「集中」と交互でなくちゃ意味がないんです。

ジョン・クーニオス教授が言う
「行き詰まっているとき」とは

何かに集中してた、ということであって

それを実証する話が、山中教授の発言にありました。

すごい謎に挑戦していて
どうしても答えやいい方法が見つからない
ある日帰宅して子供をお風呂に入れて先に出し、
自分がシャワーを浴びているときにすごいひらめきが来て、
それが20年ほどたってIPS細胞につながっていった。




ゲストの又吉さんは

芸人仲間にどんな時にネタが閃くか?と尋ねて歩いたら
ほとんどが「入浴中」と「散歩」の時で、やっぱり自分もそうだと。


私自身の経験でもそうなのですが

無駄だとわかっていても、考えあぐねたり
何かとっかかりはないか?と
曼荼羅の周りをぐるぐる回ったり(笑)

そのあとにぼ~っとして脳に隙間を作ってあげて
ひらめきを待ちます。


脳は、このデフォルト・モード・ネットワークを使って

外側の大脳皮質まで信号を走らせ
必要な答えを探し出してきてくれるわけですが

なんでそれが必要なのか?がなければ
閃きません。

質問がなければ答えはないわけです。



そのほかに十分言えてないなぁと思ったのが

この「!!」というひらめきの状態は

全く何もしない、考えない状態というより

「考えなくてもできている何かをしているとき」が、一番多いってことです


つまりルーティン化していて、
勝手に体を動かせているときなどが

脳はフラットな状態なんだろうなぁと思っています。

それが、私の場合点々を打っているときや
シャワー浴びてるときとか、
延々とフキの皮と筋を剥いているときとか(笑)

なんですね。

ひらめきが質問の答えなら
直感はわずかに違うかもしれません。

全く質問のないところに稲妻のように現れることが多いですから

え~~?!それはなに~!?
え~(😿)わからなくてもやれってこと?
えええ~勘弁して~!

ってのが直感には多いように思っています(笑)

で、わからないけど仕方がなく始めたことが

フォーエバーの仕事だったり
曼荼羅の講座だったりにつながるわけですね(笑)


ということでまた長~くなったんですが。

これを投稿してから

ふら~っと過去の投稿を見ていたら

ああああああ、そうだったか。
ここで答え待ちをしていたんだ!!

という投稿に突き当たったので、ここに置いておきます。

http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-1233.html


いろいろ
画像で見ていただきたかったけど
NHKの著作物なので諦めました。

見たい人はこちらから
https://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_7.html

オーダーするとギフトが来る。

Category : 心と宇宙の話し
こうなりたい。
ああなりたい。
こうなればいいな。

そう考えると
必ず直接関係があるようには見えないギフトがやってくる。

だからそれがギフトだと気が付かないんだね。

・感情的な扱い
・分析的な扱い
で、排除して取り組まないか、
場合によっては齧って投げ出す。

私が10年前に書いた
マンダラチャートや宝地図をみると
びっくりするくらい願ったことはかなっている。

ギフトは、最終的にはこういっている

・自分を変えろ、だとか
・考えの角度を変えろ、とか

そういうことなんだけど

もちろんそれが早いんだけど

そういってしまうと
消化と吸収ができず
そのまま排泄されちゃうから

身につかないのよね。

(あれこれセミナーで気持ちが燃え上がっても
1カ月もしたら冷めるってケースがあるでしょ?)

それを見越してるから
「へ?」というような形なんだな

それに感心する。


オーダーされたから

授けたというのに

「これじゃない」って(笑)

いや、別にいいけどね。


そんな声が宙から聞こえてこないように。


綺麗な包装紙や
綺麗なリボンが掛かっていないものほど

柔軟にまっすぐ
落ち着いて
取り組むといいな、と
わたしはおもっている。

そのうちにあなたらしい角度がついて
あなたを望みの方向へ連れて行くから、


でなければ
毎回 リ・スタート
(目新しいセミナーに行って燃え上がるけど
それもまた続かないってのを繰り返す)

そうなると
つまりはずっとそのままなんだな。


それはもう嫌だ!って
大きな声で自分に聞かせなくちゃね。



眠れない夜

Category : 本の話し
眠れない夜というと
聞こえはまだいいけど、

本当はソファーで寝落ちして
2時間ほどたっぷり眠った後、

いつもだったら、それでもまだ眠れるのに。

昨日は全くダメだった。

こんな状態になるような
何を食べたのだ。
とか、腹立たしく思ったけど
何も思いつかない

布団に入る前に
ダメダメ、と思いながらも
スマフォを開いてしまい
それだな、きっと。

脳みそに刺激を与えてしまったからだ、

二度とそんなことはしないでおこうと
そんな決意も遅いけど。

とにかく
どっち向いても
腕をどこにおいても
足を布団から出してみても
入れてみても
宇宙の瞑想をしても

寝入りばなのあの気持ちのいい空間をすり抜け
眠りに落ちていくことができない。

小一時間もそんな状態で、


頭の中で
いっそ起きようか?を考えてみる。

途中だった本の続きを読む?
だめだめ、
絶対にさらに目がさえる。

だったら、
ボイスレコーダーでなにか話を聞く?
*私は好きな本を朗読して
ボイスレコーダーに入れている(笑)
だったら、そのまま眠れるかもしれない。

これが一番ウキウキしたアイディアだったけど
それには布団を出て
ごそごそと、ボイスレコーダーを探し、

あ、そうだ電池も入れ替えないとならない。


そんなことを行ったり来たり考え。

いや~!もうだめ!と布団からはい出し

キッチンの電気をつけて

PC机の下の引き出しから
奇跡的に一発で
ボイスレコーダーを見つけ

何と丁寧に未使用の単4電池も一緒にあるのを見つけ

ほらね。と
誰に向かってか自慢する。

だって、ウキウキするアイディアは
いつもこんな奇跡を連れてくるから。
        ↑
     探し物が一発で出てくるのは
     私にとっては奇跡の部類

イヤフォンを耳に入れ
小さな画面を見る

フォルダDの03
なんだったけこれ?

スタートボタンを押して
自分の声が読む話を聞く。

ああ、アニータね💝

ベッドには戻らず、
毛布をかぶってソファーに横になり

聞こえてくるものに
意識を傾ける。

ほんとよほんと。
その通り。

アニータの言葉は

生活の中で薄れていくものが
くっきり鮮明によみがえってくる。

途中紙をめくる大きな音が入ってる
それはこれが本ではないことを意味していて

フォーエバーの先輩が
ダイジェストに用意してくれたものだと思いだした。

すごく大切なことを
こうして聞けて

眠れなかったのは
この時間のためかもと

幸せに思う。

いつの間にか私は
幸せなままに
眠りに落ちた。

朝起きて、
そういえば、アニータの本はどこ?

と探すも、
ない💦

ううう。
どんな表紙だったっけ?
タイトル何だったっけ?

Amazonで表紙を見ようとして
アニータで検索をかけ

持っている本とは別の本に目が留まる。
これは持ってない。

キンドルで読み放題30日無料にはいると0円とのことで、
とりあえず参加、きっと後で取り消す。

だって、今読みたいんだもん。

途中、ジェン・タイ先生のくだりで
なんでそんな風になるかね、と思って
イラっときたんだけど。

なるほど、
こんなにすごい体験をした方でも
ここでこんな風に間違えるんだ。
ってことに感心する。

いつでも、行きつ戻りつ、なのだ。
それでいいのだ。
そういう仕組みなのだ。

生身の人間の体と心を味わうとは
そのようなことなんだと。

自分が大学に入ったときの
シラバスのことをまた思い出す。

一度で身に着く経験などないんだよ。

わかったつもりでわかっていず。
知ったつもりで外側だけ。
腑に落ちたけど見失い。

そんなことを繰り返しながら。

立っている位置を変えてゆくものなのだ。


あっという間に読み終えたので、

よかったらとおすすめ。

きっと救われる人がいると思うよ💝

気になった人はレビュー読んでみるといいかもです。
本をクリックでAmazonへ↓↓

Jcomから ひかりへ

Category : 日々の話し
ネットを使いだしてから20年
ADSLなんて時もあったけど
ほとんどずっと使ってきたJcom
かれこれ15年くらいかな。

ここ数年、
その速度たるや
遅くなるばかり。

それでも移行しなかったのは
煩わしい作業が嫌だったから

今こそgmailがメインなので、
メアド変更の心配は全くないけど

少し前はそれも面倒だった。

契約速度?
だいぶ前にそれを上げてみたけど(320)

それでもダメなものはダメ

朝 8:45~50位になると
あからさまに動かなくなる。

夜 20:00過ぎるとまた
微動だにしなくなる。

まったく仕事にならない時間だけが増えてくる

ひょっとしてうちのPCが悪いの?
とかも考えていて

犯人がわからず動けなかったという面もあるけど

やっぱりjcomか、、、
もうアウトだな、
ここまでにしようって思ったのは

先日のANAの座席変更手続き

48時間前にもANAサイト動かず開けず失敗し、
何とか24時間前の最後のチャンスにかけたかったけど。

時間が丁度混む時間(20:30)
くるくるくるくる、
タイムアウトエラー
ANAサイト
まったく動かず。

エラーの山

時間勝負の時に、
涙が出そうなくらい動かない

結局スマホアプリ(屋内wifi使用せず)でサクサク開けることが判明して
席はわずかに移動ができたけど

PCは相変わらずタイムエラー

ハナシニナラナイ!!


出かける当日、
ハワイアンのチェックアウトを済ませたのでチケットを出そうとしたら
またしてもご機嫌ななめ

PCからプリンターが動かず待機。

ああ、これまでもこんなことが多々あったよね。
それもそうか~~
jcomだったか。。。

何度も試みてもらちが明かず
私のほうがタイムアウト。
チケットは向こうでもなんとかなるしね。

8日後に帰ってきてPC入れたら
ハワイアンのチケット出てきたわ~。

改めてjcomやめようと決意した

20年近く使っているわけだから
当家の環境が変わったわけではないし。

jcomが全く動かないときに
試しにスマフォのデザリングでPCを動かしてみたら。

サクサク動くじゃないの(ノ_・。)

悲しいったらありゃしない。


ということで、
スマフォがAUだからということで
AUひかりに移すことにしました。

なんでそんなこと長々書いているかというと。

私もあれこれ検索させていただき、
皆さんの記事がとても参考になりました。

ありがたいことですm(__)m

私が入れた検索ワードは

jcom 遅い

jcom 話にならない

jcom 使えない

Jcom ひかりに替えたい

同じ状況の人がいたらお役に立てますように


AloeWingメルマガを発行しています。
134067341380713211169 - blog

身体と心と二つ目のお財布について月に2回
ダイエットについて月に2回
メルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓

プロフィール

やまだまよ

Author:やまだまよ
やまだまよ
札幌在住、もうかなりいい年です。夫と二人暮らし。
趣味は早起き

1998年から精神世界と潜在意識に出会い

1999年スピ系HPを始め結構長く続けました

2001年4月40歳で4年生大学へ入学

2001年11月アロエベラを扱うフォーエバー社と出会いました。

2007年フォーエバーが取り持つご縁で点描曼荼羅と出会い、

2008年にHPからこのブログへ移行

2009年点描曼荼羅を描き始め、教え始めました。

2013年ネットで願いをかなえる点描曼荼羅画講座を開設

2015年一般社団法人マンダラユニヴァースとして発足、同時に講座タイトルを「宙を奏でる点描曼荼羅画」と変更しました。
(その間もフォーエバー社の仕事を継続して行っています。)

フォーエバーの仕事がなければ私は点描曼荼羅にも出会わず、社団の運営にも力が及ばなかったことでしょう。全ての力を与えてくれたアロエベラジュースとフォーエバー社に感謝しています。


好きな言葉:

右の道と左の道のどちらかに花が咲いているのではない。
自分が選んだ道に花は咲くのだ。

最近の記事
カテゴリ
リンク
私はここにいます^^
Facebook
  ↑↑↑↑↑↑↑↑ facebookのALOE-WINGに直行します。
一般社団法人 マンダラユニヴァースCA
代表理事をしております。
そらかな曼荼羅twitter
FC2カウンター
最新コメント
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも一覧

かわいいうさぎ”きなこ”のブログ ~最愛のペットを亡くして伝えたいこと~
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。