Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP ≫ CATEGORY ≫ アロエとか健康の話し
CATEGORY ≫ アロエとか健康の話し
       次ページ ≫

動的平衡(番外編)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
アロエとか健康の話し | Comments (-) | Trackbacks (-)

「50過ぎたら大病」の呪文

あるとき私はある人にこういわれました。

「50過ぎたら大病するかもしれないね~気を付けてね~」

そのとき私は40歳になるかならないかくらいでした。

その人は何か統計的占いからそう私に注意をしてくれたようですが、

「聞いてもいないのになんて余計なことを」と、腹が立ったものです。

私の母が亡くなったのはちょうどその時の私の年齢くらい。
39歳で、調子が悪くなってからあっという間にとても苦しんで亡くなりました。
今とは違い緩和という考え方もなく、看護師さんも軍隊のように厳しくて
家族も母の病気というより、取り巻くその環境に苦しみが大きかったのです。

その思いがあったので、その言葉は案の定、私に重くのしかかりました。

その少し前に軽いとはいえ皮膚がんを患い手術をしたこともあって
「病気だけは嫌」と思っていたところにそれを言われてしまったからです。

でも振り返ってみれば、結局はその言葉に私は守られました。

「なんとかそれを回避したい、でもどうやって?」と思っているところで
私は、アロエとプロポリス、ポーレンという
全く自然の食品で体を守る。ということを知ったからです。

アロエは年若い友人からやってきました。
その子がその会社に騙されているのでは?という懸念や、
本当にこれは私を助けてくれるのか?という懸念があったからこそ
しっかり検証していくことができました。

まぁ、ほかにもものすごいシンクロ
(というより宇宙の示唆と思えるようなもの)があって
そこで観念したというのもありますが、

私はあれこれ迷うことで余計な時間や体を疲弊させることがなく
しっかりと体つくりをしてこられました。

間違いなくあの呪文が今の私の体を作ってくれたのです。

そして、アロエを介した知人から曼荼羅を知り、
曼荼羅という宇宙の仕組みを描くようになります。

振り返ってみればすべて今へとつながっている道、
折々に置かれていた布石に感謝します。
その布石をしっかりと受け取れていたことにも感謝します。

今回私は軽いとはいえ「脳梗塞」を起こしました。

アロエや他の製品を飲んでいるからと、
食べ物を軽視したわけではありませんが、
実際には負担をかけていたことがいくつかあります。

つまり甘え(;^_^A

今回の病気がこんなに軽く済んで、
ほかは全く健康であることがわかり。

それらもすべて私の食べているものからできていることを感謝せざるを得ませんでした。

健康食品を長年食べているから病気にならないということではありません。
(特に私は昔「さぼると長い」不良ユーザーでもありましたので(;^_^A)

生きている限り、
もともと酸素が苦手だった私たちの細胞は
活性酸素と付き合わなくてはいけませんし、
年齢が行くと体の中のすべてのリスクは高くなって当然です。

作っていく体のプラスと
心の在り方のプラス・マイナス(←これが一番大きい)
食べるもののプラス・マイナス
これらの足し引きです。

何かあっても早い時点で回復できる体
できるだけ薬を使わずに、
この世界にお別れするまで楽しく生きる。

それをさせてもらうために、
私はこれを選んで飲んでいるということです。

「スーパーバイタル7(SV7)モニター倶楽部」
~心と体がイキイキと息を吹き返す~
基礎医学士と細胞矯正士(分子栄養素学)の資格を持ち、
かつ16年間心と体を学んできた私が無期限サポートします。

入会条件
・ひと月だけSV7をセットで飲んでいただきます。
・モニター感想を寄せてください。
*継続や登録などのお勧めはありません、自由に。

特典
・1か月モニターをしてくれるだけでメルマガや個人アドバイスなど無期限サポート
・ダイエットサポート用プレゼントまたは、ご家族向けプレゼントを差し上げます。
・SV7セットはSV7倶楽部お買い得価格で提供します。

1カ月たっぷりと、本来のご自身の体のスペックを体感してみましょう♡
寝起きやあれこれ、朝から違うことを保証しますよ!

sv7220160813_0003.jpg sv7220160813_0002.jpg


*まずはこちらまでお問合せください。折り返し詳細をお送りします。
pirikarera@gmail.com


私にできた「ラクナ梗塞」のお話

皆さんにご心配をおかけするから、
FB投稿やめようか、
とも思ったのですが、

健康食品を扱っているものですから、
書かないわけにはいかないなぁ、
って思って書いてみた私の脳梗塞の件。
やはり心配をおかけしました。ごめんなさいね。

どんな脳梗塞か?というと
「ラクナ梗塞」*囲み参照ください。
一番軽い種類のもので、実は気が付かないうちに終わる人もいるタイプのものなのです。

思い出せば父が脳の検査をしてもらったときにも
「脳梗塞の跡が2個ありましたが、古いもので今どうというものではありません。」
そういわれました。


「ラクナ梗塞」について
ラクナ梗塞とは脳卒中のうち脳梗塞の中で、症例の半分に近い割合を占めている脳の病気です。
日本人に限っていえば、脳梗塞の患者さんでもっとも多くの人が発症しているものであり、欧米よりも高い割合になっています。
ラクナ梗塞は小さな梗塞であり、脳内において高血圧によるダメージを受けていながら「穿通枝」(せんつうし)という細い動脈が破裂せずにいることが、発症の原因になっています。
このような血管は次第に詰まりやすくなっていき、やがて穿通枝でも脳の深いところにおいて梗塞となるのです。
ラクナ梗塞の大きさは直径が1.5cm未満というように定義されていて、1.5cm以上のものを呼びません。
小さいために症状が現れない場合も少なくなく、無症候性脳梗塞ともいわれることがあります。
時間をかけて発症するものであるため、高齢者に多く見られるものです。
症状についても進行が遅く、意識がなくなるということはありません。
夜間高血圧であるような人は危険があり、夜から早朝にかけて発症することが往々にしてあります。
こういった場合には起きたときに言葉を発しにくい、手足がしびれているなどの症状があって発症を自覚することもあります。
梗塞が小さなものであるということもあり、予後についてはおよそ8割程度で日常生活に問題がないというように良好なものとなっています。
再発を防ぐためには高血圧をコントロールすることがもっとも重要であり、関連して糖尿病や高脂血症などの危険を回避することも大切です。



そういわれたら、
今年初めくらいからかなぁ
それとも去年くらいからかなぁ

右手が「なんか握ると変な感覚」
そう思うことがたびたびあったんですよね。

そんな時は
手首から肘までの皮膚一枚が、
微妙な感触、ぼわっとした膜が一枚かかった感じ

これが、前兆としてあったんだということに気が付きました。
もちろん、そのような時は「脳」という単語が脳裏を横切っていましたが(;^_^A
考えないようにしていたかもしれません。

当日夕方からあれ?っては思っていたのですが
結局夜中に「右半身が決定的に変!」という事となり
帰札は諦めるしかないな、と荷物をまとめ、
そのままチェックアウトできる身支度をしてから

さて、救急車なのか、それとも自力か、を悩みました。
その時思い出したのは救急車を呼ぶ前に電話して相談する機関(24時間)です。

検索したらすぐ見つかって、そこへ電話。
経緯を話したところで
「すぐに救急車を呼ぶように」と言われまして(;^_^A
「そりゃそうだよな、やっぱり」と覚悟を決めて
119番へ電話。
救急車で脳卒中専門ICUのある病院へ搬送していただいたのでした。

福岡の消防隊員さんに大変お世話になりました。
頼もしい~やっぱり。

で、CTスキャンの結果
中央部右の白い部分これが私の梗塞さんです。
white.jpg

ラクナ梗塞の原因
高血圧によっておこる「動脈硬化」が原因と言われています。
高血圧になると血管内を高い圧力がかかった血液が流れることになり、血管の内側が傷つき壁が分厚くなることで、血液の流れが悪くなり、その先の細胞に血液が届かないため脳細胞がダメージを受けてしまい脳梗塞に至ります。



いつも話していますが、

上記が原因だとしたら高血圧が原因ではなく、高血圧を引き起こす「動脈の硬化」が原因です。

動脈硬化で思い当たることといえばコレステロール値
これは食べ物からとるコレステロールうんぬんより

・多忙ストレス→副腎ホルモン→ 肝臓でコレステロール急上昇 
・女性ホルモンには血液中のコレステロールを抑える働きがあるのでそれがなくなる年齢になると上昇する

という仕組みで増えますから
よっぽどじゃない限り食べ物うんぬんでコントロールはできないというのが本当のところです。

また皆さんもちょっと調べればコレステロールと動脈硬化の関連は探せるでしょうけれど、
そこには「酸化LDL」という言葉が出ていないと思います。

まとめてLDLを悪者にするのが、社会仕組み的に便利だからでしょうか?

血管に悪さをするのはLDLそのものではなく
「活性酸素によって酸化したLDL」なのです。

・活性酸素がLDL(いわゆる悪玉と呼ばれる本当はそうでもないコレステロール)を本物の悪性に変えた為動脈が硬化

というのがさらに奥の原因なんですね。

知っている方は大勢いるでしょうが(;^_^A、
わたしにはこの「活性酸素」の体内発生について
大きな「思い当たる点」があります。

で、目指せ血管美人!です。
argi.jpgDSC_0687_201608010835417c5.jpg

活性酸素の原因を絶って
アルギニンフラボノイドを増量実験。

↑↑実験好きなので、「戒め」より効果が期待できます・笑

そして何より仕事しすぎないこと(;^_^A

ほかの静脈動脈は超健全。
脳と心臓もほかに問題なしのお墨付きをいただきました♡
外側と同じように内側も若い時のままではいられないのが普通ですが、
ほかに問題がなかったり既往症がまったくないことも今回の高ポイントです。

反省をもとに身体メンテナンス楽しみます^^

本物ってなに?

以前にも書いたことがあるのですが、私は朗読が好きなんです。
だったら一挙両得で「読んで」ボイスレコーダーに入れ。
「家事をしながら、眠りにつくとき、長く固定されるとき(のりもの等)などに」聴きます。

なにより
読み上げているときに入り、
聴くときに入り、
吸収するという点では、素晴らしく効果があると思っています。

ですので、いいなぁ~と思った本はこうするってのを
かれこれ4~5年は行っています。

時折それを勧めて見たりしますが、まだ真似をしてくださった方は居ません。
ああ、勿体ない(笑)

小さなときから
「まぁ飽きっぽい娘で何をやっても続かない」と言われ続けたので、
ずっと私もそうだと思って生きてきたんですけどね(笑)
この朗読の録音だとか
かれこれ15年もアロエを飲んでいる事を考えると
私は「飽きっぽい人間」では無かったのではないか?と考えるようになりました(笑)。

そんなこと思っている中、
素敵な言葉を聞きました。
私の3世代目に今月誕生したマネージャーさんの言葉です。

まよさんとお会いした夜に

本物は続く
続けたら本物になる

という言葉に会いました。
これからも、フォーエバー商品を続けていきます✨


その言葉とフォーエバーの事を結んで考えてくださることも嬉しかったのですが、実は、
そうやって結んで考えてくださること自体
「自分を信じている」証なんですね。

私はアロエはこの会社に出会った時、
ご多分に漏れず。
良いものか悪いものか
良い会社か悪い会社か
探ろうとしました。

友人が騙されているのではないか?そう思ったからです。

でも、それを探るのにそう時間はかかりませんでした。
アロエは簡単に私の身体を変えてくれたし
会社の人たちは今まで会ったことも無いような人種でした。

なので、この会社と製品をまず信じようと思ったのです。
万が一私が騙されてるとしたらそれはそれで自分の責任、と思ったのです。

それは、アロエにまつわるあり得ないシンクロや、
私にバシャールを教えてくれた彼女の言葉を無条件に信じる
身をゆだねるという事でもありました。

だからまず信じて続けてみようと思って
15年続けてこられたわけです。
そのおかげで私も、家族も、奇跡としか思えない素晴らしい経験をたくさんさせてもらいました。

しかし、今までアロエの話をさせていただいた中には
その必要性はどこにあるか?などをしっかりと説明させていただいても

「素晴らしい経験をしたら信じる」と考えている方が多く、
ちょっとやそっとの事では感激してくれません。

でもそのちょっとの事が後に大きな奇跡を呼び込むわけですから
結局それでは奇跡は起こらないんですよね。

それがいつも残念だな~と思っています。

考えてみれば
私はこの会社を信じているけれど、
それは会社を信じようとしたのではなく
この会社に出会った自分を信じようと思っていました。

アロエの事も良く尋ねられるけれども
生物としての基本中の基本の方法ですので
ご自身に合う、合わないの問題でもないことも伝えたうえでお話ししているのですが、

アロエがどうか?
その方法はいいか?
高いとか安いとか?
正しいと方正しくないとか?

そう言う精査の仕方をする方が多く
基本はご自身の考え方なのでお任せしていますが

何か別の事を理由にして(理由をわざわざ作って)信じたり疑ったりするのを見ていると
ああ、それに出会った自分を信じていないんだな、って思います。

さっきの言葉

本物は続く
続けたら本物になる。

を受けて

自分が自分の周りのものを、
本物にも偽物にもしていくんだろうな。

そう思わせられました。

学校給食

「・・・・・・・」
言葉を失うような話を聞きました。

兵庫の青果卸さんの話しです。

「動物園の動物以下の給食野菜を神戸の子どもたちは食べさせられている」

学校給食については各地域によって考え方が違うので
これは神戸の話だと覚えておいてくださいね。

「野菜が高くなると学校で使われる野菜はすぐに中国産の注文に変わるけれど、王子動物園の動物たちは野菜のグレードを絶対に下げない。
動物は変なものを食べさせるとすぐに体調に影響が出る、食べている物に敏感なんだ。
けれど人間は結構強いからすぐにいどうとか体調には出ない。と考えてるらしい。
それにしたって可哀そうなもんだよな。神戸の小学生。選べないんだから」

これは私のお友達のご主人が、その青果卸さんから直接聞いた話です。

がっくり。。。
身体には出ないけれど心や脳には出ているんだと思うから。

キリンは不良になったり、やさぐれたりしないでしょうから体調に出るけれど、
人間は体調に出る前にキレやすくなったり落ち着きが無くなったりしていきます。

そうなったとしても「体に異常は出ていない」ということでしょう。

確かに安いんですよね。中国産。
高いけど国産、地場産の野菜を美味しく大切に食べたいものです。

もう一つ、う~んと思った話が、
「うすいエンドウ」の豆ごはんだ大好きだった息子君が

給食にとにかくなんにでもどっさり入っている缶詰グリーンピースを食べているうちに
グリーンピースを見ると気持ちが悪くなってしまうようになり、
健康で美味しい「うすいまめ」まで食べられなくなった。と言う話し、

給食の献立をたてる人が手を抜いているとしか思えない缶詰グリーンピースの大量使いに腹が立ちますが、
止む終えない事情があるのかもしれない。とも思います。(数値合わせがそれでしか調整できないとかね、あ、それが手抜きですね。)

お母さんたちには切ない話ですが、
声を上げていくことが大切ですね。

櫻井よしこさんのコラムです。
こちらはコンビニ食の話題ですが食べ物はこんなに違いを生むという実証です。
「学校給食の改善だけで非行をゼロにした小中学校 教育長が実践した“食育”とは 」
http://yoshiko-sakurai.jp/2006/01/07/452/trackback


大人しか子どもたちを守ってあげられないのです。

発達障害者支援法改正案に注意

注意!子どもたちを薬漬けにしてしまいます。
周囲の人は知っておく必要があります。

「いよいよ発達障害者支援法改正案が出てきます」
http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/55746591.html

リンク先の下の方のマンガの部分だけでもどうぞ読んでみてください!

食べ物を変えたら成績TOPになったお子さんの事例は私の周りでもありました。

ですので、
まずお子さんがどんな状態でそれは医学的にどうなのか?をお母様お父様ご自身で判断してほしいのです。

高血圧も
高コレステロールも
こうしたコントロールで患者(でもないのに)は正真正銘の病気になってしまいます。

医者や製薬会社だけが悪いのではないし
医者や研究者にもより良き方向を考えている方は沢山います。

こういった問題は「自分で考えるため」にあるのです。

それを忘れないで欲しいと願っています。

マリーアントワネットか?!

昨年の話ですが、

低所得者ほど栄養の偏りが大きい。
新鮮な野菜などを増やしてバランスを、
と言う厚労省の発表に

「マリーアントワネットか?!」という、見事なツッコミがきた話しが忘れられません。

初めて所得と食生活を関連付けて調査された結果はこうでした。

米やパン、麺など穀類の1日当たり平均摂取量は、世帯所得が600万円以上の男性は494グラムだったのに対し、200万~600万円未満は520グラム、200万円未満は535グラムだった。女性もそれぞれ352グラム、359グラム、372グラムで低所得ほど多かった。
一方で、野菜の摂取量は所得600万円以上は男性322グラム、女性313グラムだったが、200万円未満では男性253グラム、女性271グラムだった。肉の摂取量も低所得ほど少なかった。



つまり低所得者ほど「主食」が多いということです。

この話がなぜ今か?というと

この本の紹介を見たからでした。


帯を見てください。
「貧困層の子どもは脳まで小さい」

もちろん与えられる環境と刺激の違いが大きな差を生んでいると思いますが、
おおまかには栄養素の入らなさに起因していると思うのです。

日本の食事情は調査の通りかもしれません。

でも、食事の事を尋ねたりすると必ずこういう方が一人はいるんです。

・出しても食べないから
・お菓子食べて夕食が入らないから
・好き嫌いが激しいから
・揚げ物だったらいくらでも食べるからついつい揚げ物になる。

そういうおかあさん。
将来一番心を痛めるのは子供よりあなたかもしれませんよ。

後で、は子供の場合手遅れになります。
なんとかして今できることに注目して見てください。

輸入小麦の膨張材だらけのパンにマーガリン(トランス脂肪酸)とジャム
どこにビタミンやミネラルの栄養素がありますか?

「お腹が満ちれば食事」ではないのです。

なんとか手立てを探してください。

父のかかとに起きた事。

そろそろこの話を書きたいと思っていたのですが、
ナイスタイムリーな新聞記事を見つけました。
1456267151203.jpg
手術時に使用する糸が体内に残って、とか
手術後に取れるはずの糸が取れなかった。とか
わんちゃんとご主人様の話です。

私は足の親指の爪がちょっと巻いていて、
気になるとニッパー型の爪切りでやっつけるのですが
切り取ったは良いけど埋まりこんでいるのとくっついているのか、
どうにも取れない部分が残ってしまったことがありました。

そんなことも忘れていた時に親指の右角が腫れてきました。
触っても痛いのですがその時はなぜここが腫れているのか見当がつきませんでした。

痛い痛いと思いながら過ごしていたのですが、
どんどんと赤くなってきて、
ある日そこが開いて何かが出てきました。

それは切り取られた爪でした。

それを視た私は感動しました。
身体と言うのは異物を外に出そうとする力がこんなに強いのだと思ったのです。
また、それをしてくれたのもアロエや他の製品で
体が正常にその働きを行ってくれている証明だと思えました。

父のかかとの話はその後の事です。

ある時父が「かかとが痛くて歩けないから見てくれ」と言って
私の方へ差し出したのですが、
見てみると、大変なことになっていました。

当時より30年近く前に父は大工だったのですが、、
現場で資材が倒れてきてかかと削ってしまうような大怪我をし、
2か月近く入院したのです。
その傷はごわごわとした角質のようになっていてかかとらしい形成をしていましたが
それががっぱりと浮き上がっているのでした。

つまりかかと全体が、身体から離れ落ちそうになり始めている。
30年も経った古い傷がなぜ?ですよね。

慌てて父をまず皮膚科に連れて行きました。
そこでお医者さまは父の傷を見て
死んだ肉が角質化してついただけの状態になっていたものが
なんらかの理由で剥がれ落ちようとしていますね。
と言いました。

若ければ肉芽があってそこから自然に肉がつくことがあるのだけれど
お父さんくらいの年齢(73歳)になるとこの肉片が落ちたとしても
肉芽が無いのでかかとは形成されません。
ですので、歩けなくなってしまう。
だから、お尻からかかとに肉を移植して歩ける様にリハビリをすることになります。
と、

ええ?痩せた父のお尻から肉を取るなんて、大手術じゃないの!!
そんなことしたらその方がダメージが多いわ。
そもそも父がそんなことをOKするはずがない。

ってことでもう一軒皮膚科に行ってみたのですが
そこでも同じことを言われ、医大を紹介するとのこと。

でも、私は実は分ってたんですよね。
これはきっとアロエの仕業。
死んだ肉を手放す作業をするなら再生もするだろうって
アロエがちゃんと責任もってくれる。
みたいな・・・

それで、父も絶対に手術は嫌だということで
様子を見るという事にして、
週1で病院に通いました。
消毒と薬。包帯を変える。位の手当てでした。

そうこうしているうちに、浮き上がっていたかかとは、
縮れるように凝縮して小さくなっていき、
大きなかさぶたみたいにある日ぽろっと取れました。

取れた場所は皮も薄かったですが、小さな傷を残して他は綺麗に乾いていました。
皮が薄いのでうっすら骨の白い所が見えるくらいでした。

父はびっこを引きながらもなんとか歩けているのですが、
先生はいよいよ移植の話を持ち出し医大へ予約をしなくてはならないから
先ずは紹介状をもって医大に行くようにと薦めてくれました。

わたしは「アロエがしたことはアロエが何とかしてくれる」と、
以前父が肺がんだと言われた時の事もあって、
そうとしか思えず、医大行はお茶を濁しました。

3日置きくらいに父のかかとに薬ををぬって包帯を巻く作業をしていると、
白く見えていた骨はどんどん見えなくなり、
皮膚がふっくらとしてくるのがわかりました。

で、どうなったかと言うとちゃんとかかとがふっくら出来ました。
先生も「こういうことあるんだ」と驚いてらっしゃったので
人間の身体というより、文献や実験、教科書をまるまる伝えてきての治療をしてらっしゃったのでしょう。
*これは医者としての責任に関わる事なのお医者が悪いという事ではありません。

何も知らなければ私は、
歩けなくなったらどうするの!と、父を叱り
お医者様の言うとおりに医大に行き。

お尻からの肉がうまく取れなくて
やれ大変!とか
なんだかんだしているうちに父が本当に歩けなくなって
リハビリも痛いから嫌だと言って(←そう言う人間)
それがまた大変!
医大まで通ってヘトヘトで
本当に大変!

と言うことになっていたと思うのです。

ですから、
父のつやつやの新しいかかとを見る度に
私は自分が学び信じてきたことを誇らしく思うのでした。

お医者さまは必要です。
でも全てを任せる必要はないのです。
お医者さまだって、任されて信じられて身をゆだねようとしている人がいるから
それに何とか形にして答えようとします。

少し考えたほうが良さそうではないですか?

この新聞記事では
誰も注目しないかもしれませんが
「異物を外に出す力が無い身体(ワンちゃん含む)」を、見せられました。

溶けて皮膚と一体化する施術糸と言うのもありますが
新たに化学物質過敏症を起こす方もいます。

巷ではファブリーズが化学物質過敏症を起こしやすくしている等の話がありますが。

私はこれも「出せないことも問題」だと感じてます。

直感ソマチッド&ポーレン

今朝の直感とそこからの連鎖
起きてすぐ
直感がぽ~んと「木内鶴彦さん」を運び込んできました。
先日トーマさんから話を聞いていたせいもあります。

それを検索するとやっぱりというか(笑)大摩邇さんに当たり
そこから体外離脱と月の成り立ちに感心して
ふと下を見ると・・・

でた!ソマチッド!
ソマチッドがもたらす生命活動

確か私もブログに書いたはず。
と思って検索したら2011年に1つありました。

それがこれ。
本当の私2

ここにもあるように、
私がソマチッドなる言葉を高沼さんの資料で初めて目にした2004年ころには
いくら検索しても、2,3の英語のページしか見つからなかったのです。

本当に真剣に長い時間探したのですよ。
でもネット上では拾えなかったのです。

今はソマチッドで検索すると大量に出てきます。
ソマチッドを摂るというサプリメントもあるそうですが
そんなものが役に立たないことは明白です。

ソマチッドはすでに細胞内にあるのでそれを元気にするには何が必要か?
体内のソマチッドが元気になったり、増えるにはソマチッドを足すという事ではなく
ソマチッドを増えるようにバランスのいい微量栄養素(必須ビタミンと必須ミネラルすべて)を一緒に摂る。
これが身体にとって一番スマート(賢い)だからです。

あ、それはリンク貼った私の記事にもありますね。
寄せ集めたり、単品では何も意味をなさないのです。

で!これ!
今朝の木内さん直感は私をこの記事へと運んでくれました。

イギリスの植物学者ロバート・ブラウンは、水に浮かべた花粉を観察している最中に花粉が破けて中に詰まっていた微粒子が水中に漏れ、その微粒子が不規則な運動をすることを報告したのです。

花粉は一般的に二十ミクロンほどの大きさで、硬い殻に覆われています。殻を砕いて中身を二十倍の水で希釈。同様にスライドグラスとカバーグラスの間に閉じ込めた状態で観察すると非常に多くのソマチットが観察されます。このことから花粉の中身の五十パーセント近くがソマチットであることがわかります。


なんという事でしょう♡
うっとりです (´▽`)

先日もどこかで書きましたが、
私の愛用しているポーレンはミツバチたちが集めてきた花粉で
その固い殻を粉砕して天然のままのものです。
(粒状に固めるときにハチミツを使用しています。)

life6.jpg


それでも元々花粉と言うのは身体にとっては吸収率があまり高くなく、
それを飛躍的に引き上げるアロエベラジュースと一緒に摂るといいのです。

*アロエベラジュースにはアジュバント効果という、身体に必要な栄養素の吸収を高める効果があります。
*アロエベラもこのソマチッドを持ち、ソマチッドの活躍を助けるための必須栄養素を持っています。

色んなことが解明されていくのですね~

ビタミンとミネラルはとても重要です。
でも摂ればいいというものではなく

まんべんなくバランスよく摂れることを目指すなら
アロエだけでも最強ですが、こうしてポーレンも最強ですから
合わせることによって完璧なんですね^^。

佳き食べ物は佳き人生を思考を作ります。
それこそが人間の根源です。

てんてんの干し野菜

横浜のAloe smileチーム
香予ちゃんのプロデュースする干し野菜。
私、ここの干し野菜の大ファンでして、

今回も香予ちゃんに会える=干し野菜♡
と思っていたのですが、先に連絡できず^_^;
半分あきらめていました。

が、私にと用意してくださってていただいちゃいました。ヽ(^o^)丿。
香予ちゃん。ありがとうヽ(^o^)丿

先ずは一番お目当てのナス&トマトを使ったパスタを作りました。
上にはニンジンの葉っぱを干したものをパセリ代わりに(これが香ばしくておいしい)
干し野菜の旨みとオリーブオイル・塩だけなんですけど、
だからこそすごく大切にゆっくりと噛みしめたくなる。
「食べてるだけで畑の真ん中に座っているような」気持ちをもたらしてくれるんですね。
これが感動なんです。
1455662987466.jpg

私の目がランランと光る魅惑のセット。*.゚☆
1455660918846.jpg

お味噌汁の酢のものも豆乳スープも
きゃぁ~。*.゚☆(*゚▽゚)/°

「はま野菜工房」として干し野菜の製造と販売を始めた香予ちゃんですが、
現在は「地域作業所 てんてん」のみなさんが
この干し野菜を作ってくださっています。
 ↓その活動が紹介されています
http://www.townnews.co.jp/0106/i/2015/05/21/283845.html

販売会などでもすぐに売り切れてしまうため
ネットでの対応が出来ませんが、お近くの方がいらっしゃいましたら
近隣のイベントなどに並んでいることがあります^^

FBページがありましたので問い合わせることができるかも^^
https://www.facebook.com/tenntennnohoshiyasai/

香予ちゃんのお仕事を尊敬します♡
ネットで購入できるようになると嬉しいなぁ~

Q10モニターさん募集します。

フォーエバー社のニュートラQ10は、
大人になるにつれ減ってしまう補酵素Q10を補給するサプリメントです。

疲れやすい、疲れが取れない
そう言う方へのモニター募集です。

先着限定5名様に
5日間お試しいただいて、簡単なアンケートに答えていただきます。

昨年、モニター募集を、と思っているうちに
商品が売り切れてしまい^_^;

当社でもその位、人気の商品となりました。

Q10-820160105.jpg

限定5名様にまず商品がどのようなものか?の添付で資料を送らせていただきます。
その上で参加されるかどうかお返事をいただけたらと思います。
製品は顆粒ですのでお水やアロエベラジュースに混ぜてお飲みいただきます。

参加される方にはご住所をお聞きして
こちらからアンケート用紙を添えて郵送させていただきます。

参加資格 
・フォーエバー社への登録のない方
(既に登録がある方、他サイトなどから購入されている方に私からはお話ができません)
・20歳以上の方に限らせていただきます

◎続けて試してみたい場合は、安く購入できる方法として登録をお勧めしますが、
その登録によって購入義務が発生するわけではありませんのでご安心ください。
登録に費用は掛かりません。インターネットで登録が出来ます。

◎当社のニュートラQ10にはボスウェリアセラータ樹脂(乳香)や
クロム酵母、オリーブ葉抽出物、ブドウ種子抽出物も含まれた特別なものです。

問い合わせは
pirika-rera@gmail.com
にメールをいただくか
また、FBメッセンジャーでおねがいします。

食べ物で気分は変わる

こんな言葉を聞いたことがありました。

「人は不思議なことに具合が悪くなればなるほど、元気がなくなるものをさらに欲しがるん
ですよね。皆さん覚えておいてくださいね。」

糖質制限を緩めて。。。なんて思っているうちに、食べ過ぎて
いよいよ始まった病がありました。

その病名は「あしたからがんばればいいや」病 
(*そうです、これってすでに病です^_^;)
(副作用としてその後に「嫌な後悔」がセットされています。)

糖質を制限していたからこそ分る。
心と体と行動への影響。

いやぁ~もうこれは酷いものです。

本当に食べ物は気持ちと機嫌と心に直結しています。

冒頭の言葉のように、

糖質に傾いた身体は糖質を一心に求め
はけ口を探し当てようとします。

あぶないあぶない。巻き込まれるところです。

深呼吸して落ち着いて
まずは糖質から離れる事。

不定愁訴や気分の落ち込みを感じているなら
ちょっとだけ試しに糖質から離れてみませんか?

しばらく続けて見たら
頭がすっきりしていることや気持ちが軽くなっている事
気分の浮き沈みが無くなっていることがわかると思います。

そして、身体や心が本当はどうしたいか。が、わかってきます。

そんな中、勉強の為に購入して
目次だけで怖くて読めていない本^_^;

紹介しておきます。

*「パン」とありますが、「パン」だけではなく、日本人の好きそうなもの軒並みです^_^;


私の仕事は心も体も健康であることです^^

ええ、そうです。「アロエバカ」と呼んでください(笑)。
それは私にとって褒め言葉です♡
1427063472189.jpg

「たまごとニワトリ」の話しのように

魂を全うするのに
「こころ」と「からだ」、
メンテナンスはどちらが先?と聞かれたら

迷うことなくわたしは「からだ」と答えます。

簡単に言えば
細胞がキチンと整い身体が明るくなれば心も明るくなります。

多くの方が「こころ」に先に取り組もうとしているのを見ますが、
「うん、先に細胞を喜ばせることだよね」とそっとつぶやいています。

そうすると体が喜ぶ→考え方が勝手に自然と明るく自由になる

そうそう、もちろん「直感の強弱」や「直感を信頼できる(自分を信頼できる)」もそこ(身体・細胞)に起因します。
*直感について書かれた本を読むと「良いものを食べて体を整えることは必須」とあります。
*細胞が振動し波動を生むという所からも、綺麗な円、綺麗な細胞は当たり前に必須だと思うのでした。


お陰様で今日も、お仕事モリモリ積んでますので

直感・集中力・持続力・適度なヌケ(笑)という
自分のパフォーマンスを上げて気持ちよく仕事をするために

私は毎日、写真のものをジャラジャラ・ガブガブするのでした。

結構な量でしょう?^_^;(爆)
私はめんどうなので朝一回この量です。
でも分けたほうがもっといいかもと思ってたりして^_^;

金額にしたらプロパーで安めのビュッフェランチくらいかもしれません。
登録している方は大体その2/3くらいかしら?
マネージャーで1/3くらいね^^。

ボトルの中は4種類

・アロエベラジュース
これは、まさしく細胞の為♪
それと他の物の吸収率をぐっと高めるため。
大地のミネラルと太陽のビタミンをそのままに飲みます。
もちろん酵素やアミノ酸系も天然のままにたっぷり含まれています。
アロエベラは育つ土地でビタミンとミネラルの量が違います。
私が飲んでるのは6500万年前隕石が落下したユカタン半島あたり(爆!)の肥沃な大地で
強烈な太陽を浴びて作られています。*夜にはぐっと冷たくなる気温差があります。

・ニュートラQ10
補酵素のコエンザイムQ10で無駄なく栄養素をエネルギーに換えます。
年齢と共に少なくなり、これが無いために非常に疲れやすくなります。
栄養が取れていてもそれをエネルギーに換えることができないのです。
これには話題のフランキンセンス(乳香)もふくまれています。

・ARGI+
血管と血流の為、アルギニンと言うアミノ酸の力でそれを行います。
それが整うとすべてがスムーズに運ばれます。
別名「血管美人」

・アミノウルトラ
アロエとアミノテインの入ったプロテインです。
筋肉・内臓・骨・血管・消化酵素・内分泌液(神経伝達物質)はタンパク質からできています。
アミノテイン(ペプチド物質)が入っているので、
同じ量のプロテイン粉末から有用なタンパク質を2倍摂取できて、それを3倍吸収します。
どちらかと言うとこの時取れる「イソフラボン」が植物エストロゲンとして目当てです^_^;。
プラス《亜鉛酵母・クロム酵母・セレン酵母》が入っているのでますます魅力的なのです

じゃらじゃらも4種類
・ポーレン (花粉)
人間の身体に必要な栄養素すべてが含まれる完全食品
蜂から取り上げて^_^; 硬い細胞膜を粉砕してから固めた天然のものです。
花粉は細胞膜を粉砕しないと全てそのまま出てしまいます。

・プロポリス
天然の抗生物質とも言われますが
私はフラボノイドが多いので頼っています。
液体のものはエタノールなどでプロポリス樹脂を溶かしていますが
これは粉砕したものです。

・アークティックシー
天然魚油のDHAとEPAです。絶対必要なオメガ3系油脂^^。
最近ココナッツオイルとかえごま油が流行ってますがあちらもいいですね^^
あちらはオメガ6系油脂です。

・デイリー
ビタミン・ミネラル補強用です^^。
野菜と果実の栄養成分からできています^^
これにもアロエが入っていますが
こちらとアロエだけでも変化がある方とても多いです。
なぜかと言うとお互いに相乗効果を持つからです^^


と言うことで、上記の文章を何もみずに書く自分にウットリ。

でも、間違えてたら困るのでそっと確認しました。☆ヽ(▽⌒) 

今日も一日♪遊園地みたいに楽しんでいきましょうヽ(^o^)丿

コレステロールって本当はどうなの?

先日アメリカの当局がコレステロールに関しての見解を変更すると発表しました。
正直わたしは「今頃そんなこと言うんだ」と思っていました。
10年前に学んでいた細胞矯正医学のなかでこの件についてはすでに学んでいたからです。
元々細胞矯正医学は米国発祥のものなので、その感は一層強かったです。

これを得て日本でも今後変更があるようですね。
NHKの朝の番組で急ぎ取り上げて、詳しいと言われる医師がはっきりしない口調で話していました。
そりゃそうでしょう、、、この方は今、手を翻したはずですから。

以下がその発表された内容です。

ワシントン時事】健康維持のため食事による取り過ぎには注意が必要とされているコレステロールについて、米当局は19日、摂取量を制限する必要はないという新たな見解を発表した。「コレステロールは過剰摂取を心配する栄養素ではない」と明言している。
 米厚生省と農務省が設置した「食事指針諮問委員会」が報告書を公表した。各種調査結果から「食事によるコレステロール摂取と(動脈硬化などの病気の危険を増すこともある)血清コレステロールの間に明らかな関連性はない」と結論付けた。2015年2月20日報道 



キチンとお話しするために細胞教師医学の教科書を開きました。
いつも手にするため、pcデスクの棚に入っています。
それはもうボロボロです(笑)

そもそもなぜコレステロール値が悪いとダメなのか?というと、
動脈硬化の一因が血管にたまるコレステロールだ。と、考えられているからです。

でもこれは、1931年に発表された一論文が採用されたためだけって知っていますか?
また、その論文での実験はウサギに通常の50倍もコレステロールを与えて得られた結果なのです。
これ、実験と言えないですよね?(こういうことは他にもまだたくさんあります)
たったこれだけの事が、誠しとやかに多くのみなさんを惑わせてきたのです。

人間の身体の中にあるコレステロールは細胞膜を作り、ホルモンや、胆汁酸の原料を作り、
エネルギーの代謝には欠かせない大切なものです。

なので総量の約2/3は体内で合成され、
1/3が食事によって得られます。

この割合が保たれていれば良いのですが、
外部から入る量が少なければ、その分、体内で合成する量を増やさなくてはなりません。

その為に本来ここで働かなくても良いはずの貴重な栄養素が使用されてしまいます。

そこでまた、特定の栄養素不足が起こり、そのせいでコレステロールの体内生成が多くなってしまいます。

悪循環ですね。

食べ物からの摂取に注意するより、
特定の栄養素の不足で内部で異常に多くコレステロールが生成されてしまうことに、注意が行かなくてはならないのです。

特定の栄養素は分っていますがあえて書きません。
それがあればいいと短絡的に思いがちの方が多いからです。

皆さんは単純な事を理解しません。
精密な腕時計の歯車のようにすべての必須栄養素は働いています。
1つの歯車が動かなくなると全てに影響します。

そしてまんべんなく栄養素が取れる食物を現在私たちはなかなか得られないのです。

だからアメリカでは70%の栄養士さんが何らかのサプリメントを取っています。
日本でも最近はテレビに出てくるような医師も「足りてない」事を知っていて、「何らかのサポートの為にサプリメントを使用している」と言う時代です。

今はそんなことも私は声高には言いません。
そろそろいい加減ポピュラーな事だと思っているからです。

こうした発表がなされたことに乗じて言わせていただいたのは
こういうものが無いと皆さん信じないからです。

改めて理解したことは、薬を取り巻く業界の方には、
70年も80年も前の実験結果が私が考える以上にとても大切なものだという事です。
*しつこいですが他にもこんなのごろごろしてます。

どちらにしても、健康の事は身体だけでは語れません。
そこだけに注目するのもやめてほしいなって思っています。

健康は心と体のバランスの問題なのです。

*細胞矯正医学とはオーソモリキュラーメディシンという、アメリカの代替医療(保険適用内)の分子栄養素学です。

種の保存

今月号の会社の冊子を見ていて、「おお」と思ったこと♡
ハラルマークも付いた♪
1403731192214.jpg 1403731192214 - コピー

1番上はアロエ国際評議委員会
2番目はコーシャマーク
3番目はハラルマーク
4番目は日本成人病予防協会推薦マーク

ご存知の方も多いと思いますが、
コーシャマークはユダヤ民族、
ハラルマークはイスラム教徒が
「食べてもいい・安全である」という基準の為に作られています。

原料や成分はもちろん、工場の基準もものすごく厳格に審査されています。
宗教的な背景はもちろんですが、コーシャマークは特に、
子孫が代々繁栄する(種の保存の為に色々入れてない食べ物を摂る)ために
役立っているとも聞きました。

最近では日本の食品もこれらのマークを取る企業が増えてきました。
ということは、

世界的に市場が広い(購入者が多い)=種は保存・繁栄されてる、
と言う証拠でもあるかもしれません。

目立たないけれど、この「種の保存」は民族にとってとても大切な事です。
そういう意味では日本は失敗しているでしょう。
これは小学校の先生に聞けばよくわかることだと思います
(学習障がい・発達障がいはもちろん、ぎりぎりボーダー上の生徒が
ここ数年で急激に増え信じられない数いる。

と現役先生に聞いたばかりです、もちろんその方の感覚です)。
そして不妊で悩む方の数も前代未聞です。

昔「ユダヤ人と日本人」と言う有名な本を読みましたが、
日本人は優秀な民族なはずなのです。
だから「ジャンクフードづけにさせられた」と過激な事を私は言いませんが☆ヽ(▽⌒) 

自分で気を付ける、自分で知る、自分が行動する、自分で家族を守る。
が、一番大切だと思います。

1403737003986.jpg

3枚目の写真の表はアロエベラの「アジュバント効果」を示したもの。
アロエベラが一緒に入ると必要な栄養素の摂取量を3倍上げることができます。
今度新発売になるデイリーというビタミンミネラルサプリ(品質から考えられないほど安価です)
と一緒に摂ると一層イイです(*^-^)v

シズル感のない投稿でしたけど(笑) 
ピンときたかただけ考えてくださったら私は幸せです♡
みなさん今日も素敵な一日をお過ごしくださいね^^。

健康入門講座のお知らせ

心臓外科医 ドクターヒロの 
~ 健康入門講座 ~


「健康食品・サプリメント、これだけ知れば大丈夫」
健康食品。サプリメントに関して聞きかじりの曖昧な知識の方に
正しいことを理解していただき、正しいものを選んでいただく。
この講座に参加されたら健康食品・サプリメントの選び方がわかります!
どなたにでもわかりやすく、ドクターヒロが解説。レクチャーいたしします。

健康入門講座
2014年5月30日(金)  13:00~16:00 
「健康入門講座 修了証」が発行されます。
TKP札幌駅カンファレンスセンター
札幌市北区北7条西2丁目 ベルビュオフィス札幌2~3F
札幌駅北口徒歩2分  16番出口徒歩1分


心臓血管の手術を受ける方はほとんどが緊急で運ばれる患者さんです。
その手術をしながらいつもドクターヒロは考えていました。
「どうやったらこんなボロボロの血管が作れるのだ?!こんな血管にしない方法は無いのか?」
その答えが薬でもない、治療でもない、「毎日食べている食べ物を変える事」だと、実践を説いてくださいます。
現役の心臓外科医だからこそ、実際の経験から、みなさんの健康に役立つ「不動の知識」を講義してくださいます。

Drヒロ プロフィール 本名 廣瀬 淳
1956年 福岡県生まれ 国立大学医学部卒業、外科医、医学博士 (専門 心臓外科)
1997年 渡米 Massachusetts General Hospital他で、研究・診療活動
2003年 帰国 西洋医学に限界を感じ、(有)医療情報センターを設立
日本外科学会会員、日本肥満学会会員、 日本免疫学会会員、米国抗加齢学会会員

ドクターヒロは健康実践に役立つメールマガジンを発行しています。
無料ですので、お勧めします。
【最近の記事】
・ふくらはぎ揉みで血圧が下がりますか?
・身体じゅうに水泡がでる類天疱瘡とは?
・口内炎を繰り返すベーチェット病とは

などなど最新で的確なお話が聞けます。
メールマガジンを登録したい方は私宛ご連絡ください。

良くないもの


良くないものを避けているだけでは健康は手に入りません。
天然のビタミンとミネラル(微量栄養素)を
きちんと補給できて初めて脳も体も健康になれるのです。

それを今の野菜から摂るのは至難の業です。
ハッキリ言ってアロエ買うより高価になり、
効率が悪い事でしょう。

実況余市お勉強会

DSC_1401_201309261108145cc.jpg 地球の自然が生きてるジュース♡


昨日は余市で楽しいお話会をしてきました。

お相手は友人のお母様やそのご親族だったのですが。
80歳代のお姉さまたちは耳も頭もとても達者♡
素晴らしい事だと思いました~。

毎日の生活の中で活かせる考え方を
いろいろとお話させてもらったのですが、

さすがにここまでしゃきっとしている先輩たちは頼もしい。
と、感動させてもらいました。
私の方がいろいろと高齢者さまの環境を勉強させてもらったようです(*^-^)

で、夕食の支度にそわそわと気持ちが行く頃

「今日は知らなかったお話をたくさん聞かせてもらってよかった。
で、おねえさんは何を売るんだい?早くしないと帰る時間だよ」って(爆)

そうか~、こういう場面と言うのは
お姉さまたち百戦錬磨だったのね(笑)

そこをもっと堂々と説明すればよかったのね(爆)


でも、
でも、なんです。

私は売りたいわけじゃないんです。

「長く続けて食生活の環境を変えてほしい」と思っているので
最初からあれやこれや良い事を言うつもりもありません。

ましてやこの年齢くらいになると、必ず何か取り入れてらっしゃいます。
何もしてないって人はいないんです。


今回の友人のお母様はもう5年アロエを少しずつ飲んでくれていて
すごく元気になられて、それを知っている方たちだからこそ

その理由を知って「飲んでみたい」と思ってもらえるように
資料を作りました。

「これさえ飲めば」と飛びつく話にするつもりがなかったんです。

で、小さな声で言いますが^_^;
パンフレットも試供品も一切持って行きませんでした(爆)
お母さん(お姉さんたちには「妹」)に聞いてもらえば手に入るわけですから

「え~~ごめんなさい。
私今日はそんなつもりではなくて
何も持ってきてません^_^;」

と言うところで友人がニコニコ紙袋を差し出して
「おばちゃん!私が持ってきたから!」って

プラスチックコップにアロエ100くらい。
まずはそのまま。

苦い・・2名
酸っぱい・・1名
ニガ酸っぱい・・1名
美味しい、好き・・・1名

ほぉ、苦いんだ。
アロエベラジュースに苦みの成分は一切入っていません。
これって、多分「アロエは苦い」という「刷り込み」で
苦いの探しちゃうんだろうな~とか、
たまたまの口の中の状態(グレープフルーツがとても苦い時ってあるじゃないですか^^)でとか思ってます。

そこですかさず友人
「水で薄めたらどうだい?」と皆さんのコップを受け取り

これも体に良くて、これ入れたら飲みやすいかも!
と、水と「ARGI+」を投入、まぜまぜ♪

「どお?」

皆さんいっせいに「美味しい」「これなら飲める」って
これは何?ブルーベリー?体にいいんだよね?って
す。。すごいぞ、のんちゃん!!(←友人)

で、なんだかんだ話をのんちゃんに任せていたところ

1人のお姉さまが
「あらっ!!目の前明るくなった、足が温まってきた」って

え?はやっ!(@◇@;) 

そうしたらもう一人のお姉さまが
「あら、ホントだ目の周りが楽になったわ」って
「あら~すごいもんだね!!」って、

そうなると、いよいよワタクシ蚊帳の外になりまして(爆)


どうしてか、って?

確かにそうなんだけど、そう言うところで必要なんじゃなくて
もっと深い所で必要だし、長く飲んでもらえばそれがわかる、って
そこなんです。私の言いたいこと。

アロエと「ARGI+」で血流良くなったので
一気に来たその変化はその中の本当にほんの一部。

また、みなさんお薬世代でもあって何を飲んでいるかわからないので
一生懸命「アロエだけでいい」と言い続ける私(爆)

「その赤いのも寄こせ」というお姉さまたち。

この攻防はしばらく続き
では赤いのは一日半さじ(本当は一日1匙)でどうでしょうか?と
最終的に折れた私(爆)☆ヽ(▽⌒) 

私としては「勉強会」と思っていってますし、
「お医者様と薬」とどう付き合っていくかとか
これからもお話しにきて、それからと・・・

ええ、悠長ですよね^_^;

そんなわけで、余市町の保険医療に少し貢献できたかもしれません^_^;

私がこのお姉さんたちの年齢になるまであと30年です。
健康でいなきゃ!って(爆)
そう思わせてもらった楽しい勉強会でした~^^

またやりたいな~、声掛るの待ってますよ~ヽ(^o^)丿


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ


変わらないこと

↓もうかれこれ12年前に私が初めて作ったチラシ↓

aloeチラシ




最近ようやく色んなことが落ち着いてきて、
あちこち広げっぱなしの資料の片づけに手を付けました。

ほとんどの資料は自分で作ったものです。
なのに
新鮮だったり
感動したり、
苦笑いもたまに。。。

で、
呆れるほどすごいな。と思うのが、

「この13年間、一貫して私の伝えたいことが一切変わっていないこと」でした(笑)。


多分今書いても、上のチラシと同じこと書くだろう私のアロエ。

そう、わたしにとって
こんなに神聖で、その上はっきりと違いが判る植物があるなんて!と言う驚きが
今に至るまでの「(私にとっての)すごい事」なのです。


始めて飲んだ時のあの全身の細胞が歓喜した感覚(?)
今でも飲めば心と細胞が「正目に撫でられ癒される感じ」←飲んでる人は分りますよね?(笑)

私はキリスト教のことは良くわかりませんが
聖書には良くアロエが出てきます。

中でも私はこのフレーズが好きです。

num24:5なんと美しいことよ。ヤコブよ、あなたの天幕は。イスラエルよ、あなたの住まいは
num24:6それは、延び広がる谷間のように、川辺の園のように、主が植えたアロエのように、水辺の杉の木のように。

そうか、イエス様はアロエを植えたのね(*^-^)
なんでだろ?なぜ、アロエだったのかな?

そう考えながら。


私が作ったたくさんの資料は、
日本中の色んな所へ飛んでいき。

読まれたり、読まれなかったりしていることでしょう。

でも、それがいいんだよな、なんて思っています。

私はそれで何かをコントロールしたいと思っているわけではなく
きっと、ただ、この世にそれらを生まれさせただけなんだと思うから。

私はこのアロエと曼荼羅と
幸せな仕事を二つも持っている。
そしてそれらに育てられている。


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ



チラシが読めないとのことで転記しました。

*************************

【アロエベラ】
4000年前、クレオパトラが愛用し、新改訳聖書にはイエスが植えたとされ登場するアロエベラ
神聖な儀式には香として没薬(もつやく・ミルラ)とともに使われた植物です。

ご存知ですか?
私達の身体は、あなたが毎日口にしているその食事がいわば、原料です。

筋肉も血液も脂肪も「食事」から摂られる栄養素と酸素の働きで、作られたり、代謝したり、動いています。

日ごろ意識しない事ですが、
それがかなり大切だって事を、あなたにも知っていただきたいのです。

アロエベラは、照りつける太陽からビタミンを
乾いた古代の地中からミネラルを受け取り
私達の元へ届けてくれる、他に類を見ないほどの栄養素をもつ植物です。

人間のスピリチュアルな在りようはもう数年前とは比較にならないほど社会的な「前面」に出てきています。
身体と心はとても密接・・・そのことに多くの人が気付き始めました。

精神世界では体や心の問題が精神的な現象から本人が引き起こしていることが多いと考えられています。
そのために心の内側をヒーリングで癒して問題を解決することもそんなに特別な事ではなくなってきました。

しかし・・・心の内面だけで解決できていない部分があります。
それが細胞のメンテナンスです。

細胞が丁寧な材料でメンテナンスされていたら、「気づき」は自然に生まれます。
今自分が何を欲しているのか・・・無垢の赤ん坊のように、
スピリットからの指令をまっすぐに受け取れるようになることでしょう。

【マインド・ボディ・スピリット の三位一体を目指しましょう】

マインド・スピリットだけではなく・・・
ボディ(臓器や血液・筋肉・脳などの全て)の作られる内容、これに注目してみませんか?

アロエベラジュースは、その豊富な微量栄養素も駆使して、体内の栄養素バランスを整えます。
どんなときでも「バランス」は一番の重要事項ですよね。

わたしたちは自分が思っている以上にスピリチュアルであり。本来は何もかも知っている存在です。

しかし現代の食生活ではこのバランスがとても弱ってきて、私達や未来の子供達の存在を危うくしています。
それは、本来自然から受け取るはずの栄養素が届かなく(入らなく)なっているからだともいえます。

私達と一緒にアロエベラジュースを飲んでみませんか?


アンジェリーナのおっぱい2

噂の1000円ジュース→P5080006.jpg
気持が持ち上がらない?
心じゃなくて体のせいじゃないですか? 
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-category-14.html




アンジェリーナのおっぱいについて
先日ブログに書きました。
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-990.html

その日行われた
「ダイエットマスター講座」で外科医であるヒロ先生に聞いてみたいと思ったのですが
そういう雰囲気でもなくそのままにしてしまいましたが、

昨夜FBで、ヒロ先生がその見解をお話ししてくださって、

主人との会話を思い出しました。

私「潜在意識から言えば80%越えの可能性があったら、気になるほどそっちに近づきそうで
  私もすっきりしたいって思うと思うんだよね」

夫「そんなこと言ったらお前、おっぱいだからまだなんとななるけど、
  他の場所だったらどうするってのよ。
  取れない場所に遺伝子で80%ガンになる可能性があるって言われたらよ」

私「いやいや、『おっぱい』だったら、って話で、他の場所だったら
  他の手段を考えると思う」

夫「そんな話、無いべや、俺はバカな話だと思う」


ということで、意見は分かれたのですが、

当家ではお互いにもしガンだと言われても
主人も私も抗がん剤治療や放射線治療や、
先進医療は受けないことに決めています。

元々がん細胞は私の大切な細胞だったわけで
敵とみなすことはできないと考えていますし、
共存しながら、相手の悔悛を待とうと思ってるのです(*^-^)

その上で取れそうなものは、
「とってもいいよ」という相手の意思があると思い(笑)
取れる部分であれば「取って&前後に大量にアロエを入れる」って決めています。

あ、すっかり忘れていましたが、
私は初期の皮膚がんを切除したことがあります^_^;
それもあってそう思うのかもしれません。

この「すっかり忘れてる」ってのが私にはいい塩梅なのだと思うのです。

もしガンになったら共存し、悔悛を求め(自らを含め)、
元通りの細胞に戻ってもらうように栄養素に説得してもらう。

最初に抱いた違和感を大切にしなかったことを
ちょっと悔い改め。

アンジェリーナのおっぱいはいろんなことを教えてくれたのだと、感謝します(*^-^)


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ







プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered