Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP ≫ CATEGORY ≫ 旅と宿と美味しいお店の話
CATEGORY ≫ 旅と宿と美味しいお店の話
       次ページ ≫

ハナレイ湾のドラゴン- Puff

DSC_0192-s.jpg

カウアイ島へ行ってきました。

メインイベントともいえるナパリコーストボートツアーが
天候のせいでキャンセルとなって、
肩を落としてのハナレイ周りだったのですが

そこでPuff に会いました。

Puff とは、PPM(ピーター・ポール&マリー)がうたった
『Puff, the magic dragon』に出てくるドラゴンだそう。



そう聞いてすぐに
PPM時代ではない私でも(当時私は4歳)

パフザマジックドラゴン~♪
のドラゴン?

なんて思えるほどのよく知られた曲です。

また口ずさんでみて初めて、
この曲がドラゴンの歌だってことに初めて気が付いたというか、、お恥ずかしい!
(意味じゃなくて英語の羅列で覚えちゃってるからです💦)

日本では童謡として歌詞もついているんですね。
そうなったころには私はもう大人だったのかもしれません。
歌う機会がなかったので。

なのでほんとに

そうだったんだ!
という感じでハナレイ湾をみていました。

なるほどハナレイ湾の向こうは

ドラゴンが3頭
順に頭を並べた姿になっています。

その二番目がPuff

鼻先に手前の木がかかっていますが
つぶらな瞳が見えます。

DSC_0187 (2)_LI

帰ってきて歌詞を調べて

Puffの切なさが胸に迫るというか、、、

聞いてから行かなくてよかった。と思いました。

最初から知っていたら、
この歌詞ができたいろいろな経緯もすっ飛ばして

顎を伸ばして遠くを見つめるPuffに
なんと声をかけるべきか悩んだだろう(笑)と、、


これからは

この歌とあの姿はセットになって

わたしの中に横たわり、

ほんのり悲しいカウアイの夕暮れとともに
心に刻まれるんだな~と感じます。


に、しても!
ジャッキー・ペーパー!
友達ってのはそういうものか?
いいのかそれで!とつぶやきながら、、

そのあと、きっと会いに行った
そう思っていたかったのですが、、、

そうか、ある灰色の夜、
ジャッキー・ペーパーは

もうもどれなくなったんですね、、、

反戦歌だったんだ。この曲。

Puffの瞳が一層悲しげに見えてきました。

******

Puff, the magic dragon lived by the sea
and frolicked in the autumn mist in a land called Honah Lee.
Little Jackie paper loved that rascal puff
and brought him strings and sealing wax and other fancy stuff.

パフ 魔法の竜が海辺に住んでた
秋の霧の中 ホナリー島で遊んでた
幼いジャッキー・ペーパーは
いたずらっ子なパフが大好き
ヒモやロウなどオモチャ
パフのために持ってきた

Together they would travel on a boat with billowed sail
Jackie kept a lookout perched on puffs gigantic tail.
Noble kings and princes would bow whenever they came.
Pirate ships would lower their flag when puff roared out his name. oh!

二人は帆船で旅をした
パフの大きなシッポの上で見張り番
高貴な王様と王子様はおじぎをし
パフが叫べば海賊船は旗を降ろした

A dragon lives forever but not so little boys.
Painted wings and giant rings make way for other toys.
One grey night it happened, Jackie paper came no more
and puff that mighty dragon, he ceased his fearless roar.

ドラゴンは不老不死 けど少年はそうじゃない
ペイントした翼も大きな輪っかも 他のオモチャが良くなった
ある灰色の夜 それは起こった ジャッキー・ペーパーはもう来なくなった
あんなに強いドラゴンのパフなのに 力強い咆哮はもう聞こえない

His head was bent in sorrow, green scales fell like rain.
Puff no longer went to play along the cherry lane.
Without his life-long friend, puff could not be brave.
So puff that mighty dragon sadly slipped into his cave. Oh!

パフは悲しみでうなだれ
緑色のうろこは雨のように剥がれ落ちた
桜の道にも もう行くことはない
大切な友達なしでは パフも勇敢にはなれなかった
強いドラゴンのパフは 悲しそうにほこらへ帰っていった

Puff, the magic dragon lived by the sea
and frolicked in the autumn mist in a land called Honah Lee.

パフ 魔法の竜が海辺に住んでた
秋の霧の中 ホナリー島で遊んでた

小樽で一人寿司

生まれて初めて一人寿司しました♪

うちの主人は刺身は好きなんですけど、
寿司はあまり食べないんですね~。

なので、何かが無いとなかなか寿司やへは行きません。
とはいえ、うちの辺りのお寿司屋さんにわざわざ1人で行って
というのも、できなくて。

昨日は小樽で仕事があったので
早めに出てまで、
一人寿司を決行しようと思ったのでした。

小樽とはいっても、駅は二つ前の
「小樽築港駅」の「ウィングベイ小樽」という大きな商業施設。

平日はスカスカです。

そんな中でもほとんど地元の人でにぎわってるのが

回転寿司「魚一心」さんです^^。
http://sakana-isshin.com/kaiten/sisshin.html

で、今知ったのですが、
1Fにも2Fにも入ってるんですね?^_^;
私は2Fのカウンターでいただきました♪

私の他にも一人寿司の妙齢の女性がいらっしゃいましたよ^^
後は買い物帰りのご夫婦が多かったかな(*^-^)?
見るからに地元の方と言う感じでした。

で、これも今知ったのですが
このお店の本店は、札幌のわりと我が家に近い
「ええ~!あそこなんだ!」ってところにありました。
ビックリです(笑)

でも私が感動したのは
「小樽らしいネタが多い」ってことです^^。

kajika.jpg
これは「カジカの子しょうゆ漬け」105円皿
他のお店では見たことありません(笑)

小樽ではアツアツご飯に乗せて食べます^^
札幌育ちの私も、小樽出身の主人と結婚するまで見たことがありませんでした^_^;

カジカの子はタラコとイクラの中間くらいの大きさの粒です。
鮮度が落ちやすく、私も漬けますけど急いで食べなくちゃならない他
買ってきた時点ですでに残念な感じになっているわけです(^_^;)

爆発的に美味しい!ってことが無いのですが
私には懐かしく美味しい、お義母さんの味でした^^

後は「めぬき」231円皿 かな~?
昔はよくお鍋にもしましたが、最近はほとんど見ません。
上品な脂のある味のいい白身のお魚です。

menuki.jpg


一人寿司の悲しさは
一皿2カンを自分で食べるので種類が食べられない。(笑)

ネタの選考にややしばらくかかった私でした^_^;

オマケに一人だと、
「美味しいね~」とか言い合う相手もいなくて
何か変ですね。やっぱり(笑)

黙々と1人で食べて、スマフォで写真を撮る自分が
ちょっと可哀そうでした(爆)

madati.jpg
真ダチの握り420円皿 
ポン酢をかけていただきました。
まったりとコクがあって美味しかった~!


samon.jpg
やっぱり食べちゃう、サーモン関係(笑)105円皿
いくらも乗って美味しいです。

542528_542113372490340_1036945529_n.jpg
活ツブ(白ツブとは別物)315円皿 
は身が厚くて、私が食べたかった真ツブとは違う姿でした。
この大きさは輸入物?ですよね?
時期的にシカタナイのかなと思いつつ、味は良かったです。


でもって、
「カジカのこっこ」と「メヌキ(メヌケともいう)」が食べられただけで嬉しくて

これだけで1176円♡

実は中トロ231円皿(これは1皿1カン)を食べたので〆て1407円
安いわ~~☆ヽ(▽⌒) 

ごちそうさまでした(^ー^* )

もちろん、「利尻や みのや」さんで、
我が家に欠かせないこの二つも買いました♪
risirya2.jpg risri.jpg

お仕事も楽しく大躍進で♪

幸せモンだな~~って帰ってきましたとさ(笑)

ご飯がピカピカに輝いてました♪水の謌ランチビュッフェ

しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌のランチビュッフェに行ってきました。

PB190328.jpg

PB190327.jpg


一度行ってみたいと思っていましたので
もう大興奮(笑)

そのせいか、詳細な写真がありませんで(^_^;)
申し訳ありません。


で、私ほんとにびっくりしたのが
「カレーライス」のコーナーがあって
まずは・・っと、
ご飯の保温釜のフタを開けたら

保温釜の中だというのに、
ご飯がキラッキラ。*.゚☆に輝いていたのでした。

プレートにはたしか「ふっくりんこ」と書いていたと思います。
最近評価が高い北海道米のなかでも新しい品種です。

それまでも少しずつ盛ったお料理のどれもが
うっとりするほど素材の味が感じられ、
とても美味しく感激していたのですが、

このお米にはホント!感動しました。
もちろんカレールーをかけてもしっかりと美味しいご飯でした^^


PB190315.jpg

PB190317.jpg

ここには映っていませんが、パスタやステーキもあり
まだまだ、たくさんの種類のお料理がありました。

ロメインレタスのシーザードレッシングも
小さな粽のご飯も。
今も思い出せるほど美味しくて

いつもなら絶対に食べられない量のスィーツも
こんなに食べられちゃった(^_^;)

PB190319.jpg


2100円って、十分おつりがいただけます。


札幌は吹雪いた翌日でしたので
道路事情や、月曜日と言うこともあってか、

待つことなく、静かな空間で
楽しく味あわせていただきました^^。

PB190320_20121121200528.jpg

PB190322.jpg

PB190323.jpg


ぜひまた行ってみたい♪
今度は泊まってみたい♪
そう思いました♪

http://www.mizunouta.com/



アジアンバールオー (Asian Bar EAU)

昨日はバリ島仲間とタイ料理を食べに行きました♪

バリ島仲間とはいえ・・・
それぞれにバリ島を訪れ、その報告会のようなもので
お互いに、誰とも一緒に行ったことがない(笑)仲間です。

札幌はメンバー4人
三重に1人
現地(ウブド)に1人

かれこれ10年以上の長い付き合いになりました^^

現役2人が、退職したら
一度はみんな一緒にバリに行こうぜ!とは言っていますが、

あんなに小さなバリ島でも
それぞれが行きたい場所、
過ごしたい時間が違うものですから

一緒に行ったからと言っても別行動ではないか?と^_^;

まぁそれならそれでもいいよね。
と言うことで落ち着いています。

この秋は三重の一人が遊びに来るので
みんなで温泉一泊を企画しています♪


そんな仲間が昔から追いかけているのが
ここのオーナーがいつも満を期してオープンする
タイ料理のお店

今回は
アジアンバール オー (Asian Bar EAU)として登場です^^

お店はタイの小さな料理屋さんみたいなつくり
暖かで気軽な雰囲気。

入りやすさ、居心地抜群です(^ー^* )♪

320x320_rect_14481007.jpg 320x320_rect_14481008.jpg

320x320_rect_14481006.jpg 

320x320_rect_14481005.jpg


お料理はいつも大体同じものを頼んでしまうのですが、
それはそのまま「おすすめ♪」ってことですよね^^

とにかく安くて美味しいと思います。

必ず頼むのがこの「揚げ魚のスィートチリソース掛け」
カリッカリに揚がった丸ごとのおさかなに
野菜たっぷりのスィートチリソースが掛っています。
1750667_1750989776_18large.jpg

155503_496228240412187_108974248_n.jpg

これは昨日食べた「海老とブロッコリのココナツミルク煮」
旨かった~~ヾ(〃^∇^)ノ
564048_496228463745498_468687856_n.jpg

バッタイ(タイ式焼きそば)
1750667_1750989778_133large.jpg

ゴイ・クゥーン(生春巻き)
1750667_1750989771_85large.jpg

ヤムウンセン(春雨サラダ)
1750667_1750989772_134large.jpg

海老のペースト揚げ~パンの上に海老のすり身を塗って油で揚げてます。
1750667_1750989773_67large_20121021100059.jpg

空芯菜の炒め物 鉄板で頼みます(笑)
1750667_1750989775_187large.jpg

ガバオご飯 スィートバジルを使ったエスニックな味のひき肉が乗ってます。
1750667_1750989777_50large.jpg


は~!なんだかまた食べたくなっちゃいました(笑)


オマケ

留守番の旦那の「タイ・グリーンカレー」
そのまま今日も旦那の昼ごはんになりました(笑)

DSC_1230.jpg


ハーベストでランチ会♪

初めて行ってみました♪

噂の「ハーベスト」・・・って、遅すぎですよね^_^;


DSC_1137.jpg



あ・・・・・・・・・・・^_^;

外観 撮ってない(T^T)


HPからどうぞ ⇒ http://n-harvest.net/



今日は長沼でランチ会をしていました♪

初めて行ったのですが
侮っていました。
走っても走っても着かない^_^;。

何度も「間違えた?」ってほどまっすぐ走り
ようやくつきました。

お店は本当に田んぼばかりの真ん中に位置していました。


よくもここまで何もない所に店を建てるよね?
ってほどですが、

すでに車もぎっしり。
アプローチにも人がぎっしり。


す・・すごいわ。
こんな雨の日に、しかも平日に
こんな田舎までお客さんを引っ張ってくるそのパワー!


まぁとにかく気持ちのいい雨上がりの植物の匂い
金色に輝く稲穂。
景色も最高のごちそうです^^。

そしてテーブルの上には・・・


並びましたよ~^^
DSC_1148.jpg

かぼちゃのグラタンセット
DSC_1147_20120925205505.jpg

道産ポークステーキとメークインのニョッキセット
DSC_1143_20120925205507.jpg

ペーターの黒パンセット
DSC_1145_20120925205506.jpg

ハイジの白パンセット
DSC_1144_20120925205506.jpg

アフタヌーンプレート
DSC_1138_20120925205508.jpg


パンはどれも焼き立て♪
お料理も美味しかったです~!!

人気があるの当然ですね^^



ほらホントにまっすぐでしょ?
DSC_1149.jpg

雨も上がって本当に楽しいドライブとお食事でした♪


HPにはアクセスも書いてあったのでそちらを参考にどうぞ♪


新千歳空港でソフトクリームとラーメン

先に見つければよかったのに・・・。
姪っ子を搭乗口に見送ってから見つけたパンフレット。

写真のパンフレットは、25店舗(7月現在)とありますが、
手元のモノは「29店舗」(8月現在)となってまして、
すごいことになってます。

ソフトクリーム食べるだけに行ってもイイっ!!
って、思うほど魅力的です^^

アイスクリームマップ
sofuto.jpg sofuto2.jpg
*クリックしたら大きく見えます。

結構見やすいので、このパンフpdfも一緒に貼りますね^^
テイクアウト出来立てグルメマップ
tabe.jpg tabe2.jpg

新千歳空港ショップ&レストランHP
http://fleur.new-chitose-airport.jp/ja/


私と姪はぶらっとして見つけた「よつ葉」のソフトクリームに惹かれて食べました^^。
このパンフレット先に見つけてたら決められなくて困ったかもしれませんね^_^;

えびすかぼちゃのソフトクリーム
DSC_0959.jpg

美味しかったです(*^-^)



なかなかゆっくりできないのが地元空港ですけど、

行くたびに目を見張るほど変わっているのが
現在の新千歳空港。

話題だったラーメン道場も
充実のラインナップですね~!

特に「えびそば一幻」はお昼になって長蛇の列でしたよ。
早めに着いていたので、まだ空いているので
ぜひ食べたかったですが。。
姪が海老がダメで、、断念(T^T)
http://fleur.new-chitose-airport.jp/ja/ramen/list/

塩ラーメン好きのリクエストで
函館に近い森町の「次郎長」へ

でも函館塩ラーメンなら「あじさい」が有名だったんですね~!
http://fleur.new-chitose-airport.jp/ja/shop/detail/325.html?tab=2

んで、この中で味噌ラーメンなら
「白樺山荘」かな~!いつも行くので外れないってことで。
http://fleur.new-chitose-airport.jp/ja/shop/detail/327.html?tab=2

銀波露(ぎんぱろう)も良く行きますが、美味しいですよ。
http://fleur.new-chitose-airport.jp/ja/shop/detail/322.html?tab=2


北海道全域ってことで知らないお店も多くて、
それぞれ好みもありますよね~^_^;。


DSC_0962.jpg DSC_0961.jpg

左がしょうゆラーメン、右が塩ラーメン
キリッとした醤油のラーメンが食べたかったけど
これはこれで美味しかったです^^
チャーシューも美味しかった♪


ラーメンもレストランもそうですが、
札幌市内でも話題のお店が入っていて

行ってみたかったのに行けてないお店がゾロゾロ。
私は目がらんらんと輝いたのですが(爆)
誰に似たのか姪は小食で^_^;

札幌で最後に食べたいのが塩ラーメンと言われて
もうがっくり・・・。

竈(かまど)のハンバーグ食べてみたかった。
http://fleur.new-chitose-airport.jp/ja/shop/detail/317.html?tab=2


ルース・ロウの料理食べたかったよぉ。
http://fleur.new-chitose-airport.jp/ja/shop/detail/309.html?tab=2
*昔、藻岩の本店に行っただけだったから、今どうかはわかりません。

回るお寿司の「花まる」なんかは、地元でもよく行きますから
観光の方にも喜んでもらえるでしょうね~。


専門店もいいけど、
フードコートも充実ですね~。

パンフレットやHP見ながら

ん~~~これだと
何回行っても
回りきらない食べきらない!

出発の3時間も前についても
はっ!!と気が付き
時計とにらめっこ。

DSC_0970.jpg DSC_0965.jpg

シュタイフネイチャーワールドも
ロイズのチョコレート博物館も
またゆっくりね。って、言ったってね~~~^_^;

広すぎます~~!!

はっ!!カルビーの揚げたてチップス買わなかった!!

残念無念~~~!!



ホテル ザ・ビー 神戸

2012年4月末

【ザ・ビー神戸(the・b・kobe)】

kobe.jpg



【場所】
兵庫県神戸市中央区下山手通2-11-5
三ノ宮駅(JR・阪神・阪急)より徒歩3分・地下鉄三宮駅西口より徒歩1分

三ノ宮駅も大きくてですね^_^;
JRでしたが、3分で着いた気はしません^_^;
向かい側の大きな「神戸サウナ」と言うビルが目印
ただ本当に生田神社が近くて朝7時の開門と共にお詣りさせていただきました。
繁華街なので、食べるものに困りません。

昔はワシントンホテルだった模様。

【選んだポイント】
・三ノ宮駅近く
・コストパフォーマンス(アップグレートプラン)
・22㎡ 
・多機能シャワーブース(バスタブなし)
・生田神社すぐ近く




【部屋カテゴリー】
【1週間前までの早期得割】お部屋の無料グレードアップ確約♪♪プラン
面積:22m²、ベッド幅1220mm, 2台

7000円(シングルユース)朝食なし

P4260102.jpg P4260104.jpg

P4260105.jpg P4260098.jpg 

P4260101.jpg P4260092.jpg

ベッドは幅が広くて気持ちが良かったです。
ロッカーがなくハンガーでちょっと残念。
使い捨てシュークリーナーが便利
テーブルあたりが狭くて窮屈な感じかな~、チェアも一個のみ。
ベッドの上の方はバスルームからの灯りがとれていていい感じです^^。


P4260083.jpg P4260088.jpg P4260089.jpg


可愛いタイル張りのバスルーム。
シャワーブースは上からとハンドタイプと両方。
横に座るところ(ベンチ)があって、座ったまま湯量たっぷりのシャワーを浴びました。
奥から洗面台を、可愛くて使いやすかったです。



【感想】
神戸らしいおしゃれなルームデザイン、可愛い部屋です。
安いカテゴリーなので眺望の覗ける部屋ではなく
窓は開きません。赤いロールカーテンがアクセントになっています。

エレベーター前の角部屋だったので、廊下を歩く声が少し気になりました。

バスルームはタイル張りで洗面台も可愛い♪
シャワーブースはちょっと狭い感じがしましたが、
湯量もいい感じで私は気持ちよかったです。


後はデスクチェアが一つと言うのが残念。
ナイトテーブルもないので
どこでくつろげばいいのか?ちょっと困りました。


*この前日の「なんばオリエンタルホテルはこちら
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-619.html


なんばオリエンタルホテル

2012年4月末

【なんばオリエンタルホテル】

top.jpg

なんばオリエンタルホテルには「全景」と言うものがありません。
千日前商店街のアーケードの中に入り口があって見えないですし、
ホテルフロントは3F 1~2Fはいろんなお店が賑やかに入っているので
上がホテルだとわからないのです^_^;


【場所】
大阪市中央区千日前2-8-17
「なんば花月」前の千日通り商店街と南海通り商店街の交差した角
大きなアミューズセンターの上にある。 ローソン横がホテル入り口

【選んだポイント】
・なんば駅近く
・コストパフォーマンス
・23㎡ ソファ付

【感想】
千日前商店街の中にあってすごく賑やかな場所でしたが、
部屋の中には聞こえません。とても静かでした。
部屋へのエレベーター前にはルームキーを差し込むゲートがあって
ルームキーのない人は入れない仕組み、セキュリティもよさそうでした。

4Fはガーデンフロアと言うようにTOP映像のような庭があります。
暗証番号があれば庭に出られるみたいでしたが、その時間もなく
夜はエレベータから部屋までライトアップされた庭が見れて綺麗でしたよ^^

2235_20120501051552.jpg


【部屋カテゴリー】
■■早割り28-Counts■■28日前受付終了!(23平米のお部屋)プラン
4F ガーデンフロア ツイン(シングルユース)
1泊 7000円(朝食なし)



P4250068.jpg P4250055.jpg

P4250061.jpg P4250062.jpg

ベッドは幅100なのでちょっと狭い感じがしました。
テレビは映ってませんがデスクに置かれています。
壁とソファーがホンの少しですが「きれい」とは言えない感じ。


P4250064.jpg P4250065.jpg P4250066.jpg


バスルームは広くとってあります。
洗面台も広くて使いやすいですが、奥がトイレなので手前で使う感じ^_^;
ロッカーも狭いですがちゃんとありました。
もちろん使い捨てスリッパ。



とにかく、便利な場所にあるので
食べるのにも遊ぶにも良いのではないかな?と思います^^。

流氷1000㎞の旅

ロシアのアムール川で生まれる流氷は、
北海道まで1000㎞の旅をして流れ着きます。

こんな感じ(^ー^* )
流氷

「流氷は生き物だから」と教えられたように
流氷が見られる見られないも、その日の風によるもの

風向きが変わると近づいてきたかと思うと遠ざかっていくのだそうです。
午前中にはあっても午後には姿も見えないということがよくあるのだと。

実際に見てみると流氷は帯状に手前に流れてきていて。
その姿は「海の中を流れる大きな川」のようなのです。

DSC_0353_20120228094318.jpg



岸壁からどんどんとその「川」を遡って

流氷帯に突入するのですが

小さかった氷はどんどんと結着した大きい氷へ変化していき
いちばん大きかったものでたたみ6畳くらい?
それをわざわざガリンコ号は「割り」に挑みます(笑)


P2260077_20120228094622.jpg



ちなみにこうした蓮の葉状の丸い氷になるのは
海洋表層を漂ううちに互いに衝突し縁がめくれ上がってくるからだそうです。

P2260078_20120228095233.jpg

P2260072_20120228095121.jpg



大きな音をたて、割れた氷がいったん沈み泡立ち
白い塊はソーダ水のような綺麗な青色に包まれます。

きっれ~~~~~~!!

P2260062_20120228095551.jpg

P2260063_20120228095551.jpg


で、私がどこに位置していたかと言うと
へさきのちょい後ろ。

風も少なく、これは恵まれてたね~と言いながら
へばりついていました^^。

P2260067.jpg P2260068.jpg


風を通さないオーバーパンツをはいて大正解!
帽子とネックウォーマーで目元くらいしか肌は出してません(笑)

沖合の結氷帯にたどり着きました。
ガリンコ号はバキバキと元気に割っていきます(^_^;)
DSC_0350_20120228095822.jpg

DSC_0351_20120228095822.jpg

DSC_0352_20120228095822.jpg



これらの氷がぶつかって立ち上がり丘のような山を創りますが。
今回それは見られず。次回に持ち越しです(*^-^)*3月中旬が良いそうです

一面の流氷までたどり着いて、船は30分ほどで引き返します。
風が無いと思っていたのは、大間違いで(^_^;)
追い風になっていたんですね~。

なので帰り道は、ものすごい向かい風が全身にぶち当たり。
帰り道と言うこともあって、船内に避難した私たちでした。


ええ?その格好で?と言う女性陣は
ぬくぬくした階下(?)と甲板の室内もありますので
ちょっと見ては引っ込む。でも十分楽しめていたのでは?と思います。

お薦めは船底に当たる、ソファーシート
そんな席があることも知らず(爆)へさきあたりにしがみついていましたが
この関は大きな窓の外に流氷が真横で見えていたと思われます。

売店もあるので、暖かいコーヒーなんぞ飲みながら・・・
それはそれで特等席ですね^^

日中でしたからカメラを持つ素手も前の晩の氷瀑祭りほどではなく
たくさんの写真が撮れました^^

あ~~~~~楽しかった!!
ガリンコ号がこんなに楽しいなんて全く知りませんでした(笑)

top_photo7.jpg
写真:ガリンコ号HP http://www.o-tower.co.jp/garinko/ より


流氷サイトなんぞを見てみると
2度目5度目のチャレンジでようやくみられた。などとありました。

初回でこれは、素晴らしい成果ですね^^。

ちなみに紋別の昨年の流氷出会い率20%
今年は40% (2012冬はここしばらくなかったほどに冷え込んでいましたから)だそうで

今年だったというのもラッキーでしたし、
この日の風が、私のところまで流氷を連れてきてくれたんだと思って
本当に感激しました!

ガリンコ号を降りるときには
ぬくぬくとした船室で温まった体でもう大満足!

10分程度の余裕で、バスに集合して
マルカイチ水産へ。

海産物のお土産屋さんで、
海産物の炉端焼き昼食なのか?と思ったら(^_^;)

ビックリするほど広大な水産加工場で(^_^;)

その広大な倉庫・工場の敷地の中に
海産物のお店と別棟の「昼食処」がある。

食事を運んでくれる人も加工場から急きょ手伝いといった装い(笑)

前日や朝のうちにメニューを決めて、セッティングしているらしく
事前に「海鮮炉端Aセット」とか「海鮮丼」などのオーダーを入れなかった(炉端焼きは食べないし)
私たちはその場で、大慌てでした。

それまでの、道の駅見たくレストランやお土産屋さんだとばかり思ってたから
その時食べたいものを頼もうと思ってたんです~(^_^;)

bset.jpg 007.jpg
写真:マルカイチ水産HPから イメージだけお届けします(^_^;)
http://www.marukaichi.co.jp/ 

んで、いくら・カニ丼 鉄砲汁付 1050円なり♪
さすがに美味しかった~(笑)
え~っと(^_^;)食べかけでゴメンナサイ(^_^;)

DSC_0354.jpg

さっさと食べて、店舗へ移動
ホッケなどを数枚買いました。

毛ガニも安かったので(とはいっても2700円位 重さにしては安い)
悩んだのですが、いま食べちゃったし~(^_^;)

この後かまぼこ屋さんへ行くから。断念

で、かまぼこ屋さんの出塚水産♪
あつあつ揚げたての「カニマヨボール」でお出迎えいただき
*すごい美味しかった~ヾ(〃^∇^)ノ

ここは選んだものをその場で揚げてくれてお土産で持って帰れるのですが、
私も帰ってから揚げたてを食べたいので、

ホッケと一緒に、バスの荷物室(零下)に収納していただき
札幌まで持ち帰りました。

家で揚げて・・・やっぱり旨いっ!!ヾ(〃^∇^)ノ

氷の写真ばかりでみなさんもぐっと冷えてしまったことでしょう(^_^;)
揚げたての蒲鉾の写真でもあれば良かったんだけど・・・
お許しください(^_^;)

寂しいのでHPからいただいてきました。このホタテ型のも美味しかった~!
agetate.jpg
出塚水産HP http://dezka.com/xoops/

で、バスは一路、札幌へ
帰り道はトイレ休憩だけで、
結局ホッケとかまぼこしか買えなかった私。

あ!ガリンコ号前に滝上で「ハーブ」買いました。
ここで育ててる方がいらっしゃるの知っていて
お店にあったので即買い。

お土産物は層雲峡あたりで買っておくべきでした(^_^;)


札幌駅北口に、ゆうゆう6時に到着。

ひ~~~楽しかったよぉぉぉぉ~~~!と
小さくしつこく叫びながら、家まで帰りました^^。


長い旅話を読んでいただきありがとうございました<(_ _ )>





極寒!氷瀑祭り&極楽!温泉三昧

バリ島は何回行っていても・・・旭川から向こうは初めての我が家です(笑)。
だって、とにかく暖かいところへ・・そう思うのは当然と思いませんか?
札幌は今日も最高気温が-3度ですって。(^_^;)


1泊2日で、「大迫力!紋別ガリンコⅡ乗船体験と層雲峡氷瀑まつり満喫プラン」
と言うのに夫婦で参加してきました。
我が家は二人とも長距離運転が好きじゃなくて・・
車で遠出?ましてや冬?とんでもない!って(笑)夫婦なのです。

それで選んだバスツアーでしたが、これが大正解!
ぬくぬくとしたバスの中から眺める北海道の冬はとてもきれいでした^^

yukiyama.jpg DSC_0342.jpg

【ツアー行程】
1日目:
11:30 札幌駅近くの集合場所を出発
~途中2度ほどトイレ・お買いもの休憩~
15:00 層雲峡温泉到着(朝陽リゾートホテル) 泊

2日目:
08:00 ホテル出発
~トイレお買いもの休憩~
10:30 ガリンコ号出発 (1時間)
12:00 昼食:海産物土産 マルカイチ水産(1時間)→(買い物)かまぼこ出塚水産
13:30 紋別を出て(途中トイレ休憩を2回)
18:00 札幌到着


まず流氷を見たいと言って検索するとたくさん出てきたのが
「日帰りプラン」でした。
北海道に住んでいても「日帰り」できるなんて知らなかった私たち(^_^;)

日帰りだと出発が朝6時台で帰りも夜8時を過ぎます。
冬道なので、ちょっと多めに時間をとっているとは思いますが、
バスに乗っている時間が長いしなぁ~って思っていて
見つけたのが今回のツアーでした。
オマケにモニターツアーと言うことで格安。

温泉にも入れる?!(この時点で氷瀑まつりに関してあまり興味なし(^_^;))

それで決定しました(^ー^* )

悩んだのはガリンコ号乗船の服装。
なんたって-10℃以上はいくでしょう?

でも荷物は増やしたくない。

タイツ+軽登山用裏起毛ズボン+軽登山用シューズ
ヒートテックタートル+フリース+冬用ジャンパーといった服装で出発して

氷瀑まつり見物とガリンコ号乗船のために
厚手スパッツ+毛糸の帽子+ネックウォーマー
+風を通さないオーバーパンツを持ちました。
*氷瀑まつり当日は-15℃でしたが、上記のモノ着用で何とかなりました。 
*オーバーパンツはガリンコ号のみなので、紋別が近づいたころバスの中でズボンの上から着用。

途中30分ほど立ち寄った「北の森ガーデン」では
北菓楼のソフトクリームが最高に美味しかったです☆♫°*”絶対おすすめ~!!
道路状況が順調だったので多めの休憩があって楽しめました。


層雲峡って初めてきましたが、なるほど~迫力のある山々がそびえています。
DSC_0298.jpg


宿泊は朝陽リゾートホテル
畳の部屋が良かったのに・・・ゴロゴロしたかったのに・・・
ツインの洋室でこれがとっても残念だったけど、ソファーがとっても良かったので我慢できました(笑)
DSC_0301.jpg 544797_1541522485_112large.jpg

シャワーブースと洗面台がガラスの向こうにセット
ちゃんとしたクローゼットがあって、トイレはドア横に別にあります。

ここはとても接客が良くていい感じでした^^
料理は夕食・朝食どちらもビュッフェで、種類もすごく豊富でした。
北海道の食材が多くて他県からの方にも喜んでもらえるメニューだったと思います^^

一番気に入ったのが「焼き野菜」(^ー^* )
素材の良さが生きるってこういうことですよね^^
焼いただけのかぼちゃの甘くておいしい事!

ズワイガニも甘かったし~
今あまりお肉を食べてないのですがそれでも十分堪能できるメニューでした。

また、レストランで働いている子がほぼ「中国の若い娘さん」で、
たどたどしい日本語で一生懸命接客する姿にほのぼのしました。

中国からのお客さんも多いので、結局雇用する側としては
一生懸命働いてくれる中国の若い子の方がいいのでしょうね。

それはそれでちょっとさびしいけど
私は仕方ないなぁって思います。
「仕事が無いという若い子」とこうした職場のマッチングが
出来ない社会状況ってのが、悪いのだと思うから。



氷瀑まつりはライトアップされた夜の方が綺麗だし
その夜は20:30から花火大会もあるということで

温泉⇒夕食⇒氷瀑祭り と思ったんですけど、
それだと温泉も食事も混んでいる時間なので悩んだ末「花火」をあきらめました。

聞いてみると花火は10分程度、とのことでしたし
温泉入ってから氷点下15℃度近くって無理!っておもいまして・・(^_^;)

やりたいことを順番に♪と、
氷瀑祭り(すでに夕暮れなのですぐ暗くなるはず)⇒温泉⇒夕食 
と、決めました。

これが大正解!
やりたいことから順番にっていうのは最強ですね^^

氷瀑祭りは薄闇から本格的な暗闇に浮かび上がる姿まで
混雑なく堪能☆♫°*”

あまり興味がなかった氷瀑まつりでしたが
本当に迫力があって、見ごたえがあって、
お子さんも楽しめる、イベントでした^^。
楽しかったですよ~!!

P2250047.jpg P2250048.jpg 

DSC_0323.jpg DSC_0330.jpg DSC_0316.jpg 

DSC_0317.jpg 544797_1541489793_113large.jpg DSC_0313.jpg 


20120225_203719.jpg DSC_0319.jpg 

DSC_0321.jpg DSC_0326.jpg


暮れるにつれて、ライティングが美しく幻想的で、
氷の洞窟が迷路のように繋がった中を歩くのはとても楽しかったです。

ただ、正真正銘の極寒!会場は-15℃くらい?
カメラを持つと手袋ができず、指の感覚がなくなります。
あんな寒さは札幌ではなかなか味わえないです。

まだ空いていたのでゆっくり回って、帰ろうとすると
いよいよ暗くなったからと観光客が押し寄せてきました。
おお、早く来てよかった!私たちは楽勝♪余裕で回れました^^

大急ぎで帰って(ホテルまで徒歩10分弱)
大急ぎで温泉へいこうとエレベーターに乗ると
行くときもすごい列だった食事会場階はさらに人があふれていました。

おかげさまで、大浴場も露天もすっかすか!(笑)
ビックリするほど人がいなくて、これもまたのんび~りつかることが出来ました。

かけ流しの源泉は露天もあって、露天の浴槽までの10秒間は
-10℃に裸体をさらさなくてはなりませんが(爆)
滅多にない事なので、一人できゃぁきゃぁ言って駆け込みました。

良いお湯だ~、うっすらと白濁した湯の華のお湯。
極楽~~~。*.゚☆(*゚▽゚)/°


温泉から上がって、いよいよ腹ペコで夕食会場へいくと。
さすがにもう誰も並んでいなくて^^

人数も落ち着いたので料理を取るのもぜんぜん楽勝♪

この順番で正解だったね~!
どこも空いてたもんね!花火はまぁ見られなかったにしても・・・

と食事を終えて、部屋に戻ったら
花火の揚がる音が聞こえて窓からのぞくと

バッチリすべて見えるではないですか~~!
綺麗でした~!あきらめてた花火が部屋の中でぬくぬくと見られて

全てが最高ヾ(〃^∇^)ノ

さすが☆♫°*”私☆ヽ(▽⌒) 


後はのんびり、タケシの番組見てだらだらして就寝(^ー^* )フフ♪

翌朝は出発が早いので、朝いちで温泉に浸かりたいのです^^。


ということでガリンコ号詳細は明日また書きますね!!

バリオフ♪タイ料理 『マニータイ』

バリオフなのにタイ料理☆ヽ(▽⌒) 

バリ島好きのお友達と誰かがバリに行って帰ってくるたびに開催される「バリオフ会」
この仲間は、今から11年前にとあるHPのオフ会で集まった中の3人から始まりました。


その縁を伝って、バリオフメンバーは札幌は4名、三重とバリ島にもメンバーが・・・(笑)
バリ島を介してですが、インターネットを越えた濃いお付き合いをさせてもらっています。
ご縁ですよね~!本当に不思議なことですが、出会えたことに感謝しています^^。


今回は、先週返ってきたばかりのPさんのオフ会で
新しい宿情報、バリ島友人家族の様子。写真。

そして自分たちの家族の話題とか。。まぁ話しは尽きないわけです(^_^;)

場所はタイ料理『マニータイ』
美味しいお店に詳しいPさんのいきつけなので間違いないのはわかってましたが。


本当に美味しかったので、食べログでも紹介しちまいましたが(^_^;)
こちらにも載せて置こうと思いました。

111118_1856~01
大通りエリアススキノ寄りのビルの地下、こんな入口です^^


タイ人のママとタイ人コックさんの作る
本物タイ料理が味わえます。

111118_1924~01 111118_1923~01
まずはヤムウンセン、そして空芯菜の炒め物 


111118_1933~01 111118_1939~01
トムヤムクンと、生春巻き


111118_1937~01 111118_1944~01
エビのすり身の揚げたものと、鶏肉とカシューナッツの炒め物


111118_2009~01
タイの焼きそば 「バッタイ」
平打ちのコシのある麺の焼きそばに、ナンプラーやピーナツ、酢など好みでかける。



写真アップしているだけで・・・
またすぐにでも駆けつけたくなります。
それくらい美味しかった~~~!と言うことです、はい☆♫°*”


ママの息子君かな?イケメンのお兄さんも
素晴らしい接客です。
ファンも多いだろうね!みんな言ってましたよ^^


それにしても、海外の方って国を離れて仕事をする方が多いですよね。
メンタリティの違いと言えばそのとおりですけど

バリに住まう外国人の方たちは、根無し草というか・・
ホームグラウンドすら、生まれた国ではない人が多いことに驚かされます。

自由な感じを羨ましいと思うとともに、故郷についての感覚の違いって
やっぱりあるよなぁとかって思うのでした。


ご紹介した『マニータイ』のHPはこちら
http://www.withmac.net/manee-thai.html

初めてでもとても入りやすいお店だと思います^^

小上りになったテーブル席は4人×4つ
後はカウンターに10人くらいかな?

人数の多いときは予約必須です^^


・【大阪】ホテルビスタグランデ大阪

大阪はキタエリアしか泊まったことがなく、
今回初めての「ミナミ」

いっや~ワイルドでした!

そしてどうしていいかわかりません(^_^;)


ホテルはとってもCPが良く
この部屋でこの金額?!
ホテル・接客・部屋自体については褒めることばかりです。

しかし・・。場所は宗右衛門町

夜通し聞こえる、客引きが手をはたく音。(←ホント)
午前中まで続く客の見送りの度の歓声(朝5時くらいが一番多い)
朝4時から5時過ぎまで続く怒鳴り声(男女の喧嘩)
*テレビを付けたり、おしゃべりしてたら聞こえないいと思います。
 私は一人だった上にテレビ付けないので余計聞こえたと思います。
 防音にはかなり気を使っていると思われます。

通りすべてに並ぶ客引き(T^T)
どうみてもおばさんなのに「どこいくの?」「一人なの?」としばらくついて歩かれて、
腹立つやら恐いやら。

午前中に出かけようとしてもそこはまだ、前夜の続きでしかなく
酔っ払いだらけ。
聞こえるのはスペイン語、韓国語、カタコト日本語。

もちろん気にしすぎと言われたらそこまでだけど
駅⇔ホテルを歩くのに、エネルギー消耗が激しいのです。

古いですけど
ブレードランナーの世界に迷い込んだみたい。

恐いというより、その気持ちの悪いエネルギーの渦になじめない。
*でも、正直、いい経験ではありました。見て見るもんだと思わせてもらったから。


ホテルの敷地にたどり着くと「オアシス!!」って思えます(笑)


部屋は良いんですよ~~~部屋は~~~!!

綺麗だし、おしゃれだし、清潔だし、明るくて言うことありません!!

まずバスルーム 広めで、白くて美しいですね~。
右から左へパンしてみます。

PA270054.jpg PA270051 (2) PA270047 (596x800)

浴槽とベッドの間に「窓」が・・・、これは採光の為と思われます。
もちろん、ブラインド装備ですので複数名のときは閉められます。

特に気に入ったのは「シャワーヘッド」
こんなたっぷりの湯量のシャワーはお目にかかったことありません。

我が家にも欲しい!!と惚れてしまいました。


部屋全体 いろいろ邪魔なものがあってごめんなさい(^_^;)

PA270067.jpg PA270062_20111104095546.jpg

PA270055.jpgPA270069.jpg


奥の一人掛けチェアもすわり心地が良かったです。
ベッドの方から見た浴室窓もこんな感じ
クローゼットも完備。

仕事用にできる机は広くてアームライト付きでこれが非常にうれしかったです。
デスクチェアもリクライニングできて最高です!
今までにこんなに素敵なビジネスコーナーのある部屋に泊まったことないです~!


多分、立地のせい(おかげ?)だと思いますが
20㎡ ダブルルーム シングルユース 平日としても
一泊7000円は安すぎでしょうね~。

食べたり飲んだりを楽しみ
大阪を満喫するなら、場所的には最高だと思います。

1階のレストランも宿泊当日はテラス席を作って貸切パーティーが催されていました。
*レストラン側の敷地は大きくとっています。敷地内に客引きがはいることはありません。

ロビーも広く、エレベーターは夕刻過ぎると、ルームキーであるカードを差し込まないと動きませんので
安全性も高いと思います。

ホテル内は守られている感があって安心できます。


次回は無いと思った、外の様子でしたけど。
時間が経つほど・・・次回もありかも~と思ってしまうわたしでした。

ホテルビスタグランデ大阪
http://www.hotel-vista.jp/osaka/


大阪は3泊だったのですが、3連泊がどうしても取れず
最終日ホテル移動しました。

「ホテルイルクオーレなんば」 
広さはあったものの、殺風景でさみしい部屋でした。

大阪マラソン前日&土曜日だったので9000円
仕方ないですよね~!
9000円の割には広かったと(笑)

PA290097.jpg PA290100.jpg PA290101.jpg

広いのにクローゼットは「すきま」
何の飾りもありません。
一人掛けソファーは良かったです^^

PA290098.jpg PA290099.jpg

あっちへこっちへ言うことを聞かないシャワーヘッド(^_^;)
狭いバスルーム&狭い化粧台。

一人なんだから十分と言えば十分ですが。


「ビスタグランデへ帰りたい」と思ってしまいました。(笑)


あ!でも翌日は部屋からも大阪マラソンがばっちり見えました^^

恵庭「いちえ」

最近恵庭でのランチミーティングはいつもここ。

「いちえ」
itie.jpg
http://www.kama-ichie.com/

なんたって、釜めしは最高に美味しくて、
お店は新しいから綺麗で、おしゃれ
宴会場以外はほぼすべて「個室」だから非常にくつろげて

itie5.jpg


なのに!

例えば私のハマってる「カキ釜飯」だけど
カキもたくさん入ってて
茶わん蒸し、ちっちゃなサラダ、味噌汁、漬物がついて 900円なんです。

itie2.jpg




始めて行ったとき

嘘でしょ?って思いました(^_^;)

釜飯は茶わん3杯はゆうにあり。

HPでは平日のみランチタイムには「茶わん蒸し」と「サラダ」が付きます。とあるんですが・・・
土日に行っても必ずついています!
う~ん、HPにそう書いたこと忘れてるのかしら(笑)


今だって季節限定ですけど、
これで2000円は信じられない!って思います。
itie3.jpg



ここは、葬祭場と兼営で以前は「花屋」として使っていた建物でした。
お料理も、もともと「仕出し」が出発点なんだと思います。
だから、茶わん蒸しが異常においしいんですよね。

本店というか、一号店は小さなお店で、人気はあるけどなにせ、待たなくちゃいけない。
というお店だったから、恵庭にいてもなかなか食べられないもの。
それが「いちえ」の釜飯なんだと聞いていました。

釜飯の食べ方がこうメニューにありますが、
この「出汁」も、めっちゃ!美味しいんです。
itie4.jpg



今は宴会場も兼ね備えて
昨日の土曜日も葬祭場の方で法要を行い、
「いちえ」の個室宴会場で「お斎(おとき)」をとるかたたちが多かったようです。
*お斎・・・法要の後のお食事のもてなしをこう呼びます


で。

私は「いちえ」の回し者でもなんでもなくて、
できれば、もうこんなに混んでいるから誰にも教えたくないくらいなのですが・・

この味でこの値段の感動をどこかで言いたかったんですね~(笑)
オマケに食事前後のドリンクは100円!

こりゃぁ~奥様達がほっておくわけないじゃないですか。

早々に恵庭グループのランチミーティングは「いちえ」!!
そう決まったわけです。

も~~~「いちえ」には大感謝です!


夜のお料理も美味しそうなんだけれど
さすがに恵庭から夜タクシーで帰ることはできないもんね(^_^;)

残念です~(笑)


釜飯はオーダーしてから時間が掛ります(だからミーティングにもいいんだけどね)
平日も混んでいますから
食べたい方は11時オープンとともに入店することをお勧めしますよ~~!

もしくは1時過ぎですかね。


写真はすべて、「いちえ」のHPからいただきましたが
自分で撮った写真が無いのは、いつもしゃべってて忘れるか
食べてから気が付くか?
だからなんです(^_^;)

ごめんなさい。

滝乃家行ってきました♪

6月のとある日。

高校時代からの友人2人と登別の滝乃家に行ってきました♪

滝乃家は今回で3度目ですが、今までの2回はお仕事のご褒美で仕事仲間との逗留でした。

それもとても楽しいものですが、

今回はまた、違った楽しさで時間はあっという間に過ぎていきました^^。

滝乃家HP http://www.takinoya.co.jp/index.html


3度目ということもあって、割とまなざしはシビア(笑)ですが、写真をたくさん撮ったので
順番にレポートしていこうと思います。


出発は午後1時ちょい過ぎ、友人が我が家までBMWで迎えに来てくれて
気分は大盛り上がりです。

1時間ぐらいのドライブで、滝乃家到着。

白老を越えたあたりでいろんな山々が見えてきて、緑の息吹にも圧倒されます。


滝乃家に到着して車寄せに車を止めると
係りの方がお出迎えしてくれて
荷物を下せば、これまた、係りの方が駐車場へと車を移動してくれます。

玄関をあがり、小さなレセプションを右手に、広いロビーの方へ案内され
そちらでお抹茶のご接待とともにチェックイン手続きをします。

・ちなみに私はお抹茶はもう少し濃い方が好みです。

・チェックインの時の係りのお姉さまも、もう少し丁寧でもいいと思います。


今回のお部屋は初めてのカテゴリーです。
http://www.takinoya.co.jp/roomtype/
*AWタイプの和室

ベランダの向こうには、この宿の主ともいえる古木のホウノキが真正面です。 
110619_1507~010001

大きくて香りの良いホウノキの花
ホウノキは「マグノリア」と英語では言います。
「マグノリアの花たち」って映画が昔ありましたよね~^^
ベランダの窓を開けると、すばらし香りが部屋に入ってきました^^
110619_1526~01

荷物を置いて、さっそく買い出しに行きました♪
大きな閻魔様にもご挨拶です。
この閻魔様は時間によって怒った顔を見せてくれるそうです。
残念ながらその時間ではなかったのですが。
110619_1601~01

温泉街にある間欠泉です。
地球を感じる、ホンキのものすごい音がします!!
110619_1606~02


宿に戻り、さっそく温泉!
まずは地階にある「地縁の湯」 
緑にすっぽりと包まれ、真っ白い羽衣のようなお湯につかると最高に幸せな気分です。
110619_1730~03

110619_1730~04

滝乃家では、不思議とほかの宿泊客の方には出会いません。
この露天風呂もこのときは私一人だったので撮影できました^^
みなさん部屋が広くて気持ち良くてうろうろしたりしないんだなぁというのと
お部屋にも露天風呂がある部屋が多く、あまり来られないのかもしれません。


「地縁の湯」からそのまま5階の「雲井の湯」まで移動。
ここも誰もいなくて私たち独占。
ここの半露天に入ると、「ここに泊まってよかった」という気持ちが最高潮になります(笑)
雲井の湯は少しグレーっぽい白濁湯です。
バスタオルに付く泥はそのため・・・^^しっかりかけ湯をした方が良いかもです^^

入っているのは友人二人、背中が見えるのでちょいと加工しました(笑)
でも気持ちよさそうでしょ^^?
110619_1753~01~2


友人たちがマッサージ機で癒されている間に、部屋に戻りベランダから部屋の中を・・・
110619_1823~01

一足先にビールを持って夕涼みです。
110619_1839~01


たぶんこれはどこの部屋にもあるのでは?
さすが!の「打ち出の小槌」
110619_1854~01

さて、お楽しみの夕食♪7時にお願いしました。
個室になった食事処で取ります。
頑張りましたが(笑)写真を忘れて食べてしまったものが3点ほどあります(笑)

前日にエルムガーデンへ行っていた友人が、
比べても格段にここの方が美味しいし、すばらしいって言っていたので
やっぱりお料理がすばらしいんだと思います。
この夕食だけで割烹と考えれば1万5千円くらい?、私も思います。

お腹がいっぱいになるのでもったいないから夕食前のビールは控えてくださいね^^
食事中もビールよりワインがおすすめです^^

食前酒にこの日は「杏酒」
先月に続いて今年2度目の話をしたら、サービスで美味しいカクテルをだしてくださいました。
あれ美味しかった♪(*^-^)

一つ一つ手の込んだものを少しずつ飽きさせない順番で出してくれますが、
そのどれもが超絶美味しかったです!

特に感動したのが、6枚目の写真 (毛ガニの隣)
冷やし鉢 ゼリー寄せ 豆乳ソース 
110619_1902~01 110619_1924~01

110619_1939~01 110619_1948~01

110619_2005~01 110619_2025~01

110619_2042~01 110619_2054~01


*写真忘れたもの
米茄子と冬瓜の 鶏そぼろあんかけ
魚ソーメン (甘海老・卵豆腐)
アイナメ・しし唐のから揚げ (ミョウガ)

ああ、本当にどれもおいしかった(T^T)


翌朝早朝のマグノリアの花
ベランダを空けると、また香りいっぱいの冷涼な空気がはいります。

110620_0555~01 110620_0752~01


6時半くらいに5階の雲井の湯につかり、8時に朝食をいただきました。
土鍋で炊き上げたごはんに、やっぱり最高なのは「一夜干しの宗八ガレイ」。
110620_0801~010001


チャックインまで帰る支度をして、後はまったり、最後にお部屋の写真を一枚。
110620_1046~01



前回、前々回、と、5月でしたので桜を楽しませてもらいましたが

今回の新緑が燃えるシーズンはとっても気持ちがいいものでした。

庭の小さな祠から悠々と龍神さまが山々を散歩をしている気配、すばらしかったですよ~^^


帰りのお土産は
登別名物の「くま饅頭」と「焼き立てかまぼこ」のお店『岩倉』で
プリプリのかまぼこを買いました^^

くま饅頭も美味しいそうですが、我が家は食べないので。

あ、前日に
『藤崎わさび園』の「鬼漬け」を買いました。
これは登別で栽培しているわさびの新芽のしょうゆ漬けです。

今味見してみましたが・・・むっちゃ美味しいです!!
もう一個買ってくればよかった~~(T^T)
https://secure1594.sakura.ne.jp/marufuji-wasabi.jp/shop/pop_oniduke01.html


藤崎わさび店HP http://www.marufuji-wasabi.jp/index.html
こんなに歴史があるんですね^^


かまぼこやさんも、わさび屋さんも 閻魔様の並びにすぐあります^^


今回も前回も部屋があまりにも居心地がいいので地獄谷も大湯沼もどっこも行ってません(笑)

今、登別では夜の 「鬼のかがり火」イベント (毎日ではないのでご注意 大体 木・金曜)などが行われています。
浴衣姿で行けたらいいですね~^^


今度は秋に行きたいです。
すっぽりと紅葉に包まれた滝乃家は最高でしょうね^^

宮の森 「れんげ堂」

「宮の森 れんげ堂」へ行ってきました。

とあるSNSでお友達になった方が日記で書いていらっしゃった
宮の森にある中華点心のお店。

お料理もしつらえもなんだか素敵!!

ちょうど宮の森の叔母の所へ行く予定あったので、即決しました。
叔母とのランチはここにしよう(^-^)♪


お店は宮の森シャンツェへ向かう道にありました。


シックでそれでいて暖かみのあるお店で
良い感じです^^

メニューは
セットやコース料理と
単品で頼める点心があり。


私と叔母は「海鮮中華粥セット 1260円」を頼みました。

細かく切ったエビやホタテの入ったそれはそれは美味しい中華粥と
肉焼売&エビ蒸し焼売&特製ウーロン茶のセットでした。
自家製ザーサイも出していただいて。

中華粥をすくう、それこそ「れんげ」が止まりませんでした(^-^)


私は自分でも中華がゆをスープから作るので
この手間と品数、材料を考えたら絶対安い。って思いました。


本当に海鮮のお出汁が上品にしっかりとしていて
美味しいんです♪


食後にいただいた「杏仁豆腐」(プラス200円でいただきました)も絶品!!


杏仁豆腐好きの私としましては。

杏仁豆腐も抜群に美味しい上に

なに?このシロップ・・?

旨い~~~~~~~~!!と絶叫気味。


杏仁豆腐目当てに通ってしまいそうになる美味しさです。


焼売もプリプリでホントに美味しかったし。
ウーロン茶も最高でした^^


すごく、愛情かけてお店をやってらっしゃるンだなって分かりました。


お昼の営業は2時半まで

私達のランチが終わったにもそのくらいの時間で。


みなさん一斉に出ていらして
車を出すまでお見送りしてくださいました。

(〃∇〃) はずかし。


他にも美味しそうなモノがたくさんありましたし。

今度はお友達とランチに行って自慢したいわ~~!(笑)って思いました。


http://web.mac.com/biten01/



*今「食べログ」を見ていて、やっぱりみなさんこの店探すの大変だった様子で(^^;)
 もし行かれるのなら宮の森ジャンプ競技場へ続く道にありますから
 目地にされてください。
 宮の森ジャンプ競技場と盤渓への二股に分かれるところの手前左にありますよ。
 信号のある交差点角です。
 私はもう引き返そうか?と考えたところで到着しました(笑)

【大阪】ホテルグランヴィア大阪

2月下旬に大阪に行っていました。

色々と迷ったのですがやっぱり重要なのはアクセスと言うことで

JR大阪駅~梅田にしました。

北海道生まれ、育ち、の私は
生活の中にJRと市営地下鉄バスしかありません。
なので(^^;)駅と言ったらJRしか考えられないんです。


地元の人がよく使う駅というより「路線」が理解できません。
例えばメンバーさんが兵庫から来るなら「阪急」だとかね(^^;)

んで、メンバーさんはあらゆる方向からいらっしゃるので
もう、考えても仕方ないので

JR大阪駅真上、グランヴィア大阪にしました。

以前に2回ほど宿泊したことがあるんだけれど

ネックは狭さ(^^;)


前回のアリエッタが広くて良かったけど

部屋まで迎えに来て貰って少しお話しすることが多い私は
フロント正面にエレベータホールがある小規模ホテルは
とても使いづらいんです。

ええ、ホントはイケナイのですがね(^^;)

長くではないのでどうぞお許しくださいませ(^^;)






【場所】
JR大阪駅真上



【選んだポイント】
・アクセスの良さ
・場所のわかりやすさ
・便利さ
・ホテルHPTOPに「ネストレート保証」とあって
 オフィシャル予約が最安値であることを保証していた。
 迷うのもめんどくさかったので、保証してくれるなら・・・って思いました(笑) 

【結果】
・カテゴリーをグレードの高い部屋にしましたが
 コストパフォーマンス悪いなぁって思いました。
 値段の高さは駅上と言う条件だからでしょうね。
・やっぱ20㎡は狭いです!(もちろん一人だったら十分の空間ですが)
s-P2250251.jpg s-P2250252.jpg s-P2250257.jpg

・窓の真ん前でクレーンが作業中
 突然動くとこっちがくらっと(笑)
・バスルームとアメニティは良かったです。
 ゆったり使えました。
s-P2250266.jpg s-P2250269.jpg

・間接照明がとても気持ちよかったです^^
CA4FVFN2.jpg

・今回も朝食ビュッフェは付けませんでした。
 前日大丸で購入していたサンドイッチとドリップコーヒーでゆったり部屋で朝ご飯。
 最近これが一番です(笑)



【部屋カテゴリー】
25階「フロアなごみ」ツインルーム 20㎡
木曜宿泊分13900円
金曜宿泊分13400円 2泊合計 27300円





【小樽】天然温泉 灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽

今回はビジネスではありませんが

ダンナと一緒に小樽の友人達との飲み会があり
帰りのことを気にするよりは・・と思い宿を取ってみました。

最近、温泉好きな私が一番に惹かれたのが
天然温泉付きのここのホテルでした。


ツイン21㎡で8.100円(1人4,050円・朝食無しプラン)と
価格の割にかなり広めなので即決定♪

昨年8月にオープンしたので建物もまだ新しいから
「安っぽくてもOK」位に思っていたのですが

内装はコンセプトが大正ロマンだそうで

CA6XRBTS.jpg

 ↑
部屋に入ってからベッドルームの手前にはこんな引き戸があって仕切られています。


CA80ZDOG.jpg

その引き戸の手前が
左手にトイレとシャワーブース(バスタブはありません^^)
右側にこの洗面台がありその下に冷蔵庫やアメニティがあります。

CASQ1FMW.jpg

窓側からベッドと入り口の方向を写しました。


CAQO4SFN.jpg

反対に入り口方向から写しました。
2人掛けくらいのカウチソファーとテーブル 対面に32くらいの液晶テレビ
ベッドの足下には大きめの空気清浄機・加湿器があります。

テレビの下の棚にポットやマグ・ティーカップ
フレーバーティーのサービスが8種類(どれもすごく美味しかったです!)
ドリップコーヒーバッグ×2 煎茶×2


HPの感じからはビジネスホテルのカテゴリーだと思いましたが、

とても居心地の良い落ち着いた空間と設備に本当にビックリしました。

観光観光もしていないし、キッパリビジネスとも言わない。
もちろん温泉ホテルでもない。

そんなコンセプトで作られているんですね^^


温泉も半露天(景色はありません)に2つ、中に2つ浴槽があって
洗う場所も1つ1つ仕切があります。

脱衣場・ドライヤーブースもとてもお洒落で、
ランドリーブース完備。

小~中規模の大きさですが
温泉メインでもないので混雑もなく静に落ち着いて入れました。


温泉自体は掛け流しではありませんが・・
とてもやわらかくて気持ちの良いお湯質でした。


嬉しかったのは(笑)
シティホテルなのに温泉ホテルや施設のように、スリッパ・部屋着で
温泉まで移動できる事(温泉・レストランが部屋着可能)でした。



温泉があるので使用しませんでしたが、シャワーブースも広くて清潔でした。


この金額でこのサービス内容は
小樽だからだよなぁ~と思いました。


ビジネスで出向くのは大きな都市ばかりでしたので
この価格でこれって信じられないわけです。


金額と内容が伴わない所も結構ありましたから

今回は一層感動してしまいました^^。



これから小樽で飲むときはここに泊まってゆっくりしちゃおう♪
そう思いました。


【場所】
小樽駅正面(徒歩1分)



【選んだポイント】
・天然温泉が楽しめる
・価格が安い(宿泊プランが多い)
・価格の割に21㎡と広いツインルーム
・運河からも徒歩10分くらい
・新しいホテルなので綺麗



【結果】
・部屋はお洒落で綺麗
・イオン空気清浄機・加湿器があってベスト
・手前バスルームとベッドルームに仕切があって落ち着く作り
・コストパフォーマンス最高
・カウチとテーブルがあって余裕がある
・アメニティはシャワーブースにPOLAのシリーズ
 洗面台にハンド&洗顔フォーム
・タオルセットの他に「ボディウオッシュタオル」がある
・スリッパが気持ちよかった(笑)
・部屋着で温泉・レストラン使用可
・フレーバーティーが最高に美味しかった↓
 http://www.hotespa.net/business/information/harbtea/
・温泉もすごく綺麗でゴージャスな感じだった♪
 ph_pt01.jpg
・温泉のアメニティは資生堂「THUBAKI」シリーズでgood


【部屋カテゴリー】
3Fツインルーム 21㎡ 
大通りを挟んだ向かいのビルしか見えません。
ロングステイプラン14時チェックイン 12時チェックアウト

このホテルはあまりカテゴリーはなく
ダブル15㎡もツイン21㎡と言うくらいの違いしかありません。

そのほかにカプセルタイプの宿泊施設があるようです。


満室の様子でしたが、防音もしっかりしていたように思いました。
隣の音も聞こえず静かでした。

食事はチェックイン時に決めようと思っていたら
朝食券が売り切れましたと言われました。

朝食付きを選ぶか、予約時に追加しておくことをオススメします。

おとうふ工房 「めめ」

北海道神宮の駐車場内にあるレストラン。

以前は、道路を挟んで向かい側の郵便局の辺りにあったのですが。

その場所にあったときから、ランチは混んでいました。



最初に出てくる豆乳からすでにノックアウトされますが

どのランチもお豆腐の美味しさ満開です♪


昨日はその近くにある長岡式酵素玄米のお店「ひろ」に行ったのですが
研修で臨時休業でした。


そうだ!と、「めめ」に移動♪


湯葉丼も食べてみたかったのですが~~~

「めめ御宮御膳」の魅力に負けました(笑)。



食事も勿論ですが

工場直営なので、美味しいお豆腐や厚揚げもオススメです!!


HP→http://www.k-meme.com/shokuji.htm



神宮の駐車場入り口でおじさんに

「めめ」へいきます。

というと、「駐車券にスタンプ押してもらってきて~」と紙をくれます。



もちろん私は必ず参詣してからお食事をしに行きます(^-^)b

アリエッタ&オステリア

私は仕事で旅行をすることが年に2,3度あります^^。

狭い部屋が苦手で、なるべく綺麗な方がいいし・・・
アクセスも重視だし、景色も綺麗ならその方が良いし・・
コストパフォーマンスも重要。

と、ホテル選びに結構時間をかけます。


そんな女性も多いのでは?

そう思って、ビジネストリップでの私のお薦めホテルをご紹介しようと思いました♪



2009年7月

【アリエッタ&オステリア】

ph02.jpg


【場所】
大阪中央区本町
「地下鉄御堂筋線 1番出口から3分」

【選んだポイント】
・コストパフォーマンス
 ええ?と言うくらい安くて綺麗、広い。
・口コミがすごく良かった。
・梅田近辺は同じ金額でも平米数がすごく狭い
・写真で見てもおしゃれ
・スーペリアツインは2方向に窓が有るので明るいはず。

【結果】
文句無しでした♪
朝食なしですが、朝はロビーでパンとドリンクバー・フルーツ・ヨーグルトなどが無料で食べられます。
朝食ビュッフェよりもこのくらいがちょうど良いと思います。
私はトレイに入れて部屋に運び、のんびり食べました~♪
駅からも近くて、途中コンビニあり、すぐ横にドトールやプロントもあり♪


【部屋カテゴリー】
スーペリアツイン(シングルユース)
2泊で15800円(ネットで会員登録して1000円割引でした)

部屋180°
s-P7250077_01.jpgs-P7250076.jpgs-P7250089.jpg

クローゼット有り、部屋着有り、ライトも可愛いです♪

s-P7250065.jpg

部屋着・タオル・歯ブラシ・かみそり等がセットになって可愛いカゴに入ってベッドの上に用意されています。
その他のアメニティはフロント横に色々ありました^^
必要なものを必要なだけ使うのはムダが出ないのでとても良いって思いました。

バスルーム
s-P7250074.jpgs-P7250085.jpg

バスルーム広すぎです(^^;)
でもとてもゆとりを感じて好きな空間でした♪
タイルも可愛い♪

s-P7250082.jpgs-P7250079.jpg

黒米の石鹸?珍しいです~!
ボディシャンプー・シャンプー・コンディショナーは
ポーラのシリーズで使い心地良かったです!


友人が同行していて、デラックスシングルに1泊しましたが、
部屋を見せて貰ったら、こちらも部屋、バスルーム共に十分に広いです。
窓は1つでもとても明るかったです^^。

実は割引を入れて一泊の料金は
私が約8000円(シングルユースだから)
彼女は6000円でした。

あまり違わないのもツインを選んだ理由だったのですが

次回はデラックスシングルでも十分かな?と思いました。

由仁 「ファームヤード」

札幌に住むドライブ好きにはすでに定番かもしれませんね。


由仁の「ファーム大塚」という農園内にある

キッチン「ファームヤード」

季節の花々と

自家農園でとれたての野菜たっぷりの「スープスパイス」のお店です。


ss-P8220516.jpg



「スープカレーじゃないの?」
そんな声も聞こえますが、

スパイスから厳選して取り寄せているこの店では
「スープスパイス」という名前にこだわっています。


とにかく野菜の滋味たっぷりのスープ

一度味わうと病みつきになります(笑)



由仁までの274のドライブは夏には最高ですね^^

ちょっと足を伸ばして社台ファーム(由仁)で馬を眺めるのも良いでしょう。
(ここは観光農場ではないので道ばたから眺めるだけですが
広大な牧場の中の馬はそれはそれは美しいです。



道外からのお客様は、とりあえずここへ連れてきてしまう私。

小一時間のドライブでも
北海道らしさが味わえるロケーションと美味しい食事

みんなとても喜んでくれます。


ここは自家製ケーキもすごく美味しいです。

買ってかえるべし。








プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered