Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年05月
ARCHIVE ≫ 2011年05月
      

≪ 前月 |  2011年05月  | 翌月 ≫

ピカピカ(〃∇〃)な私。

金曜日は市内のホテルで、ちょっと大きな同窓会がありまして。

もう何十年ぶりなの?って友人にも会えて
とても楽しい夜を過ごしてきました^^

友人の中には今でも頻繁に会っている友人もいるのですが
その中にススキノでご主人と和食のお店をしているHがいます。

彼女Hは、本人は絶対そう思っていないと思いますが(だからだとも思いますが・笑)
在学中を含めてたぶん一番の有名人だと思います。

真っ正直で素直、高校時代はやんちゃなことばかりで先生を振り回しましたが
先生に対する反抗心というのは全くなく。
先生からも愛情をかけられてた、特異な生徒でした(爆)


で、この日実は同じホテルでHのご主人も大きな同窓会に参加していたので
店は臨時休業だったのですが、

同窓会が終わった私たちは、20名超で、当然のごとく臨時休業してるHの店になだれ込みました。


そこにやってきた男性3人
こちらは、Hのご主人の同窓会参加者さん。

店がやってるもんだと思って初めてやってきたとのことで、
この際同じだから。。無理やり合流させられました。かわいそうに(爆)

席が近かったことからいろいろ話している最中。

私たちより1学年下[といっても50歳]の彼らがすごく不思議そうに
「ところでなぜそんなに肌ピカピカなんですか?」って、クチグチに聞いてくれまして(^_^;)


私は化粧してからかなり時間がたっていたので
「脂ギッシュ」になっているんだと思い。

「いや、たぶん、あの・・脂ぎってるんだと・・・(^_^;)」と言ったんですが

「いやいや、違います。なんでかな?なんでそんなにハリがあって光ってるのか不思議で・・」って


こんな時に「あ、私アロエベラジュース飲んでるんで違うんですよ~」とかって

言えたらいいのに!!



「いやあの。。その。。」って、照れてる場合かっ?


なんてそんなことがありまして昨日。


姪っ子の運動会で疲れ

ソファーで寝てしまった私に浴びせられる「ケータイカメラ」のシャッター音。

な・・・なんなのっ?!って飛び起きたら。

ダンナが一言


「い・・いや、あんまり顔がピカピカで面白かったから・・・」って(爆)


はい、ピカピカです。

110528_1724~01

すいませんね~(^_^;)
顔の造作についてはこの際、勘弁してください(^_^;)

ちなみに風呂上りでアロエの化粧水つけただけで寝てしまいました。



ということで長い話になりましたが(笑)

わたくし、ピカピカですの(爆)

もちろん、アロエを生でたっぷり使っスキンケアもしてますが

肌の組成は、体の内部からです^^。


楽しんで使っているのがわかってもらえるかな^^





日々の話し | Comments (2) | Trackbacks (-)

マイノリティであることをマイナーに感じる必要はないのではないだろうか?

今知りたいのは、どこが赤信号でどこが黄色信号でどこが青信号なのか?ってことだけど。

天候や風向きで誰もはっきりとは分からないんだね。
日本は狭い土地の中にたくさんの山もあるからそれは一層難しい。

だから、誰もが数値に「疎開を進めるほど」の責任を持てない。

自己責任というならせめてすべてを公開してほしいけれど
それもない。

そんなにバカだとおもってるんだなぁ~ってほど
「正式な発表」は無いか、途切れているか、改ざんされている。

私は千葉をよく調べるから、水道水にしても、空気中にしても
情報は不安をあおるほどしか書かれてない。


そんな中
こういうことが行われたらしい
    ↓

★☆米国が東北新幹線の被ばく量や健康基準を超過した駅名を公表
(原子力緊急事態宣言)5月3日

今回の日米合同調査の結果によれば、少なくとも福島、郡山、新白河、那須塩原は健康リスク基準(0.32μSv/hr)を満たすことが出来なかった。そして駅の外ではもっと高値になるという。

しかしながら文部科学省は今回の調査結果を公表していない。SPEEDIのデータを公表せず福島県民の避難が遅れたのは有名な話であり、文部科学省は国民の健康を考えているのだろうか?

今回の日米合同調査は福島からの疎開を強く促す根拠である。

米国は原発から80キロ離れるように勧告しており、少なくとも妊婦、小児、妊娠可能な女性は疎開した方が良い。

詳細: http://phnetwork.blogspot.com/2011/05/blog-post_18.html


そうなんだ。。。。

私たち国民はどうやらあんまり大切にされていないらしい。

政府や行政って私たちの目を見ていないんだね。
その人たちの視線はどこに向いているんだろうか?


そんななか、

茨城県のある主婦の訴えを読ませてもらった。

福島ではない、福島寄りの茨城 常陸太田市の方だ

99年の東海村の臨界事故当時、
近所の奥さんの子どもが4歳児くらいでした。
(事故当時日立市在住で引越して常陸太田へ)
現在高校3年生くらい。
その子の同級生のお子さんが2人も白血病との事。
(小さい頃からのお知り合いでこのエリアの方)
今回の事故をきっかけに耳に入ってきた情報。

茨城県常陸太田市の真弓に設置してあるモニタリングポスト。
いつもその小学校の先生方が数字を見ているから
異変に気づいた。
震災後に通常時の約10000倍の放射能を記録したのを
知識が無かったのか、壊れたかと騒動になったらしい。
平常時0.02μSv/hr→200μSv/hr
くらいだったらしい。
(聞いた話ですので、平常時のほぼ10000倍との事)
ただし、3月12日の何時かは不明です。


この値がどのくらいまで続いたのか、モニタリングポストの
数値探しましたが、データが無いのです。
(文科省無し、茨城県モニタリングポスト平成22年度データ無し)

うちは、冬でも青カビが生える家。
コーヒー豆をフィルターごと 乾かして、
土に返すだが、
震災後、
カビが全く生えていない。
それが何を意味するかを考えた時・・ハッとした。
医療用具工場に勤めていた時、滅菌という仕事をしていた。
厚生省に申請するデータを作成していた時、
滅菌のD値まで出さないといけない。
その時の事を思い出した。
これは、もしや、
自宅がガンマ線滅菌器状態なのではないか。
カビを殺す難しさは知っていたので、
これが本当なら恐ろしい事である。

今の方が水道水が危険と思いますが、
自治体は分析していません。
常陸太田市役所ホームページでは5月2日以降
分析の記録はない。

今回の事故の初期から、現在までの、
内部被ばくの積算量を計算したいのに
モニタリングポストの数値が4月以前のデータが
どこを探してもない。

先日も4月24~25日頃、一斉に近所の複数の
モニタリングポストの数値が上昇した事があった。
埼玉の友人から数値が急激に上がっている
チェックしてと悲鳴にも似た連絡があったのだ。
翌朝になるとデータは消え、何もなかったように平らに
なっていた。

小学校の校庭に行って、
ガイガーカウンターで表土の放射線量を計測。
校庭のおよそ40か所を測定
地表に置くと高いところで、0.45μSv/hr
低いところは0.17くらい。
平均してあげても0.25は下回らない。

校庭に出るなという事は子どもに伝えた。

学校を休ませるたびに、教育委員会から、休んでいる人の
名前と避難している地域を報告しろと現場の先生方から
何度も電話が避難先にあった。

角度をかえれば、世の中の皆さんに
「あなたは自分の子供だけ助ければいいのか?」
そういう行動に私の行動は見えるかもしれない。
だが、私は思う。
あの時、政府が直ちに避難して下さい。と
一言、言えば、もう少し、多くの人が、被ばくで苦しむ事は
防げたかもしれない。

この2カ月の生き方がみんなそれぞれ違っていたはずだ。
震災直後、なすすべが無かった茨城県の被災地で、
無理だったかもしれないけれども、
少なくとも無駄に出校日に小中学生を学校に通学させて
高濃度の汚染にさらす事もなかったであろう。

私は究極のマイノリティだ。常陸太田市の中では、
それでも、何とか抵抗し続けて、私も少しづつ全容が
見えてきたようにも思いました。
私をこれまで支えてくれたのはママ友のブログだ。
ミクシィでしか見られないが、ものすごい機動力で
私を支えてくれた。
ニュースよりは、信頼できる人の個人のブログであったり
ドイツなど海外の情報の方がよほど冷静に日本を捉えており、
正しい情報が詰まっていると感じる。

私はこの2カ月の間、内閣や各省庁も含め何通もメールを
送っている。だけど、政府の出す答えは、みんな違う方向性ばかり。
いつからか、そこに労力を割く無意味さに気付き、
メールするのをやめた。
福島を中心に、放射能汚染が広がる関東、近隣の東北の
お母さんたちの子どもを守りたい気持ち、
離れたくない気持ち、いろいろなせめぎ合いが
私の中でもあります。ストレートに割り切れたら
どんなに楽な事でしょうか。
この事故で涙を流しているお母さんが何万人いるかと
思うと思考が停止してしまう。私自身も同じです。

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/e67385282ff2b9026715bcb2d4965d4f


この記事にいくつか疑問は生じたけれど

生の切々たる話に言葉がない。

この記事の下のコメントにもお子さんを持つ方の話が寄せられていて


中には(私の感覚で)とてもエキセントリックなコメントもあるけど

お子さんのいる方が「心配しすぎ」とひんしゅくを買っている状態をきいてがっくりくるし

「子供を守れない」と嘆く母親の気持ちもわかる。



これだけの事故が起きていて

放射能から子供を守ろうとするとマイノリティ?

それが私には信じられない。



「子供や胎児は大人より数倍影響が高い」

誰もこれを考えないの?って。



で、旦那に聞いてみた。

ねぇ、もし、まおとさえがうちの子で
自分たちは福島ではなく茨城に住んでいて
でもずっと調べつくして、やっぱり確実に放射能値が高くて、
学校では全くそこを気にせず、
そんなことを声高に言う私が、その小っちゃい世間のマイノリティになったら

移住してもいい?

俺を置いていくのか~。

いや、つれてってもいいけど(^_^;)


どの情報が正しいかだよな。


はぁ?(ノ`⌒´)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

それがわからないからみんな困ってんじゃん。

でも子供ってのは取り返しがつかないから、必要以上の措置が必要なんじゃん。


いい、わかった!お前なんて連れてかない!

全く「亭主力」が低いわ。

と、勝手にブチ切れ(爆)

朝から旦那はあきれたことだろうと思う。あはは。



マイノリティであることを「悲しく思う」必要はないと私は思う。

子供がいじめられるんじゃないか?とか

他所の母親に白い目で見られるのでは?とか


マイノリティであることを

ぎゃははは、私究極のマイノリティなんよ~!って笑い飛ばしてほしい。

だって放射能がなくても

子供をいじめるだとか
白い目で見るとか

はなから、そんな奴らと迎合していいことなど一つもない。って気が付こうよ。


誇り高く、独立した存在になろうよ。

そのうえで、人の痛みや、心も思いやれて

これが正義などと押し付ける気持ちがなければ

きっと認められると思う。


そんな風に思ったのでした。










日々の話し | Comments (2) | Trackbacks (-)

おすすめ宇宙スイッチ。

ジョー・ヴィタリーだったり、ジョー・ヴィッターリだったりするのですが

久々読みかえして最高にはまっている本が


「宇宙スイッチ」です。

心の奥底の手放していない「逆の信念」

これがあなたの道を阻んでいます。

まず自分が何を望んでいないのか?

それを考えて、と言ってくれています。


第2章「自分の中に眠る「天才」を解き放つ」

ここにはそのための5つのステップが書かれていて

実際にい私を導いてくれますが
ものすごく素直な私は何も考えずその通りに行いました♪ ← とっても大切なこと。 


しばらくはこれが私のバイブルになるでしょう^^。







何に望みを設定しても

引き出される答えはここ・・としっかり教えてくれる「究極の質問」


ジョーの動画は後半が良いんですよ~
最初の方はちょっと我慢して

見るなら最後まで見てくださいね^^





そうそう、「宇宙スイッチ」も最後まで読まないなら買わなくていいです(笑)

脳にいいことだけをやりなさい マーシー・シャイモフ





なかなか面白かったです♪

本がとても面白かったので、それを説明できたらなぁって思って
DVDを見つけて即買いだったのですが。

ん~(^_^;)

勉強会用に使いやすいのは、本編より特典付録のほうかもしれません。

短めのインタビューでの応答が、より皆さんの心に迫るものだと思いました^^


私の直感はこっちに向いていたのね(笑)

そう思わせてもらいました^^



勉強会用には・・ということです。

内容はすごく良かったです^^

「幸せに理由は必要ない」というのが原題ですが、

「幸せ感」が得られない、少ないという方には
すばらしい答えをくれると思います^^。







”原子力のお値段”に隠されたカラクリ

この位は皆さん知っていますよね?


私も先月の日記にこんな記事を書きました。
『「まめしば」が電力コストと揚水発電について説明します。』
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-392.html



しらなかったら今のうちにこっそり教えてもらってください^^

これ以上目をつぶっている必要もないですからね^^
私はこの放送ライブで見ていますけど、おもしろかったしわかりやすかったです^^









「知ったからってどうしようもできないし」・・・みんなそうです^^

「なるようにしかならないんでしょ?」・・・ところがそうではありません。

人類には「集合意識」という意識があり、
心の底で意識は繋がっています。

知ることだけでも変わっていくことがたくさんあるんですよ^^

「知ったら腹立つんだもん」←妹の言葉です(笑)


それは最初は仕方ないと思います。
どんなに頑張っても腹が立つことは腹が立ちます。

でも「どうして人類はそうなんだろうか?」という疑問の中に
あなたへの答えがあるんです。


人間というのはたくさんの過ちを起こしながらここまでやってきました。

だからこそ、そこから学ぶことがなければならないんだと思います。

怒ったり悲しんだりするのではなく。

自分はどう思うのか、それが大切です^^

二度目の登別「滝の家」

去年に引き続き、会社のご褒美で登別「滝乃家」へ行ってきました。

昨年の日記

「高級温泉旅館を引き寄せました。」→http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-256.html

「夢の宿」(私のとった写真があります)http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-269.html




「滝乃家」は登別の老舗旅館

自腹では勇気の必要な金額ですが、

それだけに、私にとって「価値のある癒し場所」でもあります。


庭には登別を代表する竜神さまが祭られていて

その竜神さまが出てきてくださるので
昨年も帰り道は雨

今年は出るときにぴったりと止んでくれたのですが
午前中いっぱい、竜神さまに包まれていました^^。

最高です。



会社の人間が言ってくれた言葉

「たくさんの自然と宿のもてなしに癒されてくださいね。」


はいっ!!




すっぽりと緑に癒されて・・・

竜神さまに見守られ・・・

とても幸せな時間を過ごしてきました^^



到着してすぐに、迎えに出てくれる人がすでに私たちの担当の女性で。

「山田さま村田様は滝の家へ2度目のお越しで、
いつもありがとうございます。本日もよろしくお願いいたします」・・って、感激!!

そのほかも心を洗われるようなもてなしをうけ。
さすが!のホスピタリティに癒され。

最高のお湯に癒され

地のものをふんだんに盛り込んだ食事に癒され

登別の大地に癒されていることをふつふつと実感させてもらえました。


デジカメでもとったのですが、このPCではすぐにUPできないので

ケータイ分だけ載せますね^^


110512_1911~01 110512_2025~01 110513_0458~01
110513_0515~02 110513_0829~01 110513_0829~02
110513_1116~01  110512_1540~01 110512_1547~01

110512_1803~01 110512_1823~01



帰りには女将が見送ってくれるのですが、
「また来年もぜひいらしてくださいね」と言っていただき。
*実はこの女将の声・言葉、すごくパワーがあったんですよ!心に種をまくようなパワーが!
 名だたる政財界とお付き合いのある方は声と言葉のパワーもちゃんとお使いになるんだと
 さすがに、私、びっくりしました!。

担当の女性は雨の中、国道まで出てきてタクシーで去る私たちを見送ってくれました。

なんとも胸がきゅんとする姿でした。


はぁ~幸せ♪

和恵さんと一緒にこう話していました。


来年こそ、みんな一緒に!!

わたしは決めましたよ^^








オーダーハーブティーが美味しくて・・・

ハーブティーの先生であるお友達、寿里ちゃんに
自分の好みを伝えてオーダーさせてもらいました^^

香りのフルーティーなものとカモミールの穏やかなもの



110504_0753~01 110504_0809~01


これがどちらもものすごく美味しい!!

コーヒー党の私がたまに市販のものでチャレンジしても
絶対に美味しモノには当たらないのですが(^_^;)

食べ物ではなにが好き?とか苦手な香り、好きな香りはある?とか
細かく聞いていただいて、自分の飲みたいイメージを伝えてみましたが


はぁぁぁぁ~
さすが!先生です!

ハーブティーは体や心にしみわたっていき。
オーラまでキラキラ波打たせたように感じました。


その上
美味しい美味しい、美味しいったら美味しい~!
としつこく感嘆する私。


たおやかで、調和された絶妙のブレンドは
和の感覚が芯にあります。

日本人のためのハーブティー!って、思いました。





110504_0718~01

*私が頼んだのは一か月分を2種類なので、写真の袋がもう一つずつあります。
 量として1か月分は2袋です。

我が家へお越しいただけましたら、入れて差し上げますね^^
絶対喜んでくれると思います。


我が家まで来られない方は直接オーダーもできますので
こちらをご覧ください^^
http://twinklelove.jp/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96/originalblend/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC

*眞世の頼んだものって言ったら同じものを作ってくれます。
*カウンセリングも受けていますので悩みや問題のある方は相談してみるといいですよ^^


ハーブティーのレッスンもあり
レイキとハーブティーを使ったヒーリングコースもあります。



私と寿里ちゃんのお付き合いは、私の仕事でもあるアロエから始まりました。

私のお友達のお友達のお知り合いのお姉さんのお友達(^_^;)
それが、寿里ちゃんと私が知り合った時の関係です。

それからかれこれ6年^^
メールでのやり取り、電話でのミーティング、
大阪在住の寿里ちゃんとの大阪ミーティング。
私が大阪に行くときの現地でのセッティング

仕事仲間として、一緒に歩んできてくれました。
その頼もしさは格別です。

すごいですよね~
これ考えると、その不思議さや神の計らいにぼ~っとしてしまいます。


彼女は私よりず~っと若いというのに、
長くレイキティーチャーとしても活動しているからかもしれませんが、
実にしなやかで深い洞察をする人なんです。

そして非常に頭の回転が速い^^
そのちゃきちゃきしたところも魅力。



フォーエバーの仕事って本当にすごい!っていつも感動するんですけれど

私はこれまでアロエがなかったら出会えなかったたくさんの宝物のような人たちと
ご縁をつなぎ、友情以上の友情をいただいてきました。


寿里ちゃんの思いのこもった美味しいハーブティーを飲みながら

そのことに心から深い感謝を覚えました。






日々の話し | Comments (2) | Trackbacks (-)

風の谷のナウシカ

ゴールデンウィーク前から どたばたと過ごしていて
気になっていた「風の谷のナウシカ」全7巻をおとといの雨の日ようやっと読みおえました。


あれは・・あれですね。
一気に読まないとならないタイプ。

私ときたら それを読む前にdvdで3度も繰り返し見てしまったので
漫画のほうがうまく頭に入っていかないのです。頭が整理できない。

どうしてかというと
エピソードの順番がかなり違うから・・・

おまけにそれは、わら半紙風の紙に
小さなコマ割り、薄いインク、小さな文字、ぎっしりと戦闘シーンが・・・

非常に読みづらく、集中してよまないと
誰と誰がどこで戦っているのか?全然わからないし

どこの場所なのかも注意が必要なのでした(^_^;)



まいったな~と、思いながら
ゆっくりと読める日までお預けになっていました。


で。

やっぱり、非常に良かった。
「深淵」にそっと滑り込むような思いで読ませてもらいました。


アトランティスが沈む時
人々と一緒にいるほうを選んだ自分のことをまざまざと思いだし。

だとしたら今生で私はどうしたいのだろうか?


まだ同じ思いでいる自分を肯定も否定もせずにここまで来たけれど

そのことについて、ひとつの「鍵」となる物語でした。


人は愚かであって、確実に私もそういう「人」として生まれて
だから「そうじゃない世界」を夢見るのだろう。って

「夢見ること」が「生きることの目的なんだろうか?」って

だとしたら、「いつか」と言うのはやはり、「永遠に来ないいつか」なんだろうか?


今度は小説で読んでみようかな^^?


そう思いました。








日々の話し | Comments (1) | Trackbacks (-)

PC画面の見えって・・・

愛機デスクトップが、まったく反応しなくなって

しばらくネットから離れていました。


で、いろいろと考え

以前から欲しいと思っていたノートpcを購入しました。


ところが、やっぱりデスクトップの17インチに慣れた私にとって

15.6ワイドとかいう画面は小さすぎて。

自分のブログなのに読むのが大変ということに気が付きました。

あああああ!狭いっ!!って、叫んでしまいそうです。


おまけになんか慣れない・・って思ったら。

やっぱwindows と
以前使っていたFIREFOXとは「フォント」が違う気がします。


なんにせよ、いろいろいじっていたら
また時間が掛かってしまうので。

少し我慢しなくちゃね。



ということで、更新が遅れてました^^


またよろしくです♪
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered