Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年11月
ARCHIVE ≫ 2011年11月
      

≪ 前月 |  2011年11月  | 翌月 ≫

バリオフ♪タイ料理 『マニータイ』

バリオフなのにタイ料理☆ヽ(▽⌒) 

バリ島好きのお友達と誰かがバリに行って帰ってくるたびに開催される「バリオフ会」
この仲間は、今から11年前にとあるHPのオフ会で集まった中の3人から始まりました。


その縁を伝って、バリオフメンバーは札幌は4名、三重とバリ島にもメンバーが・・・(笑)
バリ島を介してですが、インターネットを越えた濃いお付き合いをさせてもらっています。
ご縁ですよね~!本当に不思議なことですが、出会えたことに感謝しています^^。


今回は、先週返ってきたばかりのPさんのオフ会で
新しい宿情報、バリ島友人家族の様子。写真。

そして自分たちの家族の話題とか。。まぁ話しは尽きないわけです(^_^;)

場所はタイ料理『マニータイ』
美味しいお店に詳しいPさんのいきつけなので間違いないのはわかってましたが。


本当に美味しかったので、食べログでも紹介しちまいましたが(^_^;)
こちらにも載せて置こうと思いました。

111118_1856~01
大通りエリアススキノ寄りのビルの地下、こんな入口です^^


タイ人のママとタイ人コックさんの作る
本物タイ料理が味わえます。

111118_1924~01 111118_1923~01
まずはヤムウンセン、そして空芯菜の炒め物 


111118_1933~01 111118_1939~01
トムヤムクンと、生春巻き


111118_1937~01 111118_1944~01
エビのすり身の揚げたものと、鶏肉とカシューナッツの炒め物


111118_2009~01
タイの焼きそば 「バッタイ」
平打ちのコシのある麺の焼きそばに、ナンプラーやピーナツ、酢など好みでかける。



写真アップしているだけで・・・
またすぐにでも駆けつけたくなります。
それくらい美味しかった~~~!と言うことです、はい☆♫°*”


ママの息子君かな?イケメンのお兄さんも
素晴らしい接客です。
ファンも多いだろうね!みんな言ってましたよ^^


それにしても、海外の方って国を離れて仕事をする方が多いですよね。
メンタリティの違いと言えばそのとおりですけど

バリに住まう外国人の方たちは、根無し草というか・・
ホームグラウンドすら、生まれた国ではない人が多いことに驚かされます。

自由な感じを羨ましいと思うとともに、故郷についての感覚の違いって
やっぱりあるよなぁとかって思うのでした。


ご紹介した『マニータイ』のHPはこちら
http://www.withmac.net/manee-thai.html

初めてでもとても入りやすいお店だと思います^^

小上りになったテーブル席は4人×4つ
後はカウンターに10人くらいかな?

人数の多いときは予約必須です^^


腦神経回路の再構築

今朝の北海道新聞での特集に

「川平法」という、脳神経の再構築を目指すリハビリが紹介されていました。



どういう事かと言うと、

全身を構成している細胞は新陳代謝をしていて
古くなった細胞は新しい細胞へと、代々コピーを繰り返し再生するのですが

腦細胞はほかの細胞と違い、コピーされません。
脳細胞だけは1代で終わるんです。

なので脳卒中などで、脳の働きの一部をうしなうと
その失った部分が持っていた回路が無くなり、体の機能も失われるんですね。


しかし、神経というのは、代替作用(作業?)を持っていて
ある一つの神経回路が失われた時に、今まで働いていなかった細胞が回路を開き
失われたものに変わる作業をしようとします。

その神経回路を再度構築しようとするリハビリ方法がある。と言うことです。




アロエっていうのは、体の仕組みに働きかける「栄養素」のことであって。
そもそも、あれに良い、これに良いと言うものではありません。

でも、あれやこれやの症状は、できる場所とでき方や症状によって1000以上の病名へと別れていくだけで
大元の原因は、一番初めの仕組みが、生活習慣や加齢によって狂ってくることによります。

なので、

結局はあれにもこれにも 「飲んでよかった。助かった」と言う人が現れるわけです。



この神経回路の再構築に関しても

必要な栄養素がそろっていると、とてもスムーズであることを
細胞矯正医学でも、薬剤師の先輩からも
私は随分と聞かされてきました。

そういった例も聞いてきました。

なので、私の中では常識なのですが

人に言うと、「いくらなんでも」って顔を今までされてきたわけです。(^_^;)


早すぎるのかしら私の情報☆ヽ(▽⌒) 





必要最低限の栄養素を体に入れておくことはとても大切で

アロエをずっと飲んでいる人は

何があっても、最終的に体は助けられています。



でも。最悪の事態を見ないですむ。という大きなことが
一般的には理解されにくいのですね。

まぁ仕方のないことですし、慣れました。


私が、アロエをお伝えするだけではなく
機会があればみなさんに身体の仕組みを話したいと思っているのは


身体や心の事について愚かであることは
現社会ではお金が無い事より厳しい事態を招くと知っているからです。


おりしも今朝の新聞TOP記事は

「特養待機老人 最多 2万5694人 」と言うものでした。


アロエに関わる人間には これは全く無関係で心配の無い事です。

健康の面でも心の面でも十分に育っているおばさまたちは、誰も心配していません(笑)


それどころか、
どなたもほとんど保険証を使わないので

どれだけ国保財源を助けていることか(オマケに義務なので払ってます!)

それも「国助け」とにっこり言い切る。





何が何でもアロエ!とは、私は言いません。

でも!食生活の改善には 材料の栄養価が「地べた」の今、何らかは必要なのです。

全ての野菜が無農薬で健康で国民全部に豊富に行きわたる
そんな世界があるなら、ベストでしょうけどね。




新聞にはリハビリに励む方の写真が載っていました。

食べ物も大切だよ~、写真に向かってそうつぶやく私でした^^

小樽をぶらぶら

11/6~7と小樽へ行ってきました。

うちのダンナは小樽出身ですが、実家や友達の店にしか行かないので
いまどきの小樽は二人とも何にも知りません。

そこで、少し前に購入した「HO」と言う雑誌をみながら、小樽のあちこちへ行ってみようということになりました。

そして、いつも行く友人の店で、これまた余市の友人夫婦と待ち合わせ
「飲もう」ということになっておりました。


とはいえ、ペースは崩しません。
はい。出発が11時(爆)

取ったホテルは温泉が付いていてこれが楽しみなダンナ
えっと、それじゃホテル周辺以外どこも行けないじゃん(^_^;)

ま~成り行きでなんとか・・・。と。


あちこち買い物もして小樽に着いたのが1時
まずは「HO」を見て行ってみたいって思っていたお蕎麦屋さんへ

111106_1341~01 111106_1408~01

大正時代の建物でとても素敵!!
照明も建具も、座敷もカウンターも、古さが十分に活かされています^^

けど、おそばは・・・(^_^;)

私は「更科」が好きなので、更科で冷たいたぬきを・・・
ダンナは寒さもあって「かき揚げ 田舎そば」を頼んだのですが。

先に運ばれてきた「かき揚げ田舎そば」が、私の目の前から旦那の前へ運ばれるのを見て(@_@)ビックリ!!

えっと~~~~~?ラーメンじゃないよね?ってくらいに
表面で油がタプタプいってる。ギタギタだ。

え?油?なんで????

見てると前におかれた旦那も(@_@)目が点・・・・(爆)

かき揚げは、かき揚げになってない。
全てぐずぐずで汁の中。(そういう創作そばだと言われたらそれまでだけど)


私の頼んだ「冷やしたぬき」は麺が腰があって、なかなか美味しい。

けど、淵の低い大きな器に、色んなものが乗ってて、
どうしていいのかわからない状態。
またこの状態だと徳利だろ?って思うのに、そば猪口でつゆがきてます。

どーしていいのかわからない~!!(爆)

麺と具に対してそば猪口のつゆは少ないわい!!


そんなこと思いながら、向かいの旦那を見ると。
もう私は半分くらいまで食べてるのに
まだつゆが熱いらしい。「あちちち」と言いながられんげを運んでる。

「ええ?まだつゆが熱いの?」と聞いて
はっと思い出しました。

そう、真冬のラーメンみたいに油でふたがされてたもんな~~~(^_^;)


と言うわけで、そば好きの旦那は耐えられず半分残しました。
店を出てから聞いたら

「麺がねちゃねちゃしてるわ。だしつゆは油っぽいわ。食えん!」って。

でしょーね(^_^;)

と言うことで「いろは」では
冷たい更科を余計なことしないで食べる。のが一番と思います。


んでもって、せっかく楽しみにしてたのにがっくり疲れてホテルにチェックイン。


ホテルは去年も小樽飲み会で泊まった「ドーーミーイン小樽」
安くて綺麗で細やかで大好きです☆♫°*”

111106_1617~01 111106_1430~010001

111107_0450~010001 111106_1618~02


空気清浄器や、お茶の充実さ、
ベッド狭いけど別にそこに期待しないし

温泉が付いているので部屋着兼寝間着上下があって、部屋にはシャワールームだけ。
その分広さが取れるかも。

洗面台は部屋手前にあって、その下が冷蔵庫になってる。
入口とベッドのあるところはガラスの引き戸で占めることができるので安心感抜群。

あちこち泊まり歩いている私が感激するのは
「冷蔵庫が良く冷える!!!」ってこと。(爆)
「空気清浄機が大きくて頼もしい!!」ってこと。

なんと温泉からは部屋着&スリッパでも帰ってこられる!
露天もあって気持ちのいい温泉ですよ~!
夕方は貸切!!(観光客のみなさんは出かけているから)

前回は場所良くなかったんだけど、今回は9階の角部屋で眺めも良かったのでした☆♫°*”
111106_1431~010001




でも、まだ温泉はお預けで
荷物を置いて、少し歩いてみることにしました。

日曜日なのに、やっぱ、人少ないよね(^_^;)小樽駅前。
みんなどこで遊んでるのかな~?

友人宅に寄ったり、花園通りをちょろちょろ歩いて、ホテル地下のツルハ?でビールを買って
さて温泉!

6時から飲み会だというのに(笑)
一風呂浴びて、支度しながらビール飲んで。
ふらふら歩いて 到着しました。

南風
43703087_2403411535s.jpg 544797_919858426_121small.jpg


何度か書いてますが、友人のお店。南風も「HO」の「路地裏特集」で紹介されました。
ここは^^何食べても美味しいお店です^^

10032280_1375102780s.jpg 27650438_3121013687s.jpg

大好きふ~ちゃんぷる~と沖縄焼きそば。


43703087_2757431505s.jpg

な~んにもない道路にぽつんと「南風」の灯りがあります^^


昼間はランチもやってます☆♫°*”
ロコモコ丼とかちゃんぷる~定食とか美味しいよ~!
店主である友人は病気療養中なので、奥さんと甥っ子ちゃんががんばってます^^。


うちの旦那の高校時代の同級生は昔から家族で集まっていたので。
飲み会は軽々と奥さん連中に乗っ取られます。
この日も例外は無く(爆)

南風の妻&余市小杉モータース妻&ワタクシの
とっても楽しい女子会となりました!!(旦那2名は圧倒され飲むしかなく挙句に居眠り)


で、早くから飲んでたので11時過ぎに解散。
服を着たままベッドに倒れ込んだダンナをそのままに
冷えたビールを取りだして、さみしい灯りの小樽駅見ながらくつろいでいました。

翌日ですが。

このホテルは朝食ビュッフェも「海鮮丼や海鮮やき」で有名なのですが。
朝からそんなに食えんし・・・と言う我が家は今回もパス!

6時には起きてしまった私はホテル階下のミスドで2個ドーナツを買って
ダンナが起きるの待ってましたが
起きないっ!!!

結局わたしだけ、銀行息がてらぶらぶらして戻り
11時にチェックアウト

さすがにお腹がすきました!!
「HO」を取り出し。
折り目を付けて置いた店までぶらぶら二人で歩いていきました。

今度こそ!!って。

・・・・・・・・・・・・・玉砕!!

ええ、すみませんね!!!選んだ私が悪かったデゴザイマス!!
地元の人が集う店っていうから行ってみて
店のたたずまいもいかにも昔の食堂兼飲み屋(小上がりにテーブル)

期待した海鮮丼は。
豪華に見えましたが・・・すべて冷凍もの(ノ`⌒´)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

水っぽいマグロに、ネチャッとしたボタンエビ、
水っぽいサーモンに、ネチャッとしたイカ、そして固いガリ


悲しい顔の私に、ほらな?って顔の旦那(旦那はここは嫌だなぁ~って言ったので)
あ~あ、あんかけ焼きそばにすればよかった(T^T)



てなわけで、また小樽、リベンジに行きますわ☆♫°*”

日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

・【大阪】ホテルビスタグランデ大阪

大阪はキタエリアしか泊まったことがなく、
今回初めての「ミナミ」

いっや~ワイルドでした!

そしてどうしていいかわかりません(^_^;)


ホテルはとってもCPが良く
この部屋でこの金額?!
ホテル・接客・部屋自体については褒めることばかりです。

しかし・・。場所は宗右衛門町

夜通し聞こえる、客引きが手をはたく音。(←ホント)
午前中まで続く客の見送りの度の歓声(朝5時くらいが一番多い)
朝4時から5時過ぎまで続く怒鳴り声(男女の喧嘩)
*テレビを付けたり、おしゃべりしてたら聞こえないいと思います。
 私は一人だった上にテレビ付けないので余計聞こえたと思います。
 防音にはかなり気を使っていると思われます。

通りすべてに並ぶ客引き(T^T)
どうみてもおばさんなのに「どこいくの?」「一人なの?」としばらくついて歩かれて、
腹立つやら恐いやら。

午前中に出かけようとしてもそこはまだ、前夜の続きでしかなく
酔っ払いだらけ。
聞こえるのはスペイン語、韓国語、カタコト日本語。

もちろん気にしすぎと言われたらそこまでだけど
駅⇔ホテルを歩くのに、エネルギー消耗が激しいのです。

古いですけど
ブレードランナーの世界に迷い込んだみたい。

恐いというより、その気持ちの悪いエネルギーの渦になじめない。
*でも、正直、いい経験ではありました。見て見るもんだと思わせてもらったから。


ホテルの敷地にたどり着くと「オアシス!!」って思えます(笑)


部屋は良いんですよ~~~部屋は~~~!!

綺麗だし、おしゃれだし、清潔だし、明るくて言うことありません!!

まずバスルーム 広めで、白くて美しいですね~。
右から左へパンしてみます。

PA270054.jpg PA270051 (2) PA270047 (596x800)

浴槽とベッドの間に「窓」が・・・、これは採光の為と思われます。
もちろん、ブラインド装備ですので複数名のときは閉められます。

特に気に入ったのは「シャワーヘッド」
こんなたっぷりの湯量のシャワーはお目にかかったことありません。

我が家にも欲しい!!と惚れてしまいました。


部屋全体 いろいろ邪魔なものがあってごめんなさい(^_^;)

PA270067.jpg PA270062_20111104095546.jpg

PA270055.jpgPA270069.jpg


奥の一人掛けチェアもすわり心地が良かったです。
ベッドの方から見た浴室窓もこんな感じ
クローゼットも完備。

仕事用にできる机は広くてアームライト付きでこれが非常にうれしかったです。
デスクチェアもリクライニングできて最高です!
今までにこんなに素敵なビジネスコーナーのある部屋に泊まったことないです~!


多分、立地のせい(おかげ?)だと思いますが
20㎡ ダブルルーム シングルユース 平日としても
一泊7000円は安すぎでしょうね~。

食べたり飲んだりを楽しみ
大阪を満喫するなら、場所的には最高だと思います。

1階のレストランも宿泊当日はテラス席を作って貸切パーティーが催されていました。
*レストラン側の敷地は大きくとっています。敷地内に客引きがはいることはありません。

ロビーも広く、エレベーターは夕刻過ぎると、ルームキーであるカードを差し込まないと動きませんので
安全性も高いと思います。

ホテル内は守られている感があって安心できます。


次回は無いと思った、外の様子でしたけど。
時間が経つほど・・・次回もありかも~と思ってしまうわたしでした。

ホテルビスタグランデ大阪
http://www.hotel-vista.jp/osaka/


大阪は3泊だったのですが、3連泊がどうしても取れず
最終日ホテル移動しました。

「ホテルイルクオーレなんば」 
広さはあったものの、殺風景でさみしい部屋でした。

大阪マラソン前日&土曜日だったので9000円
仕方ないですよね~!
9000円の割には広かったと(笑)

PA290097.jpg PA290100.jpg PA290101.jpg

広いのにクローゼットは「すきま」
何の飾りもありません。
一人掛けソファーは良かったです^^

PA290098.jpg PA290099.jpg

あっちへこっちへ言うことを聞かないシャワーヘッド(^_^;)
狭いバスルーム&狭い化粧台。

一人なんだから十分と言えば十分ですが。


「ビスタグランデへ帰りたい」と思ってしまいました。(笑)


あ!でも翌日は部屋からも大阪マラソンがばっちり見えました^^

10年

11月になりましたね^^。

私は今月が誕生月で、嬉しい事に又一つ年を取らせていただきます。

初めてアロエが届いたのは10年前の誕生日当日なので
この誕生日で、アロエを飲んで丸10年になるわけです^^。

若いとき私が心にとめた言葉に
「一つの事に5年間まじめに取り組んだら、どんな人でもその分野ではひとかどの人間になる」と言うものがありました。

40歳になった時「自分はその「5年」という括りをいくつ、何もせずに通り越してきてしまったんだろうか?」と悲しく思いました。


確かに、日々いろんなことが起こり、忙しく過ぎ、自分の事も家族の事も一緒くたで・・・
仕方なかったと言えば仕方なかった。と自分を慰めても、むなしさは残りました。

でも、そのむなしさを60歳になっても感じることだけは嫌だと思いました。

50歳60歳の自分は
「一生懸命何かに取り組んだ5年間」を最低1個は持っていたい。

そう思って、一銭もないのに(爆)大学へ行き
「なによ4年間の学費と言っても、ベンツ一台買えない金額じゃないの!」と、強がり
4年間を学業とバイトに明け暮れました(笑)

そして1年生の時に出会ったフォーエバーの仕事に取組み10年間。
今日までの時間を過ごしてきたのです。

どちらも私の生活に関して
何の保証もくれるものではありませんでした。

だから本気で取り組めたのだと思います。

この10年がただ忙しさに流される10年ではなかったことを今ほど感謝することはありません。


その時私がもし赤ちゃんを産んでいたらもう小学4年生です。(爆)

10年とはそういう年月なんだなと改めて感慨深く感謝しています。


私はこの人生では子供は持てませんでしたが、
グループの皆さんと一緒にいると、「親」になった気分になります。

「ああしてみたら、こうしてみたら」と口を出し
「それじゃなくてこれはどう?」と手を出す。

それは決していい親ではありませんよね?(^_^;)

親と言う漢字は「木のそばで立ってみている」と書きます。
そうありたいと思いつつ、歩んできた10年でした。

私は皆さんが居てくれたからこの10年
育とう育とうとしてきました。

皆さんが居なければ私はここまで来られませんでした。

本当に感謝しています。


色んなことにぶち当たり頭を抱えたことがありました。
それでも前にと歩んでこられたのも、

助けを求めればいつも自分の事のように考えてくれた歴代のUPたち、
ちなっちゃんや、ゆきちゃん、しのちゃん、静重さんのおかげですし、

いつも、私を励ましてくれるグループのみなさんのおかげでした。


心から感謝しています。


メンバーのみなさんも、これからいろんな体験を経てTOPリーダーへと育っていくことでしょう。

大切なことは感謝と笑顔です^^

一緒に楽しんでいきましょうね!!

日々の話し | Comments (6) | Trackbacks (-)

「感謝してます。いい滝があって、ツイてます」

斉藤一人さんの心に響く言葉より…


「会社がつまらないんです」

「上司が嫌なヤツなんです」

とかいってる人もいると思う。


あのね、自分の上役ぐらいコロっとやっつけなきゃダメだよ。

殴るとか、そういうことじゃないよ(笑)。


上司がホレボレするようなことをして、相手の魂をマイッタさせちゃうの。

どういうことですかっていうと、精神修養するために、滝に打たれ山の中へ行ったりする人がいるでしょ。

あれ、高いところから水が落っこちてくると、とんでもない、棒でハタかれたぐらい痛いの。

痛いは、冷たいは…。


それと同じで、会社には滝がないんだけど、その代わりに“ウルセー課長”がいてくれたりとか(笑)。

そういうものなの。

だから、

「今日も滝にでも打たれに行くか」

ぐらいのつもりで、会社へ出かけてって、上司から小言を散々いわれたら、

「ありがとうございます」

と返す。

これが魅力なの。

このひと言で、上司がコロっとまいっちゃう。

「感謝してます。いい滝があって、ツイてます」

とか、いってる自分も笑っちゃって、聞いてる向こうも笑っちゃわなきゃダメなの。

笑ったヤツの勝ちなの、人生って。


だから、課長に会いに行く、じゃないの。

ナントカ課長の滝とか、名前つけちゃわないとね(笑)。

そうすれば、たいがいのことは平気なの。

『心が千分の一だけ軽くなる話』角川書店


日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered