Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年06月
ARCHIVE ≫ 2012年06月
      

≪ 前月 |  2012年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

人生を希望に変えるクマとヘラジカとビーバーの絵本

昨日は質問家:マツダミヒロさん主催の
日本全国開催「しつもん仕事術」読書会が行われました。

 ⇐ 内容・書評はクリックでamazonへ


この本を使って、グループで質問を作り質問に答えることで
思いもかけない自分の考えや感じ方が引き出せる。
同じ質問で千差万別なみなさんの答えに「違い」があることを確認する

とても、楽しい読書会でした^^。

日本全国で「魔法の質問インストラクターの方が
6月29日各地で一斉に行った、という形です(*^-^)

「魔法の質問」HP http://www.mahoq.jp/


私はお友達のNさんと、そのお友達のSさんの朝晩2回。
参加させていただきました(*^-^)ダブルヘッダーです。

同じ内容なのに2回?と思われるでしょうが
参加する方が違うとまたまた気づきも深くなり。

どちらも楽しかったのです^^


夜の部の最後で、ファシリテーターのSさんが
絵本の読み聞かせをしてくださいました。

「せかせかビーバーさん」
ん~(^_^;)私は身につまされました(笑)
他の方の感想もまたそれぞれで新鮮!

とても素敵な話で感激しました^^

それで、シリーズだというので調べてみました。

↓ それぞれ表紙絵をクリックするとamazonへ飛びます


森に、せかせかビーバーさんがいました。いそがしくて、いっつもせかせか。森のなかまたちにめいわくをかけてもせかせかビーバーさんはきがつきません。いそがしすぎてかんがえるじかんもないからです。ところがある日…。せかせかビーバーさんがどのようにして「せかせか」から「ゆったり」になれたのか。カナダの大自然のなか、「ハグくまさん」、「うまれかわったヘラジカさん」につづいて、3冊目はビーバーさんが主役。ハグくまさんやヘラジカさんも登場します。

森に、ちょっとふしぎなくまがいました。だれかに会うと、いつも抱きしめてしまう、ハグくまさんです。なかでも大好きなのは、森の木を抱きしめること。大きな木も、ちっちゃい木も。ある日のこと、オノを持った人間の男がやってきて…森の木を!大自然に育まれたどうぶつたちが、生きることのすばらしさをユーモラスに伝えてくれる物語。

森に、ちょっとふしぎなヘラジカさんがいました。友だちが水たまりで、飛びはねてあそんでいても、ヘラジカさんはあそびません。ぬれるのがきらいだったから。いっつも、こんな調子です。「ぼくってほんとにこのままでいいのかな?」ヘラジカさんは、思いきってヨットで旅に出ることに…。大自然に育まれたどうぶつたちが、生きることのすばらしさをユーモラスに伝えてくれるシリーズ。



どうでしょうか^^?

どれも読んでみたい~!と思いませんか^^?

子どもにも良いでしょうけど。

大人にもはもっといいかも(笑)


早速、今日は立ち読みに行ってこようと思いますヾ(〃^∇^)ノ


スポンサーサイト
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

富良野の空

天気も良く、北海道では各地で夏日を記録した昨日
富良野と上富良野へ行ってきました。

暑さの為か空気がぼんやりとしてて
山々がはっきり見えなくてそれが残念でしたけど。

富良野って本当に不思議な地形だなぁ~と、思いながら
その恩恵を楽しんできました(*^-^)。

208923_451994124835599_1540596237_n.jpg P6280194.jpg

P6280197.jpg P6280203.jpg

P6280206.jpg P6280213.jpg

P6280218.jpg⇐富良野ワイン工場 横の丘



総勢16名。

町内会の婦人部の部長をやってまして(^_^;)
そのバス旅行でした。

企画段階から悩み(笑)
色々と準備も大変でしたけど、
近所の方にも助けていただき
やっと、大役を果たしました。

お昼ご飯は
上富良野の「つた家」さん。

団体用の食事は避けたいと思っていましたので
本当に助かりました!

とてもリーズナブルで美味しく
何より皆さんに喜んでいただけました^^

心遣いと味に感激したので食べログUP。
気になる方はこちらからどうぞ
→ http://r.tabelog.com/hokkaido/A0104/A010403/1010289/dtlrvwlst/4274662/


残念なことに私たちの行ったフラワーランドかみふらのでは
ラベンダーはまだまだこれからと言う感じでした。

う~ん、花の種類も今一つ・・(^_^;)


他がわからないので何とも・・と思いますが、
施設などは海外の団体向けな感じがしました。

お友達がつい最近 ファーム富田の写真をUPしてたのを見たら
やっぱりそっちに行けばよかった・・(^_^;)

行程で難しいかな?と思ったのが敗因だったかもです。


でも、ラベンダーが満開になったとたんに
交通量も倍増するので、

この時期にしたのですから
文句は言えないいですね(笑)


バスの移動時間も長かったのですが
みなさんおしゃべりも楽しまれた様子です。

不慣れな私の引率にも
沢山の労いをいただいて感謝です。


はぁ~、ともかく良かった(T^T)無事終わって。。。

今度はゆっくりのんびり、回ってみたいって思いました。

やっぱりいいところですね~!!富良野!

こうして写真を見て空の広さを思い出しました。


日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

須藤元気"WORLD ORDER"

角を曲がったとたんに彼らに出くわしたい。

という夢を持つ私。(*^-^)




2年ほど前からこのパフォーマンスで世界を湧かしてくれた須藤元気さん。


消費税やら再稼働やら

気持ちの萎えるニュース。

そんなのスイッチオフして、

前にススメ!日本!!って思わせてもらえます。



そういえば須藤さんとバシャールとの対談集もまだ読んでなかったけれど。

バシャール スドウゲンキ

改めて探してみようと☆♫°*”


素敵なニュース・楽しいニュースにフォーカスすること。

それが地球の生きる道♡


さて、今日はこれから富良野へ!お花畑ツアーです☆♫°*”

写真撮ってきますね♡

日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

アナログ

え?なんでだろう?(@_@) って、びっくりしました。

昨日のこのブログのアクセス数ですが、ここ1週間くらいは100の辺りだったのです。
今までで一番多いアクセスも160くらいです。

なのに、それが・・昨日は「222」
222は「天使」の数字で、天使が現れたってことです^^。

ということは、やっぱり中華粥屋やった方がいいのですね^^。


読んでくださったみなさんにも
本当にありがとうございます。
感謝しまくっております。<(_ _ )>



さて、最近私は自分の仕事の中での
情報のアウトプットについて考えています。

以前にも書いたことがあったかもと思うのですが、

数年前まではネットと言えば「パソコン」だったので、
資料などは文書化して添付すれば便利で早く届けることが出来ました。

所が今は
「パソコン」をあまり開かない。
もしくは「パソコン」を必要だと感じない。

スマフォがあるのでそれで足りる、足りさせる。


そこで起きるのが、

一度読んで終わり。
添付資料も開けなくてもまあいいか。

・・・・という状況です。

それで、情報・資料・連絡用として
パスワードブログを用意して、
更新をメールなどでもお知らせしていますが
これも、そう役立ってはいない様子なのです。
*アクセス数を見ればわかります。

・ケータイで閲覧ができない。
・読んだり読まなかったり。
・文字数多くて嫌になる


本人の心持ちが肝心とはいえ

私に責任があります。
読む人の環境を十分に考えていないのでしょう。


大体の人が「メール」環境であることを考えたら
ブログにリンクを貼ったとしても、

ケータイメール画面、
スマフォ画面通して
文字数多いの嫌になっちゃいますよね^_^;

私は小さな画面では、全体を把握できないので歯がゆく
ほとんどPCからチェックするのですが、

これは皆さんにも同じなのではないだろうか?と考えました。

(とはいえ、仕事ととらえている人なら読んでますよね?もちろん( ̄ー☆キラーン)


メールを受け取ってくれる人
ブログを閲覧してくださっている人

には、

・パソコン派(+スマフォorケータイ
・ケータイのみ
・スマフォのみ

がいらっしゃって、それぞれの機能も違います。



これでも本当に、ず~っと悩みに悩んでるんですよ~^_^;

みんなをいっぺんに考えるから大変なのかもしれませんね。

とはいえ、お知らせしたいことは大切な事ばかりなのです。


もう。こうなったら

アナログ


DSC_0774_20120626084712.jpg


字も絵も下手だというのに(´∩`。)




どう?ワイルドでしょ~?!


と言うことで、しばらくアナログ路線を楽しんでみようと思っています☆ヽ(▽⌒) 



日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

企画中 中華粥や

DSC_0048_20120402170401.jpg ss-PB151031.jpg

「お粥やさん」って最近多いですよね^^

私が横浜に住んでいた頃、お粥と言えば中華街の「謝甜記」でしたが、
当時はお粥のためにわざわざ出向くことはありませんでした。

それでも2、3度行ったかな?と思います。


それが今のように、お友達が来るたびに中華粥を作るようになったきっかけは「神戸」

今から5年前の2007年9月
神戸のお友達のおうちで仕事の勉強会を開いたときに
そこのお友達が取り寄せてくれたのでした。

お粥で有名なその店は出前はしないけど
持ち帰りはOKだったそうで

容器を持ち込んで、お粥を入れてもらって
それを家で盛って・・・。って、

えええ?でした。

札幌では考えられない食文化に圧倒され(笑)

そしてまたそのお粥の美味しかったこと!!


どうしてもまた食べたいけれど、
札幌でこの中華粥はたぶん無理。

何とか自分で作れないか?(爆)
ネットの検索を駆使して、自分なりに工夫して作って食べたら
その、美味しかったこと~~!

調子に乗って友人みんなに食べさせまくり、
皆さんから絶賛していただきました^^

563863_377107842324228_84866467_n.jpg 544797_29466885_247large.jpg



で、自分は行けないので、
当時無職だったダンナを修行に行かせて
札幌で中華粥屋をやろうか?と考えるほど^_^;
中華粥に夢中になってしまったのでした(笑)。

結構まじめに考えていて、
何が必要か考えたら、一番は「時間」^_^;

それで、あえなく企画書段階で終わったのでした(爆)



今では
ガラスープor貝柱スープor両方合わせスープで、
自在に作れるようになりました。

スープを摂る時間が無いときは、顆粒スープを使います(こだわらない・笑)

鍋と火口の相性もわかり、吹きこぼさなくなりましたし
時間も昔ほどかかりません。

元々私が人生で一番苦にならないことが
「料理を作ること」です。

どんな状態でも(自分が食べたいと思えば)作ることをイトワナイのです^_^;



私の中華粥の一番の特徴は
ジャスミンライスを使うところ。

ジャスミンライスとはタイの「香り米」のことで、
その稲はもみ殻が特別白くまるでジャスミンの花のようなので
ジャスミンライスとも呼ばれると聞きました。

なのでジャスミンの香りはしません(笑)

でも「香り米」と言うくらいですからね^^

炊いているときに部屋中に広がる何とも言えない甘い香り。
この「香ばしく甘い米の香り」はこのお米しか出しません。


もし、私が中華粥屋をやるなら
この香りも一緒に味わっていただきたい。

そう思っていて(笑)

絶対。ジャスミンライスしか使いません。

ええ、高いですけどね。ジャスミンライス。
それでも食べたいって方に食べてもらいたいのです^^

美味しい中国茶と、デザートはタピオカココナツ(簡単だから)
香菜は欲しい人に自分で摘んでもらうようにしよう。とか(笑)

儲けが出るほどの量は作りませんので、
一週間に2日くらい
看板も出さずにそっとやりたい(笑)。とか

企画が膨らみます^_^;

で、とりあえず、食品衛生責任者だけでもとっておこうかなぁ~と考えています^^。



その前に実現する夢がありますからね~^^。

それを実現してから

「中華粥屋 茉莉花(ジャスミン)」オープンです^^

日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

まさよ

突然ですが

椿鬼奴さんの本名って知ってます?

「宮崎 雅代(まさよ)」っていうんです。




私の名前は眞世とかいて「まさよ」と読みます。

ハンドルにmayoをつかっているので
今では「まよ」の方が呼ばれ方としては多いのですが。


お経を読んだりしていると
熱心な浄土真宗の檀家さんだった祖母が
経本からとった、というのが良くわかります(笑)

だから今は好きですけどね^^


若いころは「まさよ」と言う響きが地味で、
あまり好きではなかったこともあって
本名「まさよ」と言う人に少し反応します。^_^;


本名が「まさよ」と言う名前の人が、どんな芸名・ペンネームを使っているか・・・
そこには絶対に憧れが入ってるはず。(笑)って。


例えば、もう亡くなりましたが

作家の森瑤子さん (伊藤雅代)

昔、宝塚の榛名由梨さん (山下 正代)

とかね^^。

宝塚は名前に関しては別件かもしれませんが^_^;


ちなみに 涼風真世さんは本名が 森永佳奈女。

全然イメージが違うと思いません?
名前の持つ印象って大きいよなぁ~と改めておもうのですが、

みなさんはどうでしょうか^^
自分の名前は好きですか(笑)?


蛇足ではありますが、

我が家の姉弟は皆
私の名前もそうですが
漢字そのままでは読めない名前になっています。

2番目は特に、ほとんど絶対いない名前をもってます(笑)

一生懸命考えてくれたおばちゃんに感謝します^^

日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

海外に結婚祝い

う~ん、なんやかやと動いていたら1日はあっという間ですね^_^;

昨日はとうとうブログが書けませんでした~。
自分でショック^_^;

今日はこれから叔母の家へ。


叔母は84歳ですが、
7月に孫の結婚式でアメリカに行くことになり

いざとなれば気丈な叔母なので大丈夫かとは思いますが、
今日はお祝いと激励に出向きます(*^-^)


孫のえみちゃんは、私も仲が良くて、
ぜひお祝いをしたいと考えていましたが。。。

「お祝い」を包みたくても
いくら言っても多分お返しが来ると思うのです。

かといって下手なプレゼントだと嵩張るので
持って行くのに面倒をかけてしまいます。


やっぱりお金が一番嵩張らない~~~。
でも、どうしよう~(T^T)

昨日から悩んでいました~。



今朝、良い事思い出しました!!

持つべきものはFBフレンドさん☆ヽ(▽⌒) 

FBフレンドさんは漆器屋さんで
そこでは漆器のUSBメモリーがあったわよね?!

桐箱に入っても嵩張らない!!!!!

u.jpg

オマケにウエディングパーティーの写真入れて置けるじゃないの~~~!!

山家漆器店 
漆芸USBメモリー http://yamaga-shikki.ocnk.net/product-list/66


これに、夫婦箸も一緒に頼んで完了です^^。


良かった(*^-^)。



若いころ、日本とアメリカ、
どっちにアイデンティティがあるのか
分らないといっていたっけね。

大人になってからは、
アメリカの方が住みやすいといったえみちゃん。

大好きなおばあちゃんは、まだまだ元気に
えみちゃんのBabyを楽しみに待てると思うよ^^。


大好きな彼と幸せに歩んでくださいね♡


日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

カウアイ島が教えてくれた虹色の夢

お仕事でいろんな方に出会います。


夢はありますか?と聞くと、

すぐに答えてくださる方もいれば

いくら唸って真剣に考えても出てこない人もいます。



お子様を持つお母さんだった場合、

夢をお聞きすると

子どものことであったり、家庭のことであったり。

「自分」はそこにいないことが多いです。



もう一度聞いてみます。

「あなた自身の夢は?」って。

そうすると、みんな「ふっ」と、不思議な表情になります。

「あったけど・・・」って。



質問を変えて見ます。

「子供の時や若い時の夢ってありますか?」

すると、皆、今度は

思い出し笑いをするような顔になります。



私は仕事を通してみなさんに

自分の夢を叶えてほしいといつも願っています。

それはどうしてか?と言えば、

それが世界中の人が幸せになるキーポイントであるからなんです。


そう言うことについて書いてある本も沢山ありますし、

いつも会えるならいつもそんな話をすることが出来るけれど

なにかもっと、その方たちが手に取りやすいものが無いかしら?


実はここ一年そんなことを考えていて、探していました。

でもなかなかうまく見つかりません。

それで、3月頃、

潜在意識にお願いすることにしました。

「頂戴」・・・と(笑)



そんなお願いを建てて

3週間くらい前ですが。

瞑想をしていた私は窓べに立つ白い妖精を見ました。


1m位のその妖精は、カラフルな泡のようなオーブをたくさんまとっていて、

私はその瞬間になぜか、「ああ、naokaさんだ。」と思いました。

naokaさんってやっぱり妖精だったんだ、綺麗~!と思うと同時に、

そのカラフルなオーブはふわっと妖精を離れて私を包み込みました。

夢のような一瞬でした。



naokaさん、とは、カウアイ島にお住まいでヒーリングをお仕事にされている方なのですが、

私は数名のお友達を介してnaokaさんと知り合い。

7年くらい前にnaokaさんがファシリテートした札幌でのセッションのお手伝いをさせていただきました。

当時、私はお友達のセッションやスピリチュアルイベント、
コンサートなどを友人たちと主宰させていただいので、そのご縁をいただいたのですが、


とにかく、その当時から(素敵な意味)で人間離れしてらっしゃったのです^^。


ここ数年は、
webでもあまりやり取りをしていなかったのですが

時たまMIXIに現れるnaokaさんは
そのたびに、
目を見張るほど「神聖な愛」を発光していました。


そんな経緯もあって、

妖精を瞬時にnaokaさんだと思ったことに何か意味があるのだろうと思いましたが、

そのことをわざわざメッセージするのもなんだかいきなりだし・・・と、

思って悩んでいた矢先に。



naokaさんがmxiのつぶやきでご自分の書いた「e-book」をプレゼントします。と、書かれていました。


早速、メールをしてお願いしました。

そして、先日妖精の姿のnaokaさんに会ったことを伝える機会を
まんまといただいたのでした(*^-^)



e-bookが届き読んでみたら

私が伝えたかったのはこういう事!という、そのままの素敵な内容でした。

「潜在意識への私の願いが叶ったんだ!」と、すぐにわかったのです^^。

早速お友達たちに送らせてもらいました。

naoka.jpg


私があの時妖精姿のnaokaさんを見なければ
このe-bookも手に入らなかったかもしれません。


本の話し | Comments (1) | Trackbacks (-)

家で雨を楽しむ自由。

フルタイムでデパートで働いていた頃からずっと願っていたこと。

それは・・・

「雨の日は雨を楽しみながら静かに一人で家に居たい。」

と言う事でした。(笑)

つまりは自分の都合や理由や気持ちで時間を自由にしたいという事。


簡単な事に思えますが、

その当時は果てしなく難しい事でした。


なので、休みを取ってバリ島へ行くときは至福でした^^。

ずっとずっとこの生活が続かないものかしら?

そう思いました。


そう思うと同時に、

人生の後半を予測してみると

どうも・・ずっと働かなくちゃならなさそうでした。

嫌いな仕事ではなかったですが、

それだけは勘弁してほしいと思いました。



だから願ってみたんです。

家にいられて、人生を意味あるものにできるお仕事をして収入を得て

好きな時に好きにしていたい。

特に雨の日は家にいて、雨の音を聞きながら幸せな思いをしたい。



おかげ様で。今。

雨の朝のなんと単純に幸せな事か。

バリ島に行かなくても幸せ(笑)


そしてもちろん晴れの日も幸せ。



若い頃は他にもいろんなことを願っていたと思います。

例えば、

対価じゃなくても皆さんに喜んでもらえることがしたい。

誰かの役に立ちたい。

飛行機に乗って出張とかをしてみたい(笑)


と、それらがもうすでに叶っていることを思うと、じいわじわと嬉しいわけです。


ああ、幸せ。*.゚☆(*゚▽゚)/°


思えば、私が願いを叶えてきたことには

沢山のリスクがありました。

リスクは「恐い」と言う感覚がするのですぐにわかります(笑)


人生のハシゴを外したような感覚。

それでもそのハシゴと言う保険を外せたのは

私の「そうなりたい」という願いが強かったせいかな?と思います。


移りたいハシゴが

遠くても近くても

見えていても見えていなくても

願ってみるべきです^^。

数ミリでもこちらへ・・・ってね(笑)



その上で、いざというときにはジャンプするんです。

それでどうなったとしても

「ジャンプこそが成功」なのですから^^。


今はさらなるジャンプを試みている最中(爆)

空中をもがきながら移動中ですよ~☆♫°*”

最高に楽しいです☆ヽ(▽⌒) 



え?波??

そんなものは、人生にお約束されたものです^^

身体も心も全て、宇宙のリズムの上にあります。

全てはそれでヨシなのです^^



魔法の箱からすごいことが・・^_^;

6月9日&10日に

「魔法の箱」と言うタイトルの記事を上げました。

その中で、私がバリ島を好きになって、調べていて
お邪魔するようになったバリ島系HPがあって、
そこに出会ったので、私の人生も変わった。と書いたのですが。


それを書いて思い出そうとしていたのが管理人さんの名前。
なんだったっけなんだったっけ?
ようやっと出てきた名前が「なってぃむらむら」でした。

そうだ、ゆってぃじゃなくて「なってぃ」だった!

懐かしい名前を10年以上ぶりに思い出し。

「なってぃむらむら」で毎日しゃべってた
ちゃー、さくちゃん、どるくん、ちなっちゃん
みんなの事が芋づる式に思い出されました。

どうしてるのかな~。
もう会うこともないんだろうなぁ~。


なんて、思ってて

それから4日目の今日。

とんでもないことが起きました^_^;



まずLineをたどって、ちゃーがメッセージをくれました。

1年ぶりです☆ヽ(▽⌒) 

で、久しぶりだね~なんて話していたら。

FBやってる?と聞かれ。

やってるよん☆♫°*”と答え。


そしたら「なってぃ」とフレンドになってる?
「さくらもFBにいるよ」って^_^;


私は4日前に10年以上ぶりに「なってぃむらむら」を思い出し。
そのことを、ブログに初めて書いたところで^_^;


きっともう一生話すこともないんだろうなぁ~。と思っていた。

なってぃと、さくちゃんと。

今FBチャットで多分12年ぶりくらいにしゃべってしまったのでした。


思わずちゃーは私のブログを読んだの?って思いましたが
そうじゃなかったみたいで^_^;

ちゃーのアンテナ感度は最高です!!





ということで、

PCは本当に私にとって「魔法の箱」で、

インターネットは私にとって「素晴らしい宇宙」だということを

(喜んで)証明してくれました(*^-^)

すごいわ~やっぱり(*^-^)頼りにしてます!!⇐pcとwebに言ってるらしい。

ありがたいことです^^。感謝。



30回目の結婚記念日。

めでたい!

我が家は今日30回目の結婚記念日を、何げなく迎えました(笑)

夕食は普段と変わらない予定^_^;

それにしても・・・
本当に良くここまで持ったものだと思います!(爆)

途中、本気で危ない時がありましたが、

「それが功を奏した。」

というのが私の感想です^^。

結婚するときの

「ダメだったらやめたらいいんだから」という、気楽さも良かったかもしれません^^。


直面していた時はつらかったあれやこれやも。

ああ、あれは結果良かったんだなぁ。と、今では感謝しかないですね^^。


私の名言に「夫婦はお互い荒い砥石」というのがあって(爆)

いい感じに磨けてきた、お互いの30年間の作業をねぎらいたいです。


そして主人のお友達たちも
私のお友達たちも、みんながいつも一緒にいてくれて
話を聞いてくれて、

親も兄弟にも、みんなに助けてもらって^^ここまで来たんだなって思います。

なんせかんせ、みなさんが
どんな時もすばらしい「離婚抑止力」として働いてくれました。

感謝しています。



ここまで来たから見えたもの、わかったことに感謝。

特別盛り上がりのない今日一日ですが、

自分を誉めるために自分に一曲プレゼントです(爆)






日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

魔法の箱2

魔法の箱1から続いてます。
魔法の箱1⇒ http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-661.html


今は旅行なら、フォートラベルとか、いろんな旅行サイトがありますし、
何かについて調べるなら、質問サイトなどもありますが

当時は、MIXIなどのSNSもまだなく・・・^_^;

まとまった情報のサイトが少なかったので
「ネットをうろついて、必要な情報を集める」のが常でした。

それが、う~ん13年くらい前になるのかな?



当時、バリ島については
リンクサイト「日本一バリ島」が一番大きかったのかな?
手作り感にあふれる巨大な(他にないから)サイトでした。

そんな中で、そのナッティのHPに行きついていた私。

そこにいる女の子たちは、みな神奈川在住で
横浜帰りだった私にはなじみの話も多かったのだと思います。

この中には今でも連絡が取れるのは2名。

そのうちの一人は
私に精神世界の入り口を教え、
なんと、アロエの仕事まで手渡したTちゃん。

そして「日本一バリ」では、
親分とも呼ぶ「M ねぇ」に出会い。
バリ島でも日本でもお互いに行ったり来たりして、
家族ぐるみの付き合いをさせてもらっています。

また、北海道のとあるバリ系サイトのオフ会で出会った二人の友人とも
気があって、かれこれ・・・8年?
今でもぴったりと、お付き合いさせてもらってます^^。


考えたら・・・
バリ島が、インターネットを呼び込み
インターネットが私に引き寄せてくれた友人や物事、そして「仕事」(爆)を思うと

その、すごさって・・・、と絶句してしまいます^_^;


バリ島にハマった私は自分でもそれを発信したくなって
「PARAISO」というHPを始めました。

それも13年ほど前?

ホームページビルダーを使いましたが
掲示板・日記ページ・チャットルームなど
借り集めて運営する方法でした。

写真1つアップするのも大変だったけれど
みなさんとのやり取りはとても楽しかったです。

で、最初はバリ島系HPだったのが、
バシャールにもはまって精神世界へ行ったので

話しはどんどんと怪しい方へ(笑)
リアルでもいろんな方と知り合っていきます。

そして、あるワンデーセミナーに参加して
又、人生は変わっていきました。

そうだ!私大学行きたかったんだ!と言うことを思い出したのです。

ここでもインターネットが大活躍。
願書を取り寄せ、情報を集める。

それまでにできなかった動きができるようになったのです^^。

そうこうしているうちに、Toshiさんと知り合って
そのコンサートの主催や、
スピ系イベントの主催も仲間たちとやるようになっていき。


結局私はインターネットを始めたおかげで

気構えなく付きあえて、
きっと生涯付き合えるなぁと思うお友達と、
たくさんたくさん出会いました。

それまでのお友達の数をはるかに超えて、です。

また、HPを運営して、たくさんのやり取りの中で
人にはそれぞれ「考えの違い」「感じ方の違い」があることを
リアルに体験させてもらいました。

その後、MIXIが開設され参加、
ブログが流行り出して、自分でもいくつか作り、
twitterに参加して(参加しただけ^_^;)
facebookを始めて、また、たくさんのお友達ができました。



インターネットがあったおかげで
私は今ここにいます。

インターネットがあったおかげで
心が通うたくさんのお友達に出会えました。

インターネットがあったおかげで
生涯の仕事にも出会いました。


「ネット社会」と言う言葉にはいろんな良くない意味もあるように言われますが


私が初めて、世界につながったあの日から

私にとって、パソコンはずっと「魔法の箱」であり^^、
インターネットはずっと「素晴らしい宇宙」のままです^^

そのことを考えると

神様に感謝したい!!

と、いつもいつも、心から思うんです(*^-^)。


魔法の箱1

私が初めて手に入れたPCは、
弟の友人の使っていた中古の分厚いノートパソコンでした。
もう、17年くらい前だと思います。

ワープロが欲しいわ~と思ってた当時は
キーボードを叩くだけでなんだかうれしくて満足していました。
*実はこの時小説を一本書き上げました(爆)今、恥ずかしさと共に思い出しました。
 どこかに応募はしました。もちろん世には出ていないです^_^;
 体裁も含め、最後まで書き上げるというのがどういう作業か一度だけわかりました。

でも、インターネットにつなぐメリットなどは全く理解できませんでした。

当時はADSL?NTTの回線につないでプロバイダーと契約してとかが億劫で
その億劫さを乗り越えるほどの必要性は感じていなかったのです。


ところが、バリ島に行って、もっとバリ島の情報が欲しいと思い

せっかくこれはPCなんだから。。。
と、億劫さを乗り越えたのです(笑)

そして、インターネットにつながった瞬間。
「世界」が我が家に訪れました。

・・・すごい!こんな小さなものが世界中に繋がっている!
・・・これは魔法の箱だ!!世の中はすごいことになってる!!

と、思いました。

壁に閉ざされていて見えなかった宇宙が
ある日壁の崩落と共に出現したような感じ。

そのくらい、衝撃を受けたのでした。




今に比べてみれば当時はネット上の情報もまだすごく薄かったのですが、
それでも知りたがり屋の私には十分でした。

今までわからなかったことがサクサクとわかっていける。
私はもう、パソコンの向こうの世界に夢中でした。


バリ島についてもいろんなことがわかり、
パックツアーではない旅ができるようになったのもそのおかげだと思います。


で、私のインターネット生活の中で、ブログってまだ新しい年代の方で(爆)

当時はパソコンに強い人とか、HPビルダーを使っている人が
プロバイダーからドメインを借りてHPを運営しているような時代でした。

メインは「日記」と「掲示板」
ゲストはコメント欄で話をしていたり、HPオーナーとやり取りをしたり、

う~ん懐かしい!

今とは全く違う時代だったと、改めて思います。


そして、とあるバリ島系のHPで
私の行ったことのあるお店の話が出ていたので
思わず書き込みをしてしまいました。

それが私のネットデビュー(笑)
初めての投稿でした。

そこは「ナッティ」という男性が運営していましたが
ゲストは女性が数名。
こじんまり仲間内の話で盛り上がっていて
今だったら絶対入らないと思うのですが^_^;、
「ネット世間知らず」だったんですね(笑)

だというのに・・・
ここのみんなにとても暖かく迎えてもらい。
毎日毎日お邪魔して、遊んでもらったのでした(笑)。

そうやって、ディープなバリ島世界へハマって行ったのでした(笑)


それが・・・
そのHPとの出会いが
今ここへつながっているんですね~。

人生は本当に面白いです☆ヽ(▽⌒) 

で、私のPCライフの紆余曲折は

また明日にします~。


魔法の箱2⇒http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-667.html



ゴールポストがあるなら

好きだったTシャツと短パンをはいて
好きだったレゲェのCDが切れることなく掛けられ
6本のボードを従えて、ガラムとロンピー、マッチも持って
最後にお店に立った日に着ていたコックコートを持って、
彼が旅立ちました。

彼が好きだったラム酒と泡盛で友人たちが見送り
盛大に泣いて、笑って、葬儀がおわりました。

きっとまたどこかで会えるでしょう^^

だから涙バケツ返上です。


で、葬儀について色々と考えてみました。

え?そこ?って感じですが、
今回の葬儀を見て「焦り」を^_^;感じました。

一昨年の父の葬儀の算段で、大体のモノの値段を把握しているので
凄かったろうなぁ~と、^_^;


そう。
うちの父と違って彼は現役だったし、
施主である彼のお兄さんもまだ現役、
兄弟通しての付き合いが広くて
彼自身、仲の良かった友人だって、こんなに大勢。

100人近くが通夜ぶるまいにい出席し
50人くらいが夜を通して最後を共にしました。
貸し出し布団の数も40組

翌日の葬儀も、火葬場へも、骨上げ法要も
50人以上が参加しており、
引き出物もその数が必要でした。

葬儀は慣例通りの物であり
葬儀会社の手が無くては行えず、
それでも、遺族にとっては大変なものだったと思います。


ただ、
2日間かけて、
私たちにはその儀式が必要だったことを痛感しました。

形はどうあれ、彼を好きだったみんなが
泣いて笑って、また泣いて。

それで彼との別れを心のどこかで納得できたと思うのです。

年代によっても別れの形は違うと思いますが、
必ずしも「形」は無くてもいいのでは?と思っていた私は
考えを少し改めたのでした。

良く言われますが、
「葬儀」とは本人の弔いではあるが
残っている人間のために行われている、ということを。
一層感じさせてもらいました。


祭壇の花を彼の奥さんは
こんなのは彼の趣味じゃないから
「なんだこれ~もう少し何とかならなかったのか?」って言ってるわ~きっと。

とか、

急だから仕方なかった。と言うことを差し置いて
(いや、最後の最後まで別れは考えたくないから
考えないのが当然で、だから急なのですよね。)

文句の一つも出るわけで。(笑)

奥さんは一生懸命「彼だったらこうする」を発動させましたが、

葬儀自体が
らしくない。と言えば
らしくなくて。^_^;



葬儀自体の必要性をとても感じましたが

そのスタイルが「急であっても」
もっと自由な選択があればな~、と、思ったり。

いや、彼ほどこだわりのある人間はこの後いないので^_^;
遺族にとっては負担が無い方がいいのかもと思ったり。

でも、私だったらどうしたいか?
それを輝かしいゴールとして、考えていこうと思った次第です。

それがゴールなら、その手前をどうやって生きるのか?も
具体的になるから^^。

ああ、彼があんなに、自分の身の回りの物や事にこだわって生きたのは
生まれるときに約束してきたゴールが
人より近かったせいなのかも、なんて今思いました。

だから友人たちの中で突出して
十分に自分を発揮して生きたのかもしれない。って。

その彼のゴールポストを私たちで形作って
それが「葬儀」だったのかもしれません。


さて、今日はお仕事の会議もあって、

沢山いただいている、ご縁や愛を
生きているうちに(も)お返しするべく

素晴らしい一日にしたいとおもます。


いつも暖かなお気持ちに感謝しています。

ありがとうございました。


日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

closing time

昔、to-ruさんに、良かったぞ~と言われ買ったCDがある。

トム・ウェイツだった。

好きで何度も聞いた。

夏の西日が沈むころなんて最高だった。

ロクにジャケットも見てなかったし、ライナーノーツを開いた記憶もない。

それでも、十分に私には思い入れのある素敵なCDだった。


あの深く厚く優しい声が聴きたくて

CDを探した。


CDのタイトルは「closing time」だった。

初めてタイトルを意識した。

closing time・・・引き際・・店じまい。





最後の頃、音楽を聴くのを嫌がり

「一切聞かなくなった。」と言うはなしを聞いて。

あんなに好きだったのに、と思うと。

to-ruさんの苦しみがコロンと転がって落ちた。



to-ruさんが聴いてきた曲は全ていろんな未来につながっていて。

お店で掛けていたレゲェだって、海へとつながっていて。

空模様を見て掛ける曲を選ぶときは、今日一日会えるお客さんへつながっていて

色んな物へつながっていた。

音楽を聴いていると

やりたいことが浮かび、アイディアは湧き。

でも

それがもう自分からは繋がらないと、思ったんだと思う。



口の重い人ってのも、ガンコだっていうのも大概にしてほしいと思う。

どうしてかって。

私は「そうじゃない」と言うチャンスを失ったから。


それでも

Closing Time 

ほのかににじむ明るさは、あなたが受け取るべきもの。





日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

to-ruさんの碑

to-ruさんは、いつもかっこよかった。

to-ruさんは、いつもちょっとだけぼうっとしていた。

to-ruさんは、誰にもまねできないスタイルがあった。

to-ruさんは、気負うではなくスペシャリストだった。

to-ruさんは、いつも自然体だった。

to-ruさんは、ガンコでもあった。

to-ruさんは、いつも「元気か?」と聞いてくれた。

to-ruさんは、すっとぼけた発言が得意だった。

to-ruさんは、選曲がとんでもなくオシャレだった。

to-ruさんは、なんだかいつも遠くを見てた。

to-ruさんは、鼻水が出るとまじめな顔で鼻つっぺしてた。

to-ruさんは、何をやってもオリジナルだった。

to-ruさんは、サーフボードと兄弟のようだった。

to-ruさんは、フライパンを持つとちょっと真剣だった。

to-ruさんは、「食べてるか?」といつも私に聞いた。

to-ruさんは、私を初めて船釣りに連れて行ってくれた。

to-ruさんは、私に初めて暗闇から現れるエイサーを見せてくれた。

to-ruさんは、酔うとにやにやした顔になって面白かった。


初めて会ってから32年間
to-ruさんは一貫してto-ruさんだった。

先々週 
to-ruさんは、「またくるね」と言う私の言葉に
最後に高く手を上げて見送ってくれた。

いつものように「おう」って。
もう声はでないのに。
聞こえた。

明るく光と風が入るびょうしつの窓の向こうに小樽の山々があって、
その窓に向けてベッドは少し起こされていたから

細くて長いto-ruさんの腕が
シルエットだけになって私に残った。

私にくれた最後の「おう」だったんだね。



昨日夜遅く一人で家に帰った私は、
玄関からもう大泣きだった。
階段登れないかと思った。

朝になってもそれは止まらない。

けれどto-ruさん。

知ってるだろうけど

あなたの親友たちはとんでもないことになってるよ。


飲んで笑って泣いて飲んで笑って泣いて
私たち妻連合がいる間はそんなだったけど。

私たちが帰った後の男連中の泣き声は、
ちょっとした見ものだったらしいよ。
きっと小樽の山々を響き渡ったんじゃないかと。


しょ~がね~な~。
わ~か~ったって!

って、苦笑いしてたかもね。


to-ruさんに会えて楽しかった!楽しかった!楽しかった!

to-ruさんに会えてよかった。

ありがとう。


どこかで会ったらまた、
あのひょろっと長い手を上げて、
「おう、まさよげんきか?」って。

にやにやしてね。




日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

「恋人のなれの果ての日」

今、ZIPって番組で
「6月4日」今日は何の日?と言うクイズが出ていて

答えは蒸しパンの日でした。

札幌で「チーズ蒸しパン」と言うヒット商品を作った
うちの近所のパン工場がテレビに映ってて
一人静かにウケてました。(笑)


一年365日がそれぞれ
「〇〇の日」という日本。

それを認定する機関(会社?)があるからなんでしょうけど。

先日「ロイズ」の折り込みチラシを見てたら
6月12日は「恋人の日」なのだと。

も~なんでも決めちゃうんだから~と思ってたら、
別にロイズが決めたわけではないのね^_^;

以下はwikiから

6月12日 
恋人の日(Dia dos Namorados)(ブラジル・日本)
ブラジルにおいて縁結びの神とされるアントニオの命日の前日であり、
当国では恋人同士でフォトフレームを贈り合う習慣がある。
日本でも普及を狙い1988年に全国額縁組合連合会によって制定。


ですって。

実はこの6月12日が、私は結婚記念日で^_^;

それでも「恋人の日」なんて知りませんでしたから
そのチラシに反応したのでした。


結婚生活も長くなると、何年目なのか数えるほどにさっぱりわからなくなって^_^;

頼りにしているのは、

結婚式&披露宴を行ったホテルが
その時オープンしたばかりだったこと。

そのサイトを探せば、判る仕組みです。


そして今年、そこにはこう書かれていました。
keio.jpg
http://www.keioplaza-sapporo.co.jp/


銀婚式がついこの間とおもったけど
もう5年も経ったのね~。

30年かぁ~。
どっか旅行にでも行きたいわね~。

滝の家か~いいかも~。
バリ島も良いかも~。
下見を兼ねて、新婚旅行で行ったハワイもいいな~。
6月じゃなくても今から予定立てられたらな~って

それだったらどのくらい?とか、
自分が出せるお金のことを考えていました。


そしてハタと気づきました。

なんで私の財布から?(爆)

そうだ!!銀婚式だって結局何も買ってもらえなかった!!

な・・なにが恋人の日よっ!!
 ⇐八つ当たり



はぁはぁ言いながら
結婚記念日について考えるのは葬り去ることにしました。

主人にも教えないことにしました。
来年になったら教えようと思います。⇐何の意味もない復讐


そして、その二日後の14日は主人の誕生日。

私はここ3年ほど 
その当日にどうしても断れない仕事が入っていて留守です^_^;
今年もそうです。だって北海道神宮祭だから日にちは決まっているのです。

主人はぶーぶー言いますが

それ以前はちゃんといろいろ準備しましたけど
特別嬉しいわけでもなさそうだったし
私の誕生日だからといって、レストランの予約1つしてくれるわけではないのですから。

ぶーぶー言われる筋合いが無いと思うんですね。

子どもじゃあるまいし、と。
思うのが当然。

と言うことで

6月12日は、当家では
「恋人のなれの果ての日」ということで☆ヽ(▽⌒) 


日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

「奇妙な夢」を考察

ARGI+という
アルギニンとフルーツポリフェノールのサプリメントを飲みだしてから
集中力の強化や疲れの回復などを体感しているのですが。


ひとつ「ん~^_^;」と思っていることがあります。

多分アルギニンが血流を良くすることで、
脳の血流も良くなったので起こっていると思うのですが

「夢が非常に多くなった」と言うことなのです。


これを言うと飲んでいるみんながほぼ「同意」します。

「変な夢を見る」と・・^_^;


元々夢はレム睡眠の時にほとんどの人が見ていますが
それを覚えているか?いないか?で
夢を見たとか、見てない、ということになります。

ということはARGIい+を飲みだして
奇妙な夢を見ているみんなが
「見た夢を覚えている」ということになりますよね?

*アルギニンには「記憶力向上」もあると言われています。


私はここ毎朝
奇妙な夢を、抱えたまま目覚めます

レム睡眠は「目覚める前の睡眠状態」ですから
それは当然なのですが、

できれば「奇妙」や「焦る」とか、
そう言う夢ではなくて・・・

もっとこうハッピーな・・・と、願いたいところですが。
なかなかそうはいかないのです。


ここからは私の以前からの考察なのですが

潜在意識って、考えたことを全て現実にするような仕組みを持っています。
(ああ、ここがもうすでに怪しい発言ですがお許しください)

では、ふと考えた悪い方の予想とか・・・・^_^;
考えたことが全て現実になったら、

大変なことが起きますよね?

それで、私は。

夢の中に大きな「いらない想像」を処理する機能があって
夢の中で現実化することで、

実際に現実に起きることを回避しているのではないかと

ずっと考えていたのです^_^;


ですので、

いや~な夢を見ても
「良かった夢で処理できて!!」って、思っていたのです。

でも、それはあまりにも奇妙に思われるかと思い
ずっと黙っていました^_^;


それを書いたメモがこれです

脳と潜在意識は、連動して
驚くほどイメージされたこと実現する。

脳と潜在意識は見たものの良い悪いの区別はつかない

脳と潜在意識はしかし
全てを実現することはできないし、
いわゆる現実との整合性を見つけようとしてうろつきまわる

そのとき働くのが「ふるい」
「ふるい」は脳の中にあって

実現しないものの方は
夢の世界にばらまく。

夢が整合性からかけ離れているのはそれが理由

夢が時に正夢になるのもふるいから漏れたもののせいであって
実現を回避したもののの中から現れる。




メモなのでその時思ったことをそのまま書いていますので

正夢の部分は、更に考察が必要だと思いますが^_^;


そんなわけで、

ARGI+を飲んでいる方でお心当たりがあれば


奇妙な夢、悪い夢、を見ても心配しないでくださいね~。


夢は潜在意識の表れではありますが
それが「=あなたの意識」なわけではないのです。

どうしてかって、「悪い方の想像」をすることで
回避してきた危険ってたくさんあるんです。

「悪い方の想像」も身を守るために存在します。

だから必要なのです^^。


ハッピーで楽しいことは現実の方が一層ハッピーヾ(〃^∇^)ノ

そう思う私の科学的根拠の全くない考察でした。


上手くいかなくて、ありがとう。

バタバタと6月に突入して。

バタバタと動いていても

背中にひんやりと・・・
結果が出せなかった5月が張り付いてる気がします。

でも、

思った通りにかなくても、
納得ができていたら。

後から必ず

「結果、あれでよかったんだ!すごいや~!ヾ(〃^∇^)ノ」って思えるから。


この世は素晴らしいと思うんですよね~☆ヽ(▽⌒) 


そんなこと考えて
今まで、叶えてきた夢を数えたら^^

「うまくいかなくて、ありがとう」

そんな言葉が出てきました(笑)

人生はそれに尽きるなぁ~^^


そう思います☆♫°*”



DSC_0727.jpg

スコッチエッグを揚げるコツは
低め温度の油に入れて、静か~に転がすこと。
一部分だけ熱が通るとそこだけ肉が縮んで、
卵が出てきてしまいます^_^;

ハンプティダンプティみたいだったそれは
私が食べました☆ヽ(▽⌒) 

写真撮らなくて残念(笑)


運動会弁当で朝4時から大活躍。

午後まで太陽カンカンの下で大応援

帰ってきてシャワー、片づけ、掃除、洗濯

バリバリ動いてますよ~!


ポパイはホウレンソウだけど

私はこれで^^ 

DSC_0687.jpg


一日太陽浴びても平気だって、、、すごい(爆)



引き寄せ写真館「サヤン渓谷」

今朝起きたら、なんだかぐぐっとまた「軸」が変わっていました。

5月が終わって、着ぐるみ脱いだ感じ?

良くわかりませんが(笑)なにか脱いだんでしょうね☆ヽ(▽⌒) 

脳みそがポカポカして^^

熱帯ジャングルが恋しくなりました。


久々の「引き寄せ写真館」

今回はサヤン渓谷 バリ島ウブドにあります^^。

前回もサヤン泊まりましたが、
次回は「クプクプバロン」がご所望です^^



kupukupu7.jpg
kupukupu8.jpg
kupukupu9.jpg

kupukupu5.jpg
kupukupu6.jpg


そして、こんなことしちゃうんだ。*.゚☆(*゚▽゚)/°

ホットストーンとシロダーラ

kupukupu10.jpg
kupukupu11.jpg



ああああ。ジャングルに埋まりたい~~~!!

この下の写真は前回の宿から☆♫°*”

写真クリックで大きくするととてもきれいです。

癒されてくださいませ♪

P2020195_20120601121215.jpg
P2030209_20120601121214.jpg
ss-P1000792_20120601121213.jpg
ss-P1070429_20120601121213.jpg



プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。