Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年02月
ARCHIVE ≫ 2015年02月
      

≪ 前月 |  2015年02月  | 翌月 ≫

コレステロールって本当はどうなの?

先日アメリカの当局がコレステロールに関しての見解を変更すると発表しました。
正直わたしは「今頃そんなこと言うんだ」と思っていました。
10年前に学んでいた細胞矯正医学のなかでこの件についてはすでに学んでいたからです。
元々細胞矯正医学は米国発祥のものなので、その感は一層強かったです。

これを得て日本でも今後変更があるようですね。
NHKの朝の番組で急ぎ取り上げて、詳しいと言われる医師がはっきりしない口調で話していました。
そりゃそうでしょう、、、この方は今、手を翻したはずですから。

以下がその発表された内容です。

ワシントン時事】健康維持のため食事による取り過ぎには注意が必要とされているコレステロールについて、米当局は19日、摂取量を制限する必要はないという新たな見解を発表した。「コレステロールは過剰摂取を心配する栄養素ではない」と明言している。
 米厚生省と農務省が設置した「食事指針諮問委員会」が報告書を公表した。各種調査結果から「食事によるコレステロール摂取と(動脈硬化などの病気の危険を増すこともある)血清コレステロールの間に明らかな関連性はない」と結論付けた。2015年2月20日報道 



キチンとお話しするために細胞教師医学の教科書を開きました。
いつも手にするため、pcデスクの棚に入っています。
それはもうボロボロです(笑)

そもそもなぜコレステロール値が悪いとダメなのか?というと、
動脈硬化の一因が血管にたまるコレステロールだ。と、考えられているからです。

でもこれは、1931年に発表された一論文が採用されたためだけって知っていますか?
また、その論文での実験はウサギに通常の50倍もコレステロールを与えて得られた結果なのです。
これ、実験と言えないですよね?(こういうことは他にもまだたくさんあります)
たったこれだけの事が、誠しとやかに多くのみなさんを惑わせてきたのです。

人間の身体の中にあるコレステロールは細胞膜を作り、ホルモンや、胆汁酸の原料を作り、
エネルギーの代謝には欠かせない大切なものです。

なので総量の約2/3は体内で合成され、
1/3が食事によって得られます。

この割合が保たれていれば良いのですが、
外部から入る量が少なければ、その分、体内で合成する量を増やさなくてはなりません。

その為に本来ここで働かなくても良いはずの貴重な栄養素が使用されてしまいます。

そこでまた、特定の栄養素不足が起こり、そのせいでコレステロールの体内生成が多くなってしまいます。

悪循環ですね。

食べ物からの摂取に注意するより、
特定の栄養素の不足で内部で異常に多くコレステロールが生成されてしまうことに、注意が行かなくてはならないのです。

特定の栄養素は分っていますがあえて書きません。
それがあればいいと短絡的に思いがちの方が多いからです。

皆さんは単純な事を理解しません。
精密な腕時計の歯車のようにすべての必須栄養素は働いています。
1つの歯車が動かなくなると全てに影響します。

そしてまんべんなく栄養素が取れる食物を現在私たちはなかなか得られないのです。

だからアメリカでは70%の栄養士さんが何らかのサプリメントを取っています。
日本でも最近はテレビに出てくるような医師も「足りてない」事を知っていて、「何らかのサポートの為にサプリメントを使用している」と言う時代です。

今はそんなことも私は声高には言いません。
そろそろいい加減ポピュラーな事だと思っているからです。

こうした発表がなされたことに乗じて言わせていただいたのは
こういうものが無いと皆さん信じないからです。

改めて理解したことは、薬を取り巻く業界の方には、
70年も80年も前の実験結果が私が考える以上にとても大切なものだという事です。
*しつこいですが他にもこんなのごろごろしてます。

どちらにしても、健康の事は身体だけでは語れません。
そこだけに注目するのもやめてほしいなって思っています。

健康は心と体のバランスの問題なのです。

*細胞矯正医学とはオーソモリキュラーメディシンという、アメリカの代替医療(保険適用内)の分子栄養素学です。

宇宙と地球と身体は同じ元素で出来ている。

一ヶ月に一度は書こう。
そんな状態のブログにお付き合いいただきありがとうございます♡

今朝コズミックフロントの再放送を見ていて改めて。

この世にあるすべてのものは92の元素で出来ています。

目の前のパソコンも、コーヒーカップもコーヒーも
それを打つ私の手も、その手の中を流れる血液も、

ほとんど同じ材料でできているって、
そしてそれらすべてが宇宙から来たと思うと
途方もないですよね。(ここも宇宙ですけど)

それらの元素が色々な形に組合わされ、「違い」が生じます。

マンガン4個とカルシウム1個と酸素5個の元素が
まるで椅子のように組み合わさったマンガンカルシウムクラスターは

あらゆる植物の葉緑体の中に存在します。
光合成の為に必要なものとされていますが
それがなぜなのか?どう働いているか?はまだわかっていません。

その上その光合成が起きるようになった原因は
36億年前になぜか突然地球上に顕れた光合成(細菌)のようなものを
全ての光合成生物が使うようになったから。と考えられていて、
ハッキリわかりませんが現状そのおかげで酸素があります。

酸素が無かった地球に、酸素を作ったのがシアノバクテリアですが
これも偶然の出来事で、
その一部が植物と共生を始めたのが葉緑体の発端だとされています。

うあっははは。
本当に私たちがどうしてここにいてどうして生きているのかも
このようにあやふやな不思議の上にあるんですね^^。

私は本当に「実体」なのでしょうか?
何だか心もとない気持ちになってきます。

でも、
この宇宙も私も同じ材料でできている。
そう確信できるのは、
私がいつも目にしている栄養素たちの多くはこの元素だから。

例えば「リン」
人間の身体に絶対必要なミネラルですが、

なるほどなと思ったのは

よく似ているとされる海と私たち人間の組成ですが
人間には「リン」があり海にはほとんど無いのだというのです。

最初の海にリンは無く
地球の全休凍結のあと、氷河が溶けて海に流れ込むとき
リンが地層から海に流れ出し、
そのせいで
それまでミクロン単位の生物しかなかった海に
巨大な(と言っても10㎝とか)生物が発生しだしました。
そこから飛躍的に地球の生物たちは変化していきます
(ではないか?と研究がされているところです)

ね?肥料の働きですよね?

その後
そのように使われまくったので海にはまたリンが少なくなりました。
それで今はほとんど海にリンが無いのでは?とのことです。

人間にとってミネラルは微量栄養素という「必須」のものであり
必須と言うのはそれが無くなると死に至ることを意味します。

ところがこれも面白いのですが
私たち人間はミネラルをミネラル(鉱物)のまま体に入れても吸収しません。
なのですべて排出されます。

そこで、植物の根が地中で特別な酵素を出して、
ミネラル(鉱物)の細胞膜を壊してから吸収したミネラルを食べることでしか
身体にミネラルを使うことができないのです。

石食べてミネラル摂れれば簡単ですけど、そうはならない。

でも安価なミネラルサプリメントはもうほぼその石に近いものなんです。
書いてあることは嘘ではない。
でもそれを吸収できるかどうか?は、サイズがナノだのの問題ではないのです。

そういう事をあまり皆さんはご存じないんだと思います。

身体と宇宙が同じもので出来ているということをあまり知らないのと同じくらいのレベルで。

植物って本当にすごいんですよね。

私の飲んでいるアロエは地中で3メーターくらい根を伸ばします。
しっかりと地中から天然の元素を吸い込むために。

私はそれを毎日それを冷蔵庫から出すだけで
天然のまま飲ませていただいて
今日も地球と同じ元素の身体を助けてもらっているのでした^^



プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered