Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ 白い杖のお兄さん。

白い杖のお兄さん。

噂の1000円ジュース→P5080006.jpg
怒涛の3日間はこれで乗り切る。
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-category-14.html




私の妹弟は妹が二人に弟が1人です。

子育てがひと段落した妹たちと
近頃いろんなことで合流することが多くなってきました。

それぞれにいろんな家庭生活を経て
再度集合している状態です。

この2年、上の妹の家業の手伝いに
千葉から下の妹も来るようになって
お陰様でなんだか不思議な気分を味わっています。

妹だから知っていた部分とは別に
変に新鮮な感覚をもらったりするわけです。

小さなころの性質が
どんな影響でどんなふうに育ってるのか

「三つ子の魂」の部分もあれば
「大きく化けた」部分もあって

二人に取っては同じく私もそうなのだろうと
恥じたり、開き直ったりです^_^;。


そんな中で、昨日は何だか豊かな思いをしたのです。

札幌まつり中日の中島公園は、前にも後ろにも行けず
人の流れが止まってしまうほどの混雑でした。
この手伝いに駆り出されてから初めて見るような状態。

なのに、1人の白い杖のお兄さんがその人の流れをを逆流して
店の前に押し出されて、着岸しました。
*本当にそんな感じだったのです。

こんな人ごみの中を一人で来たの?
そう思いながらお兄さんをぼーっとみていました。←すでに思考停止状態。

「ここは何屋さんですか?」と、お兄さん。

妹がそのお兄さんと話し始めたので聞いていると
「アニオタ(アニメおタク)」同士らしく(笑)
私のわからないやり取りをしていました。
*妹は50近いというのに筋金入りのアニオタです。^_^;

そうこうしているうちにお兄さんがダーツを
「やってみようかな」というのです。
*私と妹は露天のダーツやさんの店番をしているわけです(^_^;)

私は「ええ?」と思いながら
その会話を聞いていました。

だってお兄さんは白い杖なのですから。

でも、妹がどうそれを扱うのかな、と、思いながら
黙って座っていたのです。←目の見えない人との会話に横から私が入ると複雑になるから

さぁ、困った妹はうろたえながら

「お兄さん少しか見えるの?それとも全然見えないの?」と聞きました。

お兄さんはきっぱりと「うん。全然見えないんですけど」と言うのです。


私も、隣でダーツをしていた親子連れギャラリーもビックリです。
全盲の人がダーツをやってみたいというのですから。

少し考え「解った」と言うと妹は

「お兄さんの目の高さの2メータ―先に、丸い板があって
そこにこの矢が刺さればいいの。さぁやってみよう」と言ったのです。

ナイス!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

1投目、届かず。

妹は「お兄さん今の方向でいいからもっと強く投げてごらん」といい

2投目、強く「景品」に刺さり

妹は「そうそうそれで大丈夫、今度はもう少し上へ」と。

ギャラリーも
「ああ、何とか当てさせてあげたい」と思ってみていたと思います。
もちろん私もそうです。

3投目、お兄さんの矢は見事、隣の的に突き刺さりました。

その途端見ていた私もギャラリーも
大歓声を上げてハイタッチ状態(笑)

お兄さんはホント?と言う風に首をかしげましたが
本当です。
お兄さんが的を当てました(*^-^)。

そして、大騒ぎの後、お兄さんは景品のバッチを握りしめ
ものすごい川のような人の流れに手を振りながら合流していきました。

手を振り「気を付けてね」と送り出した妹は

グッジョブ(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ でしたね^^


そんなことがありまして(*^-^)。

それがどうしたこうしたじゃなくて
ただただ、私がその事で感じたのは
人間のもつあらゆる「豊かさ」の感覚でした。


そんなわけで、今日は最終日3日目突入です。

ああ、始まれば終わる。
ようやくお祭り3日間も今日が最終日です。

一日12時間以上ここにいる私と下の妹は
もう体も心も「カッスカス」な状態ですが、

それはそれなりに楽しもうと思います☆ヽ(▽⌒) 。


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ


関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered