Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ 自分で創られないもの

自分で創られないもの

DSC_1401_20130618050400.jpg 新しいことが始まる

DSC_1688.jpg今朝の収穫

ハスカップの木をもらってから今年で7年目
ようやく実が増えました^^。

施肥などもしていなくてほぼ自生状態なので
そのせいで毎年実が少ないのかな?とか
秋に枝を落とした方がいいのかな?とか
1本ではダメなのかな?とか

毎年いろいろ考えていましたが、実際には手を掛けていませんので、
この子はこの子のリズムで風と太陽と土から実を育てたのでした。

味は甘味の無いブルーベリーという感じで
このままと言うよりジャムが一番です。

4年前にジャムにしたときはティースプーンで3つほどになりましたが
その前後はもう数粒。。って程度でしたので
今年はまだまだ青い実があって、期待は膨らみます(*^-^)

どうか風がいつまでも穏やかでありますように。
風や雨で実が落ちやすいのです。

ハスカップはアイヌ語が語源で
「ハシ・カッ・オ・プ」→「枝の表面に生るもの」と言う意味だそうです。

「確かに!!」と納得。

ハスカップの実は葉の裏に隠れて育ちます。
上から見てもなかなか見えないのですが、

枝を持って上へとひっくり返すと
沢山の実が見えます。
ひっくり返して初めて「枝の表面に生っている」んです(*^-^)

ハスカップの実は「不老長寿」の秘薬と言われるとwikiにありましたが、
代表的なところでビタミンC、アントシアニン、カルシウムと
お互いにお互いを補佐する素晴らしい組み合わせをもっていますし、

他にもたくさんのビタミンやミネラルを含んでいます。


つくづくこの地球上にあるすべてのものに感謝してしまいます。

私たちの身体のシステムは
沢山のこうした「自然」によって育てられるように、最初からプログラムされています。

私たちの身体はそれらを口に入れることができなければ
心も病み、あちこちの部分を病み、
やがて全身のシステムが機能しなくなるのです。

そう言う風に造られているのです。

だから地球の自然は、これだけ多くのものを私たちのために用意しているのでしょう。

それらを「感謝していただくこと」が最高の知恵ではないでしょうか?
私はいつもそう思います。

私の手のひらの実は、小さく静かですけど、
こうした自然そのままのものほど
体の隅々まで思いやり深く大切なものを届ける。
とても愛おしいものだと思いました。

ずっと前に
私が人生で初めてのんだ60CCのアロエベラジュースは
あっというまにその太陽の味を私の身体の隅々まで運んでくれました。

その日の事を思い出します。


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ



関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered