引き合う力

Category : 心と宇宙の話し
日々お陰様で大活躍で(*^-^)
ネタもないので

ネタ帳開いてみました☆ヽ(▽⌒) 

で、またまた宇宙ネタですが^_^;

先日のこの本を読んでいてふと思ったことを1つ。


宇宙はこう考えられている: ビッグバンからヒッグス粒子まで (ちくまプリマー新書)


万物は引き合う。

ということで
宇宙という大きなものから、素粒子という目に見えない小さなものまで全ては
引力・磁力・重力・電荷と呼ばれる力で結ばれているようです。

その力は確かにすべてをつかさどって存在しますが
まだ誰もそれを解明していません。

宇宙に質量のある物質は4%しかないのと同様。

いくら科学の目覚ましい進歩の時代と言われようと
ほとんどすべて解明されてないんですよね。
解明されたと思っても、いずれそれは塗り替えられる。

だから、
すべての出来事に置いて「正しい答え」なんて、どこにもないんです。

全てはシュレーディンガーの猫箱の中の猫同様 
二つの答えが重なって存在しているうちのどちらを目にするか?なんだと思うんですね。

開けてみなければ答えは存在しなくて
開けて見る状況や見る者によってその答えはどっちにも転がる。


つまり答えは「どちらもアリ(正解)」


ああ話がずれてる。。。^_^;

そんなわけで本題。

*でもダイジョウブ!今日の本題は短いです(爆)


万物は+と-をもって引き合う。と言うことだとすると。

潜在意識で言われる
ネガティブな考えはネガティブな出来事をひきつけ
ポジティブな考えはポジティブな出来事を引き寄せる。

これが「あれっ?」って、思ったんです。

マイナスがマイナスを?って、それ、おかしくない?

私のアタマの中に2つの磁石が浮かび
そのマイナスとマイナスをくっつけようとしても
強い力で反発しあっています。

でも、
ネガティブな思いに沈んでいるとそれらの同類を引き寄せるのは本当ですし
その反対も同じです。

なんでだろ?

で、ふと
あ!!そうか~!!と思っていたのが

「見かけネガティブ」は正体が「プラス」なんですね^^

なので、ネガティブな意識を持っていると
「見かけネガティブ(実は魂の成長と言う点でプラスな事)」がやってくるんです。

で、
ポジティブな考え方と言うのは
「見かけポジティブ(魂の成長と言う点でマイナス)」を引き寄せる。


世の中にはもう魂が十分成長している人がたくさんいて
魂に付いてはプラスの出来事(見かけネガティブ)は必要ない。

と言う人もたくさんいるってことですね^^

で、これを突っ込むと延々と長くなるのでやめておきます(笑)


宇宙はことのほか無機質で物理的です。
原則・法則は変えられません。

だからこそ、その中での智慧を求めているのでしょう。



関連記事

Comment

非公開コメント

AloeWingメルマガを発行しています。
134067341380713211169 - blog

身体と心と二つ目のお財布について月に2回
ダイエットについて月に2回
メルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓

プロフィール

やまだまよ

Author:やまだまよ
やまだまよ
札幌在住、もうかなりいい年です。夫と二人暮らし。
趣味は早起き

1998年から精神世界と潜在意識に出会い

1999年スピ系HPを始め結構長く続けました

2001年4月40歳で4年生大学へ入学

2001年11月アロエベラを扱うフォーエバー社と出会いました。

2007年フォーエバーが取り持つご縁で点描曼荼羅と出会い、

2008年にHPからこのブログへ移行

2009年点描曼荼羅を描き始め、教え始めました。

2013年ネットで願いをかなえる点描曼荼羅画講座を開設

2015年一般社団法人マンダラユニヴァースとして発足、同時に講座タイトルを「宙を奏でる点描曼荼羅画」と変更しました。
(その間もフォーエバー社の仕事を継続して行っています。)

フォーエバーの仕事がなければ私は点描曼荼羅にも出会わず、社団の運営にも力が及ばなかったことでしょう。全ての力を与えてくれたアロエベラジュースとフォーエバー社に感謝しています。


好きな言葉:

右の道と左の道のどちらかに花が咲いているのではない。
自分が選んだ道に花は咲くのだ。

最近の記事
カテゴリ
リンク
私はここにいます^^
Facebook
  ↑↑↑↑↑↑↑↑ facebookのALOE-WINGに直行します。
一般社団法人 マンダラユニヴァースCA
代表理事をしております。
そらかな曼荼羅twitter
FC2カウンター
最新コメント
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも一覧

かわいいうさぎ”きなこ”のブログ ~最愛のペットを亡くして伝えたいこと~
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。