お盆のバッタ

Category : 日々の話し
昨日は石狩にある友人とーるさんのお墓へ
4家族8人でお参りに行ってきました。

私たちがとーるさんの眠る墓を探してて、
あれだあれだ!と
今まさに墓石に到着と言うとき、

私が真っ先に目にしたのが嬉しそうにぴょんぴょんと墓に飛びあがってきたこの子でした。

DSC_1855.jpg

似てる・・・とーるさんに。。。^_^;

手足が長くて細いとことか
面長なあたり?☆ヽ(▽⌒) 


その内みんなもバッタに気が付き、
とーるじゃないの?
そうだなきっと。
と大騒ぎして、からかって(笑)

いつも通りにあれこれと昔話
同じような話を繰り返(笑)し語りかけ、
冗談を言い。

彼が聞いたらむっとすることまで突っ込み、
彼のリアクションを想像して笑い

それが途切れると

そうか、ここにいるんだな。
いい所だな、良かったな、と、
みな口々に言い安心しました。


その間もバッタのとーるさんは、

バカ話の時は、時計回りに回り
シンと静かになると、じっとしていました。



その日は朝6時の出発で、

早々と支度を終えた私は、
10年くらい前、まだ死なんて全然関係なかった時
とーるさんとこんな話をしたことを思い出しました。

「私は自分の葬儀には、みんなに笑っててほしいなぁ、
生きてる間にみんなと過ごした時間が最高だったからって、思うと思うな」

「ほんとか~?またまた~!そんなかっこいい事言いながら
実のところは泣いてほしいと思ってるんじゃないのか?」

「なんで?私はそんな風に思わなけど、じゃ、とーるさんはそう思うの?」

「おれか?そうだな、おれは泣いてほしいな、たぶんおれだって泣きたい気分だと思うから」


ふふふ、そんな風に、そう言えば言ってたよね。
その通り、みんな手が付けられなかったじゃない。

なんてつぶやいたら、

降りそうだなとは思っていましたが
窓の外にいきなりの雷と大雨。

あらら、聞こえたの?

雨はなんとかその時だけで止み、
雨上がりの墓地へ着いた頃には
丘陵になっっている墓地に涼やかな風が吹いていました。


「じゃぁな。」

そういって墓石のとーるさんにポンポンと手をやり
バッタのとーるさんに手を振り

帰ってきました。


50歳も中盤に入り
それでも集まると小学5年生みたいな男性陣と
その妻たちはあちこち場所を変え
その後夜8時まで宴会^_^;

その帰り道のこと。

ああそうか~!
バッタのとーるさんもつれてきてあげればよかったのかな?
なんて思いましたが、

そんな夜になってから思い出すとか
誰もそれを思いつかなかったところを見ると

それでよかったのでしょうね(*^-^)


関連記事

Comment

非公開コメント

AloeWingメルマガを発行しています。
134067341380713211169 - blog

身体と心と二つ目のお財布について月に2回
ダイエットについて月に2回
メルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓

プロフィール

やまだまよ

Author:やまだまよ
やまだまよ
札幌在住、もうかなりいい年です。夫と二人暮らし。
趣味は早起き

1998年から精神世界と潜在意識に出会い

1999年スピ系HPを始め結構長く続けました

2001年4月40歳で4年生大学へ入学

2001年11月アロエベラを扱うフォーエバー社と出会いました。

2007年フォーエバーが取り持つご縁で点描曼荼羅と出会い、

2008年にHPからこのブログへ移行

2009年点描曼荼羅を描き始め、教え始めました。

2013年ネットで願いをかなえる点描曼荼羅画講座を開設

2015年一般社団法人マンダラユニヴァースとして発足、同時に講座タイトルを「宙を奏でる点描曼荼羅画」と変更しました。
(その間もフォーエバー社の仕事を継続して行っています。)

フォーエバーの仕事がなければ私は点描曼荼羅にも出会わず、社団の運営にも力が及ばなかったことでしょう。全ての力を与えてくれたアロエベラジュースとフォーエバー社に感謝しています。


好きな言葉:

右の道と左の道のどちらかに花が咲いているのではない。
自分が選んだ道に花は咲くのだ。

最近の記事
カテゴリ
リンク
私はここにいます^^
Facebook
  ↑↑↑↑↑↑↑↑ facebookのALOE-WINGに直行します。
一般社団法人 マンダラユニヴァースCA
代表理事をしております。
そらかな曼荼羅twitter
FC2カウンター
最新コメント
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも一覧

かわいいうさぎ”きなこ”のブログ ~最愛のペットを亡くして伝えたいこと~
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。