Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPアロエとか健康の話し ≫ 変わらないこと

変わらないこと

↓もうかれこれ12年前に私が初めて作ったチラシ↓

aloeチラシ




最近ようやく色んなことが落ち着いてきて、
あちこち広げっぱなしの資料の片づけに手を付けました。

ほとんどの資料は自分で作ったものです。
なのに
新鮮だったり
感動したり、
苦笑いもたまに。。。

で、
呆れるほどすごいな。と思うのが、

「この13年間、一貫して私の伝えたいことが一切変わっていないこと」でした(笑)。


多分今書いても、上のチラシと同じこと書くだろう私のアロエ。

そう、わたしにとって
こんなに神聖で、その上はっきりと違いが判る植物があるなんて!と言う驚きが
今に至るまでの「(私にとっての)すごい事」なのです。


始めて飲んだ時のあの全身の細胞が歓喜した感覚(?)
今でも飲めば心と細胞が「正目に撫でられ癒される感じ」←飲んでる人は分りますよね?(笑)

私はキリスト教のことは良くわかりませんが
聖書には良くアロエが出てきます。

中でも私はこのフレーズが好きです。

num24:5なんと美しいことよ。ヤコブよ、あなたの天幕は。イスラエルよ、あなたの住まいは
num24:6それは、延び広がる谷間のように、川辺の園のように、主が植えたアロエのように、水辺の杉の木のように。

そうか、イエス様はアロエを植えたのね(*^-^)
なんでだろ?なぜ、アロエだったのかな?

そう考えながら。


私が作ったたくさんの資料は、
日本中の色んな所へ飛んでいき。

読まれたり、読まれなかったりしていることでしょう。

でも、それがいいんだよな、なんて思っています。

私はそれで何かをコントロールしたいと思っているわけではなく
きっと、ただ、この世にそれらを生まれさせただけなんだと思うから。

私はこのアロエと曼荼羅と
幸せな仕事を二つも持っている。
そしてそれらに育てられている。


押してくださいますとワタクシますますハッピーです♪ありがとうございます。
人気ブログランキングへ



チラシが読めないとのことで転記しました。

*************************

【アロエベラ】
4000年前、クレオパトラが愛用し、新改訳聖書にはイエスが植えたとされ登場するアロエベラ
神聖な儀式には香として没薬(もつやく・ミルラ)とともに使われた植物です。

ご存知ですか?
私達の身体は、あなたが毎日口にしているその食事がいわば、原料です。

筋肉も血液も脂肪も「食事」から摂られる栄養素と酸素の働きで、作られたり、代謝したり、動いています。

日ごろ意識しない事ですが、
それがかなり大切だって事を、あなたにも知っていただきたいのです。

アロエベラは、照りつける太陽からビタミンを
乾いた古代の地中からミネラルを受け取り
私達の元へ届けてくれる、他に類を見ないほどの栄養素をもつ植物です。

人間のスピリチュアルな在りようはもう数年前とは比較にならないほど社会的な「前面」に出てきています。
身体と心はとても密接・・・そのことに多くの人が気付き始めました。

精神世界では体や心の問題が精神的な現象から本人が引き起こしていることが多いと考えられています。
そのために心の内側をヒーリングで癒して問題を解決することもそんなに特別な事ではなくなってきました。

しかし・・・心の内面だけで解決できていない部分があります。
それが細胞のメンテナンスです。

細胞が丁寧な材料でメンテナンスされていたら、「気づき」は自然に生まれます。
今自分が何を欲しているのか・・・無垢の赤ん坊のように、
スピリットからの指令をまっすぐに受け取れるようになることでしょう。

【マインド・ボディ・スピリット の三位一体を目指しましょう】

マインド・スピリットだけではなく・・・
ボディ(臓器や血液・筋肉・脳などの全て)の作られる内容、これに注目してみませんか?

アロエベラジュースは、その豊富な微量栄養素も駆使して、体内の栄養素バランスを整えます。
どんなときでも「バランス」は一番の重要事項ですよね。

わたしたちは自分が思っている以上にスピリチュアルであり。本来は何もかも知っている存在です。

しかし現代の食生活ではこのバランスがとても弱ってきて、私達や未来の子供達の存在を危うくしています。
それは、本来自然から受け取るはずの栄養素が届かなく(入らなく)なっているからだともいえます。

私達と一緒にアロエベラジュースを飲んでみませんか?


関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered