Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ ゴルフと人生 映画『バガーヴァンスの伝説』

ゴルフと人生 映画『バガーヴァンスの伝説』

ウチのダンナはバスケット(NBA)と映画好き(もっぱら貸しDVDだけれど)


私はちょっとでも乱暴なシーンが出てくると
どんなに評価の高い番組でもほぼ見ないので。
(コメディなら大好き)


先日夜中テレビで放送があったのを録画していた

ダンナ曰く「ゴルフもの」で
監督がR・レッドフォードでウィル・スミスが出るからどう?

という恐る恐るの問いかけに

ゴルフなら見たい!と思って

「バガーヴァンスの伝説」という映画を見ました。


2000年の映画ですから 9年前の作品?
映像が綺麗な美しい作品でした。


んで、ゴルフと自分の仕事がオーバーラップして
心深く感動。


そうよね。ゴルフは人生で
私の仕事もまた人生だなぁって・・・・



設定の時代は古く、アメリカの南北戦争が終わった辺り。

戦争の傷跡を抱え酒におぼれた、もと地元チャンピオンに
トーナメントの話が来る。

その彼のキャディーとしてやってきたのがバガー・ヴァンスだった。

ちっともキャディーらしい有益な指示を出さない彼なんだけど。


ストーリー自体はそんなに起伏がない
どちらかというとありきたり。


でもゴルフのシーンがいいよなぁぁぁぁ~。


バガー・ヴァンスの教えと

今ずっと耳で聞いてる「リー・ミルティアとブライアン・トレーシー」の教えが

オーバーラップして私に響いてくる。



そうだ目標はあそこだ。

ちゃんと見ているのか?

ほんとうに見えているのか?




ゴルフってメンタルなスポーツなんだろうなぁ。

一度もクラブを握ったことのない私でも
そう思っていました。

会員権がああだこうだなんて時代には
どちらかというと毛嫌いしていました。

知りもしないのに
ゴルフではなくゴルフにまつわる世界の匂いが嫌いだったという感じです。



そんな時代も終わり。


改めて近年
「今だったらゴルフやってみたい!」そう思うようになりました。

友人達は皆教えてくれると言うのですが。
まだ手出しはしていませんでした。




私は自分の仕事をいつも

「結局は自分に突き当たる仕事」だと思っています。

ネットワークビジネスというのは
何度も何度も自分に突き当たるんです。


この映画をみて。
バガーの言葉を聞いて

「自分が人生掛けての相手」なんだってことを

画面から念押しされた気分でした(笑)




昔マウイのコンドミニアムに泊まっていたとき。
ゴルフ場の中にコンドミニアムがあって(笑)

早朝からおじいちゃんとおばあちゃんがカラカラとカートを引いて
移動していく姿に感動したことがありました。

本当にたのしそうで
パークゴルフ感覚なんだな~って。



いつかやってみよう♪ゴルフ♪

ホントにやってみよう♪そう思いました。




で、やっぱり。

私は自分の仕事がすきなんだなぁぁぁ。って、又実感しました。(^-^)








関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered