Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPサロン ぴりか・れらの話し ≫ 10年後に無くなる職業リストを見てみました

10年後に無くなる職業リストを見てみました

先日のニュースでオックスフォード大学の教授がまとめた
「10年後に無くなる仕事」というのがあり、

それを探し出して、
下から順に(そのリストはポイントで発表しているので下の方が無くなるのが早い)見てみました。

これらはコンピューター化(人口知能)がどれだけ影響するか?というものです。

ポイントの一番下(無くなるのが早い)は「テレマーケティング」
無くなりますよね~イエ電限定ですから、イエ電が無くなるの&Webが主流でしょう。
我が家もホントに来る回数が少なくなったと思います。

アメリカの職業のカテゴリーなので
日本では違う呼び方とかなのだと思いますが

一番上は「リクレーション療法士」でした。
精神疾患などの療法士の事らしいですがはっきりしたことは分りません。

コンピューターに取って代わられづらいという事ですが、
上位になるほど医療関係が多いと言うことが見てとれます。

そこから見えることは
創造的で社会的知性が必要な職業が残り
スキルの低い労働者はコンピューター化できない仕事をする。
と言う事らしいのです。

でもこれは10年以内のランクインということで、20年後はもっとシビアなはずです。

どうしてか?
その頃には人工知能が人の気持ちまでわかるようになるからです。
しかも人工知能は人間と違って凹みません。

実際にNHKの「ネクストワールド」と言う特集では、
アメリカでは試験的に人工知能に警察の仕事を与え実際に検挙率を上げていることを伝えています。

その犯人がどこに出現する確率が高いか?を、人工知能が割り出すんです。
そしてそれがヒットするんですね。

また「売れる曲」を、人工知能がランク付けして、
実際にそこから女性シンガーソングライターがデビューしちゃうのですが、
この女性は2曲目に苦しみます。ランクにどうしても入らないのです。

農業や漁業従事者、果ては料理人すらいなくなる、と言います。
それは人工物の組み合わせで、
いくらでも「脳幹を刺激する美味さ」や「必要な栄養素」を追求できるようになるからです。

少子化も顕著ですが、この辺りではもうお腹の中で赤ちゃんを育てないかもしれませんね(^_^;)

「そうは言っても、わたしならそれを選ばないわ。」と一瞬思いますが
その時代には私たちの世代はいくら多いとはいえ主役ではありません。

また、これが一番伝えたいところなのですが

長寿研究者が口をそろえて言うのは
「30年後 2045年に人間の平均寿命は100歳になる」と言う事です。

これは医療が今までと変わり遺伝子治療に替わったり
予防医学や若返り(細胞から)医学が発達していくからだからだそうです。

これは私にとってもとてもリアルな事です。
私の30年後は85歳だからです。

それも平均寿命が100歳の時の85歳ですよ(^_^;)
何をして過ごしましょうか?

でもふとこういうことを考えました。

私の家は銭湯を経営していましたが、
銭湯と言う職業は消えてなくなると言われてから30年は明らかに経ちます。

それでも現在はギリギリで近所の人の為に。。と言う銭湯は多く、
経営はほとんど成り立ってませんので「ボランティア精神」「喜んでくれる人の為」、
また、もうすでに趣味の域、ということです。

その仕事が生きがいにもなっている老人たちがいなくなるまでゼロにはならないでしょう。

つまりはそういことなんです。

「生きがい」の感じられることをしたいという欲求は
どんなに人工知能が活躍しても「人間ならでは」のものです。

この部分もバーチャルに取って代わられるのかもしれませんが、

コマが実際に進んでいくたびに
私たちに見えてくる景色は違うはずです。

実際にそれらが見られるかもしれないと思うと、
ワタクシ的にはすっごくワクワクです♪


関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered