Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPスポンサー広告 ≫ イリュージョンTOP心と宇宙の話し ≫ イリュージョン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

イリュージョン

先日、ある会合で本当に久しぶりの人間に会いました。

よく考えたらそこにいるのも当然だけれど
頭の片隅にもなかったので、正直
「おお!いたんだ!」
そう思ったのでした。

向こうも私の登場は想像していなかったと思います。

眼が泳ぎ。
少し狼狽したようです。

私の口から出た言葉は
「わぁ〇〇さんだ!久しぶり!元気そうでよかった」
そんな感じで、

多少セリフっぽかったかもしれないけど、造ったものではなかったし、
自分では上出来だったと思いました。

だって、それ以上もそれ以下も、もう言葉が無かったのです。
本気で懐かしい感じの方が%を占めていたから。

向こうは
「ああ、」「ええ」「おかげさまで、えへへ」という感じでした。

すでに着席してリラックスして話が弾み、すっかり気を抜いているところに私が現れたので
それが彼女を硬直させ狼狽させたのだと思います。

今、テンテンしててふとそれを思い出し、こう思いました。

なるほどね。
自分が自分の中で正しいのであれば
なにも狼狽する必要はないわけで、

そうか、彼女はあれこれ理由をつけて自分を正当化しようとはしているけれど
結局それに失敗して、自分でも奥底はそう思えていないんだな。と、

でも、
だとしたら
あなたのいうスピリチュアルアドバイザーってってなんなの?

見えるだとか聞こえるだとか降りてくるだとか
そんなことより、
こうした瞬間に目が泳いで狼狽するような人生でいいのね?

そう思ったのでした。

時間が経つにつれ少しずつ
「その人らしさ60%くらい」に上がっては来ましたが、
MAXにはなるわけも無く(私がいるから)

こちらを気にしつつ彼女が話す内容は
これだけの時が経っても何も変わっていない事を証明していました。

私が精神世界を知って、
私が生きている世界の真理って何なんだろうか?
と考え始めた時に、(大昔です^_^;)

そういう事を考えている人たちの世界に足を踏み入れましたが、
その界隈にも、世俗並みいろんな人がいるとわかりました。

正直がっかりでした。

「知っている」という事もすべてお題目
夢の世界の言葉

多くは
自分と言う存在から逃げて歩いている人で
カウンセラー、とかヒーラーとか書かれた名刺を持って、
眠剤や安定剤を飲み、
家族とも折り合いが悪く。
自分すら助けられないのに
代替して人を助けてあげたいなどと言う
昔はこの世界にはそんな人たちがゴロゴロいたのです。

現実社会で依存できなくなったので
精神世界に依存対象を移しただけの人たちです。

そして大抵は敵のような親に依存するしかない経済的状況で。
あれをするにはこれがなくてと。
答えはいつまでもぐるぐると出ない。
どの口でカウンセラーだとかセッションをするだとか言うのだろうって思っていました。

決定打が自分で関わったスピイベントでした
一部の亡霊のようにぐるぐる移動する人たちをみて
ああ、こんなところにいちゃいけない。
本気でそう思いました。

考えたらそれは社会状況のせいだったかも知れませんが、

今となってはもう、それは
「私の為に見せていただいていたんだな」としか思えません。

そうならないためにはどんな自分であればいいのか?を
十分に考えさせてもらいましたから。

結局は今回の事もそう言う事で、
わたしは自分が狼狽する側ではなかったことを安堵する経験をしただけなのです。

悟りたい
そう思うなら悟れないし
悟れた
そう思うならそれも幻です。

悟りなどない
在るのは自分だけ。

それが私たちが生きるイリュージョンなんだと思います。


この記事ってすごく色々と書きなおしました。
書く度に、再現した中の状況のニュアンスが変わっていくのです。
それで書きなおさずにいられなくなるのですが、

そうか、今を変えることで過去を変えるというのは、
この、「ニュアンスが変わる」事でもあるなぁ、と思いました。

全てはイリュージョン、幻想ですね。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。