Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPスポンサー広告 ≫ 子ども時代の謎その1TOP心と宇宙の話し ≫ 子ども時代の謎その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

子ども時代の謎その1

私は幼いころの記憶ってあまりありません。
一番古い思いで、と言われてもまったくピンときません。

そんな中で物心ついたときに味わった不思議をいくつか手に握りしめて大きくなりました。

なぜだか、これらの話は今まであまりしないで来ています。

もう書いてみようかな?
今朝、ふっ、とそう思ったので、
これを書いています。

そうたいした話ではないですけどね^^
*あ、だからしなかったんだ!

私はその日学校(小2くらい)から帰ってランドセルを置き、
すぐに裏の大きな広場でお友達とままごとをするためにままごとセットを持って向かいました。

ままごとセットは、プラスチックのものや、古い瀬戸もの
結構かさばるのをがんばって運んだんです。

その広場には、家を取り壊した後があって、お風呂場がタイルのまま残っていました。
そこがお気に入りで(笑)そこで遊んだんです。

確かその時の友達は
裏の家に住む一つ上のゆうこちゃんと言う女の子でした。

で、確かに敷物を広げて、ままごとセットを並べ遊んでいたはずなのですが、

ふと気づくと、私は家のソファーで目が覚めました。
何が何だかわかりませんでした。

家のものに、聞いても
夢見てたんでしょ?と、取り合ってくれません。

夢?
では、私はいつからここに寝ていたんでしょう?
不思議で不思議で
それを聞いてもみんな「さぁ?」と言った感じでした。

どんなに頑張っても、学校から帰ってきてからそのソファーまでの記憶はありませんでした。

*思い出したことがあって追記
私は広場に置いてきてしまった(としか思えない)ままごとセットが心配で仕方ありませんでした。
取りに行きたかったんだけれど夜になっていたので行けませんでした。
翌日、ゆうこちゃんがゴザと一緒に届けてくれていた話を聞きましたが、
それで一層私は分らなくなってしまいました。

ということで私は
ず~~っと、そのことが気になっていました。

だからそれを今も忘れていないのです。


こんな「??」の話はあと2つあります。
続きはまた^^
関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。