自然の力と私たちのこと

Category : 日々の話し
よくもまぁ、こんなに耕したものだ、と
郊外に出れば私はいつもそのことを思います。

1472357414209.jpg

よくなろう。
よくしよう。
ここに苗や種を植えて金色の麦の穂や青々とした野菜が生ることを夢見なければ
それはなしえなかっただろうと。思うのです。

木を伐り、根を掘る、
広く手入れされた土地を見るたびに
その一本一本の作業に思いを馳せてしまいます。

今回初めて知床まで旅をして
北海道を横に一往復したのですが、

北海道はあきれるくらいに広く
先人たちのした仕事のすごさを
また新たに思い知らされました。

だというのに

台風が3つやってきてあふれた川は濁流となって
湖も決壊し、
水は今ようやく引いたばかりの中を私はいくのでした。

たまねぎはその姿をさらし
トウモロコシは倒れ
根から崩れた木が横たわり

丹精込めた仕事を思うと胸が痛みました。

帰り道、空はまた機嫌を損ね次の台風を呼び込みます。
1472652062895.jpg

網走湖はいまだにあふれんばかりでしたし
細い川も太い川も
ふちを削り広がり蛇行し
折れて流れてきた木がまた流れてきた木で重なり、
行き場所を失った水がどれだけ暴れるのか?

ここにまた台風が来ませんようにと
せめてもう雨は降りませんようにと

そう願うことしかできない帰り道でした。

結局、数か所に集中して豪雨となり
氾濫した川に畑も家も道路も流されました。

自然はいつもこうだった。
今まで何度もこうした思いをしてきたけれど
さすがにこれは。

と絶句する姿に、かける言葉もありません。

こんなひどい目に合うなんて
何をしたというのだ。
なにが悪かったのだ。

きっとそう思っていると思います。

しかし、地球は結局いつもそんなものです。
安定など今までにもなかったのだと思うのです。

私たちは少しの間、ここに住まわせてもらっている存在なのだと。
その謙虚さの中でしか生きられないのだと思います。

食べるものはいずれすべてに影響します。
だから、私たちはそこにまた苗と種を植えるでしょう。
都市部にいれば違う労力を差し出すことになります。

その単純さの中に生きているのだと思うのです。

関連記事

Comment

非公開コメント

AloeWingメルマガを発行しています。
134067341380713211169 - blog

身体と心と二つ目のお財布について月に2回
ダイエットについて月に2回
メルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓

プロフィール

やまだまよ

Author:やまだまよ
やまだまよ
札幌在住、もうかなりいい年です。夫と二人暮らし。
趣味は早起き

1998年から精神世界と潜在意識に出会い

1999年スピ系HPを始め結構長く続けました

2001年4月40歳で4年生大学へ入学

2001年11月アロエベラを扱うフォーエバー社と出会いました。

2007年フォーエバーが取り持つご縁で点描曼荼羅と出会い、

2008年にHPからこのブログへ移行

2009年点描曼荼羅を描き始め、教え始めました。

2013年ネットで願いをかなえる点描曼荼羅画講座を開設

2015年一般社団法人マンダラユニヴァースとして発足、同時に講座タイトルを「宙を奏でる点描曼荼羅画」と変更しました。
(その間もフォーエバー社の仕事を継続して行っています。)

フォーエバーの仕事がなければ私は点描曼荼羅にも出会わず、社団の運営にも力が及ばなかったことでしょう。全ての力を与えてくれたアロエベラジュースとフォーエバー社に感謝しています。


好きな言葉:

右の道と左の道のどちらかに花が咲いているのではない。
自分が選んだ道に花は咲くのだ。

最近の記事
カテゴリ
リンク
私はここにいます^^
Facebook
  ↑↑↑↑↑↑↑↑ facebookのALOE-WINGに直行します。
一般社団法人 マンダラユニヴァースCA
代表理事をしております。
そらかな曼荼羅twitter
FC2カウンター
最新コメント
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも一覧

かわいいうさぎ”きなこ”のブログ ~最愛のペットを亡くして伝えたいこと~
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。