Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPなぜ私はアロエベラに出会ったんだろう? ≫ なぜ私はアロエベラに出会ったんだろう 10

なぜ私はアロエベラに出会ったんだろう 10

アロエベラジュースを飲みだして、2週間ほどたったころ
Cちゃんからこんな電話がきました。

「酒井さんってすごいおじさんが
札幌で講演をするから絶対行って!」

正直嫌だったのですが、
大学への通り道にあるホテルだったことと
その午後が珍しく空いていたことから
腰をあげました。

きっとギラギラしたおばさんとおじさんが大勢。

そんなイメージだった私は会場で
全員「世話好き」な感じのおばさまたちに拍子抜けします。

そしてもっと意外だったのが、
ステージに現れたそのおじさんが
とても静かに「潜在意識の話」を始めたことです。

当時そういったスピ系の話は私たちも、こそこそとしているような情勢だったので

会場いっぱいの年齢の高いおばさまたちがそれを熱心に聞いていることに驚いたのです。

こんなところで、
こんな話を、
これだけ大勢の
こんなおばさまたちが?

そう思いました。

そう思いながら私は必死で思い出そうとしていることがありました。



それは、講演が始まる前に渡された赤い手帳と

前の席のおばさまたちの会話でした。

「あら~!○○さん素敵な赤ね~そのジャケット!」

「うふふ。私『赤』は一番苦手なんだけどね、今日は赤って思ったのよ~」

その言葉を聞いたとたん
私の全身が反応しました。


「!!」なんだったっけそれは、

赤、赤、赤、これは重要な事。

このセリフを私はどこかで聞いた

しかも私にとってとても大切なことだ。

なんだっけなんだっけなんだっけ?



私はその疑問を抱えながら講演を聞いていたのです。
それくらい思い出せないものでした、


「私、『赤』は一番苦手」

「私、『赤』は一番苦手」

「私、『赤』は一番苦手」

はっ!!!!!

あれだ~~~~~!!

30分くらい苦しんで私はようやくそれをひねり出しました。


私はなぜアロエベラに出会ったんだろう 6で書いた中野裕弓さんのセミナーで私はこんなセッションをやりました。

ネイティブアメリカンが使う「トーキングスティック」を
向かい合った二人で両端を握り

お互いに共通している深層意識まで下がっていって、
そこに見えたことを相手に伝える。

伝えられたその言葉は「紙に書いて忘れること」と、

「忘れるまで」がそのセッションの内容でした。

私は見ず知らずの女性と組み、
お互いに静かにその意識の底を見ようとしましたが、
うまくできたかはわかりません。

わたしはなにかその時に動物に関することが見えてそれを伝えたと思います。

その女性は私にこう言いました。

「はっきりしたものは見えないのですが、とてもきれいな、濃いのに透明な赤が見えるんです。」

「すごくきれいな赤です。ごめんなさい、それくらいしかわからなくて」


それで私はこう答えてしまっていました。

「赤ですか~私赤は一番苦手な色で~、でもわかりました。
この次それに出会ったら必ず手に取りますね」


手に取るって。。。
言っちゃった。
言っちゃった。
言っちゃった。

それにしても「脳」はすごいです。

ちゃんと忘れてるんですから。
そしてちゃんと呼び戻すことができる。

そんなわけで私は手の中の赤い
「宇宙への広告」と書かれた手帳を

丸ごとすっぽりと受け入れるしかありませんでした。


関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered