Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ 我が家のハナモモは美味しい 2

我が家のハナモモは美味しい 2

昨年、「来年は見張っていよう。」
と書いたことをすっかり忘れていたハナモモ。

1475969118802a.jpg


昨年10月16日のブログ
「我が家のハナモモはおいしい」
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-1137.html

今年もたわわに花をつけ
そのままたわわに実を付けました。

10年くらい前です。
隣家のお父さんが、
山でとってきたというその木は
鉢植えで高さが土から50㎝くらい。

「何とか桃」って言って
花も実もなるんだけれど
鉢植えじゃどうにもならないから
お姉さんもらってくれないかといって
我が家の庭に入りました。

お父さんも私も名前がわからないまま
ちんまりと庭に植えた木は
のんびりと大きくなり、
5年目くらいに花を付けたんです。

濃いピンクの花がちらほらとついて初めて
こんな花がなるんだ!と思ったものです。

そこからは年々と枝をのばすので
枝きりしながらだったのですが
毎年しっかりと花をつけるようになって

昨年はすごい量の花を付けました。

そして、今年もまたこれでもかと実を付けました。

1475969052959.jpg 1475969060110.jpg

木が大きくなり
実のならせ方も力がついたのでしょうか?

今年の実はすごくおいしいのです。
1475969118802_20161009105102ba0.jpg 1475975324065.jpg

産毛のついた実は桃のように
赤いところはするっと剥けて
青いところは包丁で剥かなくちゃならない。

お皿に盛って食べてもみましたが

小さいので手で割って
マンゴーのように皮をそらせることで
甘くてジューシーなところだけ食べる方がおいしいです^^。

花の時期はハチがすごくて近寄れないくらいだったのですが
こんなに甘い実をならせる力があるのだから当然だわ。
と、思いました。

くれぐれも十分に熟しているものを食べてくださいね。

私は香りがするからと言って
食べてみて渋かったので
「渋いもの」と思い込んでいました。

秋から冬にかけて
こんな実をつけるなんて、
いったいこの子はどこの山から採られてきたんでしょうか?

隣のお父さんは
どうしてこの子を持って帰ろうと思ったのかしら。

そんなことを思いながら

皮をひっくり返して、真ん中だけ食べる贅沢です^^

関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered