Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP心と宇宙の話し ≫ 私のリスクマネジメント

私のリスクマネジメント

私にとってこの仕事は
今風の言葉で言えば
「リスクマネジメント」の一環です。

50過ぎたら大病しそうだから気を付けて。
なんて聞いてもいないのに言われて
それを避けたいという気持ちが、
今思えばすごくあったんですね。

「細胞からメンテナンス」という言葉と
実際につるつるしていく肌を感じて
こう思いました。

「こんなに外側がキメ整うんだったら
中はもっとピカピカつるつるになっているはずで
だとしたら病気を遠ざけるはず。」

おかげさまで更年期知らずで過ごし
17年たった今も元気で自由に
創造に満ちた仕事を続けられています。

かといって最初は
やっぱりこう思いました。

にしても高い。。。

でもですね。
このままだとずっと変わらないことは明らかでした。

私が働けなくなったら
我が家は翌月からすぐに窮地
それは目に見えてました。

これももう「病気」みたいなものです。
経済的不安。
あ、そうか「大病」ってこれのことだったかもしれません(;^_^A

何か大きな転換がなければ
我が家と私の将来は「ない」も同然

今どう考えるか?
それを決断する時期だったんでしょうね。

やれるだけやってみよう。
やるからにはまじめに取り組もう。

そう思えたのは
この仕事でかかわる大勢のおばさまたちが

潜在意識の話しかしなかったこともあって、

私は私でそれまで「潜在意識」ってどういうものか
勉強してきたもんですから
それを本気で実験してみたかったんです。

当時の私は
なまくらで依存の多いスピ界に嫌気がさしていた。
理屈ばかりで実態が遠く離れてる
精神世界おじさんにもうんざり。

何か実践してみたかった。
本気で私にまつわる世界を動かしたかった

そうでなくちゃ世界の平和も絵空事。
そう考えていたので

大学へ進学してからはあれよあれよと
シンクロに導かれ物事が変化し始め
何をどうつかめばいいのか?
が、ぼんやりと分かってきたころに

アロエが私のもとにやってきて、
金額のこともそうですが
将来の自分についてどう考えているか?

アロエが私を試そうとしたんだなって、
今ではそう思えます。

なので私のこの仕事の
土台は「リスクマネジメント」
行動は「実験」でした。

実験なので自分一人でできるし
だめだったら辞めたらいいわけです。

一生懸命やってダメだったらやめる。
そう決めました。

実のところ私は自分をどうとらえているか?
それを変化させなくては
わたしはこのまま。

ある意味アロエが連れてきた脳内大転換です (笑)

先日この実験を30年以上やっている(としか思えない)
大好きな先輩の話を聞いて
実際に彼女が今得ているものはすごいんだけれど

そっか!
私と同じ!と思って
ストン!と腑に落ちました。

彼女も私も興味があるのは
「実験の結果」

通貨は単なる結果の数値
そう考えると一番ピンときました。

体と心をよく保つために私はこれが必要で
それを安く買うにはどうしたらいいか?
そのためにできることを淡々と考えてきたんですね。

もしこれがそこらに安く売っているものだとして
すごくみんながいい評価を与えて
飛ぶように売れているものだとしたら
まず供給量が追い付かない。。。
そして飽きっぽい私に続くわけがない。
つまり結果は何一つ得られていなかったはずなのです。

安く飲みたい!と
考えた私がいなければ
今の私はいないわけです。

う~ん
素晴らしい勇者だ(笑)

とはいえ、
ちゃんと知れば
リスクがないことはすぐわかります。

それはなぜか?を知ろうとしたことが
勇者たるゆえんだったわけですが。

いつでも勉強させてもらった体と潜在意識のことを
私もしっかりと伝えたいと思うし。

それには「聞く耳」を柔軟にしてもらうことだなって
そう考えています。

コンパスを持つ手が柔軟だと、
わくわく楽しんで思うままに円をかける
固いとそれは得られないわけで、

耳もそうなんだなぁ。
おんなじなんだなぁと、

そんな風に今思いました。

どうなったら「聞く耳」が柔軟になるか?
これに今興味津々

あ!タイトルがリスクマネジメントだった!

ま、いいか。





関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered