FC2ブログ

ハナレイ湾のドラゴン- Puff

Category : 旅と宿と美味しいお店の話
DSC_0192-s.jpg

カウアイ島へ行ってきました。

メインイベントともいえるナパリコーストボートツアーが
天候のせいでキャンセルとなって、
肩を落としてのハナレイ周りだったのですが

そこでPuff に会いました。

Puff とは、PPM(ピーター・ポール&マリー)がうたった
『Puff, the magic dragon』に出てくるドラゴンだそう。



そう聞いてすぐに
PPM時代ではない私でも(当時私は4歳)

パフザマジックドラゴン~♪
のドラゴン?

なんて思えるほどのよく知られた曲です。

また口ずさんでみて初めて、
この曲がドラゴンの歌だってことに初めて気が付いたというか、、お恥ずかしい!
(意味じゃなくて英語の羅列で覚えちゃってるからです💦)

日本では童謡として歌詞もついているんですね。
そうなったころには私はもう大人だったのかもしれません。
歌う機会がなかったので。

なのでほんとに

そうだったんだ!
という感じでハナレイ湾をみていました。

なるほどハナレイ湾の向こうは

ドラゴンが3頭
順に頭を並べた姿になっています。

その二番目がPuff

鼻先に手前の木がかかっていますが
つぶらな瞳が見えます。

DSC_0187 (2)_LI

帰ってきて歌詞を調べて

Puffの切なさが胸に迫るというか、、、

聞いてから行かなくてよかった。と思いました。

最初から知っていたら、
この歌詞ができたいろいろな経緯もすっ飛ばして

顎を伸ばして遠くを見つめるPuffに
なんと声をかけるべきか悩んだだろう(笑)と、、


これからは

この歌とあの姿はセットになって

わたしの中に横たわり、

ほんのり悲しいカウアイの夕暮れとともに
心に刻まれるんだな~と感じます。


に、しても!
ジャッキー・ペーパー!
友達ってのはそういうものか?
いいのかそれで!とつぶやきながら、、

そのあと、きっと会いに行った
そう思っていたかったのですが、、、

そうか、ある灰色の夜、
ジャッキー・ペーパーは

もうもどれなくなったんですね、、、

反戦歌だったんだ。この曲。

Puffの瞳が一層悲しげに見えてきました。

******

Puff, the magic dragon lived by the sea
and frolicked in the autumn mist in a land called Honah Lee.
Little Jackie paper loved that rascal puff
and brought him strings and sealing wax and other fancy stuff.

パフ 魔法の竜が海辺に住んでた
秋の霧の中 ホナリー島で遊んでた
幼いジャッキー・ペーパーは
いたずらっ子なパフが大好き
ヒモやロウなどオモチャ
パフのために持ってきた

Together they would travel on a boat with billowed sail
Jackie kept a lookout perched on puffs gigantic tail.
Noble kings and princes would bow whenever they came.
Pirate ships would lower their flag when puff roared out his name. oh!

二人は帆船で旅をした
パフの大きなシッポの上で見張り番
高貴な王様と王子様はおじぎをし
パフが叫べば海賊船は旗を降ろした

A dragon lives forever but not so little boys.
Painted wings and giant rings make way for other toys.
One grey night it happened, Jackie paper came no more
and puff that mighty dragon, he ceased his fearless roar.

ドラゴンは不老不死 けど少年はそうじゃない
ペイントした翼も大きな輪っかも 他のオモチャが良くなった
ある灰色の夜 それは起こった ジャッキー・ペーパーはもう来なくなった
あんなに強いドラゴンのパフなのに 力強い咆哮はもう聞こえない

His head was bent in sorrow, green scales fell like rain.
Puff no longer went to play along the cherry lane.
Without his life-long friend, puff could not be brave.
So puff that mighty dragon sadly slipped into his cave. Oh!

パフは悲しみでうなだれ
緑色のうろこは雨のように剥がれ落ちた
桜の道にも もう行くことはない
大切な友達なしでは パフも勇敢にはなれなかった
強いドラゴンのパフは 悲しそうにほこらへ帰っていった

Puff, the magic dragon lived by the sea
and frolicked in the autumn mist in a land called Honah Lee.

パフ 魔法の竜が海辺に住んでた
秋の霧の中 ホナリー島で遊んでた
関連記事

Comment

非公開コメント

AloeWingニュースレター(メルマガ)を発行しています。
134067341380713211169 - blog

身体と心と脳の働き、ダイエット 二つ目のお財布についてメルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓

メルマガ登録フォーム
まよです♪「aloewingメルマガ」は「心と身体と脳の働き」、そして「二つ目のお財布」についてアロエベラジュースを通して、お話しをしています。 +ダイエット版も購読していただけます。楽しくしっかり二つ目のお財布を持ちましょう♪(私の仕事であるネットワークビジネスのお話しも一部入りますのでご了解ください)
Email *
お名前 *
市区町村 *
都道府県 *
一般と一般+ダイエットを毎日曜日に交互に発行しています。どちらをご希望かチェックをお願いします。どちらも都度内容は違います。 *


* 必須項目
プロフィール

やまだまよ

Author:やまだまよ
やまだまよ
札幌在住、もうかなりいい年です。夫と二人暮らし。
趣味は早起き

1998年から精神世界と潜在意識に出会い

1999年スピ系HPを始め結構長く続けました

2001年4月40歳で4年生大学へ入学

2001年11月アロエベラを扱うフォーエバー社と出会いました。

2007年フォーエバーが取り持つご縁で点描曼荼羅と出会い、

2008年にHPからこのブログへ移行

2009年点描曼荼羅を描き始め、教え始めました。

2013年ネットで願いをかなえる点描曼荼羅画講座を開設

2015年一般社団法人マンダラユニヴァースとして発足、同時に講座タイトルを「宙を奏でる点描曼荼羅画」と変更しました。
(その間もフォーエバー社の仕事を継続して行っています。)

フォーエバーの仕事がなければ私は点描曼荼羅にも出会わず、社団の運営にも力が及ばなかったことでしょう。全ての力を与えてくれたアロエベラジュースとフォーエバー社に感謝しています。


好きな言葉:

右の道と左の道のどちらかに花が咲いているのではない。
自分が選んだ道に花は咲くのだ。

最近の記事
カテゴリ
リンク
私はここにいます^^
Facebook
  ↑↑↑↑↑↑↑↑ facebookのALOE-WINGに直行します。
一般社団法人 マンダラユニヴァースCA
代表理事をしております。
そらかな曼荼羅twitter
FC2カウンター
最新コメント
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも一覧

かわいいうさぎ”きなこ”のブログ ~最愛のペットを亡くして伝えたいこと~
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。