Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPアロエとか健康の話し ≫ アロエベラのちから 3

アロエベラのちから 3

アロエベラの持つ栄養素で

とても特徴的なもの。


それがビタミンB12です。

ビタミンB12は血液のビタミンと呼ばれ      
不足すると 悪性貧血、肝臓障害、神経過敏症、毒物不中和などの原因となります

実はこれ、今までは動物性食品にしか含まれないとされてきました。

それが、アロエベラの中から発見されたのはつい最近のことだそうです。


カリフォルニア大学医学部のアーノルド・フォックス博士によって行われた

菜食主義者の方たちへの調査の中で
なかでも非常に体調が良いひとたちに共通していたのが
「アロエベラを絞って飲んでいる、食用にしている」ということ。

それでアロエベラを調べてみたら、植物では持ち得ないはずのビタミンB12が発見された。
と言うことなのだそうです。

このお話も、八木先生の本から抜き書きさせていただきました。

本当にアロエベラは不思議な植物です(^^;)。


八木先生はそのほかにもこの
ビタミンB12が持つ効果をこのように書いておられます。


①アルツハイマー型認知症への効果
②貧血や悪性貧血への効果

動物実験で得られているコリンとビタミンB12の脳への効果があり。
アロエベラにはこのどちらも含まれている。

よって予防や改善に非常に期待される。と。


それだったらそれだけを入れたらより良いようなな気もするでしょうが、


思い出してください^^

アロエベラがもつのは「シンフォーニーオーケストラ効果」です。


身体が、食事を通してしかはいらない栄養素を使うときは全て
この「シンフォニーオーケストラ」の状態なのです。

1つのモノだけ突出してもうまく働かせることができません。


身体を大切にするなら。

栄養素は必要な種類を必要なだけ、
天然のままに補給してください。


後は身体がその力を発揮させるだけです^^。



*植物としてのアロエベラの効果のお話をさせていただいています。
 出典:『家族の健康を守るアロエベラ』 八木晟
家族の健康を守るアロエベラ ―症状別 こんなときに使う


関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered