Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPアロエとか健康の話し ≫ アレルギーと自己免疫疾患

アレルギーと自己免疫疾患

自己免疫不全、

つまり自分の高原質や細胞にまで必要のない攻撃をしてしまう疾患。

これが増えていますね。



◎自己免疫不全とは、攻撃しなくて良い細胞にまで攻撃をしてしまうこと
・膠原病や 橋本病、ギランバレー

マイケルが患っていた
全身性エリトマトーデスや尋常性白斑もこの自己免疫不全です。


◎アレルギーとは、攻撃対象は間違えてはいないのですが・・
必要以上に激しい攻撃をしてしまうことを指します。
・アトピーや花粉症

どちらにしても「免疫」を司るT細胞の不具合によるモノとされています。


このT細胞が不具合になる原因のひとつに

T細胞やホルモンの製造場所である「胸腺」の栄養素不足が考えられます。

*ホルモンの異常分泌が原因では?、と言われるくらいに
 自己免疫不全は女性に多いです。


「胸腺」が働くために必要としているのは、
バランスの良いミネラルとビタミンです。



自己免疫不全である膠原病やリウマチの方に栄養素補助がよいと言われるのも
そのためなんですね。



胸腺の働きをよくするには特に亜鉛は良いとされますが

ここでひとつ大切なことがあります。



私はいつもいつも「バランスが一番大切」と言いますが

それは、ある一定のミネラルばかりを入れると、
偏りが生じてまた不具合が生まれてしまうからです。


かといって、身体にどれくらいの亜鉛が必要なのか?は
その身体にしか分からないのです。


何が今必要で、何が要らないのか?
それを計算するのも身体です。


自分の頭や知識で判断はできないモノなのです。


アロエベラジュースという天然のジュースを入れることは

材料のすべてを身体に渡して
身体にその調整を任せる。ということです。


だから天然のバランスの栄養素が必要だと口を酸っぱくしているわけです。
*天然の栄養素の吸収率はケミカルなものと比べ物になりません。


体の機能・代謝・仕組みというのは、あなたや学者より数百倍利口です。

必要な材料さえしっかりと渡しておけば
要るもの要らないものを振り分け、必要な場所へ運び。
ちゃんと働いてくれるモノなのです。



胸腺とは、胸骨にしっかりと合わさった裏側にあります。
年齢と共にしぼみ、最後にはタダの脂肪となってしまうような不思議なものです。
10代はじめにピークの大きさになり、その後は退化していきます。


免疫細胞の司令塔でもある器官ですが
その働きは近年まで謎に包まれていました。

いまだに解明されない部分のある胸腺ですが


ここに送られる栄養素が健康なバランスであることが重要なのは
解明されなくても理にかなっているわけです。



又、栄養素に気をつけて食事を続けたとしても
改善していると分かるまで時間が掛かるのはしょうがありません。

胸腺が健康になりつつあっても
それ以前に作られ送られていたT細胞はまだ働こうと必死だからです。


栄養素による食事療法が、時間が掛かると言われるのも
身体の働きの理にかなっているから。


お友達のお兄さんは、アトピーの皮膚の状態が改善するまで
約一年掛かりました。

一進一退は繰り返しますが、体の状態が少しずつ少しずつよくなるのを
感じていてくれたから、続けてくれました。


身体に任せるというのはそう言うことです。



胸骨の辺りは、合掌をするときに手を合わせる位置にあります。
チャクラと言う考え方で言えば、「ハートチャクラ」の辺りです。
辛いことがあれば胸が痛むと言いますが・・・
本当に胸骨の辺りが痛くなりますよね?


胸腺の働きに、愛を持って感謝をしてみてください。
それは同時に「自分を愛する」ことにもなるのですから。



そして、天然の栄養素をたくさん渡して上げて下さいね。
最大値の働きと仕組みが動き出しますように(^-^)b

関連記事

Comment

編集
なるほど。
アトピー経験者としては、とても参考になるお話でした。
昔幼い頃、耳の後ろがよく切れていたのを思い出し、細胞矯正学で亜鉛不足と知りましたが、胸腺のことも思い当たる節があります。

これは私も、アトピーの友人も同じように以前病院の診察でそう言われたことがあります。
その友人も私も今は、アロエ商品のお陰さまで改善されましたが^^納得でした。
2009年09月13日(Sun) 15:52
編集
霞さん、コメントありがとう(^-^)

そうなの・・胸腺って注目したこと無かったなぁと改めて考えてみました。

そうしたら、沢山の事が分かりましたよ^^。

自己免疫疾患はやっぱり「ハート」に少し関係が有るかもしれませんね~^^
2009年09月14日(Mon) 07:22












非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered