Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPスポンサー広告 ≫ あるがままとなるがままTOP心と宇宙の話し ≫ あるがままとなるがまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

あるがままとなるがまま

「あるがまま」と言う言葉をはじめて聞いたのは

足立幸子さんの著作からでした。

読んだのはもうずいぶんと前、アロエにも出会う前です。

「あるがままに生きる」と言う言葉が新鮮で美しく思えたことを覚えています。


世の中のこと、自分の身の回りのことすべてを肯定して生きること
喜びや感動はどこにでもあること。
何かを探し求めてさまよう必要なんて無いこと。

そう書いてありました。


ほんとうにそうだなぁって思っています。


その本が出版されてからすぐに足立さんはこの世を旅立ち
「あるがまま」ということばが生まれてから15年が経ち。

一人歩きをはじめています。


そんななかでずっと気になっていることがありました。


今に感謝して生きる。

これを、現状の「分相応」に生きること。と捉え

人生が居心地が良いのか悪いのか、よく分からなくなっている。
そんな人を見かけるからです。


又、夢が叶わないとそうそうに見切りを付け
夢を見た自分を見放し、夢を見ることがなく今を感謝して生きていただけ自分の方を尊ぶ。
と言うバランスの欠いた状況に陥る。

夢を見ていた自分も
毎日の幸せに感謝していただけの自分も

どちらも尊いというのに。

夢を見ていた自分を責めるなんて、バカげています。


上りたかった階段を上れなかったからと言って、
登りたいと思った自分を諫める。

夢を求めることを、止めてしまっている。
「傷つきたくない」と言う言葉を「あるがままでいたい」と言う言葉に変換しているだけで。

それは「あるがまま」ではなく「なるがまま」と言います。


「あるがまま」と「なるがまま」は違います。


手元の馴染みのモノだけに囲まれ、そこに埋没することが「あるがまま」ではないのです。


夢を見てそれをつかみ取ろうとすることがまるで罪悪のように感じている
それって、バランスを欠いています。

もちろん夢ばかり追い求めることが良いと言っているのではありません。

夢をつかもうとすることは

他の何者かになろうとすることや、
上を見たから足下が見えなくなっていること、
走りすぎて自分を見失ってしまうこと

ではないんです。


「あるがまま」というのは、すべてを肯定した「ふるまい」です。

「なるがまま」というのは、すべてを諦めた「ふるまい」です。


感謝だけではなく、肯定だけではなく
まっすぐに自分を認めなさいということだと私は思っています。


感謝を忘れたとき、すべてのバランスは欠けてしまいます。


夢を見ないのではなく、

今の自分を今のままに生きる、自分に無理をしない。
今の自分に、周りのすべてに感謝して生きる。

そこに自分を活かしきる道がみえてくる。
それを感謝して受け取る。

「あるがまま」とはそう言うことだと思います。
関連記事

Comment

編集
私も同じだわ、足立幸子さん。
当時は足立さんの異次元のようにも思えた発想がとても痛快で、
そう~!!!とか心が小躍りする気持ちでした^^

今はまさに多くの人がその言葉を日常に当てはめて生きていますよね。

私もとても大事だなって思います。
流れて過ごすのか、流されて過ごすのか。
2009年09月14日(Mon) 18:54
編集
霞さん

わ~やっぱり~(^-^)

私達同じ所に「ツボ」があるんだわ~(笑)

そうですよね当時は本当に異次元の発想と思えたモノが、今こうして世界中に広がっている思想になっています。

流れて過ごすのと
流されて過ごすの違い!

うまいっ!!座布団一枚!!って・・(笑)
2009年09月15日(Tue) 15:38












非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。