Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP旅と宿と美味しいお店の話 ≫ 【小樽】天然温泉 灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽

【小樽】天然温泉 灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽

今回はビジネスではありませんが

ダンナと一緒に小樽の友人達との飲み会があり
帰りのことを気にするよりは・・と思い宿を取ってみました。

最近、温泉好きな私が一番に惹かれたのが
天然温泉付きのここのホテルでした。


ツイン21㎡で8.100円(1人4,050円・朝食無しプラン)と
価格の割にかなり広めなので即決定♪

昨年8月にオープンしたので建物もまだ新しいから
「安っぽくてもOK」位に思っていたのですが

内装はコンセプトが大正ロマンだそうで

CA6XRBTS.jpg

 ↑
部屋に入ってからベッドルームの手前にはこんな引き戸があって仕切られています。


CA80ZDOG.jpg

その引き戸の手前が
左手にトイレとシャワーブース(バスタブはありません^^)
右側にこの洗面台がありその下に冷蔵庫やアメニティがあります。

CASQ1FMW.jpg

窓側からベッドと入り口の方向を写しました。


CAQO4SFN.jpg

反対に入り口方向から写しました。
2人掛けくらいのカウチソファーとテーブル 対面に32くらいの液晶テレビ
ベッドの足下には大きめの空気清浄機・加湿器があります。

テレビの下の棚にポットやマグ・ティーカップ
フレーバーティーのサービスが8種類(どれもすごく美味しかったです!)
ドリップコーヒーバッグ×2 煎茶×2


HPの感じからはビジネスホテルのカテゴリーだと思いましたが、

とても居心地の良い落ち着いた空間と設備に本当にビックリしました。

観光観光もしていないし、キッパリビジネスとも言わない。
もちろん温泉ホテルでもない。

そんなコンセプトで作られているんですね^^


温泉も半露天(景色はありません)に2つ、中に2つ浴槽があって
洗う場所も1つ1つ仕切があります。

脱衣場・ドライヤーブースもとてもお洒落で、
ランドリーブース完備。

小~中規模の大きさですが
温泉メインでもないので混雑もなく静に落ち着いて入れました。


温泉自体は掛け流しではありませんが・・
とてもやわらかくて気持ちの良いお湯質でした。


嬉しかったのは(笑)
シティホテルなのに温泉ホテルや施設のように、スリッパ・部屋着で
温泉まで移動できる事(温泉・レストランが部屋着可能)でした。



温泉があるので使用しませんでしたが、シャワーブースも広くて清潔でした。


この金額でこのサービス内容は
小樽だからだよなぁ~と思いました。


ビジネスで出向くのは大きな都市ばかりでしたので
この価格でこれって信じられないわけです。


金額と内容が伴わない所も結構ありましたから

今回は一層感動してしまいました^^。



これから小樽で飲むときはここに泊まってゆっくりしちゃおう♪
そう思いました。


【場所】
小樽駅正面(徒歩1分)



【選んだポイント】
・天然温泉が楽しめる
・価格が安い(宿泊プランが多い)
・価格の割に21㎡と広いツインルーム
・運河からも徒歩10分くらい
・新しいホテルなので綺麗



【結果】
・部屋はお洒落で綺麗
・イオン空気清浄機・加湿器があってベスト
・手前バスルームとベッドルームに仕切があって落ち着く作り
・コストパフォーマンス最高
・カウチとテーブルがあって余裕がある
・アメニティはシャワーブースにPOLAのシリーズ
 洗面台にハンド&洗顔フォーム
・タオルセットの他に「ボディウオッシュタオル」がある
・スリッパが気持ちよかった(笑)
・部屋着で温泉・レストラン使用可
・フレーバーティーが最高に美味しかった↓
 http://www.hotespa.net/business/information/harbtea/
・温泉もすごく綺麗でゴージャスな感じだった♪
 ph_pt01.jpg
・温泉のアメニティは資生堂「THUBAKI」シリーズでgood


【部屋カテゴリー】
3Fツインルーム 21㎡ 
大通りを挟んだ向かいのビルしか見えません。
ロングステイプラン14時チェックイン 12時チェックアウト

このホテルはあまりカテゴリーはなく
ダブル15㎡もツイン21㎡と言うくらいの違いしかありません。

そのほかにカプセルタイプの宿泊施設があるようです。


満室の様子でしたが、防音もしっかりしていたように思いました。
隣の音も聞こえず静かでした。

食事はチェックイン時に決めようと思っていたら
朝食券が売り切れましたと言われました。

朝食付きを選ぶか、予約時に追加しておくことをオススメします。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered