Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPアロエとか健康の話し ≫ アロエの味の感じ方

アロエの味の感じ方

ず~っと気になっていたことなのですが。


アロエジュースの味についての感じ方って100人が100人違うんです。


「全然平気」と言う人
「それどころか美味しい」と言う人
「ダメ!これ飲めない!」と言う人
「美味しくはないけど飲めなくはない」と言う人
「匂いがどうしても気になる」と言う人

本当にそれぞれ違う感想をくれます。


これらの違いはなぜ生まれるんだろうか?
いつもそう考えていました。



大体私は最初の一口から「うわぁ~太陽の味がする♪身体に沁みる~♪」って喜んだ人で(笑)
ホンのひとかけらも味や匂いについて気になるところがありませんでした。

なので

最初の頃「この味ダメ!」と言われたときに

「??????なんで?」って本気で訝しがりました。

断るために大げさなのかな?って。


だって

1番最初に薦めてみたOさんは何ともなかったし
2番目のKさんも思ったより美味しいって言ってくれてたので


味や匂いが問題になる人がいると言うことが本気で分からなかったんです(^^;)



ただ・・・私の父も「なんだこれは!!!!」と七転八倒(爆)

元々野菜嫌いだから仕方ないとは思っていても
なんでこの人はこんなに大げさなんだろうか?

そう思いました。(^^;)



大抵の方はジュースなど割って飲んでいくことによって感じ方が補正されて

アロエジュースだけでも美味しいと思って飲んでくれるようになります。

結局父も今は美味しいと思って飲んでくれているようです^^


と言うことは実証によって

「味の感じ方は変わる事がある」と言うことが言えるんですよね(^-^)b



そこで気になっていたこと。

私達は全ての食べ物について「違う感じ方をしている」ということ。

根本的に違うセンサーを持った味覚装置をもって
例えば1つのお料理を評価しているンだと言うことです。



これってすごい発見だと思って(笑)

私の中では重要な位置を持つのですが


多くの人は私がそう言っても

そのすごさに気が付いてくれません(^^;)




私はアロエを飲むようになってから8年ですが
4年目くらいから自分の変化に気が付いてきました。

・インスタント食品が食べられるものと食べられないものに別れてきました(^^;)
 ダメなものは脳味噌のどこかで「不快」と言う信号を送ってきます。

・どうしても長くいられない建物があります。
 塗料や糊料が安全なものではない建物がすぐ分かるようになりました。
 (これらを吸うと口の中の粘膜に一枚変な膜が掛かるんです。それがセンサーです)

・一般のタバコは吸えません(^^;)
 無香料・無添加・無漂白・糊料を使わないアメリカのメーカーのものしか吸えません
 じゃぁ吸うなって話ですけど(笑)
 葉っぱの量を少なくしても落ちてこないように普通のタバコは糊剤(糊料)でくっつけてます。
 その糊料が口の中の粘膜に又違う膜を作るのでものすごく不快になります




これらの信号は体に悪いものを身体が教えてくれているということで

極微細なこの信号をつかめるように身体が変化していったことを意味します。

それまでは「身体が出している信号に気付く事がなかった」

「騒音がうるさくて小さな話し声が聞こえない」状態だったんだなぁと思っています。



となると。
私はこう思うわけです。


アロエの味が補正されていくことって味覚器官も補正されていくことでは?

ちなみに犬や猫もアロエが大好きな子達は沢山います。
動物の嗅覚が鋭いのは、危険を回避するためですから、
飲まないのであれば危険なわけです。


私の場合最初から美味しく、補正されたわけではありませんが

上記に揚げた口腔内の変化で空気の科学的汚染度が分かりますし
科学的な調味料で身体に合わない物は脳が受け付けません。

それと共に食事の際の味覚はより敏感になったと思います。




みなさんが感じている味は一人一人の特質ですから

それを貴重に思うのもある意味間違っていませんが

それが多くの人にとっても共通のものだという認識は間違っている事を知っておくと良いかもしれません。



アロエが美味しく感じられる頃

あなたの体の中で素敵な変化が沢山起きてくる頃かも知れません^^
関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered