なるほどこれが「シータ波」ね(^-^)b

Category : 心と宇宙の話し
ここ1週間、お仕事で出ずっぱりでした。

私の仕事は「楽しむこと」がメインなので、最高の日の連続でしたが

さすがに最終日お友達を見送ったら。

眠い・・・
眠いったら眠い!(笑)

ダンナを駅まで見送りに行くまで、30分くらいしかなかったんだけれど
少しでも眠れば違うからと思って眠ることにしました。



また、「眠るだけでは勿体ない」と思って。
最近手に入れた、サブリミナルと潜在意識のCDを聞くことに。

「サブリミナル」がちょっと恐かったんだけれど(^^;)
*下手なもの入れたら出すのが大変だから

まぁちょっと試してみましょう。位の気持ちで手にしました。


目覚ましかけて、CDかけて。さぁ眠りましょう。


あっという間に眠りに落ち
途中でふと目覚めました。

すると・・・

脳の中がなんだか不思議なことになっていました。

表現するのはすごく難しいのですが


真っ白い雲のようなものが
川のようにさーさーと流れていて
そのさーさー言う音もCDとは又別に耳の奥で聞こえています。

とにかく下へと際限なく流れていて

なんというかとても気持ちがいいんです。


へ?なにこれ?等と思いながら

それが消えてしまうのは勿体ないので
静かにさーさーとした流れを眺めていました。

半分眠っているので目は瞑っているのですが、
自分が要る場所は昼間の「雲の中」の様に感じられました。



そこで残念なことにケータイが鳴り
わたしの半覚醒状態は途切れてしまいました。


ぼーっと起きましたが
不思議とスッキリ感がありました。


そして「今のあれはなんなんだ?」と考えました。

しばらく考えて


あ、そうか!シータ波に働きかけるCDだから、あれはシータ波の流れなんだ。
と、納得。

それはそれですごいや!と。


それからちょこちょこ試していますが。

これが面白い!

眠りに入る寸前にシータ波!と思うと、その時と同じ流れが見えるようになったんです。


なのでせっせとそこに自分の欲しいカタログ写真を投入しています。

さて(笑)どうなることやら^^


あ、そうだ!

じつは最初に聞いたときからへぇと思ったのですが
私の場合

・赦しのメッセージでは喉の辺りが詰まった感じがします。
 その詰まった感じが解消されていくといいんだろうなと思っています
・お金と豊かさをもたらすメッセージでは丹田(第2チャクラ?)が熱くなりました。
・オープンな自分の実現では胸(ハートチャクラ)が温かくなります。

まだあまり回数を聞いていないので。
検証はまだまだですが^^

良いご報告ができそうな予感がしています(^-^)b






関連記事

Comment

非公開コメント

AloeWingメルマガを発行しています。
134067341380713211169 - blog

身体と心と二つ目のお財布について月に2回
ダイエットについて月に2回
メルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓

プロフィール

やまだまよ

Author:やまだまよ
やまだまよ
札幌在住、もうかなりいい年です。夫と二人暮らし。
趣味は早起き

1998年から精神世界と潜在意識に出会い

1999年スピ系HPを始め結構長く続けました

2001年4月40歳で4年生大学へ入学

2001年11月アロエベラを扱うフォーエバー社と出会いました。

2007年フォーエバーが取り持つご縁で点描曼荼羅と出会い、

2008年にHPからこのブログへ移行

2009年点描曼荼羅を描き始め、教え始めました。

2013年ネットで願いをかなえる点描曼荼羅画講座を開設

2015年一般社団法人マンダラユニヴァースとして発足、同時に講座タイトルを「宙を奏でる点描曼荼羅画」と変更しました。
(その間もフォーエバー社の仕事を継続して行っています。)

フォーエバーの仕事がなければ私は点描曼荼羅にも出会わず、社団の運営にも力が及ばなかったことでしょう。全ての力を与えてくれたアロエベラジュースとフォーエバー社に感謝しています。


好きな言葉:

右の道と左の道のどちらかに花が咲いているのではない。
自分が選んだ道に花は咲くのだ。

最近の記事
カテゴリ
リンク
私はここにいます^^
Facebook
  ↑↑↑↑↑↑↑↑ facebookのALOE-WINGに直行します。
一般社団法人 マンダラユニヴァースCA
代表理事をしております。
そらかな曼荼羅twitter
FC2カウンター
最新コメント
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも一覧

かわいいうさぎ”きなこ”のブログ ~最愛のペットを亡くして伝えたいこと~
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。