Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP心と宇宙の話し ≫ 武田鉄矢の勝海舟を見ていて

武田鉄矢の勝海舟を見ていて

NHKの「龍馬伝」を見ていて

武田鉄矢っていい顔になったなぁ~~~って
しみじみと思いました。


「海援隊」というフォークグループは
私が14歳の時にデビューして

なんかべたっとした髪の毛と大きな長い顔、短い足
フォークミュージックだとしても
あり得ない感じの男性でした。(本当に失礼な物言いですが(^^;))


金八先生の時は
そのままの彼を活かしたものだと思いましたし
大好きでよく見ていました。


それからの彼は個性派俳優として絶妙な役に就いていきました。


「海援隊」というグループ名が
坂本龍馬にあやかったモノだというのは
その当時から知っていたけれど

「龍馬」自体に疎い私は(^^;)
その話にもあまり興味が無かったのです。





でも今、「龍馬伝」を見ていて

龍馬が何をしたかったのか?

どんな時代をどう生きようとしたのか?が分かってきて


その上で「勝海舟役」の彼を見ると
すごく感慨深く感じるんです。


TVドラマの中で名演技を見せる彼は

40年近く先に
まさか「勝海舟」の役を自分が演じるだなんて全く思わなかっただろうとおもうんです。



不思議ですよね。


彼は音楽で低迷しているときに
山田洋二監督に拾われ「幸せの黄色いハンカチ」と言う映画で
役者デビューしました。

オファーを受けたのだって
仕事が無かったからと聞いたことがあります。


そう考えたら

どんなものが彼をここまで運んだのだろうか?って考えてしまうのです。


結果論ではありますけど



絶対的に好きで憧れているものがあり。

それとは別に、流れに任せて一生懸命取り組んでいたら

その好きなモノの存在に近づき、ここにたどり着いた。


彼の勝海舟には

だからとても惹かれるんだと思います。



私だってあなただって

きっと同じなんです。

10年後に

どこにいるか?を決めるのは「思い1つだけ」です。


そう思わせてくれる「勝海舟」でした。









関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered