Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPフォーエバーの話し ≫ 何故私はアロエベラに出会ったんだろう?6

何故私はアロエベラに出会ったんだろう?6

「中野裕弓さん」


すごく間が空いてしまっていて
自分でもこの続きがかけるのはいつだろうか?なんて思っていました。

続き書かないの?と言われることも少なくなってきたいま。
そのタイミングがやってきたようです^^


当時はまだ「江原さん」等もいらっしゃらず
スピリチュアルと言う言葉は、関係者界隈でひそひそお話ししているような感じでした。

そんなときに知人に誘われたのが
「以前、世界銀行にお勤めされていた、中野さんって女性の1日セミナー」

それまで読んでいた本の影響で、精神性や自分の魂や宇宙そんなモノがぐるぐる回っていた私は、この「中野さん」のセミナーで本当になりたい自分、実現したい自分の魂というものに意識が向きました。



「このままではイヤだ!」と燃えるような思いを持ったのです。

あんなに好きだと思った仕事も、こうして自分の変化によって色を変える。
もうここから飛び出さなくちゃイケナイ!そう心の底から思ったのでした。

中野さんのお話はわかりやすく
「ウメちゃん」とよぶ、自分本来の魂は生まれてきた意味を全うしたいと思っている。

しかし、あれはダメだ、これはダメかも、という社会の中で勝手に身についた思考で
それらの邪魔をしている。

結局はこの思考が、あなたの人生に起こる「幸せじゃないこと」を引き起こしている。

どうしてか?というと、本来の道へ連れ戻す気づきを与えるため。

なのにほとんどの人はその要らぬ思考の方を「自分」だと思って人生を終わる。と。
1日かけて行うセミナーだから、本当にかいつまんでなんですが



* 本当に好きなことをしていたらお金は絶対に付いてくる

この言葉が一番私に響きました。


大好きだった仕事は、もう、自分のためではなく、
お金やしがらみ(自分が勝手に作っているんですけどね)のために行っていましたから

だからこんなに今辛いんだ。と納得できたんです。




「まず仕事を辞めよう」
何かを準備してからではなく、条件が整ってからでもなく「今、仕事を辞めよう」と思いました。

そうでなければ私は60になっても70になっても、条件が整うのを待つはめになる。
そう思ったんです。


そこで考えました。

「私が本当に好きなこと」ってなに?

でも、すぐに口に出して言えるような「好きなこと」はありませんでした。


中野さんはその時こう仰いました。

「本当に好きなこと」というのは
・ いくらやっても飽きないこと
・ お金を払ってでもやりたいこと
・ 時間が経つのが分からなくなるほど熱中できること


数日考えて、見つけました。というか思い出しました。



私は「レポート」を書くのが大好きだった。ってこと。
休みの日にNHKの録画したドキュメンタリーを見ながらそれを、レポートにするんです。

ギョウザを売っている派遣店員が何のためにレポートを書いているのかと言えば、
誰に見せるわけでもなく「自分の満足」のためでした。


前にも書きましたが、自然紀行とか動物ものとか、私はドキュメンタリーが昔から好きで
いつもそれを見ては感動を覚えるのですが、
どんなに感動しても、1週間経つとその地名や動物の名前、山の名前。がでてこないんです。(^^;)
なんだかいつもそれが悲しくて。

どんなに感動してもこれじゃ人に説明できないし、感動の意味が無いでしょ!
そう思っていてはじめたことでした。

綺麗なレポートが出来ると嬉しくて、心からニヤニヤしていました(笑)
それは私にものすごい満足を感じさせてくれていました。


時間を忘れて、熱中できて、いくらやっても飽きない。
そんなものは、この「レポート」だけでした。


「そ・・それをやって、どうなる?」思わず自分に突っ込みましたが


・ お金を払ってでもやりたい事…って中野さんは言っていよなぁ~



「お・・思い出した!!!私大学へ行きたかったんだ!!!」

私はすっかり忘れていた「社会人学生になる夢」を思い出してしまったのでした。



私はどうしてアロエベラに出会ったんだろう 7へ続く













関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered