ANAでバリ島に行ってきました①

Category : バリ島ばなし
今まで バリに行くとしたら

早朝新千歳をでて関空へ 午後に関空からバリ島へ直接とんでいました。

そうすると、到着が23時位なのですが
1日の中で移動ができるんです。

到着したらもう寝るしかない時間ですが、それでも地方からバリに行くには
時間的に最高だったのです。

ところが、JALがこの路線を辞めてしまいました。
昨年の10月のことです。


さて、今後はどうやったらバリに行けるわけ?

色々と考えていました。

主要都市から行ける方は
「ガルーダインドネシアで直行」ができますが
これは午前中に飛ぶため、新千歳から行くと間に合わなくてどうしても前泊が必要です。

「ガルーダインドネシア」は国内航空会社となにも関係ないので
札幌-成田・関空・名古屋との往復は、割引対象にはなりません。

ガルーダチケット+札幌往復+前泊宿代 と言う計算です。


又はHISなどで出している新千歳発バリ島格安チケットのように
新千歳からでて
韓国の仁川の乗り継ぎ(大韓航空)
台湾の乗り継ぎ(中華航空)
で、直行バリ島と言う方法。

これは新千歳から海外へでてしまうので、格安です。
でもどちらも乗り継ぎ地で前泊か後泊が必要なようです。

中華航空だけは乗りたくない・・・
そんな私には何とも選びづらいわけです。


で、チャイナエアラインだと59800円
大韓航空だと68800円ですって
これに8000円のサーチャージ+空港使用料かな?
JALのどういう乗り継ぎか分からないけど76000+サーチャージ11000円


そんななかでANAがジャカルタ就航記念キャンペーンを始めたわけです。

それが「バリエコスペシャル」

これがサーチャージ・空港使用料(多分2700円くらい)込みで49000円
+新千歳往復で+10000円

合わせて59000円

びっくりするほど格安でこれに成田泊3000+羽田成田間往復6000円を乗せても
68000円だったわけです(笑)

ね?安いでしょ?

んで12月31日までの限定発売。
それ以降のキャンペーンチケットは買えないと言うことで

本気で行こうと
あれこれ悩んでいる最中の私には
最高のギフトだったわけです(笑)

ANA=安心・信頼できる。余計な心配はしないで済む。

そう思ったんですね(^^;)


結果 ライオンエアーというインドネシア国内を回っている航空会社の
ぶっかぶかの大きいシートというだけのビジネスシートに乗ることができました(笑)

こんな経験はなかなかできないと思います(^-^)b



ということで、ANAでのバリ島がどんな行程だったのか
詳しくはまた明日♪




つづき→ANAでバリ島に行って来ました②
関連記事

Comment

非公開コメント

AloeWingメルマガを発行しています。
134067341380713211169 - blog

身体と心と二つ目のお財布について月に2回
ダイエットについて月に2回
メルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓

プロフィール

やまだまよ

Author:やまだまよ
やまだまよ
札幌在住、もうかなりいい年です。夫と二人暮らし。
趣味は早起き

1998年から精神世界と潜在意識に出会い

1999年スピ系HPを始め結構長く続けました

2001年4月40歳で4年生大学へ入学

2001年11月アロエベラを扱うフォーエバー社と出会いました。

2007年フォーエバーが取り持つご縁で点描曼荼羅と出会い、

2008年にHPからこのブログへ移行

2009年点描曼荼羅を描き始め、教え始めました。

2013年ネットで願いをかなえる点描曼荼羅画講座を開設

2015年一般社団法人マンダラユニヴァースとして発足、同時に講座タイトルを「宙を奏でる点描曼荼羅画」と変更しました。
(その間もフォーエバー社の仕事を継続して行っています。)

フォーエバーの仕事がなければ私は点描曼荼羅にも出会わず、社団の運営にも力が及ばなかったことでしょう。全ての力を与えてくれたアロエベラジュースとフォーエバー社に感謝しています。


好きな言葉:

右の道と左の道のどちらかに花が咲いているのではない。
自分が選んだ道に花は咲くのだ。

最近の記事
カテゴリ
リンク
私はここにいます^^
Facebook
  ↑↑↑↑↑↑↑↑ facebookのALOE-WINGに直行します。
一般社団法人 マンダラユニヴァースCA
代表理事をしております。
そらかな曼荼羅twitter
FC2カウンター
最新コメント
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも一覧

かわいいうさぎ”きなこ”のブログ ~最愛のペットを亡くして伝えたいこと~
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。