Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPバリ島ばなし ≫ アメッドでシュノーケリング

アメッドでシュノーケリング

ss-P1060917.jpg  ss-P1060911.jpg ss-mi.jpg

写真はビーチでおじさんが売ってるジュクン(船)のおもちゃと
カデにの手にしがみついてる私。
嬉しそうに手を挙げている妹とカデね^^


1つご協力をば→ 夢ブログランキング



私はほぼ泳げません(^^;)

なのでこの日のシュノーケリングは
前日からとても気が重かったわけです(笑)

でも2人の妹たちは楽しみにしていたようです。
「あ、そうなの・・・」と言った感じで意外でしたが(^^;)


そもそも、私のバリ旅のスタイルは「あまり動かない」と言うことで
どちらかというと空気と景色が楽しめればOKなんですが

初めての姉妹旅と言うことで
いろいろと「いつもはやらないこと」を予定しました。

「シュノーケリングはやるべき」
「泳げなくても大丈夫」と強く友人が薦めてくれたので

そうだよね~アメッドは何もすることが無いから
私はそれで良いけど妹たちは退屈するだろうなぁと思い、頼みました。


朝9時にカデが迎えに来てくれて
車で出発。

15分ほど走ったでしょうか?
空は相変わらずどんよりしていて、海も暗く見えます。


で、到着してシュノーケルを選ぶときにハタ!と気が付いたんです。

メガネをしたまま水中メガネは無理でしょ!!って事(^^;)

昨年まで何十年も私はコンタクトレンズで過ごしていたので
そんなことにも気が付きませんでした。

裸眼で0.03と0.02
な~~~~~~~~~~~~んにも見えません!!


しかし、メガネの上から水中メガネなんて全く無理。

しぶしぶ、眼鏡を外して、眼鏡を掛けましたが

何も見えていない上に
初めてのフィン・初めてのライフジャケットでロボット状態(ロボットに失礼だわ)

砂浜からすでにカデに手を引かれ後ろ向きに歩く私の姿(フィン着けてるからね)は

まるで・・・楢山節考。(失礼、知らない人の方が多いよね・笑)


いよいよ海に入っても
今度はうまく口から呼吸ができない私。・・・・・・・・・へタレです。


インストラクターのカデの従兄弟が妹2人を連れて
沖へいくのが気になって気になって。

どうやら妹たちはきゃぁきゃぁと楽しんでいるようですが
妹たちも泳げません(笑)

あのあたりが深いのか浅いのかも分からないので
何かあったら、大変!ってそのことの方が気になるわけです。


カデも沖が気になっている様子で
私は何を見るでもなく(^^;)早々にギブアップさせて貰いました。
「カデ、私は上がるから妹たちをお願い!」というと。

「分かった。」って、すごいイキオイで泳いでいくカデ。


は~~!良かった良かった♪
水中メガネとフィンとライフジャケットから開放~♪

雨が振っていたので、荷物を避難させてくれていた叔父さん達と
バレで一服(笑)

たどたどしいイネ語で世間話をしながら妹たちを見ていました^^


しばらくして戻ってきた2番目は大興奮です。
サンゴやエンゼルフィッシュ、ニモ(カクレクマノミ)がすぐそこで大群だ!って。


3番目はそこまで戻ってきていますが、海から上がろうとしません。
1人で楽しんでいる様子。

それを見ていたカデが「5000ルピアある?」「パン」というので
何のことか分からなかったんだけれど

後ろのレストランからパンを買ってきて浅瀬にいる3番目の所に魚を呼んでくれようとしたのね。

そしてそれを従兄弟は「そんなコトしてたら、時間掛かるしそこまでしなくてイイッテバ!」と
怒鳴っているようでした(ええ、ニュアンスがそうなんです・笑)


小さな袋にパンをいれたカデが走って戻ってきて
5000ルピアを私に返して寄越しました。タダで貰えたから・・と。

そして慌てて浅瀬の妹へと駆け寄り、妹の「わぁ~~!」と言う声が聞こえました。


ずいぶんと楽しんで3番目も上がってきて

さぁもう帰ろうよ!って気分の私にカデが

「ちょっとだけ行ってみないか?すぐそこで大丈夫だから!」って。
カデは優しいね~~~^^

これにもカデ従兄弟は小さな舌打ち(笑)写真はピースしてるけど
ss-itoko.jpg


妹たちも、口から深呼吸が一回できたらそのまま行けるから!とか
水中眼鏡がレンズにもなっているから魚は見えるはず!」って
とにかく行ってこいと私に言うんですよね。


ん~~~じゃちょっとだけ。と

ライフジャケットもフィンも着けずにシュノーケルを銜えて海に入りました。


あら、できるじゃないの。。。。(笑)

ss-P1060909.jpg


と言うことで私もほんの少しだけ、ニモやエンゼルフィッシュを見せて貰いました。

多分もう大丈夫!←オソイッテバ!



足がガクガク~~~~~!!いっや~サンゴ綺麗だった!!
と大騒ぎの妹たちを連れて、ホテルへ送ってもらい

お昼ご飯はとなりのディープブルーへ

軽い疲れで放心状態(笑)
皆一気に静か・・・・
P1310124.jpg


午後はマッサージのお時間

部屋のテラスで1時間たっぷりマッサージして貰い
1人8万ルピア(800円)&チップね^^

syuusei.jpg


このあたりからずいぶんと晴れてきたんだけれど
部屋から移すとどうしても暗くなっちゃう写真で残念でした~。


で、夕食もディープブルー
もうめんどくさくて、考えるの(笑)

案の定ほんのちょっとの距離だというのに
帰り道は真っ暗!
足下何も見えません(^^;)

もうひたすらに前に進んでホテルに到着したものの

階段は途中までしか、ライトがツイテナイじゃないの!!


悩んだ末に、カメラのフラッシュを焚きながら
部屋へと戻ったのでした。

こんな感じ(笑)→ss-P1310135.jpg

ようやく部屋についたら

今度来るときは懐中電灯が必要だね。って妹。

(;・∀・) え?来る気?


つづき→バリサファリパークへ突入
関連記事
バリ島ばなし | Comments (4) | Trackbacks (-)

Comment

編集
最高に、面白いですっv-10
アメッドとかロビナとか・・・
無性に惹かれます。
ちょっと日帰りでは、無理な感じがまた憧れます。
2011年02月21日(Mon) 18:32
編集
まうまうさん(^-^)ありがとうございます!
嬉しい!楽しんで貰えて幸せです~!

今度はロビナ方面狙っていますよぉ~(笑)
すごく暑いんだそうです!\(-_-;)

ん~日帰りはキツイかもです。
せめて一泊^^お薦めです!
2011年02月21日(Mon) 21:36
編集
バリであそんでる日本じんって なんかちょっといやです 金を落としてく日本人ってなんだかちょっとバカッぽっくて    ね

          

2011年02月23日(Wed) 00:22
編集
kai さん、初めまして
ん~どこを突っ込んでレスすればいいか(^^;)微妙なコメントをありがとうございます(笑)

落とせるお金があるなら落とせば?と思いますしね(だって最近あまり見かけない)。

ただバリ島の文化や生活に付いて少しだけ調べてくると、旅は又違った味わいになるとは思いますね^^
2011年02月23日(Wed) 06:25












非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered