Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ 小樽市銭函の風力発電計画

小樽市銭函の風力発電計画

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/feature/hokkaido1231810114276_02/news/20100419-OYT8T00378.htm


昔、学の授業で、「風力発電の廃棄物」を考えると地球にとって
それはまったくクリーンではない。と教授が仰った。
バードストライクも含めて、これからの電力にはなり得ないって。


風力発電の低周波の唸り・・・

それを考えただけで、具合が悪くなりました。

あかん、それは人間をダメにする。←思わずつぶやいたワタシ。




昔、って12年ほど前

バリ島のアメッドという西部の村に滞在したとき

「地球の回る音がする」という名言を残したワタシだけれど・・・\(-_-;) オイオイ


当時アメッドには電気が来ていなくて・・

泊まった宿は夜9時になったら「自家発電」が切れるので
各バンガローに子供達が「カンテラ」を届けに来てくれたんです。


そして9時

ワタシの耳ははっきりと、「発電」が切れた音が分かりました。

それまで唸りの中にいるから分からなかっただけで

唸りが切れた瞬間

それは訪れました。   そう・・・「無音(というか「無唸り」)」が訪れたんです。


あれにはワタシ本当に驚きました。

だって、身体がものすごく「ほっ」としたのが解ったんですから。



唸りのない中の自然の音はそれはそれは素晴らしいモノでした。

波の音も、風の音も。
体の中の音も。
全く違う響きを持っているように思えました。



今はもう朝からズンズカとどこからか音楽が聞こえるようなアメッドですが



あの、「無音」は今でもワタシの奥底にあります。



と考えていくと。

現代の中の色々な事象が、こうした低周波音の影響のあげくだったとしても

驚かないかな?ワタシ。




そうそう、思いだした。

昔弟夫婦が2階に住んでいて、私らが1階に住んでいたときのこと

いつもは聞こえない唸りが頭に響いて眠れず。
「なんなの?この音??」と探しまくったあげく2階の扇風機の音では?と考え

翌日聞いたら、暑くて点けたまま寝た・・と。

以降、夜中の扇風機禁止を言い渡したことがあったっけ。


あれはたまらん。
絶対どこか変になると思う。

扇風機に当たってる人間には解らないことなんだよな、これが。



エコキュートの方 エコキュートにしようとしている方も要注意でっせ!!

風力発電とエコキュート
新しい低周波音被害
関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered