Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPアロエとか健康の話し ≫ 右と左の体温差

右と左の体温差

今まで知らなかったんです~~~。

う(T^T)~~ 反省してます(T^T)


最近、アメブロで私の先輩の元薬剤師さんが
不妊についてのコミュとか子供の成長に関するサイトを立ち上げて

そこに参加している方からいろいろとその方面を見ていたら


「左右の体温差が5℃以上あるときは、自律神経が乱れているので
それを補正することも大切」とあって。


測ってみました。


あったじゃないですか・・きっかり5℃。・゜゜・(>_<)・゜゜・。

でもそれが早朝で
昼ごろ測ったら3℃でした。セーフかしら?


私の場合体が右に偏っている(筋肉含め)から左の体温が低いのだそうで。
思い当たる節があるあるあるある~~~~~!


それで思い出したのが

ゆるゆる体操。

確かにあれは両方が緩み、体の歪みを補正できる
つまり、体温差がなくなる→自律神経が整うってこと。

初心に戻って。ちゃんとやろうと思いました。



で、考えたのが

アロエ飲んでてこれってことは
飲んでなかったらどうなっていたのか?ってことです(^_^;)

私は皮膚がんもやりましたので(17年前)5年間は保険に入れませんでしたし

卵巣嚢腫が捻転して1個と半分の卵巣を切除しました(29年前)
その時の後遺症で腸の癒着が激しくて

考えてみれば、昔
腸が動くようなことをすると突然、目の前が真っ暗になるほどの痛さが襲って
星が見えるってこのこと?って思っていましたが
いつの間にかそれも一切なくなりました。

卵巣摘出のおかげで、37歳の時には
エストロゲン数値がすでに「更年期の数値」でした。

でも、のぼせもなければ、多汗もありませんし、
不定愁訴ももちろんありません
(細胞強制医学などで体に関する基礎知識があるせいかもしれません)。

白髪染めも今まで一度もした事がありません。

最近になって半年に一回ヘナをするくらいですが
インディゴを使わなくても真っ赤にはなりません(つまり白髪が少ない)

で、肩こりが辛いということもあまりないんです。
肩がこらないということではなく、感じないタイプだと思います。☆ヽ(▽⌒) 

頭痛は全くないですし

風邪もインフル位の大きなものは1週間かかりましたが
それでもこの10年で3回あるかないかです^^

普通の風邪は2日で全快します。

ひかないのが大切なのでなく、ひいても体力勝ちできることが大切です。




問題は作るのが好き食べるのが好き。で
身体の許容量を超えて食べてしまい、太りやすいってことでしょうか(^_^;)
もちろんホルモンも関係ありますが。

↑↑↑↑↑↑
これについてはようやく腰を上げました(笑)

ちょっとやれば痩せる、と思っているので、それで余計手を付けない状況でしたね(^_^;)
反省しています。

もともと私の母は165センチ80キロという
肝ったま母さん系

父系は骨太がっしりタイプ(叔母たちもみんなそうだ(T^T))

なので、妹弟はみんな太りやすくがっしりしているわけです(笑)

言い訳にはなりませんが、肩幅の狭い人を見ると羨ましくて羨ましくて(T^T)



とまぁ、39歳で亡くなった母が、肩こりで頭痛もちでいつも辛そうだったことを思い出すと。

今だったらしてやれることがたくさんあったのに・・って思います。


そんな私も4.5年は大した量が飲めていなかったわけですから
続けることの大切さをいやってほどかみしめています。


自律神経はアロエがサポートでkますが、それだけではもちろんだめです^^
+「運動」や「食生活」
後大きなのが「ものの考え方」ですね^^


左と右の体温を測りながらしばらく、体と向き合います^^


皆さんも図ってみてくださいね~~^^

関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered