Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPアロエとか健康の話し ≫ 目からうろこ

目からうろこ

私が勉強した細胞矯正医学のお話です。

元々はアメリカの「代替医療」の一分野であって
「オーソ・モリキュラ・メディスン」といいます。
*分子栄養学とも訳されます。

体の中の一番小さな単位「細胞」「分子」を栄養素で正常に戻して行くことによって
表面に現れている病態を矯正していくということです。


ですので、「難病」とか「お医者様が何もできないような病気」というのは
こうした方法が、効果的なんですね。


初めてこの講義に出席した時。

冗談ではなく、目からボロボロとうろこが落ちた思いでした。


それから、6・7年経ちますが、
こんなにインターネットが発達して、何でもすぐにわかる時代だというのに。

このお話をすると
「知らなかった」というかたが多いことに、
いつも本当に考えさせられます。


このお話というのは

人間の身体では毎日がん細胞が5000も生まれている。

それらが血液にのって体中を巡り、弱っているところ理由のあるところにいつく。

ほとんどの場合は3段階の免疫作用によって駆逐されるが

免疫が弱かったり、うまく起動しないとき。

日数・年数によって大きくなり、発症する。

と言うお話です。



そのことが先日、北海道新聞の記事になっていた、という事を聞いて
そこから何か気がつたいたりされた方が居たならいいなぁって思っていました。



日本の人口は全世界のたった2%です。
所が、そのたった2%の日本人が全世界で製造される薬の30~40%を消費してます。
*投薬だけではなく注射や点滴も入ってですよ。


日本と言うのは「保険医療が発達している」から、世界中の薬屋さんにとって最高のマーケットなんですね。

またお医者様も「薬」を出さないとお金がもらえませんし
患者さんも薬がもらえないと「不安」を抱えるんです。

こんな素敵なマーケットありませんよね?(笑)


私は「西洋医学」や「医薬」は否定しているわけではありませんが
「かかる理由」がないので、この10年は病院に掛ったことがありません。

「病院に掛るほどの状態になったことがない」という事なのでしょう。

普通の風邪なら1日で治るし、
強い風邪でも、今まで最長1週間でした(これはインフルだとおもいます)。


身体がウィルスと戦っているときも
正確な働きのリズムがくるって体調が停滞しているときも

天然のビタミン・ミネラル・アミノ酸・酵素で応援してあげる。
これが私の身体の治し方です。


降圧剤だって、血圧を下げているのではなく、血流を弱くして抵抗を少なくしているだけ!
血流が弱くなれば毛細血管に血がいかなくなり最後にはいろんな副次的状態が出てくるでしょう。

このことも何度も何度も言ってきました。

お医者さんは言います「3キロ痩せたら少し落ちるよ」
これが一番「効果のある医者としての見解」だってことに、耳を傾けたら
薬はその後でもいい、と、気が付いてもいいはずです。

そうでなければ

いつまでもいいお客様でいて、どんどん薬の量が増えても
他の症状が出ても、

日本が世界中の薬を使いまくって「健康保険料」を世界中に垂れ流しても

良いという事になります。


ガンの大きな原因は「ストレス」と言われますが
「ストレス」という形のないものにどうして影響されるのか?

と言えば、

ストレス状態が続くと、自律神経が上手く作動しなくなり
免疫ではなくガン細胞の方を助ける働きをしてしまったりするからです。


「ストレス」というのは、心の問題もありますが

身体を動かすために必要な栄養素(必須栄養素)が全て入らなければ
それも、「身体と言う精密機械」にとって、非常に大きな「ストレス」になるんです。

(*必須栄養素は46種類=外から取り入れなくては身体が働かなくなる栄養素が46種類ということ)


強くて利口な体を作りましょう!


自分の身体 ちゃんと知りましょう☆♫°*”
関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered