Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ いのち

いのち

昨日の日記で
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-482.html

松下幸之助さんの執事を25年やってきたという高橋さんのことを書きました。

高橋さんも長く(たぶん私より長く)フォーエバーのアロエを飲んでくださっていることから
とても興味を持って早朝高橋さんのことを調べていました。

すると。

大阪のラジオにこの高橋さんがゲストとして放送された番組があって
それを聞くことができました。

2008年5月の放送
http://www.radio-cafe.co.jp/podcast/2008/05/post_41.html



その中で松下幸之助さんが毎朝欠かさずしてたことに触れられて

*朝起きると必ず高橋さんにこう尋ねたそうです。
 「わしの顔色はどうや?」

*身支度を整えると、仏間に30分こもる

*軽い体操(欠かさず)

*食事・・・食事前に高橋さんが、主要新聞5紙・専門誌2誌。計7誌をチェック済みで、
       その中の記事をピックアップして、読み上げるのを聞きながら食事
       気になることがあれば「読んでみぃ」と、内容を聞いたそうです。
       後は株価は毎日チェック、
       何もせず食事をするという事は無かった。



人生も家庭も「経営である」とし、

その人生のミッションを「楽土」(仏教で人間が皆幸せである事)とし

経営はそのための手段である。と、幸之助さんはおっしゃっていて


そこから高橋さんは何を学ばれましたか?と聞かれ

「人間は目的を持って生き、人生を目的のために捧げる。それが一番素晴らしい人生だ。」

「それぞれの得意な面は違う、その違いを生かして目的は何か?」を考える。


という事だとおっしゃっていました。


私はこの放送を聞いて、
「仏間に30分」が私へのヒントだと思いましたので^^

早速、毎日仏壇でご先祖様に感謝して、お経を上げさせてもらう事にしました。

おばあちゃんの残したボロボロの教本をもって
耳に残っているお経の音階をまねてみました。

毎日感謝しているつもりでいても
「形に表す感謝と言うものがあるんだ」と、思わせてもらいました。

知っているだけではなく、そこから「解ること」を考えていこうと思います。



私のこのいのちは、脈々と地球の創世から繋がっているものです。

どこかで「ポン!」と突然生えたわけではないのです。

無機物から有機物へ・・・

そして爬虫類から両生類、哺乳類へ、人間へ・・

一度も途切れることなく生まれてきた「いのち」


国などない世界から、宗教の時代へ、人は人たるために進んできたんだと思います。


その最後の姿がこの私であり、あなたです。

人は人たるために歩んだ近世のなかで、ご先祖様が見た夢を繋いで終わらせたいって

仏壇の前でそう思ったのでした^^。




ぱらっと経本をめくると。「他力なり」と言う言葉が見えました。(浄土真宗です)

そう・・「他力なの」(*゚ー゚)ニヤッ


私は今やることはすべてやっていますが
結果はお任せです。

自力で自分が自分が・・というのは、理にかなわない。と良く話をしています。


なので思わずにやりとしたのでした^^。


「他力本願」の本当の意味は

みんな他力というと、「他人のふんどしで相撲を取る」ことのように思っています。
力のない人が力のある人に助けを求める依存心と思っているのでしょう。
新聞に堂々と、「他力本願ではいけない、自力更生でなければならぬ」と書かれているのもその証拠です。
しかし他力の語源は仏教なのですから、仏教の意味に従わなければなりません。
では、仏教で他力とはどんな意味なのか。
親鸞聖人は、「『他力』と言うは如来の本願力なり」(教行信証)と明示されています。
如来とは、阿弥陀如来のことですから、阿弥陀如来の本願力のみを他力というのです。


つまり「宇宙にお任せ」(難しいことは抜きで私の解釈です)ということですね^^


まさしく私の本願!

ということで(笑)

今日も私の命に感謝して、気づきと直感、わくわくすることに、精進します^^。


関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered