知ること・信じること

Category : 日々の話し
アロエベラの身体に働きかける仕組みは

細胞の隅々までを健康にするための栄養素を、すんなりと細胞に運ぶ。

という事です。


十分に酸素と栄養素が運ばれた細胞が健康に働きだすと
放っておいても身体は少しずつ補正しながら、完ぺきな働きを再現しようとします。

「西洋医学的に理由がわからない」というものは、多くの場合「細胞の不健康=栄養素不足」が理由です。

「栄養」ではありません

「栄養素の種類と量」です。

多くの身体は、ガソリンが必要なのに軽油を入れた車のようなものです。
もしくは軽油の混ざったガソリン・・・かもしれません。

だとしたら、軽油をしっかり抜いて、ガソリンでしっかり洗い流し、
お詫びにハイオクでも入れてあげたら喜ぶかもしれませんね^^


どんな大きな病気も、シンプルに細胞の健康から考えるべきです。
体の中で働いている最小の単位は「細胞」なのですから。

そして細胞が「最低限」必要としているのが「46種類の必須栄養素」です。

最低限です。間違えないでください。

それすら入ってない身体が「不調」を訴えるのは
車の調子が悪いのと同じことです。


またどんなにメンテナンスしても、
年数とともに、あちこちが劣化していくというのも車に似ています。

私たちは年を取ると劣化する身体を最初から乗り物にしているのですね^^

それに抗うのではなく。
良いオイルを使って長持ちをさせることや

さびた部分を早めに取り去って、サビをひろげない事が大切で
それらが「アンチエイジング」と言われる「手段」なんです。



あるサイトで重病のご家族が医師にできることが無いと言われ
代替医療を探してらっしゃるのを拝見しました。

沢山の方がたくさんの「手段」をお伝えしていました。
そのどれもがその方のために一生懸命であることがわかります。

しかしその情報量の中で、その方がご家族にとって最良を選ぶのは難しいと考えました。

またどの人も
私の言いたい「食べ物の栄養素で最小単位から体を作り直す」という事はおっしゃっていませんでした。

残念だなぁと思いながらこの場合、この方にとっての最良の選択は

「誰を信じられるか?」に掛っています。
詳しく言えば、「誰を信じてその方法をしっかりと考え、その方法を信じるか?」です。

「代替医療」の場合は多くここに「ポイント」が置かれるのです。



先日、手術のできない部分での末期と言われた脳腫瘍を患った方が
アロエベラジュース一日2㍑+プロポリス多量で一ヵ月過ごし、「脳内から腫瘍が無くなった話」を聞きました。

アロエベラジュースの場合、私がおすすめしているのが一日100~200mlですから
普通の人の一年分を一ヵ月で飲んだという事になります。

という事は、先ほどの身体のサビを撮ったり細やかな車のメンテナンスを心がける
「アンチエイジング作業一年分」を一ヵ月で行った」という事でもあります。

一年で劣化するはずだった部分が
劣化する暇もなく、もはや逆行して新品のような状態にしてしまった。

ということなんですね。


ところがこれは、

「それだけ手入れをすれば新品のような状態になる」という事を
本人が信じて行うから、そうなるのです。

または「そうなるよ」と教えてくれた人を信じられるから、それが結果として表れるんです。


でも、
そんな理屈は初めて聞いた。信じられない。と言う人は
この作業を続けられないか、どこかであきらめていたり疑っています。

また、体の場合は簡単な身体の仕組みをちゃんと勉強していないため納得ができていないので信じられないのです。

それで、潜在的な意識が働いて「信じない」ほうを優先させてしまうのです。



大きな病気の場合、時間との闘いです。
だからメガ単位の完璧な栄養素を一気に入れることを私は勧めるんです。

人を疑っていたりする時間がもったいない、と私は考えます。


◎まず信じられる人を見つけ、しっかりと、「自分が調べてみて信用できるか」を、検証すること

◎つぎに自分を信用すること。(その人が言ったからと言う状態は避ける) 

◎体全体にいっぺんに作用できること

◎入れるだけではなく、必要のないものを排出する力も併せ持つこと
 効率がいいです。

◎長年使用している人が多いもの(安心です)



さっきの、脳腫瘍の方はアロエと潜在意識を教えてくださった「S」さんを心から尊敬していました。
だから、さすがにすごい量を飲んでらっしゃるのですが、

腦から腫瘍が無くなった理由の多くは
「体の仕組みを知ってそれを信じ、教えてくれた人を好きだから」にほかなりません(笑)


代替医療を探しているその方に
私から伝えられることがあるとすれば

*アロエベラジュースは超高機能の野菜ジュースです。
*ジュースですから何も心配が要りません。
*この方法は一気に体に必要な栄養素を入れていく「栄養素療法」とも言えますが
 米国では「栄養素医療」は代替医療のTOPです。
 保険会社の保険が使える治療です。(保険会社に認められている治療ということ)
 栄養素療法の多くはその元を「日本古来の食事療法」としています。
*今は少しでも進行を食い止めるために量が必要です。
*一度ドクターヒロ(現役心臓外科医・基礎医学講座主宰)の講座をお受けいただけると
 「栄養素がする仕事」がお分かりになると思います。(自分の理解が備わります)
*委縮した部分が再生することは難しいでしょう。
 (誰にもわからないことですが、栄養素不良が原因だった場合は期待は持てます)
 進行を食い止め、失われた部分の仕事を代行する働きが出てくる方を期待する。
*もちろん効果には何の保証もありません。


という事で。

アロエベラジュースが体を治すわけではありません。

身体は最初から自分で体を治そうとする働きを持っています。

そのために必要な栄養素を抱きかかえてメガトン級の食糧を細胞に渡す!ということです^^。

アロエベラのもつ多糖類は、要らない物を外に出す働きがあります。

しっかりタンクを洗って
良いガソリンをたっぷりと補給してください!

それによって目詰まりしていた部品が生まれ変わり、調子よくなって。
今まで眠っていた細胞も「え?出番?」といって現れてきます^^。



はぁ、今日も長かった。

けど書き上げた時間はあっという間でした(笑)。

読んでくださる方が大変でしたでしょう^_^;ごめんなさいね^^

いつも応援してくださり、ありがとうございます^^

関連記事

Comment

転載させていただきました☆

またまたとっても分かりやすかったです^^

まみこちゃん^^

ありがとう☆♫°*”感謝です!!

非公開コメント

AloeWingメルマガを発行しています。
134067341380713211169 - blog

身体と心と二つ目のお財布について月に2回
ダイエットについて月に2回
メルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓

プロフィール

やまだまよ

Author:やまだまよ
やまだまよ
札幌在住、もうかなりいい年です。夫と二人暮らし。
趣味は早起き

1998年から精神世界と潜在意識に出会い

1999年スピ系HPを始め結構長く続けました

2001年4月40歳で4年生大学へ入学

2001年11月アロエベラを扱うフォーエバー社と出会いました。

2007年フォーエバーが取り持つご縁で点描曼荼羅と出会い、

2008年にHPからこのブログへ移行

2009年点描曼荼羅を描き始め、教え始めました。

2013年ネットで願いをかなえる点描曼荼羅画講座を開設

2015年一般社団法人マンダラユニヴァースとして発足、同時に講座タイトルを「宙を奏でる点描曼荼羅画」と変更しました。
(その間もフォーエバー社の仕事を継続して行っています。)

フォーエバーの仕事がなければ私は点描曼荼羅にも出会わず、社団の運営にも力が及ばなかったことでしょう。全ての力を与えてくれたアロエベラジュースとフォーエバー社に感謝しています。


好きな言葉:

右の道と左の道のどちらかに花が咲いているのではない。
自分が選んだ道に花は咲くのだ。

最近の記事
カテゴリ
リンク
私はここにいます^^
Facebook
  ↑↑↑↑↑↑↑↑ facebookのALOE-WINGに直行します。
一般社団法人 マンダラユニヴァースCA
代表理事をしております。
そらかな曼荼羅twitter
FC2カウンター
最新コメント
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも一覧

かわいいうさぎ”きなこ”のブログ ~最愛のペットを亡くして伝えたいこと~
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。