Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP旅と宿と美味しいお店の話 ≫ 流氷1000㎞の旅

流氷1000㎞の旅

ロシアのアムール川で生まれる流氷は、
北海道まで1000㎞の旅をして流れ着きます。

こんな感じ(^ー^* )
流氷

「流氷は生き物だから」と教えられたように
流氷が見られる見られないも、その日の風によるもの

風向きが変わると近づいてきたかと思うと遠ざかっていくのだそうです。
午前中にはあっても午後には姿も見えないということがよくあるのだと。

実際に見てみると流氷は帯状に手前に流れてきていて。
その姿は「海の中を流れる大きな川」のようなのです。

DSC_0353_20120228094318.jpg



岸壁からどんどんとその「川」を遡って

流氷帯に突入するのですが

小さかった氷はどんどんと結着した大きい氷へ変化していき
いちばん大きかったものでたたみ6畳くらい?
それをわざわざガリンコ号は「割り」に挑みます(笑)


P2260077_20120228094622.jpg



ちなみにこうした蓮の葉状の丸い氷になるのは
海洋表層を漂ううちに互いに衝突し縁がめくれ上がってくるからだそうです。

P2260078_20120228095233.jpg

P2260072_20120228095121.jpg



大きな音をたて、割れた氷がいったん沈み泡立ち
白い塊はソーダ水のような綺麗な青色に包まれます。

きっれ~~~~~~!!

P2260062_20120228095551.jpg

P2260063_20120228095551.jpg


で、私がどこに位置していたかと言うと
へさきのちょい後ろ。

風も少なく、これは恵まれてたね~と言いながら
へばりついていました^^。

P2260067.jpg P2260068.jpg


風を通さないオーバーパンツをはいて大正解!
帽子とネックウォーマーで目元くらいしか肌は出してません(笑)

沖合の結氷帯にたどり着きました。
ガリンコ号はバキバキと元気に割っていきます(^_^;)
DSC_0350_20120228095822.jpg

DSC_0351_20120228095822.jpg

DSC_0352_20120228095822.jpg



これらの氷がぶつかって立ち上がり丘のような山を創りますが。
今回それは見られず。次回に持ち越しです(*^-^)*3月中旬が良いそうです

一面の流氷までたどり着いて、船は30分ほどで引き返します。
風が無いと思っていたのは、大間違いで(^_^;)
追い風になっていたんですね~。

なので帰り道は、ものすごい向かい風が全身にぶち当たり。
帰り道と言うこともあって、船内に避難した私たちでした。


ええ?その格好で?と言う女性陣は
ぬくぬくした階下(?)と甲板の室内もありますので
ちょっと見ては引っ込む。でも十分楽しめていたのでは?と思います。

お薦めは船底に当たる、ソファーシート
そんな席があることも知らず(爆)へさきあたりにしがみついていましたが
この関は大きな窓の外に流氷が真横で見えていたと思われます。

売店もあるので、暖かいコーヒーなんぞ飲みながら・・・
それはそれで特等席ですね^^

日中でしたからカメラを持つ素手も前の晩の氷瀑祭りほどではなく
たくさんの写真が撮れました^^

あ~~~~~楽しかった!!
ガリンコ号がこんなに楽しいなんて全く知りませんでした(笑)

top_photo7.jpg
写真:ガリンコ号HP http://www.o-tower.co.jp/garinko/ より


流氷サイトなんぞを見てみると
2度目5度目のチャレンジでようやくみられた。などとありました。

初回でこれは、素晴らしい成果ですね^^。

ちなみに紋別の昨年の流氷出会い率20%
今年は40% (2012冬はここしばらくなかったほどに冷え込んでいましたから)だそうで

今年だったというのもラッキーでしたし、
この日の風が、私のところまで流氷を連れてきてくれたんだと思って
本当に感激しました!

ガリンコ号を降りるときには
ぬくぬくとした船室で温まった体でもう大満足!

10分程度の余裕で、バスに集合して
マルカイチ水産へ。

海産物のお土産屋さんで、
海産物の炉端焼き昼食なのか?と思ったら(^_^;)

ビックリするほど広大な水産加工場で(^_^;)

その広大な倉庫・工場の敷地の中に
海産物のお店と別棟の「昼食処」がある。

食事を運んでくれる人も加工場から急きょ手伝いといった装い(笑)

前日や朝のうちにメニューを決めて、セッティングしているらしく
事前に「海鮮炉端Aセット」とか「海鮮丼」などのオーダーを入れなかった(炉端焼きは食べないし)
私たちはその場で、大慌てでした。

それまでの、道の駅見たくレストランやお土産屋さんだとばかり思ってたから
その時食べたいものを頼もうと思ってたんです~(^_^;)

bset.jpg 007.jpg
写真:マルカイチ水産HPから イメージだけお届けします(^_^;)
http://www.marukaichi.co.jp/ 

んで、いくら・カニ丼 鉄砲汁付 1050円なり♪
さすがに美味しかった~(笑)
え~っと(^_^;)食べかけでゴメンナサイ(^_^;)

DSC_0354.jpg

さっさと食べて、店舗へ移動
ホッケなどを数枚買いました。

毛ガニも安かったので(とはいっても2700円位 重さにしては安い)
悩んだのですが、いま食べちゃったし~(^_^;)

この後かまぼこ屋さんへ行くから。断念

で、かまぼこ屋さんの出塚水産♪
あつあつ揚げたての「カニマヨボール」でお出迎えいただき
*すごい美味しかった~ヾ(〃^∇^)ノ

ここは選んだものをその場で揚げてくれてお土産で持って帰れるのですが、
私も帰ってから揚げたてを食べたいので、

ホッケと一緒に、バスの荷物室(零下)に収納していただき
札幌まで持ち帰りました。

家で揚げて・・・やっぱり旨いっ!!ヾ(〃^∇^)ノ

氷の写真ばかりでみなさんもぐっと冷えてしまったことでしょう(^_^;)
揚げたての蒲鉾の写真でもあれば良かったんだけど・・・
お許しください(^_^;)

寂しいのでHPからいただいてきました。このホタテ型のも美味しかった~!
agetate.jpg
出塚水産HP http://dezka.com/xoops/

で、バスは一路、札幌へ
帰り道はトイレ休憩だけで、
結局ホッケとかまぼこしか買えなかった私。

あ!ガリンコ号前に滝上で「ハーブ」買いました。
ここで育ててる方がいらっしゃるの知っていて
お店にあったので即買い。

お土産物は層雲峡あたりで買っておくべきでした(^_^;)


札幌駅北口に、ゆうゆう6時に到着。

ひ~~~楽しかったよぉぉぉぉ~~~!と
小さくしつこく叫びながら、家まで帰りました^^。


長い旅話を読んでいただきありがとうございました<(_ _ )>





関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered