Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ 右と左 正解はどっち?1

右と左 正解はどっち?1

太陽嵐のせいか・・・(^_^;)
今日は寝坊しましてお弁当はお休み。

昨日会社の集まりがあって、ケータイがマナーのままでして
目覚ましが鳴らなかったのですが、
ダンナを起こす6時ピッタリにパチっ!っと目を覚ますあたりは
さすがの体内時計でございます(笑)

町内会の仕事やら
確定申告やら
優先順位を下に置いていたものが
ぐんぐんと足元から忍び寄ってきて今はもう首まで・・・(笑)
いよいよ後がありませんが、

どちらにしても、ギリギリまで動かないので
今はもうギリギリまでは「考えない」「焦らないこと」にしています。

50を過ぎるとそのくらいできるようになるものです^^(笑)


所で私は、40歳の時に社会人入学で大学へ行きました。

論語では「40にして惑わず」と言いますが、
30でまず立ち上がっていなかった私が、
40だからといってその境地になれるはずもなく(爆)

そしてまず、思い切り「迷った」のでした。

前振りが長かったのですが(^_^;)
新入学や新学期で、何かを今決めろと言われている人も多いかと思って
そのお話を書いてみたいと思います。


私が入学したのは「人文学部人間科学科」というところで
人間に関する諸科学を学ぶところでした。
体系化してまず「心理学」を学んでみたいと思って選んだ学校でしたので。

1年ではまず「総合」「一般教養」が重点的ですが
それでも、なんとなくは「進路」を決めておかなくてはなりません。

3年4年で「専門的な資格取得に対して進むには」
1~2年までに取っておかなければならない単位があるからです。

シラバスを見ると心理学系以外に受けてみたい講座が目白押し
「地球科学」「地質学」「考古学」etc
私はもう、うっきうきのわっくわく遊園地の入り口状態でした。

あれもこれもと講義スケジュールを埋めてみました。
その時間割を見てるともう気が遠くなる位に嬉しかったのです。
人生で今が一番幸せ!そう思いました。


ところが・・・。
私の目の前に立ちはだかったのは「社会福祉士コース」でした。

これを収めていると「社会福祉士の国家試験の事件資格が得られる」
と言うものです。

卑しい根性が湧いてきました。

・私が卒業したら45歳
・それからできる仕事なんて本当に少ない
・だからと言って前の職場になんて無理
・国家資格が受かる受からないは有るけど
 年齢的にチャレンジする価値があるのでは?
・だって、卒業して当てもなくどうやって職を得るの!!

などなど。

また旦那や周りもこういいました。

せっかく大きなお金を払って大学へ行くんだから
食べられる仕事・資格をとるほうがいいでしょ!って。

そして、私もそう思ってしまったのです。
せっかくだから社会的に使えそうな資格を取らなくては・・・

社会福祉士コースの為に取らなくてはいけない講義は膨大でした。
*膨大だからこそ1年からこなしておかなければならないのでした。


私は、人生で一番幸せ!!って思った時間割に
消しゴムを掛けました。

講義の曜日と時間は決まっているわけですから

「人類学」も「考古学」「地質学」も消えて
心理学系と福祉系だけが選択科目に残りました。

そして出来上がったその時間割を見て
私は一日中泣きました。

福祉系のどの講義も私をまったくウキウキさせてはくれず
それどころかどんよりと重くなるようなタイトルばかり。

嫌で嫌でしょうがないのに、
私は「これは仕方のない事」とあきらめようとしていました。
「食べていくこと」を優先したんです。

泣いたのはあきらめるのがとても悲しかったからだと思います。

時間割提出のギリギリまで、私は3日間
重く苦しい気持ちで泣いていました。

それでもバカですね~。
せっかく大きなお金を払うんだから
「(食べられそうな)資格は取ってナンボ」って思いこんじゃっているのです。

なので、「何とか気持ちを切り替えよう」とそればかり考えていました。


明日は提出日という日でした。

私はやりたかったことを忘れないように
いつか何かの機会に自分で調べたりできるように。

選択できなかった講義を、予備の時間割に埋め込んでみました。

出来上がったそれを見てまたとても幸せな気持ちになりました。
ああ、私の好きなことはこういう事なんだ。

と、思ったとたんに目が覚めました!

そうだ!私は「本当に好きなことをやろう」と決めて
大学へ来たんだ!!!!!

「何やってるの?バカじゃないの?」って。

いくら、気持ちを切り替えようと思っても灰色に見えた時間割と違って
本当に好きな講義だけを埋めた時間割はきらっきらに輝いて見えたのです。

色んなことが頭にうかび、心はまだ揺れましたが

出したらもう変更が効かない2枚の時間割を並べて
私は腹をくくりました。

「好きな事だけやる!!」

考えたらもともと40歳の私は、他の生徒と違って
「好きなことをしに来ていた」ことを忘れていたのですね(^_^;)


で、めでたしめでたしのはずですが
この話にはまだ続きがあるのでした。

長くなったのでそのお話はまた明日に^^。



*シラバス
講義などの要旨。開講される科目について、
事前に立てられた講義内容や開講期間中の進度などの計画を記した物。
学生は開講前にそれを見て、受講科目を選択することができる。

関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered