Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ 母と北島三郎☆ヽ(▽⌒) 

母と北島三郎☆ヽ(▽⌒) 

私の声は良く言えばハスキーで(^_^;)
正直に言えばがさっとした声なのです。

もちろん「のび」とかありませんし。
大抵の唄は高音部が出ません。

小さなころはそうでもなかったのですが・・
年齢が行くにつれ・・・

なので、歌うのが本当に苦手(^_^;)でした。


でした?


ええ、なぜだか今年に入ってから高音部が出るようになったんです(爆)

今まで出なかった部分の声が出るって
本当に楽しい事です^^

で、今まで唄ってみたかった曲をyoutubeでトライしてみたけど
やっぱり皆さん音域高いんですね~~~(^_^;)

一緒に歌うのは無理なので、もっぱら歌詞を探し出して
口づさむだけで一人でご満悦。(爆)


母はとても歌の上手な人で、NHKのど自慢に出るのが夢でした。

いつも唄っていましたし、家は銭湯だったので
営業が終わってからの広い浴室で一人唄うのですから、
そりゃぁ気持ちが良かったと思います。

一度だけラジオの番組ののど自慢に出ましたっけ。
電話口でドキドキしたでしょうね。
どんな気持ちだったろうな~って、思います^^。


母は、北島三郎と幼馴染で一緒に育ちました。
赤ちゃんの頃は母の姉がこの二人を子守してたので、
間違いありません(笑)

同級生でもあったので、母が亡くなった時には花輪も届きました。
北島三郎さんは本当に郷里の人を大切にしているんですよね。


で、母も若い時から歌が上手かったので
こちらでのコンサートには良く行ってましたし。
とても応援していましたけれど

「お前の母ちゃんは若い時、サブより歌が上手かった」
母が亡くなってから聞いたことです。

まぁリップサービスもあるとは思いますが(^_^;)


苦労したけれど歌の道で成功していくサブちゃんと
銭湯に嫁いで商売と姑・小姑がいる家で、子供を産んで育てる自分

自分も歌手になりたかったなぁ~って思ったはずです(笑)



何だかいろんな歌を歌って楽しむようになってから

母は歌うのが無性に楽しかったんだろうなぁって思いました。
母の高いコロコロとした歌を思い出します。

カラオケとかある時代だったら通い詰めただろうなって(笑)


そんな訳で母の血は全くひかなかったのですが、
少しでもその楽しみを知ることになって。

声量の必要ない歌(爆)をさがし、
小さな声で歌っている毎日です^^


いや、それにしてもなんで今頃歌えるようになったのか・・
まさかアロエ?

何年経ってもビックリするようなことを起こすアロエですから
ひょっとしたらそうかもしれません。(笑)


関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered