Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ 矜持をどう訳す?

矜持をどう訳す?

とある記事で、
やっぱり健さん(高倉健さん)は素敵だなぁ~と思わせてもらってました。

その記事「一枚の写真」 


で、それを読んで、改めて考えさせられたのが
「矜持」という日本語でした。


記事の下に、一般の方のコメントがあって
香港のトレーダーの方ですが、
外国のトレーダーと怒鳴りあいながらの仕事の最中、この記事を読んで泣いた。

近くの人間に「なぜ泣いてる」と聞かれ
健さんのいう「矜持」を説明するのに「プライド」だけでは伝わらない
それはPride+Confidenceだと答えたとあって

なるほどなぁ~と、思ったのでした。


誇りと信頼。
きっとこの「信頼」はSelf confidence「自分への信頼」という意味合いでしょうね。

ええ、辞書を引きました(^_^;)
そこに、Self confidence 「自負心, 意気地, 自信」というのがあったので
その方がぴったりだなぁと思ったのでした。


震災の時の日本人の姿に
多くの外国人の方が驚いたと聞きましたが、

私は日本人の多くが胸の中にこの「矜持」をお持ちだから
あのような事が起きたのだと思いました。

「誇りと自分への信頼」があるから
略奪はしないのです。

これは長い間に仏教的な考えが受け継がれてきたからだろうなぁって
そう思ってニュースを見ていました。

仏教は「己の中のことを考える」ということを
多く与えてると思うからです。


私は与えられた人生を素晴らしく生きるために不可欠なのは

こうした「自分への確固たる信頼」だと思っています。


あれがない、これがない。
あれがわるい。これがわるい。

それらはすべて「他のものと自分」を比べた時に生じます。

「まず自分を満たす」
これをしていないから人と比べたがるのでしょう。

ああ思われたら
こう思われたら

人目を気にするのも「自分のことを自分が信じていないから」だと思います。


これらが無いだけでも
どれだけすっきりと生きていけるか
どれだけ人生がいきいきと輝くことか


取り組んだ甲斐があるのは
先ずは一番に「自分のこと」です。

それができて初めて
自然と、外や周囲の事が変化していきます。

これが「自分が変われば周りも変わる」ということです。


誇り高く自分を信じているひとは
記事の中の写真の男の子のように。

辛いときほど口を結んで前へと歩いているんだろうな。


私も死ぬまで大切に
この「矜持」と言う言葉と歩いていきたいと思っているんです^^。


関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered