Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ 静謐 マイケル・ケンナ

静謐 マイケル・ケンナ

昨日の道新で
世界的な写真家マイケル・ケンナがよく訪れる
旭川の料理やさんのおかみさんの話が掲載されていました。

旭川に来れば必ず立ち寄り
彼は必ず大好きな「ホッケの開き」を注文して
ご主人が焼いている囲炉裏の横で嬉しそうに見つめている。

と言うものでした。

私はケンナの静謐な世界が大好きで
その写真展では気絶するほど美しい北海道を見せてもらいました。

その彼が囲炉裏端で嬉々としてホッケを見つめているところを想像して
何だかうれしくなったのでした^^。


北海道の弟子屈と言う土地(釧路の上の方です)に
屈斜路湖(くっしゃろこ)と言う湖があり
その湖の脇に立つ一本のミズナラと思われる木がありました。

かれはその木を「彼女」と呼び
7~8年にもわたり撮り続けました

kenna2.jpg
kenna.jpg


やがてその木は「ケンナの木」と呼ばれ
写真愛好家にとっても憧れの木となりましたが

2008年「彼女」は
「ケンナの木」を知らない団体の人によって
危険だということで伐採されてしましました。

それはすぐ近くの釧路で「マイケル・ケンナ展」が行われる
たった3か月前の事でした。

「そんなに有名な木だなんて知らなかった」
切った人がこんなコメントをしてしまったので、

かなりの非難が寄せられました。


でも、わたしはこの騒動のおかげでケンナを知った一人で
その後の札幌でも写真展を見ることが出来たのです。

「彼女」のおかげです。


彼の写真は白黒なのに
絹綿のように滑らかで暖かく

静謐だからこそか
重量感のある感覚を呼び起こします。


冒頭の料理屋さんのおかみさんが
「マイケルの写真は仏像のよう」と表現してらして

私もそう思っていた一人なので、
とてもうれしくなったのでした。


HPの情報なので詳細は解りませんが
5月に東京のBLD Galleryで写真展が行われるようです
サイン会ともあるので、ご本人も見えるでしょうね。
ご興味があればとご案内しておきます。

マイケル・ケンナ website
http://www.michaelkenna.net/


関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered