Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ 他力本願

他力本願

昨年10月3日にブログでも
「他力本願」について書いたことがありますが。

「他力本願」の本当の意味はとググってみると

みんな他力というと、「他人のふんどしで相撲を取る」ことのように思っています。
力のない人が力のある人に助けを求める依存心と思っているのでしょう。
新聞に堂々と、「他力本願ではいけない、自力更生でなければならぬ」と書かれているのもその証拠です。
しかし他力の語源は仏教なのですから、仏教の意味に従わなければなりません。
では、仏教で他力とはどんな意味なのか。
親鸞聖人は、「『他力』と言うは如来の本願力なり」(教行信証)と明示されています。
如来とは、阿弥陀如来のことですから、阿弥陀如来の本願力のみを他力というのです。


と、あるお寺のHPにありました。

10月3日プログ「いのち」→http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-483.html



他力といえば、

神仏には願い事ではなく常に今が平安であることの感謝を
述べさせていただいていましたが


あるときこんな話を聞いたのです。

「神様は頼まれごとが好きなんだよ」。。。と。
「だから、住所氏名を述べ願い事をお願いするのが良い」って。

え?好きなの?(^_^;)


私はと言えば、今こうしていられる感謝を伝えたほうが神様は喜ぶのでは?
だって~、こんなに大勢がただただ丸投げで「お願い事」を持ってくるのって
なんだか・・って思ってました。(笑)
だから常にこうして守ってもらえていることを感謝する方が
良いような気がしてたんですよね。

そっか~。


でも考えたらそれもそうですよね。

願い事のある状態というのは少なくとも
「なにかのために努力をしている」とか
「心からそういう思いがある」と言うことでもありますよね。


神様はそれを聞くのが嬉しいのかもしれない。って^^
思ったのでした。


それから私は神社に行っても仏壇の前でも
まず今のお礼と感謝を伝え
それから、「こうなろうと思ってますのでお力を貸してください。」
と・・・(笑)


大それたことも
大それないことも(笑)

私一人の力でできることは何もありません。

全てに心から感謝してます。

ありがとうございました。*.゚☆


これからも精進します。

よろしくお願いします!!
関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered