Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP本の話し ≫ 節約アスリート

節約アスリート

先日テレビで拝見した秋田の主婦の方。

【番組サイトから】
結婚式は懸賞で当て、家にあるものも全てタダ。
節約に命を賭ける主婦に芸人記者が密着。
家族4人、わずか数年で1000万以上の貯金をした、
彼女の凄まじすぎるストイック生活が明らかに!


いやいや、そこまで行けばホントにすがすがしい~と感動したのですが
著名な方で本も出されている方だったんですね~、知りませんでした。

幸せ生活のためのマネー哲学―専業主婦でありながら5年間で1000万円ためた私の方法


彼女は節約をしてお金を貯めたいわけではなく
使うのが嫌
0(ゼロ)が好き
タダが大好き

と言うのです。

「喜び」が消費の上に乗っかっている状態が好きではなく

彼女の敵は「消費させようとするなにか」
なんですね。

一つの火口に鍋2・フライパン1の計3つ乗せて
「ガスコンロの火口は一つでいいのに・・なんで、2つあるの?
ガス使わせようとして~!」 

という言葉がとても印象的でした。

「できれば尼さんになりたい。
まだまだ世俗に引っ張られる自分が嫌なんです。」って

アスリートというより
修行僧ですよね(^_^;)

だ・・大丈夫?と思ったのですが

女のお子さんが二人いて
その子たちにインタビューしていたのを見ると
とても素敵なお子さんに思えました。

なので大丈夫なのでしょう^^

というか、ストイックも病的ではなく
バランスのとれた「芯」があるのでしょうね^^

これはこれで素敵。と思ったのです。
このかたの信念はとても素敵だと思いました。

だって、消費に踊らされないということは
モノを持たない、執着しない=失う恐れが無く=心が楽チン

こりゃ絶対に楽だわ。

本人もそうおっしゃってましたしね^^。


で、私はできるだろうか?と思いました。


というか・・
やりたい?と、自分に尋ねてみたのですが、

ここまで行けるならいっそのことすがすがしいとは思いつつ
考えれば考えるほど
彼女の言う「0(ゼロ)」にこだわってしまって
楽しいことを楽しいと思えなくなるかもしれない。

「0(ゼロ)か100のどっちか」と言う選択が見えてしまって。
完ぺきのはざまで苦しむ自分(爆)を思うと。


すがすがしくなくても、いーや・・・

と思ったのでした。(^_^;)


そして、ハタと思ったのでした。

ああ、彼女はまだ追い求めているんだ
「尼さんになって何も持たない生活」の完璧な自分を。

何だか少し悲しそうに見える彼女は
そこまで行けたら最終的にスッキリするのに
そこまで行けないもどかしさを持っているのね。

モノに執着はしないけれど

そっか。

なにか他のモノ・・・・・

いつかたどり着きたいゴール(それがあるのかはわからないけど)を
追い求めているのかもしれませんね。


だとしたら。

モノを求めても
モノを拒否しても

どちらもあまりかわらなのかもしれないんだろうな。

そんなこと考えていました。


著作のレビュー読んでみたら面白かったです。
彼女の哲学に興味があるな~って思って。

本屋さんで見かけたら立ち読みしてみたいです^^
そのくらいしか節約できないから~(^_^;)
関連記事
本の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered