Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPアロエとか健康の話し ≫ 「酸化と糖化」は「老化」へまっしぐら

「酸化と糖化」は「老化」へまっしぐら

アルギニンに関する本を読んでいて
忘れていた「糖化」に関して思い出しました^_^;。


皆さんは「体が酸化する」と言う言葉を聞いたことがありますか?

酸素が無ければ生きていけない身体なのに

酸素を取り込むことで金属が錆びるように、身体が酸化していく。

だから老化を遅らせるために必要なのは、「抗酸化」なのだ、という話です。




生物が、生物になり始めた頃
そう、細胞を持ち始めた頃

細胞は酸素が一番苦手でした。

私たちは酸素が無ければ生きていけませんが
進化の始まりのころは
酸素が一番苦手だったのです。

「嫌気性」と言う存在でした。


それが、
細胞が「ミトコンドリア」を手に入れたことで

「好気性」
つまり酸素が無ければならない身体になりました。

これによって、酸素が必要なのだけれど
酸素が細胞を酸化させて「老化する」と言うシステムが生まれたのです。


すごくはしょってしまいましたが^_^;
酸素が必要なのに酸素によって老化してくのはそういうわけなのです。


だからアンチエイジング(抗老化)という意味でも
「抗酸化」が訴ったえられてきたのですが。


最近では「糖化」の方が多く問題視されてきています。


「糖化」とは、

私たちの体内にあるたんぱく質と、
食事によって摂取した「糖」(ブドウ糖など)とが結びつくことで、

糖化したたんぱく質(糖化生成物(AGEs))が生成され、体内に蓄積してしまうことです。


糖化生成物(AGEs)は、一度出来てしまうと分解されず、どんどん蓄積され続けてしまいます。

老化が顕著に見られる場所は「皮膚」ですが
これは、皮膚のコラーゲンが糖化するから、
肌はたるんだり、くすんだりしてしまうのです。
また、白内障の白い部分は糖化したレンズのタンパクなのですね。

恐いのは、
そうした皮膚だけではなく
糖化は身体のあらゆるところで起こり
糖尿病などの成人病にも関係してくることです。


このようにブドウ糖なども酸素と同じく

「どうしても身体に必要なのに、それによって老化を進行させる」のです。



「糖化」しやすい人は、

・炭水化物や甘いものが好きな人。
・丼物が好きな人
・甘い清涼飲料水を良く飲む人
・ごはんなどの「主食好き」な人
・早食いな人
・運動が嫌いな人

等だそうです。


気を付けてきたいですね^^。





「酸化と糖化」

できたら、きちんと対処していきたいものですね^^

家族の為、自分の為

健康が一番です^^


関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered