Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP心と宇宙の話し ≫ 結局ブルームーン。

結局ブルームーン。

熟田津(にきたつ)に船(ふな)乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな

熟田津で船に乗ろうと月の出を待っていますと、
月が出たばかりでなく、潮も満ちてきて、
船出に具合がよくなりました。
さあ、今こそ漕ぎ出しましょう。

P8290101.jpg P8290097.jpg
*両方同じものですが、角度で光の加減を変えています。


8月の31日は今月2回目の満月で、
1ヶ月の間に2度満月がある月を「ブルームーン」と呼びます。

先日の日記に

ブルームーンを描かなくちゃ、と思ってる私の耳の奥に。
「ぬかだのおうきみ」
「ぬかだのおうきみ」

そう聞こえて、私は一旦「ブルームーン」を保留にした事を書きました。

http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-744.html


あの時に変だと思ったのは

先ず紙のサイズを決めるところからで
「30㎝角」にしようと思っている私のところに

「28㎝角」というささやきが聞こえ(笑)

こりゃまたなんでそんな細かい指示??と苦笑したのですが、
それも直感、従うのが当然でした。

紙を置いて、慎重にしるしを入れてるところで気が付きました。


「ああ、28は月の周期・・・」
   ↑↑
なぜそんな簡単なことに最初からピンとこないかも不思議ですが(笑)


なのになのに。

「ぬかだのおおきみ」はまるで

「さぁ、私を描け。」

と、いわんばかりに主張してきました。

それでブルームーンを一旦、諦めざるを得なかったのです。
まだ日にちがあるし、先にこれ描いても大丈夫かも、とも思いました。

わたしは「ぬかだのおおきみ」の命のままにと意識をシフトしましたが

「ぬかだのおおきみ」って誰だっけ?歌を詠む人?
どんな字だっけ?全く浮かびません^_^;

とにもかくにも
直感だらけで線と円を入れていました。

すると、どんどんと華やかで
あでやかな図が黒い紙から浮かんできます。

ん~~~~~なんで?

わたしは「ぬかだのおおきみ」という名前の印象から
なんと、がっちりとした男性をイメージしていたのです。

なぜこんなにあでやか?
不思議でたまらなく、

調べてみることにしました。
   ↑↑
ここでかいっ?!って感じですが、
すべては流れなので致し方のない事(笑)



あ!そーかっ!思い出した!!

「ぬかだのおおきみ」は女性だった!!^_^;

そーかそーか!それならごもっとも。


と言うことで、またなすがままに
線と円と色を入れていました。

ところがこれがなかなか指示が多く
一向にOKがいただけないのです。


で、昨日ようやく
「うんうん」とお返事をいただいたように思え完成。


せっかくなので

「ぬかだのおおきみ」を調べた時からずっと耳に残っていた

「にぎたつの・・・」とう歌を添えようと思い、検索。
そしてこの記事の一番初めにコピベしたのでした。

歌はこの曼荼羅にピッタリとはまり
当たり前ですが、さすが!すばらしい歌!!と
感激しました。


そして驚くのです^_^;

あ。。。。月がここにあった。


そうか。。
ブルームーンはここにあって、
額田大王の言葉を借りて
私へ贈り物をくれたんだ。

二度目の月を漕ぎ出せと。

リ・スタートですね^^。

う~わ~素晴らしい エール♡


すごいわ~やっぱりこの世界。
そう深く、感動したのでした。

またまた長くて^_^;
読んでくっださったかたありがとうございました。



関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered