食欲正常化ダイエット 1

Category : アロエとか健康の話し
あ~お腹いっぱい!

お昼は昨日いただいたお魚の刺身でがっつり
お米のご飯を食べました♪

ウットリ眠くなりましたが、こらえております^^



4a1e55c6_1306423081994.jpg


実はここ数年「オオカミ少年状態」だったので、
今回はほとんど誰にも言わず、
食欲正常化ダイエットに突入していました。

とはいえ、連チャンの飲み会とか、
頻繁なランチミーティングとか、
そういう時は全く我慢せずに食べるというのを
数々こなしながら(笑)

一昨日に一ヵ月経ったのでした。

1か月で少なく見積もって3.5kg減
*今日現在でしっかりと4kg減です。


ああ、私って素晴らしい。*.゚☆(*゚▽゚)/°←出た~☆ヽ(▽⌒) 


目標は1ヶ月でマイナス3kgでしたので
素晴らしい結果に満足しています^^。


次の一ヵ月も、このまま楽しく継続して
更に一ヵ月でマイナス3kg減を目指します♪


私がこの一ヵ月でようやく手にしたのは
「食欲の正常化」です。

これが身に付くから
ライフスタイルダイエットと言うのは
「全然辛くなかった!」と皆さんが仰るのだということ。
改めて、確証を得ましたわ♡


軽くなったし、お腹の回りが集中的にきゅっ!と引き締まって
何とも気持ちが良いのです♪

少しは動いた方が良いとは思いますが^_^;
基本的に運動は取り入れていません。


・無理はしない
・食べたいものは食べる
・みんなと一緒のときは楽しく食べる
・おなかの空いてないときは食べない
・1ヶ月マイナス3kgで十分
・焦らない
・食べ過ぎたら翌日調整する
・報告する人間(見守ってくれる人)を持つ
・必須栄養素・微量栄養素をしっかりたくさん取る。
 *ライフスタイルセットを使っています。
・自分に必要以上のストレスを与えない

以上が「食欲正常化」への道。


昨日は夕方に主人が私の目の前に大好物のアイスクリームを見せびらかしに来ましたが、

ふしぎ!!全く食べたくありません。
アイスクリームは私の大好物で、いつもは全くの別腹だというのに・・・

考えたら今まで、
時間だからとお腹が空かないのに食べ、
もうお腹いっぱいだというのに、勿体ないからと詰め込んで、
食べたことによる血糖値の上昇でまた食べたくなり
ストレスの代償に思いついたものを口に入れなくちゃ気が済まない。
と言うことになっていたとわかりました。

それでも自分は「あまり食べてないのに」って思っていました。

お恥ずかしい^_^;



明日は、私の食欲正常化までの1か月の経過と

モチベーションの維持に大きく役立ったある方法を
書いてみようと思います^^。



関連記事

Comment

非公開コメント

AloeWingメルマガを発行しています。
134067341380713211169 - blog

身体と心と二つ目のお財布について月に2回
ダイエットについて月に2回
メルマガを発行しています。 どなたにも登録していただけます。
こちらからどうぞ↓↓↓

プロフィール

やまだまよ

Author:やまだまよ
やまだまよ
札幌在住、もうかなりいい年です。夫と二人暮らし。
趣味は早起き

1998年から精神世界と潜在意識に出会い

1999年スピ系HPを始め結構長く続けました

2001年4月40歳で4年生大学へ入学

2001年11月アロエベラを扱うフォーエバー社と出会いました。

2007年フォーエバーが取り持つご縁で点描曼荼羅と出会い、

2008年にHPからこのブログへ移行

2009年点描曼荼羅を描き始め、教え始めました。

2013年ネットで願いをかなえる点描曼荼羅画講座を開設

2015年一般社団法人マンダラユニヴァースとして発足、同時に講座タイトルを「宙を奏でる点描曼荼羅画」と変更しました。
(その間もフォーエバー社の仕事を継続して行っています。)

フォーエバーの仕事がなければ私は点描曼荼羅にも出会わず、社団の運営にも力が及ばなかったことでしょう。全ての力を与えてくれたアロエベラジュースとフォーエバー社に感謝しています。


好きな言葉:

右の道と左の道のどちらかに花が咲いているのではない。
自分が選んだ道に花は咲くのだ。

最近の記事
カテゴリ
リンク
私はここにいます^^
Facebook
  ↑↑↑↑↑↑↑↑ facebookのALOE-WINGに直行します。
一般社団法人 マンダラユニヴァースCA
代表理事をしております。
そらかな曼荼羅twitter
FC2カウンター
最新コメント
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
QR
ブロとも一覧

かわいいうさぎ”きなこ”のブログ ~最愛のペットを亡くして伝えたいこと~
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。