Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPスポンサー広告 ≫ 最後の授業TOP日々の話し ≫ 最後の授業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

最後の授業

お友達のお父さんが学校の先生でした。
長くお体が悪くて、
お友達はいつも気にしていました。

お父さんは体調のすぐれない中でも
身体の許す限り教壇に立ち
それが出来なくなっても
学校に戻る。
そう決めて治療を続けました。

しかし、願いは叶わず
お父さんは新しい世界へと旅立って行きました。


yuri_20121029180820.jpg

学校には先生だったお父さんを知る生徒も
もう少なかったというのに

そこの校長先生は
お父さんが出棺されるときに学校へと言ってくださり

お父さんの棺が学校へ着いたとき
全校の生徒が窓から顔を出し
「〇〇先生ありがとうございました。」という幕で
迎えてくださったというのです。

車から降りてあいさつする友人ご家族に
生徒の代表が送る言葉を読んでくださり。

その生徒に向かって校長先生は
「いいかい?これが〇〇先生の最後の授業だよ」と仰ったのだと。


このお話はその時にもお友達に聞いていたのに

一年経って今回はより深く
そのお父さんの命の在り方を感じました。

理科の先生の
最後の授業。

人生は全て授業で
起きることは宿題であったり
誉れ高い賞状であったりします。

お父さんは超えられなかったのではなく
病気に負けたのでもなく
卒業を迎えて旅立たれたんだ。

だからこそこうして
最後の授業を行うことができたんだ。

そう思えたのでした。

お父さんには一度も会えなかったけれど

こんな素敵な娘さんを育てたのだから
それも賞状でしたね。

と、いつかどこかで会えたら
お伝えしたいなって思いました。

私にも素敵な授業をありがとうございました。


関連記事
日々の話し | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。