Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPアロエとか健康の話し ≫ 腸を意識する

腸を意識する

私の名刺には「こころとからだカウンセラー」
と、書かせていただいています。

体と心は一心同体で、切り離して考えることは
全く意味のないことだと、

今まで10年以上、人様の心と健康にかかわってきて
気づかされてきました。


私が自分の「気分」を気にするのは
私がゴキゲンだと体もゴキゲンだからなのですが、

実はこれ、逆なんですよね。

身体、特に腸、「腸がゴキゲン」だったら、
気持は安定していくのです。

だから、精神的な疾患をお持ちの方に
一番最初に聞くことが、
「便秘や下痢はしていないか?」
「自分の腸は健康だと思うか?」と言うことです。

95%が「良くない」と答えます。


テレビで、
自分の便秘にたいして50%以上が「何もしていない」という
便秘薬のコマーシャルがあります。

あれ見ると

「なんてもったいないことを!」って思うんです。


←う~わ!高すぎ!!



「腸は第2の脳である」と言う学説を発表した
マイケル・D・ガーション博士は

脳を安定させる神経伝達物質「セロトニン」の95%が腸で造られると指摘しています。

他の体の器官と違って、
大腸が脳の命令ではなく独自に働いていることを差して、博士は

「あの醜い腸は、心臓よりずっと賢く、豊かな感情を持っている。
進化はうまい工夫をした。
われわれの先祖はアメーバの原生的生物から進化して脊椎を獲得した時、
頭蓋と腸の両方に、それぞれ別の感情をもつ脳を発達させたのだ」

と、言っています。
脳の他で自律神経に「指令」を出すことができる
唯一の器官が大腸なんですね。

だから、腐ったものを食べたと知ると腸は
「吐くように」と、自律神経に命令するのです。

ガンの一番の原因は「ストレス」と言います。
このブログでも何度も書かせていただいてると思いますが、

ストレスというのは心が感じるもので
ガンは「身体に症状として現れるもの」ですよね?

なぜこれらが、どこで?、
繋がっているんでしょうか?

答えが「自律神経」です。

心がストレスを感じ
腸がストレスを感じ、調子を狂わせる
それを脳が受け取りストレスになり
それによってまた腸はストレスを感じて

ぐるぐるとまわります。

そしてこれは私の学説なのですがヘ(__ヘ)☆\(^^;コレっ!

身体に悪いものを食べ続けていると
身体に悪いものだけ食べたくなって
体にいいはずのものを欲しなくなります。

2009年9月の日記ですが
「悪魔と天使」
http://mayoone.blog96.fc2.com/blog-entry-181.html

このように、環境の悪くなった腸は
「環境の悪さ」を好んでしまうのです。

薬も体のリスクと比べて良い時もありますが
常用しなくてはならないのであれば
腸には「ストレス」を与えます。

私は「軽ければ」ストレスも
「あるときは必要で起きる」と考えていますが、

薬や考え方による「ストレス」は
良いものではありません。

それは身体と心をぐるぐるとまわって
下方への循環を生むから。
抜け出しにくくなります。

心が大切と思うなら
腸も大切にするのが一番です(*^-^)

腸が綺麗なら、本来持つスピリチュアルな力も
最大限に発揮できるからです。


私は腸のために、薬やサプリメントではなく
「アロエベラ100%ジュース」を選んでいます。

それは「腸や細胞が必ず必要とするジュース」だからです。


皆さんには皆さんの方法があると思いますが、
イベントシーズンですから^^
一時脳が喜ぶ食べ物も良いと思います。

ただその後にはどうしたら腸が喜ぶか、
考えて食べてみてくださいね^^。

私もそうします♪

関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered