Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOP日々の話し ≫ ひとつ外へ

ひとつ外へ

大学へ行った4年間で、
いろいろと心に残った言葉があります。

今でもよく思い出す言葉がこれです。


「今の自分には少し難しいと思う本を読みなさい、
でなければ、いつまでもそこから成長できないことになる」

もう、どの講義でどの先生が言ったか?も定かではないのですが
どの棟のどのあたりの教室、っていうのはぼんやりと覚えているんですよね^^

不思議なものです^^。


で、本当にそうだなって思えるんです。

身の丈、とか
無理をしない、とか

そういうのもよくわかります。


でも、
いつまでたっても
扱えるサイズのモノしか扱わないのであれば

自分は変わりようもない。

そう思うのです。


下から見上げてみると
青ざめるほど高い位置に見える頂も

そこに立ってみれば
そんな高さではなかった

それを体感するために
頂があるのではないか?

と、思うことが良くあります。


少し難しい本を読めば
いままで読んでいた種類の本が

すごくなめらかに、容易に読めるでしょう。
少し角度も変わって
少し解釈も違って

以前に読んだ時よりずっと多面的に捉えられ
奥行きや広がりがあることが分ります。

私は世の中もそうじゃないかな?
と思うんです。


あなたの周囲に
ハナから「これはダメ」と
決めているものはありませんか?

じつはそれ、そうではありませんよ^^

あなたがそう持っているだけです。

少し汗ばむくらいの努力で
それは思ったより軽く打ち破れます。

妄想?
妄想は十分、現実化が可能です。

まず一つ外の世界にでてみる。



ああ、そうか。

私もそれをしながら、

みんなとまた一つ外へ出て行こうとしている。


134289262343313203284.jpg
↑この間ディズニーシー沖に停泊していた 帆船 海王丸♪


さぁ船がでるよ~ん

関連記事
日々の話し | Comments (2) | Trackbacks (-)

Comment

本と著者・・読書の立ち位置
編集
読書の仕方。
 
◎ 本は、知識を得るもの・・・と言う立ち位置ですと、貴方の仰るような読み方がよいと思います。
◎ 著者との対話と思うと、また、違い選び方もあるように思います。

 読書大好きです。今、居ないヒトとの対話もできます。  (^_^)v
2013年01月18日(Fri) 16:53
編集
本田さんありがとうございます(*^-^)

ああ、そうか~そうですね。
後者ももちろんですね^^

対話と言う観点か~
私は星野道夫さんを呼んでいるとそれを感じます^^。
2013年01月18日(Fri) 18:37












非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered