Aloe*Wing 

全ては綾なすイリュージョン
TOPアロエとか健康の話し ≫ FOXO遺伝子

FOXO遺伝子

私の弟の嫁さんのおじいちゃんが

88歳の時「わしは明後日くらいに死ぬらしい」といって
本当に3日後に布団の中で亡くなっていた
と言う話を聞いたことがあります。

そういう事もあるだろうなぁと思っていましたが

このおじいちゃん、
人生の後半、20年くらいの食生活が
毎日(ほぼ3食)カップめんだったという話を聞いて

うそ!って、叫びました^_^;

おじいちゃんはカップめんをこよなく愛していたそうで、
それならアリかなぁ~とも思ったのですが。

おじいちゃんが亡くなったのは、もう10年ほど前なので
その話を聞いてから事あるごとに
そのことを思い出していたのでした。



一生懸命体に気を付けているけれど病気がちな人
全く気に掛けてないけどやたら丈夫で長生きの人

そういう違いがあるのはなぜ?と聞かれると。

その人のおばあちゃんの食生活が良かったと言うことも
一因ではないかな~と答えていました。

というのは、卵子と言うのはおばあちゃんのお腹の中で
一生分をお母さんがもう作ってしまうからです。

粗食であり、自然界のいいものを取り入れられていたおばあちゃんは
良いものを遺伝子として卵子に手渡してるのでは?
と、思うのです。


今現在長寿に関して働いていると言われているのは

サーチュイン遺伝子と
FOXo遺伝子の二つ

サーチュイン遺伝子は「飢餓状態で活躍する遺伝子」なので
粗食にしているといい、とか、ポリフェノールが良いとか
レスベラトロールが良いとか言われていますが、
これが良く働くと「抗老化」に優れるそうです。
その他
アルツハイマー病等の神経変性疾患、動脈硬化、心不全、
慢性閉塞性肺疾患、炎症性腸疾患、2型糖尿病、肥満、
筋肉減少症、廃用性萎縮症 に関しても働きかけがあると
一部では発表されています。

ちなみにアロエには自然のままにレスベラトロールが
ARGI+にはポリフェノールが自然から取り入れて含まれてますよ~
併せて飲んでいる方は最高ですね^^


FOXo遺伝子の方は明らかに親から引き継ぐものなので
遺伝子操作でしかどうにもできないことになります。

FOXo遺伝子は4つの塩基A・G・T・Cの組み合わせで
両親から一個ずつもらったものが 
G・G と言う組み合わせだと一番性能が良く
C・C と言う組み合わせだと一番弱いと(今のところ)考えられています。

ところが多くは C・Cなわけです。

で、日本人は人口からみた割合で
G・Gの組み合わせが多いということです。

だから長寿国なんですね。

FOXo遺伝子の仕事は身体の中のパトロールと的確な指示です。
これが優秀なら、例えば、
がん化しようとしている細胞を見つけ素早く処理できます。
どこかの器官が変質しようとしてるのも察知し
各細胞や遺伝子に、補修する指示を出せるということです。

細胞や組織を保つための遺伝子はおよそ100種類あると言われ。
(その中の1つがサーチュインだと思います)
それら全てを取り仕切っているのがFOXo遺伝子なのだそうです。



ん~こうなったら当たり外れの問題?(笑)

というか、考えたら
G・Gの組み合わせが多ければ
別の地球ができていたかもしれませんよね?^_^;

だって、なかなか死にません。

こうした寿命問題や健康問題が解決されて
死ぬ人がいなくなると
35年後には世界中の土地に
みっしり人間がいる計算になるそうです。

う~ん、食べるものないですよね^_^;?
そうしたら宇宙食のようなものが与えられたり
人口抑制のためにモンサントみたいな会社が
大躍進をするかもしれません。


時代時代で、化学の進化も違います。
だから、昔の定説と今の定説では違うことの方が多いのです。

これから先は
遺伝子の違いで、人はそれぞれに違いがあるんだ
とはっきり表れるような分野も出てくるでしょうね。

(というか、きっともうあるのでしょうけど。)


どうも今までは
人間はすべて同じにできているという考えに立って
全てを共有しようとしてきたのだと思うから、

もっと根底から「生まれたときから違うものは違うのだ」

「ならぬことはならぬものです」みたいにヘ(__ヘ)☆\(^^;


*このブログを書いた後にすごい記事見つけました。
 レスポンス早いね~!ビックリです。
 こういう感じのことを感じていました。
 「アリの社会構造決めるカギは「超遺伝子」にあり、国際研究」 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130118-00000037-jij_afp-sctch



寿命もそういうことだと思います。
何年生きたかとか
平均寿命なんて何の役にも立たない数字です。

一個一個のそれぞれの人生はすべて違うのですから、


hno.jpg

いつまでも好奇心をもってワクワクしている100歳と
自分がどうしたいかもはっきりわかってない50歳を
足して2で割ったからって何が言えるのかな?と思うし

100%G/Gの組み合わせの国があったとして
でも常に宗教戦争してたりすると
何の意味もないですもんね。

ただ・・自分がどの組み合わせのFOXo遺伝子を持っているかが分れば
ちょっとした心構えは変わって人生も変わるかもしれませんがね、

で、サーチュイン遺伝子とFOXo遺伝子に関して
こんな本が出ていました。



この本の中では
「糖質制限はサーチュインを介して抗老化司令塔(FOXO)を活性化する。」
と、述べられているそうです。

あれ?でも日本って
コメが主食だから「糖質」多いはずでは^_^;?


まぁ良いですよね☆ヽ(▽⌒) 

全ての体は違うけれど
全ての身体が必ず外から必要なもの

それが単純に「栄養素」だということです。

あ、そう言えばそれすら要らないという不食の人もいますね^_^;
嫁のおじいちゃんもカップめんばっかり食べてて
そのせいで何かの遺伝子が働いて、そのために必要な栄養素は
体内で造れるように変化を遂げていたのかもしれません^_^;
 ↑ないとは言い切れない気がします。


と言うことで今日も長くてゴメンナサイ。
読んでくださった方。ありがとうございます(〃∇〃)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

mayo

Author:mayo
アロエベラと潜在意識

お薦めブログ
attention
当ブログの写真・文章の一切の転載をご遠慮ください。
Powered